中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 2146(2019/01/23追加)

31本入荷しました

20本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…175
  • シルバー…637
  • ゴールド…823
  • プラチナ…511
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ローカルSEOの対策法5種!Googleマップ上位表示で競合に差をつける

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

ローカルSEOの対策法5種!Googleマップ上位表示で競合に差をつける

今回は、WEBの集客方法の一つ「ローカルSEO」を対策するべき3つの理由と具体的な対策方法を解説します。

特定の検索キーワードで検索した時に、検索した地域や場所によって、検索結果が異なることがあります。

特定の検索キーワードとローカルSEOには密接な関係があり、ローカルSEOの仕組みや対策方法を実践することで自社サイトへの集客効果が期待できるでしょう。

ローカルSEO(Local SEO)とは

ローカルSEO(Local SEO)とは、「地域名+キーワード」や地域や場所に影響を受けやすいキーワードで検索した時に、特定の地域や場所に基づいた検索結果を上位表示するように、最適化を行うことです。

同じ意味で、MEO(Map Engine Optimization=マップ検索エンジン最適化)という言葉が使われています。

「地域名+キーワード」や地域や場所に影響を受けやすいキーワードはどういったキーワードなのか具体的に例を挙げたいと思います。

「地域名+キーワード」というのは、

「六本木 歯医者」で検索した時の検索結果のスクリーンショット(左がパソコンのブラウザを使った検索結果、右がスマートフォンのブラウザを使った検索結果)
左がパソコンのブラウザを使った検索結果、右がスマートフォンのブラウザを使った検索結果

札幌で「六本木 歯医者」で検索をすると、検索結果の上位にGoogleマップと地域周辺の情報が上位に表示されますが、この部分を「ローカル検索結果」といいます(ローカルパックとも呼ばれています)。

また、地域や場所に影響を受けやすいキーワードというのは、

「歯医者」で検索した時の検索結果(左がパソコンのブラウザを使った検索結果、右がスマートフォンのブラウザを使った検索結果)
左がパソコンのブラウザを使った検索結果、右がスマートフォンのブラウザを使った検索結果

札幌で「歯医者」と検索をすると、地域の検索キーワードを含めなくても、周辺の歯医者のGoogleマップの情報が検索結果の上位に表示されます。

地域や場所に影響を受けやすいキーワードは他にもあり、

飲食店
ラーメン、焼き肉、居酒屋、レストラン...
地域に密着する店舗
美容室、クリーニング、個人経営する店...
医療施設
病院、歯科、内科、小児科、外科、皮膚科、薬局...
教育施設
学校、塾、英会話スクール、そろばん教室...
宿泊施設
ビジネスホテル、旅館、温泉宿...
士業
弁護士、税理士、行政書士...
地域に密着していて緊急性がある業態
水回り修理、車修理、鍵の取り替え...

業種に関係なく、店舗がある全ての施設やサービスなどが挙げられます。

また、ローカル検索結果は、現段階では上位3店舗のみしか掲載されません。

つまり、ローカルSEO対策を行うことで、上位3位以内に特定の店舗を表示させるために最適化を図っていきます。

ローカルSEOを対策すべき3つの理由

ローカルSEOを対策すべき理由として、大きく分けると3つ挙げることができます。

  • ローカルSEOは検索結果の上位に表示されるのでクリックがされやすい
  • ローカルSEO対策をすぐに始められる
  • ローカルSEO対策を始めている競合が少ないので結果が出やすい

ローカルSEOは検索結果の上位に表示されるのでクリックがされやすい

ローカル検索結果は1ページ目の上位に表示される事が多いので、通常の検索よりもクリックされる確率が高いです。

例えば、「六本木 カフェ」のキーワードで検索する人は(今、六本木にいて、周辺のカフェを探している方)が比較的多いはずです。

つまり、知りたいという欲求が高く、店舗の情報が詳しく記載しているので、クリックされやすいのです。

ローカルSEO対策をすぐに始められる

ローカルSEOの対策において、「Googleマイビジネス」の登録は不可欠です。

ローカル検索結果の上位に表示するためには、「Googleマイビジネス」に店舗情報を追加する必要があります。

Googleマイビジネスの登録には料金が無料で、登録もそれほど難しくないので、すぐにローカルSEO対策を始めることができます。

ローカルSEO対策を始めている競合が少ないので結果が出やすい

ローカルSEO対策はここ最近、注目され始めてきたので、ローカルSEO対策を行っている競合は比較的少ないです。

ローカルSEO対策と似た集客方法に「SEO対策」が挙げられます。

SEO対策は、上位表示をするために長い時間と高いコストがかかります。

その点、ローカルSEOは、本格的に対策をしている競合が比較的少ないので、SEO対策と比べると少ない時間でコストも安く対策をすることができます。

ローカル検索結果にランクインする要素は3つ

ローカル検索結果にページを表示するためには、いくつか要素があります。

要素には、大きく分けると3つに分けることができます。

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

上記、3つの要素を組み合わせた最適な結果がローカル検索結果として表示されます。

これらの要素は、Googleが公式に発表をしています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。

引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

3つの要素を詳しく解説します。

検索キーワードの関連性の高さ

検索キーワードの関連性とは、Googleマイビジネスに登録している店舗情報と検索したキーワードがどれくらい関連性があるのかGoogle側が評価します。

Googleマイビジネスに登録をしていないと、そもそも評価することができないのでローカルSEOを対策する上で、登録が必要になります。

また、Googleマイビジネスに登録をしていても情報が古かったり、住所や電話番号などの情報が不足している場合にも評価がされにくくなり、関連性が下がる場合があります。

検索した場所から店舗までの距離の近さ

検索キーワードとGoogleマイビジネスに登録した店舗の住所の間の距離をGoogle側が評価します。

検索キーワードに地域名が入っていなかった場合、検索したユーザーの位置情報から近い距離の店舗がローカル検索結果に反映されます。

知名度の高さ

Googleマイビジネスに登録した店舗や会社の知名度も評価のひとつです。

多くの人が知っている有名なブランド店舗や公共施設は、評価がされやすい傾向です。

例を出すと、

検索キーワード「ホテル」で検索した時の検索結果のスクリーンショット(パソコンのブラウザを使った検索結果)
パソコンのブラウザを使った検索結果

札幌で「ホテル」と検索すると、札幌にある大手ホテルが表示されています。

つまり、知名度が高い店舗や施設はローカル検索結果の上位に表示されやすくなります。

また、知名度の高さに加えて、口コミの件数が多く高い評価を受けていればローカル検索結果の順位が上がることができます。

Googleが公式に発表をしています。

クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。

引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

ローカルSEOの5つの対策方法

ローカル検索結果に自社のサイトを上位表示させるためには、ローカルSEOの対策を行わなければ上位表示は難しいでしょう。

ローカルSEOの対策には、いくつか方法があります。

  • Googleマイビジネスに登録をする
  • Googleマイビジネスに最新の詳細な情報を入力する
  • ユーザーとコミュニケーションを取る
  • 写真を掲載する
  • NAP情報を統一する

今回は、ローカルSEO対策の5つの方法を解説します。

Googleマイビジネスに登録をする

ローカル検索結果に自社サイトを上位表示させるために、Googleマイビジネスの登録が必要です。

SEOやマーケティングのコンサルティングやサービスを提供している会社「Moz」が公開しているデータ「2018年ローカル検索のランキング要因」によると、

Mozの2018年ローカル検索のランキング要因ページのスクリーンショット

引用元:https://moz.com/local-search-ranking-factors

英語表記ですが、画像左のグラフは「Local Pack/Finder Ranking Factors」で、意味は「ローカルパック(ローカル検索結果)をランキングに表示させるための要因」です。

ローカル検索結果をランキングに表示させるための要因の中で一番比率が高いのが、Googleマイビジネスシグナル(25.12%)と書かれています。

Mozが公開しているデータから分かることは、Googleマイビジネスの登録をすることは、ローカル検索結果の上位表示に強く影響を受けているということです。

Googleマイビジネスに登録するときの注意点

Googleマイビジネスに登録する時に注意することが2つあります。

  • ECサイトは特定の住所がないのでGoogleマイビジネスに登録できない
  • Google側がマイビジネスに自動的に登録するのでオーナーの確認が済んでいない

ECサイトはGoogleマイビジネスに登録することはできません。

そもそも、ECサイトは実店舗がないため登録できません。

Googleの公式ブログ内の記事「Google マイビジネスの対象ビジネス」に述べています。

以下のビジネスタイプは、Google マイビジネスに適していません。

● 工事中、またはまだ開業していないビジネス。

● 別荘、モデル住宅、アパートの空き部屋などの不動産賃貸物件や販売物件。

● 所有権や代表権を持たない場所で継続的に実施しているサービス(教室、集会など)。

● 顧客に直接対面してサービスを提供することのないオンラインのみのビジネス。

● オフィスがある場合は、カテゴリを「企業のオフィス」に設定して Google マップに掲載できるケースもあります。

引用元:https://www.ja.advertisercommunity.com//t5/攻略ガイドで学ぶ/Google-マイビジネスの対象ビジネス/ba-p/51849

「顧客に直接対面してサービスを提供することのないオンラインのみのビジネス」というのが、ECサイトにあたります。

また、もう1つの注意点としてGoogleマイビジネスはGoogle側が自動的に登録することがあります。

Googleマイビジネスが自動的に登録していると、「オーナーの確認」がされていない状態になっています。

オーナー情報が確認されていない状態の例
オーナー情報が確認されていない状態の例

オーナーの確認を行っていないと、ユーザーからの信頼度が低くなってしまいます。

Googleマイビジネスの登録した時に、オーナーの確認をする作業を行いましょう。

Googleマイビジネスに最新の詳細な情報を入力する

Googleマイビジネスの登録を終えたら、店舗情報を充実させます。

ローカル検索結果は、検索キーワードと関連性が高いものから上位表示されるので、店舗情報を充実させることで、ローカル検索結果と検索キーワードとの関連性が高まります。

Googleマイビジネスに登録すべき情報として挙げられるのは、

  • 店舗名・会社名
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • カテゴリ
  • ウェブサイトのURL
  • 写真

となります。

店舗名・会社名、住所などは、省略せずに正式な名称にしましょう。

他にも、店舗名・会社名は対策したいキーワードを含んだ名称にするといいでしょう。

営業時間では、Googleマイビジネスの店舗情報を入力する画面に「特別営業時間」という項目があるので、祝祭日を入力しましょう。

Googleマイビジネスに登録した店舗情報に変更があれば修正を行い、常に最新の情報を保っておきましょう。

ユーザーとコミュニケーションを取る

Googleマップやナレッジパネルには、ユーザーが口コミを投稿できる機能があります。

ナレッジパネルというのは、店舗名・会社名などで検索すると、検索結果の右に表示される部分を指します。

検索キーワード「六本木ヒルズ」で検索した時の検索結果のスクリーンショット(パソコンのブラウザを使った検索結果)
パソコンのブラウザを使った検索結果

例えば、「六本木ヒルズ」と検索すると、検索結果の右側に表示される詳細情報のことです。

この口コミはローカル検索結果のランクイン決定に影響を与えます。

Googleの公式によると、

ユーザーが投稿したビジネスのクチコミに返信すると、ユーザーとのつながりを作ることができます。さらに、クチコミに返信することでユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、見込み顧客が店舗に訪れる可能性が高くなります。

引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

と書かれていて、ユーザーが口コミを行い、口コミに対して返信をすると、ユーザーとコミュニケーションをとることができます。

ユーザーとコミュニケーションをとることで、Google側が知名度が高いと評価されやすくなり、ローカル検索結果の上位表示が期待できます。

写真を掲載する

Googleマイビジネスには写真を追加することができ、Googleマイビジネス登録者(オーナー)とユーザーが写真投稿を行えます。

Googleマイビジネスに写真を追加することで、どういった店舗や会社なのか詳しく伝えることができるので、ユーザーにアピールをすることができます。

写真の追加はGoogleも公式で推奨をしています。

リスティングに写真を追加すると、商品やサービスに焦点を当てることができ、ビジネスの内容を紹介しやすくなります。的確で訴求力のある写真を掲載すれば、求めている商品やサービスがあることを見込み顧客にアピールできます。

引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

Googleマイビジネスの写真を追加するのに、店内写真や外観などが追加することができるので、オーナーは写真を追加しましょう。

NAP情報を統一する

NAPとは、Name(名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)の頭文字を取ったものです。

名前、住所、電話番号の3つの情報は、WEB上で全て表記を統一することが求められます。

検索エンジンは、表記が統一していないものに対して、別の情報として認識してしまう可能性があります。

名前(店舗名・会社名)を例に挙げると、

NAP情報で店舗名や会社名の表記が一致していない例
NAP情報で店舗名や会社名の表記が一致していない例

となります。

住所や電話番号の例では、

NAP情報で住所や電話番号の表記が一致していない例
NAP情報で住所や電話番号の表記が一致していない例

となります。

名前、住所、電話番号の表記を統一をしていないと検索エンジンに対して、同じ情報と認識しづらいものになってしまいます。

また、ユーザーにとっても表記の統一を行わないと、混乱させてしまう可能性があるので、名前、住所、電話番号の統一をしましょう。

今回ご紹介した、ローカルSEOの対策を施策しても、必ずしもローカル検索結果の上位に表示するとは限りません。

しかし、Googleマイビジネスに登録をして、店舗情報を充実させればユーザーにとって有益な情報を提供することができ、その結果、検索エンジンからも正しい評価を受けることに繋がるでしょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+