中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1001(2019/05/23追加)

30本入荷しました

20本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…26
  • シルバー…309
  • ゴールド…301
  • プラチナ…365
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ローカルSEO(MEO)で大事な要素「サイテーション」とは?店舗・会社情報を掲載してもらう方法

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

ローカルSEO(MEO)で大事な要素「サイテーション」とは?店舗・会社情報を掲載してもらう方法

この記事では、WEB集客方法の一つであるローカルSEO(MEO)で大事な要素「サイテーション」について解説をしています。

検索結果でGoogleマップの上位表示を狙うためには、Googleマイビジネスの登録や口コミ件数、評価の高さ...等々、様々な要因が加味され順位が決定されますが、ローカルSEOを対策する上で、サイテーションは欠かせない要素の一つです。

サイテーションが何故、ローカルSEO対策で大事な要素なのか、他の人のWEBサイトに自社の店舗や会社の情報を掲載してもらう方法などを解説してまいります。

サイテーションとは

ローカルSEO(MEO)における、「サイテーション」とは、他の人のWEBサイトに自社の店舗や会社などの情報(店舗名・会社名、住所、電話番号、URLなど)が掲載・引用されることを指します。

サイテーションは、SEO対策の手法の一つ「被リンク」とは異なり、リンクが無くても店舗や会社などの正確な情報が他の人のWEBサイトに掲載・引用してもらうことを意味します。

オールドマスク
サイテーション(citation)を日本語に訳すと「引用」、「列挙」、「言及」、「召喚」といった意味になります。

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは「地域名+キーワード」や地域や場所に影響を受けやすいキーワードで検索した結果、Googleマップで上位表示するために最適化を行うことです。

「渋谷 ランチ」で検索した時の検索結果のスクリーンショット(左がパソコンのブラウザを使った検索結果、右がスマートフォンのブラウザを使った検索結果)
左がパソコンのブラウザを使った検索結果、右がスマートフォンのブラウザを使った検索結果

例えば、札幌で「渋谷 ランチ」と検索した結果、上位にGoogleマップがランクインしていますが、このGoogleマップの部分が「ローカル検索結果」と言います。

つまり、ローカル検索結果でGoogleマップに上位表示するために最適化を行うことを、ローカルSEOと言います。

サイテーションがローカルSEOで大事な要素と言われている理由

サイテーションがローカルSEO対策で大事な要素と言われている理由はサイテーションが検索結果の順位を決める上で、評価の対象になっているためです。

サイテーションが検索結果の順位を決める上で、評価の対象になっている根拠は2点あります。

  1. Mozが公開している、ローカル検索でランキングが決定する要因の一つにサイテーションが含まれている
  2. Googleが公表している、ローカル検索の掲載順位が決まる仕組みの一つに知名度の高さがある

詳しく解説してまいります。

Mozが公開しているローカル検索のランキング要因

SEOやマーケティングのコンサルティングやサービスを展開しているアメリカの会社「Moz」が2018年に公開したデータ「2018年ローカル検索のランキング要因」によると、

Mozの2018年ローカル検索のランキング要因ページのスクリーンショット(左のグラフが「Local Pack/Finder Ranking Factors=ローカルパック(ローカル検索)をランキングに表示させるための要因」、右のグラフが「Localized Organic Ranking Factors=ローカル自然検索でランキングさせるための要因」)
左のグラフが「Local Pack/Finder Ranking Factors=ローカルパック(ローカル検索)をランキングに表示させるための要因」、右のグラフが「Localized Organic Ranking Factors=ローカル自然検索でランキングさせるための要因」

引用元:https://moz.com/local-search-ranking-factors

上記画像の左右のグラフには、ローカル検索結果で上位表示にするための各要因がパーセンテージで書かれていますが、サイテーションは5番目に位置しています。

Mozのデータで分かることは、ローカル検索結果でGoogleマップの上位表示を狙うにはサイテーションの対策をする必要があります。

オールドマスク
ローカルSEO対策をする上で、サイテーションだけを対策するのではなく、サイテーション以外のランキング要因も、バランスよく対策する必要があります。

Googleが公表しているローカル検索の掲載順位が決まる仕組み

自社の店舗・会社のサイトをGoogleマップで上位表示するための方法の一つに、「知名度」があります。

知名度というのは、Googleマイビジネスに登録した店舗や会社の知名度のことを指します。

知名度の高さは、ローカルSEO対策で大事な要素の一つで、Googleのサイト「Googleマイビジネスヘルプ」内のページ「Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」に述べています。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

この知名度がサイテーションと、どのように関係あるのかと言うと、Googleは以下のようなことも述べています。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

引用元:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

サイテーションは、自社の店舗や会社情報が他の人のWEBサイトに掲載されることを指します。

つまり、Googleマイビジネスに登録している自社の店舗・会社情報を、他の人がWEBサイトに掲載・引用(サイテーション)されるのが多ければ、店舗名や会社名の知名度が高くなる可能性が上がり、Googleマップの上位表示化しやすくなるでしょう。

ローカルSEO対策において、サイテーションが知名度として評価対象に含まれているこが、Googleマイビジネスヘルプ内のページ「Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」から読み取ることができます。

サイテーションで大事な要素

サイテーションには、大事な要素「NAP」があります。

NAPは、サイテーションと同じ意味があり、Name(名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)のそれぞれ3つの頭文字を取ったものをNAPと呼びます。

このNAP(名前・住所・電話番号)情報は、表記を統一する必要があります。

NAP情報の表記を統一しないと、検索エンジンが別の意味と認識する可能性があったり、ユーザーにとっても表記が複数あると混乱する恐れがあります。

例えば、名前(店舗名・会社名)の表記が一致していない場合、

  • (株)ステップアクセス
  • 株式会社ステップアクセス
  • 歯科クリニック 本田
  • 歯科クリニック ホンダ

などが挙げられます。

検索エンジンやユーザーを混乱させないためにもNAP情報の統一は必要です。

自社の店舗・会社情報を掲載してもらう方法

ローカル検索でGoogleマップの上位表示を狙う方法の一つに、「知名度の高さ」すなわち、自社の店舗・会社情報を多くの人に掲載してもらうことが大事です。

自社の店舗・会社情報を他の人のWEBサイトに掲載してもらう方法には主に4つ挙げることができます。

  1. Googleマイビジネスに登録する
  2. Google以外の主要な検索エンジンにNAP情報を登録する
  3. SNSを活用する
  4. 情報メディアに掲載する

詳しく解説してまいります。

Googleマイビジネスに登録する

ローカル検索結果でGoogleマップの上位表示を狙うためには、Googleマイビジネスの登録は必要不可欠です。

自社の店舗・会社情報をGoogleマイビジネスに登録することで、ローカル検索からユーザーがサイトに流入してきたり、Googleマップに店舗・会社の正しい所在地を表示させることができます。

GoogleマイビジネスにNAP情報を設定する際の注意点

先ほど、NAP情報の表記は統一させる必要があると解説しました。

GoogleマイビジネスのNAP情報(住所)を設定する際の注意点として、住所を半角で入力したのに、自動的に全角になってしまいます。

住所の表記が、半角から自動的に全角になってしまう理由として、Googleマイビジネスのサポートセンターに問い合わせた所、

Googleマイビジネスのサポートセンターに問い合わせしたのに対して、回答されたメールのスクリーンショット

現時点(2019年2月15日)では、Googleマイビジネスに日本語で住所を設定すると、自動的に全角になってしまう仕様のようです。

なので、Googleマイビジネスの住所では半角入力することはできないので、自社のWEBサイトに記載している住所をGoolgeマイビジネスに合わせるなどの対策をするといいでしょう。

オールドマスク
住所の全角半角問題ですが、ローカルSEOがどのくらい影響しているかは正直、Googleにしか分からないので、できるのであれば全角に合わせた方がいいでしょう。

Google以外の検索エンジンにNAP情報を登録する

Google以外の主要な検索エンジンにNAP情報を登録する方法があります。

Google以外の主要な検索エンジンには、

などが挙げられます。

日本国内の検索エンジンのシェアでは約7割がGoogleを利用するなど、半数以上のシェアを占めていますが、YahooとBingのシェアを合わせると約2割程あります。

Googleマイビジネスに自社の店舗・会社情報を登録している人は多いですが、Yahoo!ロコやBing Placesなどに登録している人は比較的少ないので、正しいNAP情報を登録した方がいいでしょう。

オールドマスク
Yahoo!ロコやBing PlacesにNAP情報を登録する自体は無料で行えます。

SNSを活用する

TwitterやFacebook、InstagramなどSNSを活用して、自社の店舗・会社情報を掲載してもらう方法があります。

SNSのアカウントを登録したら、自社の店舗・会社の情報をSNSで拡散することで、サイテーションされる機会が増えます。

SNSで拡散されるには、例えば、飲食店なら「このツイートをRT(リツイート)してくれた方にはドリンクが1杯無料になります」と言った、拡散したくなるような施策をすることで、飲食店に興味を持った人がブログサイトなどにサイテーションされる可能性が増えるでしょう。

情報メディアサイトに登録する

情報メディアサイトを使って、自社の店舗・会社情報を掲載もらう方法があります。

情報メディアサイトというのは例えば、

  • 飲食店なら、ぐるなび、ホットペッパーグルメ、食べログ
  • 会社情報なら、タウンページ
  • 美容院なら、ホットペッパービューティー
  • その他には、Youtube、Yelp、等々...

などがあります。

情報メディアサイトに登録する際には、多くの人が利用している情報メディアサイトに登録をした方が、掲載してくれる可能性が増えるでしょう。

オールドマスク
注意をすべき点としては、間違ったサイテーション情報が記載してないように常に確認をしましょう。間違っていたら、運営者に問い合わせて、正しい情報に修正してもらいましょう。

サイテーションを増やして集客力アップ

ローカルSEO(MEO)で大事な要素であるサイテーションについて解説しました。

検索エンジンやSNS、情報メディアサイトを使って、自社の店舗・会社情報を他の人のWEBサイトに掲載・引用(サイテーション)されるのを増やすことで、知名度が高まります。

知名度が高くなると、ローカル検索結果でGoogleマップの上位に表示されやすくなり、自社サイトの集客力アップに繋がるでしょう。

もちろん、ローカルSEO対策は、今回ご紹介したサイテーション以外にも様々な要因が加味され、順位を決定しているので、サイテーションを増やしただけでは、Googleマップの上位表示にランクインすることは難しいでしょう。

なので、サイテーションを増やしながらも、Googleマップの上位表示にするために、最適化を行う必要があります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

ローカルSEO(MEO)で大事な要素「サイテーション」とは?店舗・会社情報を掲載してもらう方法

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+