by Access Japan
販売ドメイン 1701(2023/01/24追加)

2本入荷しました

1本入荷しました

13本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

SEO(検索エンジン最適化)の仕組みとは?初心者向けにSEO対策を解説!

投稿日:2022/12/13 (更新日:NEW

Twitter Facebook はてなブックマーク line

SEO(検索エンジン最適化)の仕組みとは?初心者向けにSEO対策を解説!

WEBサイトを運営するためには、SEO検索エンジン最適化)は必要不可欠な対策になっています。

しかし、SEOが重要なのはわかっているけど、SEOの仕組みはよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではSEO(検索エンジン最適化)の仕組みを初心者向けに解説するとともに、SEO対策についても解説します。

SEO(検索エンジン最適化)とは

SEO(検索エンジン最適化)とは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と言います。

検索エンジン最適化とは、ユーザーが検索したキーワードに対して適切な内容のコンテンツを提供し、検索結果の上位表示をさせるための対策のことです。

つまり、SEOにとって最も重要なのは「ユーザーファースト」です。

検索エンジン最適化を実現するためには、ユーザーだけでなく、Googleの検索エンジンにも評価される対策をしなければなりません。
というのは、検索結果の順位を決めるのは、Googleの検索エンジンだからです。

そのため、Googleの検索エンジンに認識され、評価される対策をしなければなりません。
SEO対策をして、検索結果の上位表示をさせるには、SEOの仕組みを理解する必要があります。

Googleの考え方を理解する

Googleの考え方を理解する

SEOは、Googleの検索エンジンで上位表示させるために行います。

そのため、Googleの考え方を理解することが重要です。

そこで、Googleの考え方を理解する上で欠かせない3つの考え方を解説します。

  1. Googleが掲げる10の事実」について
  2. E-A-Tとは
  3. YMYLとは

「Googleが掲げる10の事実」について

「Googleが掲げる10の事実」とは、Googleの理念を示したリストで、会社を設立した1998年から数年後に策定されたものです。

このリストを見れば、Googleの考え方を理解しやすくなります。

そのため、SEOを意識してコンテンツを作成するにあたっては、ぜひとも目を通してほしいリストです。

Googleが掲げる10の事実」とは、次のとおりです。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
  3. 遅いより速いほうがいい
  4. ウェブ上の民主主義は機能する
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない

参考元:「Googleが掲げる10の事実」
まず、目に付くのが「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」で、ユーザーファーストを意味しています。

会社を設立して間もない頃から、ユーザーファーストはGoogleの理念であったのではないでしょうか。

それが現在にも通じており、Googleの成功を見れば、この理念に間違いはなかったと言えます。

E-A-Tとは

E-A-Tとは、Googleが作成した「検索品質評価ガイドライン」で示している、次の3つのことを意味しています。

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

Googleは、この3つの観点を備えたWEBサイトは、高品質なコンテンツとみなすことができるとしています。

つまり、専門的で権威性があって信頼できるWEBサイトは、高品質なコンテンツだということです。
ここでいう「権威性」とは、WEBサイトや記事の作成に大学教授や医師、税理士などの専門家が関わっていることを意味しています。

「専門家が関わっている」とは、文章の執筆や監修に関わっていることを指します。
「Googleが掲げる10の事実」の「2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番」は、「専門性」を意味していると思われます。

YMYLとは

YMYLとは、「Your Money Your Life」の略で、日本語だと「あなたのお金と人生」を意味しますが、これだけでは意味がわからないですよね。
YMYLもGoogleの「検索品質評価ガイドライン」で示されている用語で、「お金と人生に影響を与える分野」のことを言います。

例えば、次のような分野の情報です。

  • ショッピング
  • 金融
  • 医療
  • 法律
  • ニュース記事や政府 など

このような「お金と人生に影響を与える分野」のWEBページを作成するためには、正確性や信頼性を要するということを意味しています。

というのは、お金と人生に影響を与える分野の検索結果の上位サイトに誤りがあったら、大きな悪影響を及ぼすおそれがあるからです。

SEOのメリット・デメリット

SEOのメリット・デメリット

続いて、SEOのメリット・デメリットを解説します。

SEOのメリット

SEOには、次の4つのメリットがあります。

  • 費用対効果が高い
  • 検索による集客が増える
  • ブランティング効果が期待できる
  • 上位表示したサイトやコンテンツは資産になる

それぞれ解説します。

費用対効果が高い

SEOのメリットとして、まず挙げられるのが、費用対効果が高いことです。

SEOはコストがほとんどかからないにもかかわらず、上位表示できれば、高い集客効果が期待できます。

費用がかかるリスティング広告と比べれば、費用対効果はかなり高くなります。

検索による集客が増える

SEOのメリットとして、検索による集客が増えることが挙げられます。

SEOがうまくいけば、検索結果で上位表示されるため、検索による集客が増えます。

ブランティング効果が期待できる

SEOの3つ目のメリットとして、ブランディング効果が期待できることが挙げられます。

というのは、集客が増えるためサイトの認知度が向上し、会社名や商品名の認知度も向上するからです。

上位表示したサイトやコンテンツは資産になる

SEO対策をして、上位表示されたサイトやコンテンツは、資産になります。

というのは、良質なコンテンツを追加したり、メンテナンスを行うことによって、上位表示され続ける可能性が高いからです。

SEOのデメリット

SEOには、次の3つのデメリットがあります。

  • 効果が出るまで、ある程度の時間がかかる
  • 成功するとは限らない
  • Googleアルゴリズムのアップデートに影響を受ける

それぞれ解説します。

効果が出るまで、ある程度の時間がかかる

SEOのデメリットとして、まず挙げられるのが効果が出るまで、ある程度の時間がかかるという点が挙げられます。

そもそもSEOは、確実に効果が上がるというわけではありません。

しかも、効果が出るとしても、ある程度の時間がかかります。

そのため、初心者は成果が出るまで待ちきれずに、あきらめてしまう傾向にあります。

同じSEO対策を施したとしても、サイトによって効果の出方が違うので、検索結果で上位表示されるサイトもあれば、下位に下がってしまうサイトもあります。

しかし、正しいSEOを行っていれば、いずれ報われるので、挑戦してみてください。

成功するとは限らない

SEOは、必ずしも成功するとは限らないという点もデメリットになります。

ただし、なかなか検索で上位表示されない場合、自分のサイトにおけるSEO対策に誤りがないかを確認してください。

というのは、SEOのやり方にミスがある場合、当然検索順位は上がらず、失敗するからです。

例えば、他のサイトのコンテンツをコピペして、記事を公開した場合、確実にペナルティを受けることになります。

その結果、そのサイトは圏外に飛ばされてしまったり、インデックスを削除されたりします。

インデックスの削除とは、検索エンジンの検索結果から該当サイトが消去されることです。

そうならないためにも、Googleが策定した「品質に関するガイドライン」に違反しないように気をつけてください。

Googleアルゴリズムのアップデートに影響を受ける

SEOのデメリットとして、Googleアルゴリズムのアップデートに影響を受けることが挙げられます。

Googleアルゴリズムとは、検索順位を決めるプログラムのことで、定期的にアップデートされます。

このアップデートにより、これまで上位表示されていたサイトが順位を大きく下げてしまうことがあります。

Googleアルゴリズムのアップデートにより、順位を下げてしまうサイトは多いため、サイトへの影響力は大きいです。

ただし、このアップデートは検索ユーザーのために行われているため、普段からユーザーファーストのコンテンツ作りをしていれば、それほど気にする必要はないかもしれません。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンの仕組み

SEO(検索エンジン最適化)を行うには、検索エンジンの仕組みを理解する必要があります。

というのは、検索エンジンがどのように検索順位を決定するのかを理解すれば、攻略するには有利だからです。

Googleの検索エンジンは、次のような流れで検索順位を決めています。

  1. クロール
  2. インデックス登録
  3. スコアリング

それぞれについて、解説します。

クロール

クロールとは、クローラというGoogleのロボットが、公開されているWEBページを巡回して、WEBページのリンクをたどっていくことです。

このようにクローラが、WEBページのコンテンツ内容を認識します。

そのため、自社サイトもクロールしてもらう必要があります。

インデックス登録

インデックス登録とは、クローラがクロールして認識したWEBページの情報をデータベースに格納することです。

インデックス登録されることによって、Googleの検索結果にWEBページが反映されるようになります。

しかし、すべてのWEBページがインデックス登録されるわけではなく、インデックス登録されないWEBページもあります。

例えば、コピーサイトや品質の低いサイトはインデックス登録されないことが多いです。

スコアリング

スコアリングとは、あるキーワードが検索されたとき、インデックス登録されたサイトに得点を付ける作業のことを言います。

スコアリングによるサイトの得点に従い、検索順位が決まります。

スコアリングをする際のルールのことを、「アルゴリズム」と言います。

そのため、アルゴリズムがアップデートされることによって、検索順位が変動されるのです。

SEO対策の種類

SEO対策の種類

SEO対策には、次のように3種類の対策があります。

  1. 内部対策
  2. 外部対策
  3. コンテンツ施策

内部対策

内部対策とは、自社サイトにおいてコンテンツの修正や追加、内部リンクの設置などを行うことによって、検索結果の上位表示を狙う対策のことです。

検索結果で上位表示させるためには、Googleの検索エンジンに自社サイトがユーザーに役立つサイトであることを認識してもらう必要があります。

そのための対策が内部対策になります。

SEOによって、自社サイトを検索結果で上位表示させるためには、クロールの頻度を増やし、素早くインデックス登録される必要があります。

そのため、内部対策には「クロールの頻度を増やす施策(クロールの最適化)」と「インデックス登録されるための施策(インデックスの最適化)」を中心に数多くの対策があります。

クロールの頻度を増やすための施策としては、WEBサイトの情報を正確に読み取ってもらうためのXMLサイトマップパンくずリストの作成などが挙げられます。

パンくずリストとは、WEBページを訪れたユーザーが、WEBサイト内のどこを読んでいるのかを示すため、WEBサイト内の構造をわかりやすくしたリストのことです。

インデックス登録されるための施策としては、WEBページのタイトルや見出しなどの文章構成や内部リンクの設置などが挙げられます。

WEBページにおける文章を作成する場合、HTMLという言語を使います。

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language」の略で、簡単に訳すと「文章を構成する言語」といった意味です。

外部対策

外部対策とは、Googleの検索エンジンからいかに信頼できるWEBサイトであるかを認識してもらうことを言います。

では、Googleの検索エンジンは、何をもってWEBサイトが信頼できるかを判断するのでしょうか。

最も代表的な外部対策とは、外部のサイトからリンクをしてもらうことで「被リンク」と言います。

この「被リンク」の数が多ければ、そのWEBサイトは信頼されていると判断され、上位表示されやすい傾向にあります。

さらにリンクをしてもらったサイトが、どんなサイトかも重要になります。

例えば、同じジャンルでサイトを作成しているのが有名な専門家で、常に上位表示されているようなサイトからリンクをしたもらった場合、自社サイトの信頼性はさらに上がります。

被リンクの数を増やすためには、同じジャンルの外部サイトからリンクをしてもらえるような、わかりやすく参考になるコンテンツを作成する必要があります。

まったく関係のないサイトから機械的にリンクをもらうだけでは、決して検索エンジンから信頼されたWEBサイトであると認識されないので、注意が必要です。

コンテンツ施策(コンテンツSEO)

コンテンツ施策とは、ユーザーが検索したキーワードに対して、いかに最適なコンテンツを用意できるかということです。

ユーザーは検索エンジンで検索する場合、何らかの目的をもって検索してきます。

その目的のヒントになるのが、検索キーワードです。

検索キーワードに対して、ユーザーが満足するコンテンツを用意することができれば、ユーザーは商品を購入するなどの行動をとります。

そのため、ユーザーが検索したキーワードから、ユーザーが何を求めているのかをいかに把握できるかが重要になるのです。

具体的なSEO対策

具体的なSEO対策

SEO(検索エンジン最適化)について、Googleの考え方や検索エンジンの仕組み、SEO対策の種類などを解説してきました。

ここでは、これまでのSEOの解説を踏まえて、WEBページを作成する際の具体的なSEO対策について解説します。

キーワード選定

WEBサイトの記事を作成するにあたって、まずやるべきことは「キーワード選定」です。

キーワードは、検索ボリュームがあるもので、2~3つのキーワードを選定します。

というのは、1つのキーワードで上位表示を狙うには、競合が強いため、ハードルが高すぎるからです。

そのため、検索キーワードが多いほど、競合が弱くなるため、上位表示されやすくなります。

WEBページの作成にはHTMLという言語を用いる

キーワードを選定したら構成を作成しますが、その際に利用するのは、HTMLという言語になります。

HTMLは、WEBサイトを作成するためには必要不可欠な言語です。

というのは、検索エンジンは、HTML化された言語しか認識できないからです。

HTMLを使ってタイトル、見出しなどを作成して、検索エンジンがしっかりと認識できるようにします。

【構成作成】タイトル及び見出しを作成

タイトルにはキーワードを入れて、できるだけ左寄りにします。

というのは、左寄りにすればするほど、検索エンジンで上位表示される可能性が高くなるからです。

例えば、キーワードが「スマホ Wi-Fi」だとしたら、タイトルは次のようにするのが理想的です。

タイトル「スマホをWi-Fiで使う~」

見出しにも、できるだけキーワードを入れますが、無理に入れる必要はありません。

無理に入れようとすると、不自然な見出しになってしまうおそれがあるため、SEOに逆効果だからです。

見出しのHTMLとして、「h2、h3…」というタグを使います。

「h2」は大見出し、「h3」は小見出しになり、さらに「h4、h5」と続きます。

HTMLを知らなくても、WEBページを作ることはできますが、少しはHTMLを知っておいたほうが作業はしやすくなります。

コンテンツを作成

タイトルや見出しを作成し、構成を作成したら、次にコンテンツを作成します。

コンテンツを作成するにあたって、意識してほしいのは、わかりやすさと独自性です。

というのは、わかりやすさはもちろんですが、Googleの検索エンジンは独自性のあるコンテンツを評価するからです。

そもそも、Googleの検索エンジンは、類似するコンテンツを嫌う傾向があります。

もし、検索結果の上位の記事が同じような記事ばかりになってしまっては、ユーザーの役に立たないと考えているからです。

そのため、他のサイトにはない独自の情報が記事に入っていると、上位表示しやすくなります。

また、Googleの「検索品質評価ガイドライン」で示されている「E-A-T」を備えた記事を作成すれば、評価が高くなります。

E-A-Tとは、次の3点を指しています。

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

つまり、あるジャンルの専門的な記事を書いて、専門家に監修してもらえば、高品質な記事になるということです。

内部リンクの設置

コンテンツを作成したら、内部リンクを設置します。

内部リンクは内部対策の一部で、WEBサイトの各ページをリンクで繋ぐことで、クローラが巡回しやすくなるなどのメリットがあります。

というのは、クローラはWEBページのリンクをたどって、巡回するからです。

また、内部リンクを設置することによって、サイトの滞在率が上がるとともに、関連ページを読むことができるため、ユーザーにとっても役立ちます。

SEO対策で絶対にやってはいけないこと

SEO対策で絶対にやってはいけないこ

SEO対策で絶対にやってはいけないこと、それは不正行為です。

Googleが作成した「品質に関するガイドライン」には、SEO対策でやってはいけない不正行為が示されており、それは次のような行為です。

  • 過剰なキーワードの詰め込み
  • 隠しテキスト
  • 関係のないサイトからの過剰な被リンク
  • コピーコンテンツ など

過剰にキーワードを文章に入れたり、隠しテキストを入れたりすると、ペナルティを科されます。

不自然にキーワードが過剰に入っていると、何を言いたいのかがわからなくなるため、ユーザーにとって不利益になるからです。

隠しテキストとは、ユーザーではなく検索エンジンにのみ認識されるように入れてあるキーワードのことで、検索エンジンスパムの一種です。

このような不正行為をやると、ペナルティの対象になるので注意が必要です。

ペナルティを受けると、検索結果の圏外に飛ばされるなどのリスクがあります。

SEO対策で必要不可欠なツール

SEO対策で必要不可欠なツール

SEO対策で必要不可欠なツールとして、Googleが提供しているツールが2つあります。

そのツールとは、GoogleサーチコンソールGoogleアナリティクスです。

両方とも無料で提供されており、とても役に立つ分析ツールであることから、SEO対策をする上で必要不可欠なツールになります。

それぞれ解説します。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールとは、Googleが無料で提供しているインターネット検索を分析するためのツールです。

検索キーワードの順位を確認できるので、狙ったキーワードで上位表示されているのかを確認できます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、アクセス解析ツールでこちらもGoogleが無料で提供しています。

その名のとおり、設定したWEBサイトにどのくらいアクセスが来ているのかを分析してくれるため、サイトを改善する際に大変役に立ちます。

まとめ

この記事では、SEO(検索エンジン最適化)の仕組みを初心者向けに解説するとともに、SEO対策についても解説しました。

SEOとは、Googleの検索エンジンをいかに攻略して上位表示させるか、ということです。

検索結果で上位表示させるには、SEOの仕組みを知った上で対策をしたほうが上位表示しやすくなります。

SEOの仕組みを知る上で重要なのが、Googleの考え方です。

検索エンジンには、Googleの考え方は反映されているからです。

SEOの仕組みがわかったら、実際にWEBサイトを作成しながら、SEO対策をしてください。

SEO対策には「内部対策」「外部対策」「コンテンツ施策」の3種類がありますが、まずは「内部対策」「コンテンツ対策」からやっていきます。

この記事が、SEO(検索エンジン最適化)の仕組みを学ぶための参考になれば幸いです。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...