中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1343(2019/04/17追加)

70本入荷しました

30本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…55
  • シルバー…398
  • ゴールド…335
  • プラチナ…555
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【Shinobiライティング】重要なWebライティングと記事制作依頼

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【Shinobiライティング】重要なWebライティングと記事制作依頼

サイト制作や運用をしていく上で、ライティング作業は重要な要素です。
ですが、記事を製作していくことはとても時間がかかる作業です。

組織的に行える環境でもない限り、ひとりで短時間で大量の記事を用意することは不可能に近いでしょう。

記事制作に役立つWebラィティングに関する情報を紹介します。

ただ書くだけではないWebライティング

Web上の文章もユーザーに向けてという面で考えると、

  • 内容が面白い
  • 独自情報である
  • 情報に価値がある
  • 文章が読みやすい

これらは本や雑誌などと共通してあげられる要素です。

ですが、SEO対策という観点においては、上記の要素だけでは効果的な動きをしない場合があります。
本来、自分自身のオリジナル記事を書くことが望ましいですが多くのサイトを運営していたり、欲しい記事に関する知識を有していなかったりするケースが多くなかなか理想通りに行かないものです。

記事を書く時間が無い場合は?

シノビライティング

CROCO株式会社が運営する「Shinobiライティング」に代表されるような記事作成代行サービスを利用するという選択肢があります。
例えば500文字の記事であればワンコインの500円でオーダー可能です!

Shinobiライティングが選ばれる理由

  1. 業界最高水準のコピペチェック
  2. 登録ライター31万人超え
  3. 1文字1円からの料金設定

記事発注者向け説明ページ(Shinobiライティング公式サイトはこちら
手抜きは困るけど時間が無いという方や戦略的にアフィリエイトに取り組んでいる方の多くが利用するサービスです!

Shinobiライティングの活用方法や特徴に関しては記事後半でもっと詳しく解説します。

Webライティングの検索エンジンに伝えるという要素

Webサイトは検索エンジンのクローラーによって評価される側面があります。

検索エンジン以外からの流入しかないなどというサイトは稀でしょうから、記事を製作する際は検索エンジンに効果的に伝えるという点も考慮しなければなりません。

検索エンジンに評価されることは重要ですが、検索エンジンにだけ評価されても意味がありません。

ユーザーの支持もあり、検索エンジンにも評価されている記事を製作する必要があります。

伝わりやすさという面は中古ドメインにもある

効果的に検索エンジンに伝えるという面で中古ドメインも同様の効果があります。

中古ドメインは新規ドメインに比べ検索エンジンに認識されるのが早く、評価も高い傾向にあります。
適切なWebライティングで作成された記事と中古ドメインを組合すことでより高い効果を発揮するでしょう。

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

検索エンジンを騙す記事は無意味

検索エンジンに効果的に伝えるためにSEO的な要件を満たす必要はありますが、SEO的な要件を満たしていればいいというわけではありません。

過去のSEO対策で効果があったようなキーワードの詰込みや、タイトルタグなどにキーワードを入れている、などの小手先のSEO要件を満たすだけでは効果はもうないでしょう。

むしろ、このような記事やコンテンツスパムと言われても仕方ありません。
Googleペナルティを受ける覚悟が必要ですし、このような記事を製作するメリットは誰にもないでしょう。

コンテンツSEOとWebライティング

コンテンツSEOが成功している記事は、Webライティングの観点からも成功しているということができます。

検索エンジンは日々進化を続けていますので今が良いからといって安心ばかりしてはいられませんが、コンテンツSEOとWebライティングは密接な関係があります。

効果的な記事を製作していくためにはWebライティングのノウハウが必要になるからです。

Webライティングで意識すること

Webライティングで意識することも、まずはユーザーです。
ユーザー視点で考える必要があるからです。

検索エンジンに伝えることが重要といいましたが、記事やコンテンツ自体は検索エンジンのためではなくユーザーのために制作しているということは忘れてはいけません。

これは、コンテンツSEOを行う時と同様です。
また、WebライティングはコンテンツSEOの一部分の要素であると捉えることもできます。

SEO対策は基本的にテキストで決まる

WebライティングやコンテンツSEOを行う際はユーザーを意識した、

  • 企画
  • 執筆
  • 編集
  • 校正

を行う必要がありますが、SEO対策を行い検索上位に表示されなければユーザーの眼に触れずに終わってしまう可能性があります。

せっかく質の高い記事を製作したのに検索エンジンに伝わらなければ上位表示されません。
ですから、記事の内容だけではなく効果的なWebライティングが求められるのです。

効果的に伝えるWebライティングとは

効果的に検索エンジンに伝えるためには、記事の質が担保されていることが前提です。

記事の質が低いのに効果的に伝えても効果はゼロではないかもしれませんが、長続きはしませんし、マイナス効果を呼ぶ可能性も否定できません。

質の高い記事を正しく適切に検索エンジンに評価してもらうためにWebライティングで効果的に伝える必要があるからです。

検索エンジンに効果的に伝えるためのポイント

記事の内容がしっかりしていると判断し、サイト内のページとして制作をしていくときには最低限以下を意識しましょう。

キーワードが持つニーズ
キーワードが持つニーズを判断し、適切にキーワードを用いられているか
文章の見え方
内容が良くてもサイトで見たときに見にくくないか、段落などレイアウトが最適かどうか
画像の設定
画像自体は必要があれば設置する程度でいいですが、表示に負荷がないか、Altに適切な文章を入れているか
見出しの設定
h1、h2、h3、にキーワードを効果的に入れてあるか、または不自然な入れ方をしていないか

など上記は、最低限サイトにアップする際は意識して確認しておきましょう。

質の高い記事に加えて上記を意識するだけで、十分効果的なSEO対策になります。

記事制作代行の利用でWebライティングの効率化

実際に作業を進めていくと、ひとりや少人数で記事を製作していくことはとても厳しい作業です。
ですが、自分のサイトですから自分で出来るだけ作成していくことが一番だとは思いますが、現実的に不可能な状況も少なくありません。

その様な時は、記事制作代行サービスの利用も選択肢として持っておいたほうがいいでしょう。

今回は、CROCO株式会社が運営している「Shinobiライティング」を紹介します。

Shinobiライティングの特徴

シノビライティングについて

クラウドソーシングでよくある形態の、発注も受注も行えるサービスです。
ライターとして仕事を選び執筆することも可能ですし、クライアントとして記事の制作を依頼することもできます。

記事制作数が、2,912,219(2016年3月時点)、リピート率が95%を超えているということは制作実績と質がしっかりしているということが窺えます。

SEO対策に自信を持っている

SEOに自信があるシノビライティング

作業時間が確保できずに質が低い記事を作成してしまうようならShinobiライティングに依頼してみるのもひとつの選択肢として有効でしょう。

Shinobiライティング側もSEOを意識しておりやライティングがSEOにどのような影響を与えているかをしっかりと認識しているので利用してみるのもいいかもしれません。

納品が早いシノビライティング

100記事を最短3日で納品などの大量発注や記事のシェア数も多いということで長い間信頼されて利用されてきたことが窺えます。

また、注文自体は1記事から可能になっているので試しに依頼してみるのもいいでしょう。

厳しい品質チェック

業界最高水準のコピペチェックシステムや独自の方法で厳しい精査を行っています。

また、登録ライター数も31万人を超すなど幅広い人材や要望に対応できる体制も整えられています。

コンサルティングもしてくれる

専任のコンサルタントが要望を聞いた上で、SEOに効果的なキーワード選定や記事制作を提案してくれることもあります。

SEOの専門的な知識が持つコンサルタントがより効果的な記事・コンテンツになるように提案やチェックしてくれていることが多く利用されている理由のひとつでしょう。

自分で書く+記事制作依頼の利用

自分で書くからこそ、気づける部分があるので可能な範囲で記事を自分で書いてみることは大事な行為です。

記事を書いた経験があるからこそ、発注時に細かい要望や気づく点も出てくるからです。

記事制作を依頼して届いた記事の良し悪しの判断も自分で記事を書いたことがあるかないかでまた違った印象を受けることでしょう。
記事制作依頼をすることで大幅な時間短縮をすることができます。
ゼロから記事を生み出すことはとても大変な作業ですので依頼した記事を自分が思うように手を加えたり加筆するという作業をしたとしても大分楽になります。

依頼は細かく・バランスを見て

記事制作依頼のデメリット

記事制作依頼で懸念されることは、双方の意図がしっかりと伝わっていない場合です。
Shinobiライティングは、記事制作依頼をして生まれやすい失敗をしっかりと把握しており、極力なくす努力をしていると感じます。

シノビのデメリット1

記事制作を依頼する際は、サービス元としっかりコミュニケーションをとることが重要です。
どのような内容でどのような効果を狙った記事が欲しいのか、ターゲットはどの層を考えているのかなど可能な限り要望は伝えておきましょう

デメリット2

思うような内容の記事が欲しいならタイトルを指定する以外にも、大まかな内容や概要を伝えることで求めている内容の記事を手にすることができるでしょう。

適当に発注して質が悪い記事だなんて言ったところで取り返しは尽きません。
実際に発注の仕方によっては質が低い記事が来たとしても仕方ない場合もあるからです。

記事制作を依頼する量もサイトや自分を取り巻く状況などを加味して適切な注文量を心掛けましょう。

時間がある場合は自分でも記事を書くことは疎かにしてはいけません。
発注して納品される間に時間ができたら1記事でも書いておくことは無駄ではないからです。

中古ドメインと記事制作依頼で時間短縮

中古ドメインも記事制作依頼もどちらも時間短縮の効果があります。
時間に対して投資することで、その間にできることが生まれます。

中古ドメインは時間を無駄にせず成果を早めるという時間短縮の効果があり、記事制作依頼はうまく空いた時間を作り出すという効果があります。

中古ドメインを利用してスタート時は自分で記事を書いていって、サイト運用が安定や上位表示されてきて他にいろいろとやることができた場合に記事制作依頼を利用するなど、どちらも状況に応じて適切に利用することで、サイト運用やSEO対策を有利に進めることができます。

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

シノビライティング徹底活用

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説 アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン