by Access Japan
販売ドメイン 1701(2023/01/24追加)

2本入荷しました

1本入荷しました

13本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

GoogleのWeb検索で上位を狙うにはSEOが肝心!その方法やメリットを解説!

投稿日:2023/01/10 (更新日:NEW

Twitter Facebook はてなブックマーク line

GoogleのWeb検索で上位を狙うにはSEOが肝心!その方法やメリットを解説!

GoogleなどのWeb検索で上位表示されるには、検索エンジンの仕組みや、ガイドラインなどを理解する必要があります。多くの人が検索などに使っているGoogleなどがどういった基準でサイトを評価しているのかを理解して、SEO対策をすることが重要です!
これらについて詳しく解説していきます。

SEO対策とは?

SEO対策とは?

SEO対策とは、特定のキーワードなどでユーザーから検索された場合に、上位表示を目指すための施策のことを言います。この対策をすることは、ターゲットユーザーをサイトへ流入させて増やすための対策でもあります。

SEO対策は大きく分けると2つの要素に分かれており、webページやサイトなどを検索エンジンに適正に理解させることによって評価させやすくする『内部対策』と、外部サイトの被リンクを獲得したページ評価を集める『外部対策』の2つがあります。
この2つはWeb上で集客するうえで、かなり重要になってくるので理解しておくことが大事です。

SEO対策は『検索エンジン最適化』

SEOは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称で、検索エンジンに自身のサイトや記事などのコンテンツを評価してもらって、検索上位に表示させるための手法を指します。

しかし、検索エンジンだけに目を向けていてはダメで、ユーザーにも目を向ける必要があり、それぞれ対策も異なってきます。SEO対策は、専門性が高い上に変化も激しく、難易度が高いマーケティング手法でもあります。ユーザーと検索エンジン両方に評価されるために、優先順位をしっかりと決めたうえで、考えられる対策は全てやることが正解ともいえるのがこのマーケティングです。

SEO対策=Google対策

SEO対策において、検索エンジンはGoogleと考えてもらって問題ありません。
シェア数も日本ではGoogleが8割を占めており、それに続いてYahoo!やBringになっています。

ちなみにYahoo!はGoogleのデータベースを活用しているので、両者で検索結果は多少異なりますが、Yahoo!=Googleと思ってもらって問題ありません。SEO対策をするうえでは、Googleに評価される施策を考えて記事を書いたりすることが重要になります。次の項目でSEO対策のメリットと注意点について解説していきます。

SEO対策のメリット

SEO対策のメリットや効果として以下の4つがあります。

  1. 長期的に見たときに費用対効果が高い
  2. 潜在顧客へのリーチが可能になる
  3. ノウハウなどが数多く公開されている
  4. マーケティングの理解にもなる

SEO対策は長期的に見たときに、費用対効果が高い施策でもあります。長い労力や時間を最初にかける必要がありますが、記事などがGoogleの検索上位に表示されれば、定期的なメンテナンスなどをするだけで、長期的に集客を維持することが可能になります。

またGoogleの上位に表示されることで、リスティング広告やSNS広告などにお金を払って上位表示させる必要がなくなるので、広告にかける費用を節約することができて、他のところに投資できるのでメリットでもありますね。

さらにコンテンツをメールマガジンなどで発信したり、内容を簡潔に要約してSNSなどの発信に転用したりすることもできるので、効率がよくいろいろな場面で活用することができるのがこのSEO対策です。奧が深く難しい対策ではありますが、手順を踏んで上手に活用すれば期待以上の集客を見込めます。

SEO対策の注意点

SEO対策は過去に、検索エンジンを騙す行為で(ブラックハット)検索上位を獲得できた暗黒の時期がありました。現在ではそこが厳重になっているので、アルゴリズムは劇的に改善されております。ブラックハットに繋がってしまうSEOの例として以下のもが挙げられています。

  • リンク購入への参加
  • 不正なダイレクト
  • 隠しテキスト・リンク
  • コピーコンテンツ
  • キーワードの詰め込み

このようなGoogleのガイドラインに沿わないSEO対策・手法はペナルティになる可能性が高くなり、検索結果に表示されなくなることがあるので、絶対にやらないように注意してください。正しい知識をもってユーザーとGoogleに最大限の価値を提供することが大事ですよ!

検索上位の基礎知識

検索上位の基礎知識

Googleの検索上位の基礎知識としていろいろとありますが、大きくわけると以下の2つになります。

  1. 検索エンジンの仕組み
  2. 検索エンジンのシェア数

上記の基礎知識を理解して対策することで、Googleでの検索上位を狙う土台固めにもなるので、次の項目でこれらを解説していきます。

検索エンジンの仕組み

まずは、検索エンジンの仕組みについて解説していきます。検索エンジンとは、検索窓と呼ばれるボックスにキーワードを入力して検索ボタンを押すと、世界中のWebサイトの中からキーワードへの関連性が高いサイトを探して一覧をトップに表示してくれるシステムになります。

例えば、Googleで『SEO 対策』などと検索すると、画面に5つほど上位表示されている記事などがあるのですが、それらは検索エンジンで質の高い記事とGoogleが判断して表示しています。この検索エンジンがあることによって、Web上に存在する多くのサイトから、自分の検索意図に応じたサイトを探すことができるようになります。日本では主に検索するシステムに『Google』と『Yahoo!』が利用されています。

Yahoo!はGoogleの検索エンジンのシステムを採用してるので、Googleへの上位表示の施策・対策を行えば、同様にYahoo!の検索エンジンにもしたことになります。
しかし、Yahoo!ニュースなどのようにYahoo!の検索結果にしか表示されない独自のコンテンツもあるのでそこは注意が必用です

検索エンジンのシェア数

日本でGoogleとYahoo!の検索エンジンのシェア数は、Googleが約8割でYahoo!が約2割を占めています。また年齢層もGoogleとYahoo!で異なり、Googleは20~30代の男性やビジネスマンの若者が多い傾向で、Yahoo!は50~60代の女性や専業主婦の高齢層が多い傾向にあります。

スマホで検索するのが当たりまえの現代においては、Googleが検索シェアのほとんどを占めているので、Webマーケティングで集客拡大を目指すのであれば、Google検索への最適化を行うことが最も重要と言えるでしょう。実際に検索して出てくる、SEOの知識やノウハウはGoogle検索を扱ったものがほとんどになっています。

検索の順位が決まる仕組みとは?

検索の順位が決まる仕組みとは?

検索エンジンで上位表示を狙うには、順位が決まる仕組みを理解してそれに沿った対策を練る必要があります。検索エンジンは以下の3ステップで順位を決めています。

  1. 世界中から情報を探すクロール
  2. 探してきた情報をデータベースに登録をするインデックス
  3. 検索アルゴリズムによるランキング

これらの3つが大きく順位を決定しています。コンテンツなどをしっかりと作ったとしてもきちんと登録されなければ、検索画面に表示されません。外部対策・内作をしっかりとすることが検索上位に近付ける手段とも言えます。上記の3つのどれか一つでも欠けてしまうと検索順位を上げることは難しいので、これらはちゃんと理解して対策・施策するようにしてください。

1.クロール

クロールとは、クローラーと呼ばれるGooglebotがWebページを発見・巡回してその内容を読み込み、コンテンツや画像などを収集することを言います。日本だけでなく世界中で膨大なコンテンツが日々公開されている現代において、自身のコンテンツをGoogleに見つけてもらいクロールしてもらう必要があります。

SEO対策でユーザーの検索意図に合致した質の高いコンテンツを作成したとしてもそのページが検索エンジンにクロールしてインデックスされなければ検索ランキングに入ることすらできないのです。高い頻度でクロールされることにより、検索評価にも影響してくるので、クロールされやすいWebサイトなどにすることはSEOではとても重要な要素でもあります。

2.インデックス

インデックスとは、GoogleがWebサイトをクロールし、Webページに記載されているテキストや画像などを検索エンジンが解析してアルゴリズムに沿った状態でデータベースを登録することを指します。Web業界ではこのデータベースに登録されることを『インデックスされる』という表現をしたりします。

検索結果には、すべてデータベースにインデックスされているWebページから検索キーワードと関連性が高いものがランキングに表示されるようになります。
しかし、検索エンジンのデータベースにインデックスされていないと、検索には表示されないので、SEO対策で検索表示をするには、Webページをインデックスする必要があります。

3.検索アルゴリズムによるランキング

検索エンジンのアルゴリズムによるランキングは、世界中のWebサイトや検索ユーザーのデータを収集した数百以上の集合体であり、それらの指標などを元にページの価値を算出してランキングを決めています。日々のユーザーデータの蓄積などによって質のいいコンテンツと評価されたものが、検索結果の上位に表示されます。

Googleは、ユーザーが検索キーワードなどで疑問に思ったことや、わからない事を調べたときに『最も適切な答え』と判断されたものから、上位に表示されるようになっています。
また、検索アルゴリズムのランキングは、常にアップデート・更新されているので日々適切な情報が上位になるようになっています。

検索上位にはGoogleを理解することが重要

検索上位にはGoogleを理解することが重要

まず、ユーザーの大多数がWeb検索にGoogle検索というツールを使っていることから、検索上位を目指すならGoogleのことを理解することがポイントになってきます。ネットを使って集客を狙っている人は下記の3点は必ず理解するようにしてください。

  1. Googleのガイドラインの理解
  2. 品質基準の評価の理解
  3. スターターガイドの活用

これらをまずしっかりと理解してGoogleのガイドラインに沿った記事の執筆やサイト作成・動画などを作っていくようにしましょう。次の項目で3点を詳しく解説していきます。

1.Googleのガイドラインの理解

Googleの基本方針として、ユーザーをだますようなことをしない。といった軸があり、ユーザーの信用をなくす行為は避けるように対策をしています。

例えば、

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 不正なリダイレクト
  • 無断複製されたコンテンツ
  • ページのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングやウイルス
などがあります。

初めての方だとわからない単語とかもあって難しいと思いますが、わかりやすくいうとユーザーが不快や怪しいと思うようなコンテンツを作成しないのが重要ということです。

現段階では『Googleは禁止事項を設けておりそれを公開している』この事を知っておくようにしましょう。

2.品質基準の評価の理解

GoogleがWebページやサイトを評価する際の品質評価の基準に『E‐A‐T』というものが存在します。このEATは、Expertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)の3つの略称で品質の高いコンテンツなのかどうか?を判断するうえでGoogleが重視している基準になっています。

このことから言えることは、Googleが自身のサイトを拝見して、『専門性のあるページなのか、権威があるページなのか、ユーザーにとっても信頼きるページかどうか』を基準として、品質を評価しているということです。

3.スターターガイドの活用

Googleは初心者向けに検索エンジン最適化のスターターガイドを公開しています。Googleでの上位表示の基礎の土台を知識として身につけたら、このSEO対策の準備段階に入っていきましょう。

残念なことにこのGoogleの公式ガイドは初心向けとは言っていますが、説明内容が難しいのが本音です。しかし、この検索エンジン最適化スターターガイドに書かれている内容をポイントに沿って、SEOに取り組むことでGoogleから評価されやすくなります。大変かもしれませんが、頑張って理解するようにしてください。

一方で、検索エンジン最適化スターターガイドを無視してサイト構築などをすると、良い記事・サイトだったとしてもGoogleに評価されにくくなります。
現代の検索機能ではGoogleがトップに君臨しているという側面から集客は難しいでしょう。こうした良くない状況を回避するには、このガイドを考慮してSEO対策などをしてください。

検索上位で得られるメリット

検索上位で得られるメリット

Google検索で上位に表示されることで以下のメリットが得られます!

  • サイトの表示が増える
  • 集客が増える
  • アクセスが増える
  • コンバージョンの達成につながる
  • 広告費を削れて認知度も高まる

検索結果で上位表示になることは、サイトの表示回数も比例して増えるので、ユーザーの流入も自然と増えていきます。その結果、コンバージョンにも繋がり、売り上げも上がっていきます。また、広告費も削ることができるので営業担当の負担なども減らすことも可能になります。

検索上位表示をする方法

検索上位表示をする方法

Googleで上位表示をする方法として、以下の5つになります。

  1. ユーザーに有益な質の高いコンテンツを作る
  2. 検索クエリの意図を理解・把握する
  3. 専門性の高いコンテンツ
  4. ユーザーにわかりやすいサイト構築
  5. クローラビリティを高める

これらの5つは対策をするうえでも重要度が高いのをピックアップしています。SEO対策をするうえでの基礎にもなるのでこれらをしっかり把握しておきましょう!

1.ユーザーに有益な質の高いコンテンツを作る

Googleなどで上位表示されるためには、ユーザーの役に立つ質の高いコンテンツの作成が重要になってきます。ユーザーにとって質の高いコンテンツを作成することで、Googleからの評価が高くなり、リピーターも増えていくでしょう!

Googleの検索ビジネスモデルは、広告費を収入減としており、ユーザーにより多くの広告をクリックしてもらう必要があります。

  • Googleに品質の高いコンテンツが増える
  • Googleの信頼が高まりユーザーが集まる
  • 広告を見るユーザーが増え、有料広告がクリックされる確率が上がる
  • 広告主が集まってくる
  • Googleの広告収益が増える

上記の背景からGoogleは、ユーザーのことを最優先に考える『ユーザーファースト』を実践しています!

2.検索クエリの意図を理解・把握する

検索クエリとは、ユーザーがGoogleなどで検索するときに、検索窓に打ち込むワード(単語、キーワード、フレーズ)のことを言います。『クエリ』や『検索クエリー』『検索語句』とも呼ばれたりしており、インターネットユーザーが検索したキーワードのことを『検索クエリー』と呼びます。

この検索で自身のサイトや記事が上位表示させるためには、この検索クエリに含まれるユーザーの検索意図をちゃんと理解してコンテンツの質を高める必要が重要になってきます。

しかし、検索意図をちゃんと理解して組みとるためにはどうすればいいのでしょうか。 それは『自分で検索意図を考える』『上位表示されている記事やページを読んで参考にする』これが1番効率よく有効です!
まずは客観的に考えてみて、『自分が調べる立場だったらどの記事なら参考になるのか』などを意識してみてください。

3.専門性の高いコンテンツ

前述にあるように、Googleの品質評価基準の『専門性』『権威性』『信頼性』を意識してWebサイトを構築し、専門性の高いコンテンツにしていく必要があります。

例えば、Webサイトの専門性を高めるには、自社のビジネス領域・分野に関する情報を深く掘り下げて、サイト全体に専門知識の量を増やしていくことが大事です。
ブログ記事を作成するときにも、自分にしか作れないオリジナリティのあるコンテンツを意識して、作成をしていきましょう!

独自性のコンテンツで専門性があればGoogleの評価も高くなりより、上位に自身・自社のサイトや記事が表示されるようになります。

4.ユーザーにわかりやすいサイト構築

有用性・使い勝手の良さは、Googleが評価している要素の一つでもあり、Web業界では大事なことです!

  • サイトの使いやすさ
  • ユーザーの満足度
  • ストレスなく簡単に操作ができるか

これらのユーザビリティを考慮したサイトを作ることで、ターゲットユーザーにとって使いやすいサイトであるともいえます。
テキストの読みやすさや、フォントのサイズ、ページ速度などもユーザーが離脱するのを防ぐことができるので、これらを意識して取り組むようにしましょう!

5.クローラビリティを高める

Webサイト内をロボットがクローリングしやすいように整えておくことを『クローラビリティを高める』と言います。
クローリングしやすいサイトにするには、SEO対策の内部対策が重要になってきます。
内部対策には大きくわけると3つの施策があり、その中のひとつが『クロールを促す施策』です!

以下の施策が重要になってきます。

  • URLの正規化
  • サイト内のページを内部リンク設定にする
  • サイトマップを作成しておく

また、コンテンツ内容を伝える施策や『タイトル』『ディスクリプション』にキーワードを入れたりすることも大事です! やるべきことはたくさんありますが、内部対策をすることで、クローラビリティにかなり差が出てきます。しっかりと対策するようにしましょう。

Web時代に検索上位を取ることは、数多のユーザーの信頼を得られるチャンス!

Web時代に検索上位を取ることは、数多のユーザーの信頼を得られるチャンス!

Web時代において、検索上位を取ってしまえば、ユーザーの流入はそれほど難しくありません。そのためには自身・自社のサイトなどでしっかりとSEO対策をする必要があります。 SEO対策をする上で、常に以下の2つの視点でサイトをチェックすることをおすすめします。

  • ユーザーが求める検索意図に沿った関連性のある情報を提供できているか
  • そのページのユーザビリティは高く高品質の検索体験を提供できているか

Googleの方向性に合ったサイトとユーザビリティの高いサイト設計を行えば、自然とSEOの評価は高くなり、上位表示が見込めるようになります。SEOは即効性のあるものではないので、地道にコツコツと続ける必要はあります。しっかりと対策を続ければ大きな結果をもたらして、数多のユーザーの信頼を得られます。ぜひ、あきらめずに頑張っていきましょう!

SEO対策を学びたい方はこちらもチェック!

SEOやデジタルマーケティングといっても分野が広くて、『どこから勉強をすればいいのか、独学で勉強をするのが難しい』と考えている人が多いと思います。独学で勉強に取り組んでも、理解が完全にできない状態で行動に移してしまい、失敗してコンバージョンに繋がらないということになる可能性もあります。

そこで弊社のサイト『アクセス中古ドメイン』では、SEO対策やアフィリエイトなどに役立つ情報を数多く提供やSEO対策に最適な中古ドメインの選び方・販売などを行っております。独学で学ぶことに限界を感じている方は、ぜひ一度ご覧になり、学習にお役立てください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...