by Access Japan
販売ドメイン 1919(2022/05/17追加)

3本入荷しました

4本入荷しました

5本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

5月限定!購入金額の5%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

中古ドメインの効果を落とさず保管する方法

投稿日:2017/08/14 (更新日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

中古ドメインの効果を落とさず保管する方法

中古ドメインを取得したは良いものの、中古ドメインの価値やドメインパワーは利用していない間にも変化していしまいます。

購入時と利用時を比較しても、スコアやデータに差異が生じる可能性があり、ドメインにより大きな変化をするものもあります。

中古ドメインを取得してからどう利用していくべきか考えてみましょう。

中古ドメインの利用までの期間が空いたら

中古ドメインを取得してから使用までの期間が1年以上など大きく空いてしまった場合は、ドメインに対して再調査する必要があるでしょう。

ツールを使い被リンク数などの推移や念のためペナルティの有無も再度見ておいたほうがいいかもしれません。

利用していない期間にペナルティを受けることは考えられませんが、取得時と同一の状態であるという思い込みは捨てたほうがいいでしょう。

購入した時は価格もスコアも高かったドメインが、放置していた期間によって変化してしまう可能性を覚えておいてください。

トニー
サイト運用中もスコア等は変化します

中古ドメインのパーキングしっぱなしはNG

中古ドメインを取得して利用するまでの間、ドメインパーキングしておくのは有効なことですが、1年以上の期間パーキングしておくのは良くありません。

ドメインパーキングしておくことや転売が目的の場合は話は変わりますが、取得した中古ドメインをサイトなどに利用するつもりであるのなら、ドメインパーキングは1年以内など期間を決めて運用しましょう。

トニー
使う気がないならパーキングの期間はそこまで考えなくてもいいでしょう

リダイレクト広告は使用しない

ドメインから広告ページにリダイレクトされるような広告設定はしないほうがいいでしょう。

単純に不正な行為ですしドメインがスパム扱いされてしまう可能性もあります。

Googleインデックスがあるものは使用しない

中古ドメインがGoogleにインデックスされている状態のものであればドメインパーキングをしないほうがいいでしょう。

Googleのインデックスが残っているドメインは評価されているドメインと言えるのでなるべく早く利用したいところです。

404、Not FoundのままはNG

中古ドメインに関わらず、404ページ、Not Foundの状態にしておくことは良くありません。

404(Not Found)
指定したページが見つからない場合に出ます。

URLに対してページが存在しない状態になりますので整理するという意味でも、404、Not Foundのページはリダイレクト設定を行うなり対処する必要があります。

トニー
基本的にエラーのような状態は避けましょう

中古ドメインには元のサイト構造がある

サイト構造を意識しておくとリダイレクトの効果も高く、中古ドメインの力をより強く発揮できます。

元のサイトのURL構造や一覧を確認し必要な箇所はリダイレクトして404が出ないようにしておきましょう。

Googleは404ページがサイト内で重要ではない限りそこまでの影響はないと言っていますが、中古ドメインの資産の引継ぎという面で考えればリダイレクト設定しておくべきでしょう。

トニー
影響が少なくても404ページを残していく必要もありません

中古ドメインを利用してインデックスさせておく

サイトの作成に時間がかかってしまいそうな時やサイト作成が遅れて公開できずにいる期間は中古ドメインの取得日からなるべく短縮させたいとこです。

デザインや機能など細かい部分にこだわるのもわかりますが、期間が伸びるようであれば仮の状態でもいいので記事やデザインなど最低限の段階で公開してしまうというのも手です。

トニー
使用目的があるならなるべく早く使うことが吉!

仮の状態で公開

3~5記事などを入れて最低限の見た目や機能だけの状態で公開してしまうのは少し気が引けるかもしれませんが、ダラダラと公開日を伸ばすよりは有効です。

記事を用意することが望ましいですが、最低TOPページだけなど、1ページを用意してでも公開をしてしまったほうがいいでしょう。

先に公開していた記事がインデックスされることで、その次からの更新が有利に進むことができます。

更新しやすいので評価が上がりやすい

中古ドメインがインデックスされ更新の余地が多く残っている状態ですので、新しい記事やデザイン、機能などの更新をこまめに行うことができます。

クローラーが巡回されやすい状態で継続的な更新や機能改善を行うことで評価されやすく訪れたユーザーの印象にも残りやすくなるでしょう。

トニー
更新の余地がある状態で放置しないようにしましょう

中古ドメインを買うなら目的を持って

中古ドメインの購入を決める段階で、どのように利用するかは最低限考えておいたほうがいいでしょう。

サテライトサイト、メインサイト、アフィエイトサイトetc、などどのような目的でその中古ドメインを利用するかは決めておいたほうがいいです。

アクセス中古ドメインは利用の目的に応じてランク分けなどを行っているので、利用目的により選定作業も異なってくることと思います。

まずは買う前にどのように利用するかを決めておくと購入してから無駄な時間を過ごさないで済むでしょう。

サイトがあるかないか

中古ドメインを購入する段階で、サイトが既にあるのか、ないのか、または製作途中なのかにより購入してから利用するまでの期間が変わってきます。

スケジュールを考えて中古ドメインを取得する必要があります。

購入タイミングを考える

サイトの有無や制作スケジュール、利用目的などを考慮して中古ドメイン購入のタイミングを考えましょう。

個人によりタイミングは異なるでしょうし適切な購入タイミングを断定することはできませんが利用するまでの期間が1年後などにならないようにしましょう。

トニー
1年後でも再調査の結果次第では、問題はないでしょう。また、多少スコアが下がっていてもサイトがしっかりしていれば取り戻せます。

中古ドメインを取得したらなるべく早く利用しよう

せっかく買った中古ドメインですから、持て余す期間や放置する期間をなるべく短くして利用するように心がけましょう。

また、利用するまでに期間が空いたら再調査するなり自分なりに管理する期間や方法を決め中古ドメインの効果が落ちる前に利用をスタートさせる工夫が必要です。

取得してからはなるべく早く未完成のサイトの状態だとしても利用することが重要です。
未完成だとしてもGoogleの品質に関するガイドラインに違反しないようにしておけば問題ありません。

まずは利用することで最低限の中古ドメインの効果を失わずに済みます。
公開してから適切な運用や改善、更新、SEO対策を並行することで中古ドメインの効果もサイトの評価も高まってくるでしょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインの効果を落とさず保管する方法

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...