中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 756(2019/07/22追加)

8本入荷しました

14本入荷しました

10本入荷しました

  • ブロンズ…160
  • シルバー…310
  • ゴールド…160
  • プラチナ…126
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

各レンタルサーバーからWordPressをインストールする方法

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

各レンタルサーバーからWordPressをインストールする方法

全世界のWEBサイトの内、約3分の1のサイトで採用されているのが「WordPress」です。

WordPressを採用しているWEBサイトが多い理由には、デザイン性の高いテーマが豊富であったりカスタマイズ性の高いプラグインが多くあることが挙げられます。

その他にも、WordPressについて分からないことがあれば、ネット上で検索すれば解決することができたり、SEO対策をする際に便利な機能をWordPressで利用することができます。

また、WordPressはインターネットやサーバーの知識がそれほどなくてもブログを始めることができます。

そこで、今回はWordPressを利用してサイトを運用し始める前段階である、インストール方法について解説をしていきます。

オールドマスク
WordPressを初めて利用する人必見です。

WordPressのインストール方法は2パターン

まず、最初にWordPressを始めるには、インストールする必要があります。

WordPressのインストール方法には2パターンあり、その方法というのが

  1. 自動インストール
  2. 手動インストール

になります。

「自動インストール」というのは、レンタルサーバーが提供するサービスの1つで、レンタルサーバーから自動的にWordPressをインストールしてくれるというものです。

各レンタルサーバーによっては、自動インストールの呼び名が多少異なりますが、ほとんど同じサービス内容といっていいでしょう。

「手動インストール」というのは、自動インストールのサービスを受けられないレンタルサーバーを利用している場合などに、ご自分でWordPressの公式サイトからWordPressのファイルをダウンロードして、サーバーにアップロードしてインストールする方法です。

また、手動インストールはその他にもインストール方法があり、「WP-CLI」というWordPressをコマンドから管理することができるツールがあります。

オールドマスク
レンタルサーバーとは、サーバーをレンタル(貸し出し)するサービスのことです。
ユーザーがブラウザを使ってサイトを閲覧する時に必要なものです。

自動インストールと手動インストールのメリット・デメリット

WordPressを利用してサイト運用を考えている人は、自動インストールと手動インストールのどちらを利用してWordPressをインストールすれば良いのか分からない人がいると思います。

自動インストールと手動インストールのメリットとデメリットを考えたときに以下のようなことが挙げることができます。

自動インストールのメリット
インストールに関する知識がほとんどいらないので、初心者でも簡単にインストールができる
インストールにかかる時間短縮になる
手動インストールのメリット
1つのデータベースで複数のWordPressをインストールが可能
データベースやWordPressなどのログイン情報を自身で設定(パスワードなどを複雑に)することでセキュリティ強化ができる
自動インストールのデメリット
大体はWordPressが最新版のバージョンでインストールされる(WordPressの最新版バージョンは不具合が起きやすい)
データベース(DB)が自動作成されるとその後、複数のサイトを運用するときにデータベースの名前やパスワードが分からなくなってしまう
手動インストールのデメリット
データベースの作成に時間がかかる
FTPソフトを使ってファイルを転送する時間がかかる

自動インストールと手動インストールのメリットとデメリットを考えたときに、どちらの方法を利用すればいいのかというと、

インストール方法 こんな人にオススメ
自動インストール 時間をかけずにインストールしたい人
簡単にインストールしたい初心者の人
手動インストール WordPressの構造を理解しておきたい人
サイトのセキュリティ強化を行いたい人

と分けることができます。

オールドマスク
上記でご紹介したメリットやデメリットについては、人によってメリットだったものが、ご自身ではデメリットになることがあるので、あくまで参考程度に留めておきましょう。

WordPressをインストールする前に用意するもの

WordPressをインストールするには、事前に準備を行う必要があります。

WordPressをインストールする前に用意するものというのが、

  • レンタルサーバー(WEBサーバー)
  • FTPクライアントソフト

の2点になります。

自動インストールを選択する場合、「レンタルサーバー」の1点のみでWordPressをインストールすることができます。

手動インストールを選択する場合、「レンタルサーバー」と「FTPクライアントソフト」の2点が必要です。

レンタルサーバー(WEBサーバー)

WordPressをインストールしてサイトを公開するには、サーバーが必要です。

レンタルサーバー(WEBサーバー)とは、サーバーをレンタル(貸し出し)するサービスのことです。

レンタルサーバー以外にもご自身でサーバーを構築して設置する方法がありますが、管理に専門の知識を必要とするのと、1日中起動しなければならないので電気代がかかってしまうなど、ハードルが高い傾向にあります。

レンタルサーバーでは、専門知識をもった業者が管理や運用をしてくれるので、手間がかかりません。

レンタルサーバーには無料や有料などがありますが、レンタルサーバーを契約するときには、PHPやMySQLが対応しているサービスを選びましょう。

PHPとMySQLはどちらもWordPressを動作させるのに必要なものです。

オールドマスク
無料のレンタルサーバーや低価格プランだと、PHPやMySQLが対応していない場合があるので、レンタルサーバーを契約するときには事前にPHPやMySQLが対応しているかチェックをしましょう。

FTPクライアントソフト

WordPressのファイルをサーバーにアップグレードするために、「FTPクライアント」というソフトを用意します。

FTPクライアントソフトには、無料で使えるソフトが多く存在しています。

有名なFTPクライアントソフトには以下が挙げられます。

FTPクライアントソフト 主な特徴
FFFTP Windows用のFTPクライアントソフトの中でも有名なソフト
FileZilla WindowsだけでなくMacにも対応している高機能なFTPクライアントソフト
WinSCP セキュリティに定評があるWindows用のFTPクライアントソフト

WordPressを手動インストールするときには、FTPクライアントソフトをインストールしときましょう。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

各レンタルサーバーからWordPressを自動インストールする方法

レンタルサーバーから行うWordPressの自動インストール方法について解説をしていきます。

今回、ご紹介するレンタルサーバーは以下の5つになります。

  • エックスサーバー
  • さくらインターネット
  • ロリポップ
  • wpX
  • mixhost

これからレンタルサーバーを契約しようと考えている人や上記レンタルサーバーに契約をしている人はWordPressの自動インストール方法について参考になるかと思います。

それでは、各レンタルサーバーの自動インストール方法を解説していきます。

エックスサーバーの簡単インストール方法

エックスサーバーは高速、多機能、安定性の3つの特徴のあるレンタルサーバーです。

WEBサイトの表示速度が高速だったり、メールアドレスやFTPアカウントが無制限で利用できたり、24時間365日サポート体制を完備している、等々コストパフォーマンスに優れているレンタルサーバーです。

エックスサーバーの簡単インストール(自動インストール)方法は、まずサーバーパネルにログインを行います。

オールドマスク
サーバーパネルのアカウント情報は、エックスサーバーのアカウントを登録したときに送信されるメールに、サーバーパネルのアカウント情報が記述されています。

エックスサーバーを利用したWordPressのインストール方法その1

サーバーパネルにログインしたら、「WordPress」の「WordPress簡単インストール」を選択します。

エックスサーバーを利用したWordPressのインストール方法その2

その後、「WordPressインストール」のタブを選択し、各項目を埋めていきます。

インストールURL 基本的に空でOK
ブログ名 運営するサイト名を入力(後から変更可能)
ユーザ名 WordPressの管理画面へのログインユーザ名(基本的に後からユーザ名を変更することはできない)
パスワード WordPressの管理画面へのログインパスワード(後から変更可能)
メールアドレス 受信可能なメールアドレスを入力
キャッシュ自動削除 基本的にonでも問題なし
データベース 事前にデータベースを作成していなければ、「自動でデータベースを生成する」に選択する

各項目を埋めたら、下の「確認画面へ進む」を選択します。

エックスサーバーを利用したWordPressのインストール方法その3

その後、確認をして問題がなければ「インストールする」を選択します。

エックスサーバーを利用したWordPressのインストール方法その4

インストールが完了した後に、表示されたURLを選択すると、WordPressの管理画面に移動することができます。

以上が、エックスサーバーの簡単インストール方法になります。

さくらインターネットのクイックインストール方法

さくらインターネットは、価格が安いことから個人の利用者が多いレンタルサーバーです。

一番安いプランの「ライト」は月額で129円と圧倒的に安く、ビジネス向けにも満足のいくプランが用意されています。

さくらインターネットのクイックインストール(自動インストール)方法は、まずサーバーコントロールパネルにログインします。

オールドマスク
サーバコントロールパネルのログイン情報は、さくらインターネットのアカウントを登録したときに送信されるメールに、サーバコントロールパネルのログイン情報が記述されています。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その1

サーバーコントロールパネルにログインできたら、WordPressをインストールする前に、データベース(MySQL)を先に作成する必要があります。

データベースの作成方法は、サーバーコントロールパネルの「アプリケーションの設定」の「データベースの設定」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その2

次に、「データベースの新規作成」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その3

「データベース名」と「接続用パスワード」に英数字を入力し、「データベース文字コード」を「UFT-8」と選択します。

「同意する」にチェックを入れて、「データベースを作成する」を選択します。

その後、「データベース一覧」に先ほど作成したデータベースが表示されれば、データベースの作成は完了となるので、WordPressをインストールしていきます。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その4

サーバーコントロールパネルの項目「運用に便利なツール」の「クイックインストール」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その5

次に、「ブログ」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その6

「WordPress」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その7

「WordPressのインストール」の下に記述されている項目を埋めていきます。

確認 ライセンス、インストール規約、注意事項の内容を確認して、同意ができたら「確認」のチェックを入れる
インストール先 インストールする先のフォルダを指定します(お好きなファルダ名で指定しましょう)
データベース 作成したデータベースを選択します
データベースパスワード データベースを作成したときに設定したパスワードを入力
テーブルの接頭語 使用するテーブル名の先頭につける文字列(デフォルトの文字列でも問題はありません)

その後、「インストール」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その8

WordPressインストール完了の画面が表示されたら、「アプリケーションの設定へ進む」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その9

WordPressのインストール画面(ウィザード)に移動したら、「必要情報」の下にある各項目を入力して、「WordPressをインストール」を選択します。

さくらインターネットを利用したWordPressのインストール方法その10

WordPressのログイン情報を入力する画面に移動するので、ウィザード画面のときに入力したユーザー名とパスワードを入力します。

WordPressの管理画面に移動できれば、WordPressのインストールは完了となります。

以上が、さくらインターネットのクイックインストール方法になります。

オールドマスク
さくらインターネットの「ライト」プランでは、WordPressのクイックインストールが非対応なので「スタンダード」プランを含む上のプランを選択しましょう。

ロリポップの簡単インストール方法

ロリポップは、個人で初めてサイトを運用しようと利用している人が多いレンタルサーバーです。

ロリポップがサービスを開始したのが2001年と国内のレンタルサーバーの中でも歴史が長く、長年の実績から多くのファンがいます。

低価格でありながら設定の簡単さやサポート体制が手厚いのが特徴的です。

ロリポップの簡単インストール(自動インストール)方法は、まずロリポップのユーザー専用ページからログインをします。

オールドマスク
ユーザー専用ページのアカウント情報は、ロリポップのアカウントを登録したときに送信されるメールに、ユーザー専用ページのログイン情報が記述されています。

ロリポップを利用したWordPressのインストール方法その1

ログインをしたら、画面左のメニュー「サイト作成ツール」の「WordPress簡単インストール」を選択します。

ロリポップを利用したWordPressのインストール方法その2

次に、各項目を埋めていきます。

サイトURL WordPressをインストールさせたいドメインを選択します
利用データベース 「新規自動作成」を選択するとWordPressで利用するデータベースが自動的に生成されます
サイトのタイトル 運営するサイト名を入力(後から変更可能)
ユーザー名 WordPressの管理画面へのログインユーザ名(基本的に後からユーザ名を変更することはできない)
パスワード WordPressの管理画面へのログインパスワード(後から変更可能)
メールアドレス 利用可能なメールアドレスを入力

検索エンジンにサイトをインデックスさせる場合、チェックを入れて、「入力確認」を選択します。

ロリポップを利用したWordPressのインストール方法その3

確認画面に移動するので、問題がなければ、「承諾する」にチェックを入れて、「インストール」を選択します。

ロリポップを利用したWordPressのインストール方法その4

インストール完了した画面に移動するので、「管理者ページURL」をクリックします。

ロリポップを利用したWordPressのインストール方法その5

WordPressのログイン情報を入力する画面に移動するので、ユーザー名とパスワードを入力して、ログインが成功すれば、WordPressのインストールは完了となります。

以上が、ロリポップの簡単インストール方法になります。

wpXの新規インストール方法

wpXは、エックスサーバー株式会社がサービスを提供しているWordPress専用のレンタルサーバーです。

高性能なエックスサーバーの特徴を引き継ぎ、サイトを高速に安定して表示させてくれるレンタルサーバーです。

wpXの新規インストール(自動インストール)方法は、まず管理パネルから、ログインを行います。

オールドマスク
管理パネルのログイン情報は、wpXのアカウントを登録したときに送信されるメールに、管理パネルのログイン情報が記述されています。

wpXを利用したWordPressのインストール方法その1

管理パネルにログインできたら、画面左にある「WordPress管理」の「新規インストール」を選択します。

wpXを利用したWordPressのインストール方法その2

新規インストール画面に移動したら、各項目を埋めていきます。

サイトアドレス WordPressをインストールさせたいドメインを選択します
WordPressID WordPressの管理画面へのログインユーザ名(基本的に後からユーザ名を変更することはできません)
ブログタイトル 運営するサイト名を入力(後から変更可能)
メールアドレス 利用可能なメールアドレスを入力
独自SSL 独自SSLを利用する場合はチェックを入れる(後から独自SSLを設定することができる)

「独自SSL」では、ネームサーバーをwpXで指定しないと独自SSLを設定することができないので、ネームサーバーをwpXで指定したものにして、その後に独自SSLを設定するといいでしょう。

各項目を埋めたら、「次へ進む」を選択します。

wpXを利用したWordPressのインストール方法その3

確認画面に移動するので、問題がなければ「確定(WordPressをインストール)」を選択します。

wpXを利用したWordPressのインストール方法その4

インストール完了画面に移動するので、数分待てばWordPressのブログが表示されるようになります。

wpXを利用したWordPressのインストール方法その5

WordPressの管理画面に移動するには、画面左の「WordPress設定」の「ドメイン」を選択して、「ダッシュボードへ」の部分を選択すると、ログイン情報を入力する画面に移動します。

wpXを利用したWordPressのインストール方法その6

ログイン情報の入力画面から先ほど設定した「管理ユーザー」と「パスワード」を入力して、WordPressの管理画面にログインをします。

以上が、wpXの新規インストール方法になります。

mixhostの簡単アプリインストール方法

mixhost(ミックスホスト)は、2016年にサービスを開始した国内のレンタルサーバーの中では比較的新しいレンタルサーバーです。

mixhostは、国内のレンタルサーバーで初めて導入された、高速処理が可能な「LiteSpeedサーバー」やWEBページの読み込み速度を早くする「HTTP/2」などの最先端技術を採用しているレンタルサーバーです。

mixhostの簡単アプリインストール(自動インストール)方法は、コントロールパネル(cPanel)にログインする必要があります。

オールドマスク
コントロールパネルのログイン情報は、mixhostのアカウントを登録したときに送信されるメールに、コントロールパネルのログイン情報が記述されています。

mixhostを利用したWordPressのインストール方法その1

コントロールパネルにログインしたら、「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」内にある「スクリプト」の「WordPress」を選択します。

mixhostを利用したWordPressのインストール方法その2

続いて、WordPressの紹介画面から「Install Now」を選択します。

mixhostを利用したWordPressのインストール方法その3

項目を入力する画面に移動するので、項目を埋めていきます。

「ソフトウェアセットアップ」の項目では以下を設定します。

プロトコルの選択 http・https、wwwあり・なし、などのURLプロトコルを設定します
ドメインの選択 WordPressをインストールさせたいドメインを選択します
ディレクトリ WordPressをインストールする先のディレクトリを選択します(基本的に空欄でも問題なし)

「サイト設定」の項目では以下を設定します。

サイト名 運営するサイト名を入力(後から変更可能)
サイト説明 サイトの説明文を入力(後から変更可能)
マルチサイトを有効にする(WPMU) マルチサイト機能(1つのサーバー、1つのプログラムで複数のサイトを運用できる機能)を有効にしたい場合にはチェックを入れる

「管理者アカウント」の項目では以下を設定します。

Admin Username WordPressの管理画面へのログインユーザ名(基本的に後からユーザ名を変更することはできない)
Admin Password WordPressの管理画面へのログインパスワード(後から変更可能)
管理者Eメール 利用可能なメールアドレスを入力

「言語の選択」の項目では以下を設定します。

言語の選択 日本語のサイトを運用するのであれば「Japanese」と選択

次に画面下にある「インストール」を選択します。

mixhostを利用したWordPressのインストール方法その4

インストールが開始されるので完了まで待機して、正常にインストールされた画面に移動します。

インストールされた画面から「管理者URL」のURLをクリックすれば、WordPressのログイン情報を入力する画面に移動します。

mixhostを利用したWordPressのインストール方法その5

WordPressのログイン情報画面に移動したら、先ほど設定した「Admin Username」と「Admin Password」の情報を入力すれば、ログインができます。

以上がmixhostの簡単アプリインストール方法になります。

インストールが完了したらサイト公開に向けて準備をする

5つのレンタルサーバーからWordPressを自動インストールする方法を解説してきました。

WordPressをインストールした後は、初期設定のままなので、サイト公開に向けて準備を行わなければいけません。

SEOに関連性のあることといえば、

  • タイトルタグやディスクリプションの設定
  • 常時SSL化
  • URLの正規化
  • パーマリンクの設定
  • テーマをインストールする
  • プラグインを入れる
  • 記事の用意
  • Googleのサービス(Google Analytics、Search Console、等々)の登録

などが挙げられます。

上記で挙げたのは、ほんの一例ですが、SEO対策されたサイトを運用して多くの集客を目指しましょう。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

各レンタルサーバーからWordPressをインストールする方法

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説 アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン