by Access Japan
販売ドメイン 1757(2022/11/18追加)

5本入荷しました

7本入荷しました

1本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

SEOライティングとは?流れや構成、意識すべきコツやポイントを徹底解説!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

SEOライティングとは?流れや構成、意識すべきコツやポイントを徹底解説!

SEO ライティング

SEOについては、聞いたことがあるかもしれませんが、SEOを踏まえたライティングとなると、難しいと感じるのではないでしょうか。

というのも、SEOライティングをするためには、多くのルールを知っておかなければならないからです。

しかし、1つひとつ丁寧にルールを把握していけば、それほど難しいことではありません。

そこで、この記事ではSEOライティングとは何かについて解説するとともに、流れや構成、意識すべきコツやポイントを徹底解説します。

【1】SEOライティングとは

SEO ライティング

SEOライティングとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示をさせて、集客を図ることを意識したライティングのことです。
SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」を意味する専門用語です。

検索エンジン最適化」とは、検索エンジンで上位表示を狙うことによって集客を図ることを意味します。
そのため、SEOライティングとは、ユーザー及び検索エンジンにわかりやすい文章を書くことです。

1. ユーザーにとってわかりやすい文章とは

ユーザー向けのわかりやすい文章とは、ユーザーが求めている内容がわかりやすく書いてあり、ユーザーが満足する文章のことです。

例えば、あるユーザーがあることを調べるため、検索エンジンを利用する場合、調べたいキーワードを入力して、検索します。
検索結果で上位表示された記事から、そのユーザーは読んでいきます。

自分が書いた記事がユーザーに読まれたときに、ユーザーが求めている内容ではなかったら、もしくはユーザーが求めている内容だったものの、わかりにくかったら、ユーザーはその記事から離れてしまいます。

そのため、SEOライティングでは、ユーザーが求めている内容がわかりやすく書き、ユーザーが満足する記事を書かなくてはならないのです。

2. 検索エンジンにわかりやすい文章とは

検索エンジンにわかりやすい文章とは、コンテンツの各種設定を行って、コンテンツの品質を上げることを言います。

これらの設定を行うことで、検索エンジンから評価され、検索結果の上位に表示されます。
そこで、検索エンジンに評価されるには、どうすればいいのかについて解説します。

【2】SEOライティングの流れ

SEO ライティング

SEOライティングの流れは、次のようになります。

  1. キーワードの選定
  2. 事前調査(競合、ペルソナ)
  3. タイトル及び構成を作成
  4. 構成に沿って本文を作成
  5. 仕上げた記事をチェック

それぞれの手順について、解説します。

1. キーワードの選定

SEOライティングをするにあたって、まずはキーワードを選定しなければなりません。

キーワードを選定する際は、Google検索の際に表示されるサジェストキーワードやGoogle検索画面の下部に表示される関連キーワードを利用することができます。

これらのキーワードは、多くのユーザーが検索しているため、関心を集めていることから、検索される可能性が高いキーワードです。
そのため、このような方法でキーワードを選定すれば、問題ありません。

2. 事前調査(競合、ペルソナ)

キーワードを決めたら、実際に検索して、競合の調査やペルソナの設定を行います。
ペルソナとは「架空のユーザー像」という意味ですが、要はこれから書く記事を誰に向けて書くのかを設定するのです。

ペルソナ設定では、誰に向けて記事を書くのかをできるだけ具体的に設定します。

例えば、「30代男性の会社員で結婚して、子どもが2人いて、埼玉県在住、趣味はゴルフ…」のように具体的に設定します。

そうすれば、記事が書きやすくなって、よりわかりやすい記事に仕上げることができます。

3. タイトル及び構成を作成

SEOライティングにおいて、タイトルと構成は最も重要と言っても過言ではありません。
というのは、検索ユーザーはGoogleやYahoo!などから検索してきますが、検索結果のタイトルからどの記事を読むかを判断するからです。

そのため、当然タイトルにはキーワードを入れないといけないですし、構成の見出しにもキーワードや関連語を入れなければいけません。
しかも、タイトルも構成もわかりやすくする必要があります。

構成がわかりやすいとは、全体の流れが論理的になっていて、わかりやすいことです。

4. 構成に沿って本文を作成

タイトルと構成ができたら、タイトルと見出しに沿ってひたすら書くだけです。

その際、意識してほしいのは、見出しに対して、わかりやすい回答を書いていくことです。
余計なことは、できるだけ書かないほうがいいです。
というのは、見出しとそれほど関係のないことを書き始めると、わかりにくい文章になるおそれがあるからです。

また、まず結論を書いて、理由、具体例、結論という流れで書くことを意識してください。
この文章の書き方を「PREP(プレップ)法」と言います。

PREP法は、SEOライティングと相性が良いため、わかりやすく伝えることができるからです。

5. 仕上げた記事をチェック

書き終わったら、それで終わりではありません。
というのは、仕上げた記事をチェックしなければならないからです。

何をチェックするのかというと、誤字・脱字などの明らかな誤りや日本語の言い回しがおかしい文章がないかなどです。

文章に明らかな誤りがあると、読者からの信用を失っていまいます。
日本語の言い回しがおかしい場合も、同様です。

そのため、記事を仕上げたら、少なくとも2回はチェックすることをおすすめします。

【3】SEOライティングにおける記事構成のポイント

SEO ライティング

キーワードを選定したら、タイトルをはじめとした記事の構成案を作成します。

構成案を作成する場合にも、ユーザー目線を意識してください。
ここで解説するのは、次の4つです。

  • タイトル
  • 導入文
  • 見出し
  • 本文

1. タイトル

構成案を作成するにあたって、まずはタイトルを作成する必要があります。
タイトルはSEOライティングにおいて、最も重要だと言っても過言ではありません。
というのは、タイトルは検索結果の画面で、必ず表示されるからです。

タイトルを作成する際、重要なポイントは次の2点です。

  •  キーワードをできるだけ前のほうに入れる
  •  タイトルの文字数を長くても30文字前後にする

(1)キーワードをできるだけ前のほうに入れる

タイトルにキーワードをできるだけ前のほうに入れるのは、SEO上有利になるからです。
つまり、上位表示される可能性が高くなるからです。

ただし、機械的にキーワードを前のほうに入れるだけでなく、ユーザーにとってわかりやすいタイトルにしなければなりません。
キーワードを前のほうに入れたとしても、ユーザーにとってわかりやすくなければ、読んでもらえないからです。

(2)タイトルの文字数を長くても30文字前後にする

タイトルの文字数を長くても30文字前後にするのは、Googleなどの検索結果画面に表示されるタイトルの文字数が、30文字前後だからです。
それ以上の文字数になったとしても、上位表示されないというわけではありません。

しかし、少なくとも検索結果画面に表示される30文字前後の文字で、ユーザーにわかりやすく伝わらなければ、クリックされる可能性は低くなります。

2. 導入文

導入文とは、タイトルのすぐ後にある文章のことです。

導入文を軽視している人がいますが、決してそんなことはありません。
というのは、読者の中には導入文を読んだ印象から、記事を読むかどうかを判断する人がいるからです。

そのため、導入文にはこの記事にどんなことが書いてあるかがわかり、読みたいと思わせるような魅力的な文章を書く必要があります。

3. 見出し

見出しには、次のような3つの種類があります。

  •  大見出し(h1)
  •  中見出し(h2)
  •  小見出し(h3)

大見出し(h1)は、通常タイトルになります。

よく使われるのは、中見出し(h2)と小見出し(h3)です。

見出しをつける際に重要なのは、内容をわかりやすく表しているかということです。
もちろん、キーワードや関連語を入れることが重要なポイントです。

4. 本文

SEOライティング上、タイトル、導入文、見出しは重要ですが、もちろん本文も重要です。

本文を執筆するにあたって、最も意識してほしいのは、検索キーワードから読者がどんなことを知りたいのかということです。
つまり、読者の検索意図です。

読者の検索意図を考えて、それに対する適切な答えを書くというイメージを持つことが重要になります。
そのためには、見出しに対して、答えになるような文章を書く必要があります。

そうしないと、読者は途中で離脱していってしまうからです。

【4】SEOライティングで意識すべきポイントとは

SEO ライティング

SEOライティングをするにあたっては、意識すべきポイントがたくさんあります。
ここでは、SEOライティングで意識すべき8つのポイントを解説します。

  • ユーザー(読者)にとってわかりやすい記事を執筆する(ユーザーファースト)
  • 構成作りを重視する
  • キーワードに沿った記事を執筆する
  • 独自性(オリジナリティ)のある記事を執筆する
  • 専門性のある記事を執筆する
  • 共起語を使う
  • 代名詞は必要最低限にする
  • E-A-Tを理解し意識する

SEOライティングを駆使して書いた記事を上位表示させて集客するためには、どれも欠かすことのできない重要なポイントになります。

1. ユーザー(読者)にとってわかりやすい記事を執筆する(ユーザーファースト)

ユーザー(読者)にとってわかりやすい記事を執筆するのは、SEOライティングにおいて、常にユーザーを意識する必要があるからです。

具体的には、「ユーザーはどんなことを知りたいのか」「ユーザーが求める答えはどんなものなのか」などを常に意識して、SEOライティングをしなければなりません。

一言で言えば、「ユーザー目線」を持つことが大切なのです。

例えば、キーワードによって、ユーザーの年齢や性別、趣味などが変わります。
このキーワードを検索したのは、どんな人なのだろうと考えることも、ユーザー目線を意識した結果です。
そのため、ペルソナ(架空のユーザー像)を設定することは、SEOライティングでは有効になるのです。

ユーザー像が具体的になればなるほど、ユーザーがどんなことを知りたいのかを想像しやすいため、ユーザーにとってわかりやすい記事を書くことができます。最終的には、ユーザーが納得できる記事が書ければ、ユーザーに役立つ記事を提供することができます。

ちなみに、Google社もまた新製品を開発する際、ユーザーファーストを掲げています。
そのため、Googleの検索結果も、ユーザーにとって最も役に立つ記事が上位表示される仕組みになっているのです。

2. 構成作りを重視する

SEOライティングにおける記事構成のポイントについては、タイトル、導入文、見出し、本文と個別に解説しましたが、ここでは、どうして構成作りを重視するのかについて解説します。

構成を作成する際にも重要になるのは、ユーザーファーストという考え方です。
というのは、記事の構成をしっかりと作らないと、ユーザーにとってわかりにくい文章になってしまうおそれがあるからです。

記事の全体の流れをわかりやすくするためには、構成作りをしっかりやる必要があります。また、構成を作成する際、ユーザーファースト以外に意識してほしいのが「PREP(プレップ)法」です。

「SEOライティングの流れ」のところでも解説しましたが、「PREP法」とは次のような文章の書き方のことです。

PREP法とは

結論(Point)
  ↓
理由(Reason)
  ↓
具体例(Example)
  ↓
結論(Point)

SEOライティングにおいて、PREP法はよく使われる書き方です。
というのは、結論を先に伝えてから理由、具体例を説明し最後に結論を伝えるという「PREP法」は、読者に要点を伝えやすいというメリットがあるからです

SEOライティングの構成作りに当てはめれば、最初の見出しで結論を示し、理由、具体例、結論という流れの構成案を作ることになります。

3. キーワードに沿った記事を執筆する

構成を作成したら、あとは構成に沿った記事を執筆するだけです。
構成作成の際に、キーワードに沿ったタイトルや見出しを作成しているので、見出しに対して適切な文章を作成すれば問題ありません。

一番はじめに設定したキーワードは、SEOライティングでは常に意識してください。
構成作りの際はもちろん、構成に沿った記事を執筆するときにもキーワードを意識することは重要です。

しかし、記事内にキーワードを詰め込むだけでは、SEOライティングでは逆効果です。キーワードは、あくまで自然な形で記事の文章内に入れることが重要です。

このように言われると、難しいと感じるかもしれませんが、それほど難しいことではありません。
キーワードを自然な形で記事の文章内に入れるには、コツがあります。

見出しに対して、答えるように文章を書くことを意識することです。そうすれば、自然な形で記事の文章内にキーワードを入れることができます。
ただし、構成案がしっかりとできていて、見出しが適切なことが前提になります。そのため、構成作りを重視することが重要になるのです。

4. 独自性(オリジナリティ)のある記事を執筆する

SEOライティングに欠かせない要素として、独自性(オリジナリティ)が挙げられます。

独自性の対極に位置するのが、コピペです。
コピペをすると、上位表示どころか圏外に飛ばされてしまうので、絶対にやってはいけません。

独自性とは、キーワードや内容が同じでも、記事の構成や書き方、画像や動画の挿入、ツイッターなどSNSの挿入などによって、差別化を図ることです。

しかし、同じキーワードの記事では、どうしても内容が被ってしまうので、似たような記事になってしまうことがあります。
では、独自性を出すには、どうしたらいいのでしょうか?

キーワードの検索結果の上位10位までの記事と自分の記事を比較して、重要であるにもかかわらず、あまり触れていないことを入れ込むのです。
他にも、同じ内容でも他の記事より詳しく解説することも、独自性を出す方法の1つです。

さらに構成作りの際にも、他の記事の目次と比較して、違う構成案を作ることによっても独自性を出すことができます。
あとは、自社サイトで自社の情報を発信しているなら、自分の経験や失敗談などを入れることも独自性を出すには有効な方法です。

5. 専門性のある記事を執筆する

SEOライティングにおいて、独自性とともに有効なのが「専門性」です。
というのは、専門性のある記事は信頼して読むことができるからです。

例えば、医療や健康の分野は、医師やカウンセラーなどの専門家が書いた記事のほうが専門性が高まるため、読者は信頼して読むことができます。
専門家が書かなくても、監修していれば、内容の専門性は高まります。

専門性が高いと言われている分野は、健康や金融などの分野になるので、専門家以外の人がこれらの分野の記事を執筆するのはハードルが高いです。しかし、専門家でなくても、経験をすることで専門性を高めることができます。

例えば、エステやパーソナルジム、フードデリバリーなどは、実際に入会や注文をすることで、経験談を書くことができます。
このような記事を探している読者は多いので、役に立つ記事を書くことができます。

専門性といっても、経験することで書くことができる分野がありますので、参考にしてください。

6. 共起語を使う

共起語とは、検索したキーワードとともに使われやすい単語のことです。
共起語を使うと、キーワードについて書いていると検索エンジンから判断されるため、SEO対策になるのです。

基本的に共起語は、検索キーワードと関連のある単語なので、検索キーワードに沿って文章を書いていれば、自ずと共起語も含まれます。
ただ、構成作成の前に共起語をチェックしておけば、共起語を含めた効果的な見出しが作れるかもしれません。そのため、事前に共起語をチェックしておくと、役に立つかもしれません

共起語といっても、ピンとこないかもしれないので、例として「SEO」の共起語を挙げておきます。

「SEO」の共起語

  • 「対策」
  • 「サイト」
  • 「検索」
  • 「初心」
  • 「コンテンツ」
  • 「情報」
  • 「順位」
  • 「ツール」
  • 「キーワード」 など

共起語を記事中に入れ込むにあたっては、注意してほしい点があります。
キーワードと同じように、記事内に自然な形で共起語を入れることです。

共起語を入れたとしても、不自然な文章やおかしな文章になってしまったら、検索エンジンからの評価は下がってしまうからです。

7. 代名詞は必要最低限にする

SEOライティングにおいて、代名詞(「あれ」「これ」「それ」など)の使用は必要最低限にしてください。
というのは、Googleの検索エンジンは、代名詞が何を指すのかを理解できないと言われているからです。

一般的に日本語の文章では、代名詞がよく使われる傾向にあります。
代名詞がよく使われるのは、何回も同じ名詞や言葉が出てくるのを避けるためです。

何回も同じ言葉を言われると、しつこく感じることがあるからです。
しかし、SEOライティングでは、代名詞を使わずに具体的に文章を書いたほうがSEO上有利になります。

検索エンジンが代名詞を読み取れないというだけでなく、キーワードや共起語を入れるという意味でもSEO上有利になります。
ただ、代名詞を使わないと不自然な文章になってしまうことがあります。
そのため、代名詞の使用は必要最低現にしてください。

8. E-A-Tを理解し意識する

E-A-Tとは、次の3つの言葉の英語の頭文字を取ったものです。

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

E-A-Tという言葉は、Googleの「検索品質評価ガイドライン」の中で提示されています。

「検索品質評価ガイドライン」とは、文字どおりGoogleの検索エンジンの品質を評価するためのガイドラインですが、Googleが外部の品質評価者に向けて記述された資料のことです。

そのため、E-A-Tという概念は、Googleの検索エンジンを理解するためには、重要な概念になります。
E-A-Tの3つの指標について、それぞれ簡単に解説します。

専門性(Expertise)

専門性とは、SEOライティングにおいて、どのジャンルでも専門的になればなるほど、検索エンジンから評価されるということです。

例えば、金融のことを記事にする場合、お金について書くよりも投資や年金などに絞って書いたほうが専門的になるため、検索エンジンに評価される傾向にあるということです。

権威性(Authoritativeness)

権威性とは、医師やカウンセラーなどの専門家が、記事の執筆や監修をしたほうが権威性が高まることを意味します。そのため、検索エンジンから評価されるのです。

信頼性(Trustworthiness)

信頼性とは、専門的な記事や権威性のある記事が信頼されるということです。

他にも、口コミやレビュー記事は、実際に執筆者本人が体験したほうが、信頼性が上がるという意味です。そのため、Googleからの評価も上がります。

【5】SEOライティングの注意点

SEO ライティング

(1)誤字・脱字がないように!

SEOライティングの1つ目の注意点として、最も重要なことの1つが、誤字・脱字がないようにすることです。
というのは、誤字・脱字があると、読者の信頼を失うおそれがあるからです。

ただ、誤字・脱字をなくすことは、なかなか難しいです。
大手の新聞社や出版社では、大勢の人が時間をかけてチェックしているのに対し、個人でやっているのであれば、なおさらです。

そこで、誤字・脱字をなくすためには、記事を執筆後、少なくとも2回は読み直してチェックすることが重要です。

2回チェックすれば、誤字・脱字を見落とすリスクが減るからです。

(2)コピペは厳禁

コピペが厳禁なのは、検索エンジンにコピペと判断されたら、圏外へ飛ばされてしまうからです。
そのため、コピペは絶対にやってはいけません。

(3)冗長な文章にならないよう気をつける

冗長な文章にならないようにするためには、ユーザーの検索意図に対する答えを簡潔に書くことです。

例えば、ユーザーが知りたいことがあったら、知りたいことだけを書いて、余計なことは書かないようにしてください。
そのためには、一文は短くして、決して長く書かないことです。

文章が長くなってしまうと、却ってわかりにくい文章になってしまうため、ユーザーは離脱してしまいます。
そのため、長い文章になりそうだったら、別の文章にしてください。そのほうが、よりわかりやすくなります。

(4)専門用語を使うならわかりやすく解説する

SEOライティングでは、専門用語はなるべく使わないほうがいいです。
というのは、専門用語が多すぎてしまうと、読者にとってわかりにくい文章になってしまうからです。

そこで、専門用語を使う場合は、専門用語がどんな意味なのかをわかりやすく解説する必要があります。
しかし、専門用語といっても、記事の内容について読者にどのくらいの専門的な知識があるかによって、変わってきます。

そのため、誰に向けて書いているのかをあらかじめ決めておいたほうがいいです。

つまり、すでに解説したペルソナ(架空のユーザー像)の設定のことです。
ペルソナを決めることによって、どのくらいの専門用語を使ったほうがいいのかの目安になるからです。

【6】SEOライティングで仕上げた記事は要チェック

SEO ライティング

SEOライティングで仕上げた記事は、少なくとも2回は読み直してください。
というのは、誤字・脱字や日本語の言い回しがおかしいなどの修正点があり得るからです。

さらに、文章の流れや論理的におかしい文章はないかについてもチェックしてください。

できれば、第三者に読んでもらって、チェックしてもらうのが理想的です。

まとめ

この記事では、SEOライティングとは何かについて解説するとともに、流れや構成、意識すべきコツやポイントを徹底解説しました。

SEOライティングの最も重要なポイントは、ユーザーファースト、つまりユーザー目線で記事を執筆することです。

タイトルも構成も見出しも本文も、ユーザー目線を常に考えることが重要です。
というのは、Googleの検索エンジンは、いかにユーザーに役に立つ記事を上位表示させるかを念頭に置いているからです。

ユーザーファーストという概念を意識していれば、あとは個別のルールを覚えていけばいいだけです。

この記事が、SEOライティングを実践する際の参考になれば幸いです。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line
アクセス爆増プロジェクトの画像

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!! いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...