中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1613(2017/11/21追加)

20本入荷しました

78本入荷しました

22本入荷しました

  • ブロンズ…1041
  • シルバー…450
  • ゴールド…91
  • プラチナ…31
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

IP分散サーバーのサテライトサイト利用について考える

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

IP分散サーバーのサテライトサイト利用について考える

サイトを作成したら、ウェブ上にサイトを置く場所が必要です。
置き場所を作るためには、ドメインとサーバーが必要になります。

ドメインは独自ドメインを取得したり、中古ドメインを利用したりして目的に合ったものを選ぶことになります。
サーバーも同様で、購入したりレンタルサーバーを利用することが一般的です。

SEO視点からの「IP分散サーバー」について考察していきます。

IP分散サーバーとはなにか

IP分散が目的でサーバーごとに異なるIPの利用を考えることでしょう。

IPアドレスは、サーバー単位で割り当てられているのでIP分散サーバーとは複数の異なるIPアドレスを利用しているレンタルサーバーということになります。

IP分散の必要な場合とは

サーバーを借り、独自ドメインを利用してサテライトサイトを複数または、大量に運用していこうと考えている場合はIP分散を意識したほうがいいでしょう。
所謂、自作自演の被リンク対策になり個人でそこまで大規模にサイトを保有するとも考えられませんのでSEO業者や被リンクを販売している業者などが主に利用している手法になります。

個人の場合でも10IPなどそこまで大量じゃなくても複数持つことが可能ですので、IP分散をしたいと考えているなら利用してみるのもアリでしょう。

なぜIP分散を行うのか

IP分散を行う理由は、何になるのでしょうか。

SEO対策やSEO効果のために行うと一般的には語られます。
IP分散サーバーを利用することでどのようなSEO効果が考えられるのでしょうか。

考えられるメリットや効果

被リンク対策をする場合、自然に被リンクを獲得していればIPやドメインも分散されていきます。
同一のドメインやIPからばかり被リンクを獲得し続けるということは稀でしょう。
ですが、自作自演で行っていたり無料ブログなどのサービスでサテライトサイトを構築して被リンクを獲得している場合、ドメインやIPに偏りが出てしまい不自然な被リンクの集まり方になってしまいます。

こうした不自然さを、IP分散サーバーを利用してサテライトサイトの作成や被リンク対策を行うことで回避することができます。

IP分散がされていることが直接的なSEO効果を発揮するのではなく、不自然なIPの偏りをなくすことで自作自演とみなされるリスクを減らし結果的にサテライトサイトの効力を発揮することに繋がります。

特に、中古ドメイン・IP分散サーバーとの組み合わせは非常に効果的でリスク軽減・SEO対策の成果向上になるケースが多くあります。

クラスCの分散

IP分散を行うにあたり、覚えておきたいのはクラスCの分散です。
クラスCとはIPアドレスの部分を指し、例えば「123.456.789.00」というIPアドレスであれば、「789」の部分になります。

クラスCの箇所を被リンクをカウントや評価する上で、Googleは重要視しているのでクラスCの部分を分散できているか意識しておきましょう。

SEO効果よりリスク軽減の面がある

同一のドメインやIPからばかり被リンクを集めることは様々なドメインやIPから被リンクを集めるより容易であり、自作自演が楽にできてしまいます。
ですが、同一のドメインやIPからの被リンクばかり集めていても評価に繋がらないどころか、Googleペナルティのリスクが高まってしまいます。

IP分散を気にしなければならないほどの量を個人で自作自演している方は少ないでしょうが、大量でなくてもサテライトサイトを複数抱えている場合はIP分散サーバーを利用してリスクの軽減をしたほうがいいかもしれません。

また、同一のドメインやIPからというだけが原因でペナルティのリスクが生まれるわけでもないという点は注意が必要です。

ひとつのリンクにひとつのドメインとIP

自然に被リンクを集める場合でも、ひとつの被リンクに対してそれぞれのドメインやIPから獲得できるということでもないのですが、自作自演で被リンクを獲得する場合は数に限らずひとつの被リンクに対してひとつのドメインとIPを用意して行うほうが理想的でしょう。

この場合、数が増えれば増えるほどドメインやサーバーのコストはかかりますが10IPからセットとして購入できるサーバーを利用したり、質の高い中古ドメインに投資することでリスクを回避しつつ効果を高めるということも行えます。

IP分散サーバーの懸念点

すべてのケースで分散が必ずしも必要というわけではありませんが、ドメインやIPアドレスを分散させる目的や意味は理解して頂けたでしょう。

ですが、IP分散サーバーを利用することでの懸念点もあります。
懸念点であり問題が表面化していたり具体的な明言があったわけではないですが、リスクもあるという点をご理解ください。

IP分散サーバーのニーズからの懸念

IP分散を意識したり、IP分散サーバーの利用をする一番大きな理由は、やはりSEO目的の被リンク対策用サテライトの運用や被リンク効果の底上げやリスク回避という面が大きいでしょう。

実際、ニーズの大部分が自作自演の被リンク対策による部分が占めているならば、IP分散サーバーが提供しているIPアドレス自体がスパムであるという認識を持たれる可能性もありえるかもしれないということです。

IPアドレスがスパム

IPが分散されていても、IPアドレス自体がスパムとされてしまう可能性があります。
いくら質の高い中古ドメインを利用しIP分散をしていたとしても、被リンク対策のためだけに構築されたような無価値なサイトであればスパム判定や手動ペナルティを受ける可能性は否定できないからです。

それぞれIP分散を施した複数サイトだとしても、サイト自体の質が低ければリスクは高くなるでしょう。

適切な利用を心掛けよう

IP分散サーバーの利用がダメであるとも、IP分散サーバーを利用しているからSEO効果が他よりあるとも言い切ることはできません。
なぜなら、それだけでSEOがうまくいくわけではないからです。

中古ドメインも同様で、中古ドメインはリスクがあるからダメ、中古ドメインを使えばSEO効果が高い、どちらも言い切れません。

要は使い方や利用法に左右されますし、その他のサイトの質などの要素や競合サイトの強さなどの内的要因と外的要因にも左右されるからです。

サテライトサイトには適している

サテライトサイトを複数、構築し運用していこうと考えているならば、IP分散サーバーと中古ドメインの利用をやはりオススメします。

サテライトサイトごとにドメインとIPを分散させることはマイナスになる行為ではないですし、SEO効果の期待が少しでも持てるならやっておくべきだからです。

中古ドメインを買ったらサーバーも

質の高い中古ドメインを手に入れてサテライトサイトを構築しようと考えているなら、IP分散サーバーも用意しましょう。

中古ドメインの利用やIP分散はサイト運用前に準備できる最初のSEO対策とも言えます。
サイトの運用やSEO対策をうまく進めるために是非、検討してみてください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

IP分散サーバーのサテライトサイト利用について考える

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

メールアドレスだけで30秒簡単!

新規登録をして
中古ドメインを購入する
無料登録
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す