SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1177(2017/09/20追加)

11本入荷しました

10本入荷しました

25本入荷しました

  • ブロンズ…736
  • シルバー…344
  • ゴールド…96
  • プラチナ…1
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

Webライティングで効果的に記事を伝える!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

Webライティングで効果的に記事を伝える!

内部対策は主に、サイト構造やコードの記述などの面がクローズアップされますが、Webライティングに焦点を当てた内部対策を考えていきます。

内部対策は、サイト運用中に日常的に行っているということも言えますので、すぐにできるSEO対策としてしっかりと行うべきです。

検索エンジンやユーザーに、コンテンツを効果的に伝えるためのWebライティング方法を考察していきます。

Webライティングの役割

Webライティングとは、検索エンジンやユーザーに対しコンテンツを適切に評価してもらうために行うテクニックです。

コンテンツの内容の充実は、もちろん重要ですのでまずは内容をしっかりとしたものにする努力が必要です。

コンテンツSEOとの違い

コンテンツSEOとの違いと言いますか、WebライティングはコンテンツSEOの中の一部分ということができます。

コンテンツSEOで作成しようとしている記事などをWebライティングを用いてより効果的に検索エンジンにアピールするということが目的です。

コンテンツや記事の質が高いことが前提

内容がしっかりとしていることは大前提です。

検索エンジンに効果的に伝えるWebライティングの手法を駆使したとしても、ユーザーに読まれた時に満足させることができなければ意味がありません。

Webライティング手法のみで上位表示を実現できるというわけでもありませんし、実現できたとしても内容が薄ければユーザーに見向きもされないでしょう。

Webライティングは文章のWebへの最適化

Webは新聞や雑誌、書籍と異なる媒体です。
どの媒体も内容の質や面白さは求められますが、特徴が異なります。

Webサイトやページは検索結果やユーザーの検索方法によってどのページが表示されるかわかりませんし、すぐに離脱もできます。
また、他のサイトやページとも容易に比較されてしまいます。

Webの特徴に適した手法を用いて文章を構成していくことがWebライティングを行う必要性になります。

Webサイトやページは検索エンジンへの対応がいる

ユーザーを満足させられる記事を作成できたとしても、検索エンジンに適切に伝えることができていなければ正しく評価してもらえません。

検索エンジンを騙すのではなく、質の良い記事を効果的に伝える努力を行いましょう。

まずWebサイトやページの特徴を知る

Webサイトやページは書籍のように1ページ目から順序立てて読まれるとは限りません。

ユーザーがサイト内のどのページから流入してきたかによってユーザーの動きは異なりますし、仮にTOPから流入してきたとしてもどのようなアクションをするかはユーザーごとに異なります。

書籍などとは異なる、Webサイトやページの特徴をあげてみました。

ページごとに独立している
各ページを独立したコンテンツとして扱う必要があります。
お互いに相手がわからない状況である
ユーザーからはサイト運営者は見えませんし、サイト運営者もユーザーを特定できません。
不安を持たれないような工夫が必要です。
利用媒体や環境で異なる
ユーザーが利用している端末やOSの種類やブラウザ環境によりサイトの表示のされ方が異なります。
また、スマホやタブレットなども多く利用されています。
サイト内外のリンク
サイト内外のリンクを辿ってサイトやページを巡回することがあります。
このようなリンクも少なからず影響してきます。
他の情報と比較されやすい
ユーザー自身で情報の見比べが簡単にできます。
比較されやすいということは、評価を下しやすいということに繋がります。
他のサービスと連携を取りやすい
外部サイトのリンクもそうですが、SNSや動画サイトなどと容易に連携がとれます。
多様な表現ができる
文章の記事だけではなく、画像や動画、音声データなどでもWebコンテンツは作成できます。
公開後の修正が簡単
Webサイトやページは公開した後に修正や改修が簡単にできます。
ユーザーの反応を見ながら手を加えて行ける利点があります。

Webサイトやページの特徴を知ることで書籍などとは異なり記事の内容以外にも気をつけたり、対応していかなければならないところが見えてきます。

Webライティングの目的を明確にする

検索エンジンやユーザーに効果的に伝えるためには、記事やコンテンツに目標やゴールを設定する必要があります。

一般的に、ふたつの目標に絞ることができます。

ユーザーを集める
記事やコンテンツからユーザーを集めていくことが、WebライティングやコンテンツSEOの目的のひとつです。
目的のアクションを起こさせる
記事やコンテンツに来たユーザーに対し起こしてほしいアクションを誘導させ、成果に結びつけることが最大の目的です。

両方の目的を達成させるためには、検索エンジンとユーザーに適切なアピールをしていくことが求められます。

Webライティングで検索エンジンに伝えるには?

ユーザーが欲しているニーズや情報を調査し、企画を立て質の高い記事を作成していくことができれば、その記事を読んだユーザーには効果的に伝わる可能性は高いでしょう。

ですが、その記事にユーザーが辿り着くためにはSEO対策を行い検索上位に表示させることが必要です。

多くの目に触れる機会を作ってこそ、質の高い記事は効果を生み出します。
そのためには検索エンジンにWebライティングで適切に伝える必要があります。

検索エンジンに伝えるために気をつけるべきこと

検索エンジンに伝えるといってもまずは内容の質が重要です。
しっかりとした、記事やコンテンツを作成することを心掛けましょう。

企画
ユーザーや市場を調査し、方針を決めて必要な情報を集めます。
制作
企画で決めたことを執筆していきます。
編集
制作した文章をブラッシュアップします。
校正
表現がわかりにくくないか、誤字脱字などを確認し完成の状態にします。

上記の流れで、公開していきます。
公開した後もユーザーの反応や検索順位の動きに応じて、手直しや改修作業などを継続的に行います。

実際、最低限上記のサイクルを適切に行えているなら自然に検索エンジンにもユーザーにも伝わります。

キーワードを適切に使用する

記事やコンテンツを作成する上で、キーワードの調査はとても大切です。
キーワードによりSEO対策の効果やユーザーを集める数や難易度も変わってくるからです。

キーワードのボリューム
検索ボリュームを把握してターゲット層や数を調べます。
キーワードのニーズ
キーワードに対しユーザーが内包しているニーズを考えます。
キーワードに対する競合
キーワードで検索した場合、上位にいるサイトがどのようなサイトなのかを調べて対策をします。
キーワードの記事への反映
キーワードを使ってどのような内容の記事を作成するかを考えます。

上記は記事やコンテンツを作成する際に意識すべきキーワードに対する項目です。
SEO対策に関わりますし、記事の内容やユーザーの特徴を知ることにもつながります。

タイトルや見出し(hタグ)でSEO効果を狙う

文章や記事を作成するときにキーワードをSEO的に意識する時は、タイトルと見出しぐらいしか個人的には意識していません。

ですが、しっかりとした内容の記事であればタイトルと見出しにキーワードを少し意識しておくだけで検索エンジンに伝わり評価されています。

  • h1:記事メインタイトル
  • h2:記事内のタイトル
  • h3:記事内のタイトルへの小見出し
  • h4:上記以外の小見出し

基本的に上記を意識して記事を書いています。

h1とh2に狙っているキーワードを入れられる範囲で入れるようにするぐらいしか、意識を置いて記事を書いていません。

それでも十分に上位表示を実現してきています。

文字数は意識している?

個人的に記事を書いているときは、何文字でという依頼や指示がない限り文字数を意識して書くということはあまりしません。

書き終わって何文字になったか確認はしますが、文字数が多ければ必ず評価されるというわけではないので、けっこういったなとか若干少ないかな、といった感想を持つ程度です。

ある程度内容をしっかり書こうとすれば、自然と2000~3000文字前後(原稿用紙4~7枚)にはいきますので目安としてそれぐらいを意識しているぐらいです。

実際に短くまとまった文章が出来たのならば、無理して引き延ばす必要はないと考えています。

長い文章は厚みは与えますが、読んでいてダレてしまうこともあるので内容が良くても読ます工夫が必要です。

記事内のキーワード数は?

キーワード数に関しても意識して書いてはいません。
必要があるなら必要に応じてキーワードを出現させるというぐらいです。

h1とh2でキーワードを少し意識していますが、本文内にキーワードを何個入れたとか多く入れてやろう、という意識は持っていません。

キーワードに関する内容を執筆していくことになるので、意識しなくても全く出てこないということも考えられませんし、意識して入れたところで文章がおかしくなるぐらいならあまり意味がないと考えているからです。

引用について

引用も必要に応じて使用します。

引用があると情報に信憑性が生じる場合もあるからです。
また、文字数を稼ぐ際にも多少力を貸してくれます。

ですが、引用文ばかりにならないように注意することとしっかり引用元の情報を記載しておきましょう。
ただ、そのまま持って来てしまうと、コピーコンテンツになってしまいます。

Webライティングは改善に適している

質の高い記事を作成したのに検索エンジンに評価されない状況が続いている場合、Webライティングで記事やコンテンツを改善することをオススメします。

タイトルやhタグ、キーワードの箇所を見直してみるだけで、質の高い記事の場合は劇的に改善される可能性が高いからです。

Webライティングには様々な手法がありますが、最低限以下を意識してください。

  • 記事の質
  • ユーザーのニーズ
  • h1・h2にキーワードを意識
  • 公開後の動向

こららを意識して行うだけで変化があります。
いろいろな改善を急に行うのは難しいですから、できる範囲の改善を積み重ねていくことが重要です。

また、公開した後にPDCAサイクルで継続した確認と分析を行うことで記事やコンテンツの質は改善できます。

Webサイトやページの記事の利点は、公開したら最後というわけではなく公開してからがスタートということです。
公開してからもユーザーや検索エンジンに継続的にアピールしていくことができるからです。

記事制作依頼でも意識する

記事制作をクラウドソーシングサービスや代行業者に依頼する時もWebライティングを意識しましょう。

記事制作代行業者はSEOの知識を持ち精通しているところもありますが、依頼する時に自分から意識して伝えることは重要です。

また、改善に適しているWebライティングのポイントを受け取った記事を実際に公開する時に意識して改善してセッティングしていくことでより高い効果を生むかもしれません。

お金を払って手に入れた記事を無駄にしないためにも、意識して行いましょう。

コンテンツの良し悪しは判断しにくい

記事やコンテンツは客観的にどこが良くてどこが悪いのかの判断が難しい領域です。

ユーザーの反応を予測することも難しいので、製作者が頭を悩ませて作成した記事も全く反応がない場合もあります。
また、手を抜いた記事が多くの反応を得る場合もあるのは事実です。

内容に関しては、創意工夫や反応を見て対応していくしかない場合が多いですが、Webライティングで抑えておくべき項目などは客観的に確認することができます。

内容にこだわるのは勿論ですが、Webに適した記事やコンテンツになっているかの確認や改善を行いましょう。

他の原因や要素を考える前に

順位が上がらない原因が、あからさまな失態でない限りまずはコンテンツを見直して、Webライティングが適切に行えているかと内容に不足や改善点がないかを確認したほうがいいでしょう。

理由としては、コンテンツの改善をしたことが原因で極端に順位が下がるというリスクが少ないからです。

改善点が見つかればコンテンツを改善し、それでも思うようにいかなければその他の要素を慎重に調査、修正を行いましょう。

中古ドメイン+Webライティング

中古ドメインもWebライティングもどちらも検索エンジンやユーザーにアピールしやすくなるという点が共通しています。

サイトに中古ドメインを利用してスタートダッシュを狙う時に、製作した記事にWebライティングを少しでも意識することでより成果へ到達する速度が高まるかもしれません。

アクセス中古ドメインで質の高い中古ドメインを手に入れ、コラム等で紹介している様々なSEO対策を適切に行うことで、サイトを成功に 導くことができるでしょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

Webライティングで効果的に記事を伝える!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+