by Access Japan
販売ドメイン 1701(2023/01/24追加)

2本入荷しました

1本入荷しました

13本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

SEO対策に重要なE-E-A-T(旧E-A-T)とは?Googleの評価を高める方法を解説!

投稿日:2023/01/24 (更新日:NEW

Twitter Facebook はてなブックマーク line

SEO対策に重要なE-E-A-T(旧E-A-T)とは?Googleの評価を高める方法を解説!

SEO対策で近年重要視されている「E-E-A-T(旧E-A-T)」とは、Googleの造語でそれぞれの頭文字をとって”EEAT”と呼んでいます。

  • Experience(経験)New!
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

なぜ「E-E-A-T」が重要視されるようになったのでしょうか?
その理由は、Googleが公表している『検索品質評価ガイドライン』で定義されるようになったためです。

検索品質評価ガイドラインとはGoogleが公表している英文で記された170ページ以上のガイドラインです。

ページ品質評価の最重要の要素として、以下が挙げられています。

  1. ページの目的
  2. 専門性・権威性・信頼性
  3. メインコンテンツの質と量
  4. ウェブサイトやメインコンテンツ作成者の情報
  5. ウェブサイトやメインコンテンツ作成者の評判

この5つの項目が、Googleがページの品質を評価するうえでの1つの基準となっています。
「E-E-A-T(旧E-A-T)」は「ページの目的」の次に重要視されています。

E-E-A-TがSEOにおいて重要なのは、Googleがユーザーの利便性を第一にする「ユーザーファースト」を重視しているためです。
その結果、コンテンツの質が求められるようになり、E-E-A-Tを高めることが、ユーザーファーストを高める有効な施策となっています。

また、人の将来的な幸福や健康、金融にまつわる情報を「Your Money or Your Life」の頭文字を取り、YMYLと呼ばれており、特にYMYLに関連するサイトを扱う場合は”E-E-A-T”が保たれた記事作成が重要となります。

本記事ではE-E-A-Tとは何か?SEO対策でE-E-A-Tを高める方法などをわかりやすく解説します。

SEOにおけるE-E-A-T(旧E-A-T)とは?

SEOにおけるE-E-A-T(旧E-A-T)とは?

E-E-A-Tとは、ページの品質を評価する上での1つの指標です。

「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」のそれぞれの頭文字をとりE-E-A-T(イーイーエーティー)と略されて呼ばれています。

Googleの検索品質評価ガイドラインの3つ目の「メインコンテンツの質と量」以降の項目についての指標としても、「E-E-A-T」が深く関わっています。

サイトページ速度のように数値で明確にE-E-A-Tのスコアを測定することはできません。
このことから、SEOにおけるE-E-A-Tは検索順位を決定する上でのWebページのクオリティを判断する『評価指針』を意味しているだけと言えます。

この「E-E-A-T」はGoogle検索品質評価ガイドラインでこのように定義されています。

3.4 経験、専門知識、権威、信頼(E-E-A-T)
経験、専門知識、権威、信頼(E-E-A-T)は、PQ評価において重要な考慮事項である。
E-E-A-Tファミリーの中心に位置する最も重要なメンバーは「信頼」である。
引用元:Google検索品質評価ガイドライン

2022年12月15日に更新された、Google検索品質評価ガイドラインに沿って、1つずつE-E-A-Tについて解説します。

経験(Experience)

2022年12月15日に検索品質評価ガイドラインの更新があり、「E-A-T」に「E(経験)」が新たに追加されました。

近年は検索上位の記事をマネしているコピーコンテンツが多くなってきていますが、それに対しての対策がこの『経験(Experience)』です。

経験 : コンテンツの作成者が、そのトピックに必要な実体験や人生経験をどの程度持っているかを検討する。
多くの種類のページは、個人的な経験が豊富な人が作成すると、信頼性が高く、目的を十分に達成することができます。
例えば、個人的にその製品を使ったことのある人の製品レビューと、「レビュー」のどちらが信頼できるでしょうか。
個人的にその製品を使ったことのある人のレビューと、そうでない人の「レビュー」。
引用元:Google検索品質評価ガイドライン

「自分の経験を元に作成したコンテンツを評価します」と言う内容になっています。
体験談のあるコンテンツはオリジナリティが高く評価されるため、今後は新しく追加された「経験」を追加したコンテンツ作成が必要となります。

専門性(Expertise)

専門性(Expertise)とは名の通り、コンテンツの作成者が「必要な知識や技術をどの程度持っているか」を重要視している項目です。

例えば、目の不調を感じたユーザーが検索した時に、総合病院などの何でも対応するサイトより、眼科と言う”目に特化したサイト”の方が検索ユーザーの悩みをいち早く解決してくれます。
目の不調と検索するユーザーに対して、皮膚科のサイトが上位に上がってきても「信頼に足る専門知識のレベル」は眼科などには劣りますよね。

さらにいうなら、目の不調の中でも「コンタクト」や「眼鏡」によっても専門分野は異なります。
「コンタクト」ではコンタクト取扱店、「眼鏡」では眼鏡取扱店の方が専門性に高いと評価されます。

権威性(Authoritativeness)

権威性は、webサイトが持つ情報源に権威があることです。
情報の根拠となる、知識やスキルがあるかが重要視されます。

webサイトの運営者が個人、団体問わず判断する指標です。
認知度が低い企業や組織、団体が運営するサイトは、ユーザーからの信頼を十分に満たせないと判断される可能性があります。

例として、病気に関する情報は、医者やクリニックのアドバイスの方がユーザーにとって信頼できると判断され、上位に表示されます。
これは医者やクリニックという立場に権威があり、医者が正しいと一般的に認知されているからです。

「この情報は信頼できる」と思われる権威性の高いサイトが、Googleから高く評価されます。
権威性は、短期間では築くことはできず、権威性を高めるための長期的な戦略によって成長していきます。

信頼性(Trustworthiness)

E-E-A-Tの『信頼性(Trustworthiness)』は、ユーザーにとって信用できる情報・サイト・運営者であるかどうかです。

ページの正確性や誠実性、安全性、信頼性が求められます。
E-E-A-Tの中心と位置づけられており、経験、専門知識、権威を高めることによって、信頼性も高まります。

例えば、内容を誇張してユーザーを欺くような情報を掲載している、SSL化をしていないサイトがあったらどうでしょうか?
このようなサイトは、正確性や誠実性、安全性を欠いているので、信頼性が低いです。

一方で、法律を参照して正確な情報を掲載し、SSL化がされているサイトは、正確性や誠実性、安全性があり信頼性が高いです。

具体的な評価基準として、

  • ページの作成者(監修者)を開示されているか
  • サイトのSSL化で安全性の確保できているか
  • 専門性の高いサイトからの情報の引用があるか

などが挙げられます。

また、E-E-A-Tの「経験」、「専門性」、「権威性」は「信頼性」のベースとなる指標です。
このことから、E-E-A-Tの中心となる項目と言えます。

E-E-A-Tが重要な理由とYMYLの関係性は?

YMYL(Your Money or Your Life)「ユーザーの将来的幸福や健康、経済的安定や安全、などに強い影響を与えるかもしれないジャンル」のことをYMYL(ワイエムワイエル)と読んでいます。

Google のシステムでは、人の健康や安全、経済的安定、社会の福利厚生に大きく影響する可能性のあるトピックについては、E-E-A-T が優れたコンテンツを特に重視します。Google はこうしたトピックを「Your Money or Your Life」、または略して YMYL と呼びます。
引用元:Google検索セントラル「E-E-A-T と品質評価ガイドラインについて」

E-E-A-TとYMYLの関係性は深く検索品質評価ガイドラインにも表記されている通り、「専門家によるものでなければならないものもある」と記載されています。
YMYLは絶対に専門家でなければならないと表記はされていませんが、E-E-A-Tが高く評価されない限りSEOで上位を獲得するのは難しいと言えます。

【SEO対策】E-E-A-T(新E-A-T)を高める方法を徹底解説!

【SEO対策】E-E-A-T(新E-A-T)を高める方法を徹底解説!

SEO対策ではE-E-A-Tを意識したコンテンツの作成が重要となります。
E-E-A-Tを高める方法を項目ごとに詳しく解説します。

経験(Experience)を高める方法3つ解説!

E-E-A-Tの最初のEの部分にあたる、経験(Experience)を高める方法を3つ紹介します。

  1. 実体験したトピックを元にサイトを作成する
  2. 経験をどの程度持っているかを検討している
  3. 自分にしかない体験談を載せる

”経験”の項目は2022年12月15日の更新により新たに検索品質評価ガイドラインに追加された項目です。

1.実体験したトピックを元にサイトを作成する

ページコンテンツを作成するに当たって、その分野の実体験があるかないかが重要です。

例えば、ある商品Aを使用していないのにもかかわらず、この「商品A」は素晴らしいと作成してしまった場合は経験の項目では評価されません。

経験を元に作成したにもかかわらず評価されない場合は、経験を裏付けできるサイト設計になっていない可能性が高いと言えるでしょう。

2.経験をどの程度持っているかを検討している

経験があると言っても、「商品A」を1度しか使用していない人と、15年愛用している人では経験の差が違います。

年数だけでなく類似商品との比較など、幅広い経験を持った人のコンテンツは『経験』の分野で高く評価されます。

3.自分にしかない体験談を載せる

コンテンツのオリジナリティは今後も注目される指標の1つです。

似たコンテンツが増えてきている為、自分にしかないオリジナルの体験談を加えることにより、ユーザーに対して価値のあるコンテンツと評価されます。

新たに加わった、『経験(Experience)』によって体験のないどこにでもあるコンテンツでは今後SEOで評価されなくなる可能性があります。

専門性(Expertise)を高める方法を4つ解説!

E-E-A-Tの2つ目のEの部分にあたる、専門性(Expertise)を高める方法を大きく分けて4つ紹介します。

  1. テーマやジャンルを特化する
  2. 専門知識の量と質の向上
  3. 専門家にインタビューする
  4. 一次情報を記載する

要点を理解し、可能な限り専門性を高めることに努めましょう。

1.テーマやジャンルを特化する

専門性を高めるために重要なことは、テーマやジャンルを絞り、特化させる事です。

幅広いジャンルを紹介するサイトより、1つに特化した専門的サイトの方が高く評価される傾向にあります。

どんな情報を扱っているサイトなのか検索ユーザーから認知されやすくなるため、「その分野に詳しい専門家」「このジャンルならこのサイト!」というような認知もされやすくなり専門性が増します。

2.専門知識の量と質の向上

専門性でGoogleが評価する部分は『検索ユーザーに対し、多くの専門的な知識を提供できているか』がポイントとなります。

その分野の専門的な内容が自社でしか発信できない情報であれば、専門性は当然高くなります。

逆に、その分野の専門的な知識がないにもかかわらず、コンテンツを作成してしまうとサイト全体の評価が下がる可能性があるため、その場合の対策として次の”専門家にインタビューする”という方法があります。

3.専門家にインタビューする

仮に、専門的な知識や知見がない場合でもその「ジャンルの専門家」にインタビューや記事の監修者になってもらう事で「専門性」を高める事が可能です。

必ずしも自らが専門的な知識が必須ではなく、その分野のプロに任せる事により、コンテンツの専門性を高める事が可能になります!

4.一次情報を記載する

まだどこにも出ていないような情報をいち早くユーザーに届けることが可能な立場にいる場合は「一次情報」として情報の価値提供が可能です。

専門性の冒頭でもお伝えした通り、『検索ユーザーに対し、多くの専門的な知識を提供できているか』の点で評価される為、専門性が高まります。

権威性(Authoritativeness)を高める方法3つ解説!

権威性を高めるには「認知度」を高める施策が重要となります。

大きく分けて3つの方法を紹介します!

  1. 著者名・運営会社名を開示する
  2. ドメインパワーの強い権威性の高いサイトから被リンクをもらう
  3. 言及・引用(サイテーション)を意識する

認知度を高めるにはとても時間がかかる為、権威性を獲得するには長期目線で考えていく必要があります。

1.著者名・運営会社名を開示する

サイトの運営者が誰なのか?著者は誰なのか?を開示することは、権威性を上げるにはとても重要です。

この「著者が書いている内容なら間違いがない」などのポジショニングを取り、幅広い人に認知されれば権威性を持った人物になれます。

開示する情報が細かく正確であることが重要なので、運営する社名などは正しく開示しましょう。

2.ドメインパワーの強い権威性の高いサイトから被リンクをもらう

同類のコンテンツで既に周囲に認知されている権威性の高いサイトから被リンクをもらう事はとても効果的な方法です。
信頼できる権威性のあるサイトが紹介しているサイトはGoogleからも評価の高いサイトとなります。

例えば、ダイエットのサイトを作成したとします。運営しているサイトとは別に、すでに権威性を発揮しているパーソナルジムからの被リンク(外部リンク)で紹介があればGoogleからの評価もあがり権威性を確保できます。

例にもあるように、権威性の高いサイトから被リンクをもらうことと同様に、自身が運営するサイトと関連性が高いサイトから被リンクをもらうことも重要です。

また、被リンクは「自然発生的リンク」であることが原則とされています。購入したリンクや自身で外部のサイトから貼った自作自演のリンクは、Googleからペナルティを受けてしまう要因になるので、注意しましょう。

3.言及・引用(サイテーション)を獲得する

権威あるサイトからの被リンクは簡単ではありません。
被リンク以外でも権威性を高めるのは『言及・引用(サイテーション)』をもらうことです。

例を挙げると、SNSなどで「○○で紹介されていることすごくよかったよ!」「○○さんが書いた記事は参考になった!」などの高評価を「サイト名」や「著者名」で名指しの言及が権威性を高めます。

しかし、悪い口コミ(サイテーション)が多くなるとGoogleの評価も下がります。
多くの言及や引用がされても信用できないサイトとなればSEOでは評価されない為、「良いサイテーション」がもらえる質の高いコンテンツ作成を心がけましょう。

【最重要】信頼性を高める方法6つ解説!

信頼性(Trustworthiness)はE-E-A-Tの中で中心となる項目です。
経験、専門性、権威性を高めたコンテンツはおのずと信頼性も高まります。

信頼性を増す要素として大きく5つに分けて解説します。

  1. 記事監修者を載せる
  2. 編集ポリシーを記載する
  3. Googleプロフィールの運用
  4. 専門性の高いサイトから情報を引用する
  5. サイトの常時SSL化

正確、誠実、安全、信頼の4つの部門で評価されていることを意識してコンテンツ作成しましょう。

1.記事監修者を載せる

記事の作成者を明確にすることにより、信頼性が高まります。

しかし、誰でもいいので監修者を載せればいいと言うものではありません。
その分野の専門的な知識を持った人が記事を作成する、もしくは記事の監修をすることによりコンテンツの信頼性が担保されます。

特にYMYLジャンルでは監修者もしくは著者を開示していない記事では上位に上がりづらくなっている傾向にあります。
このことから、検索エンジンやユーザーに「この記事は信頼できる専門家が作成している」と正しく開示することにより信頼性の高いコンテンツを作成できます。

2.編集ポリシーを記載する

ニュースサイトやメディアを運営している場合は、「編集ポリシー」を記載しましょう。
編集ポリシーとは、サイトの理念や方向性のことです。
編集ポリシーを明確にすることによりユーザーやGoogleに対して信頼性が増します。

編集ポリシーページ以外にも、プライバシーポリシーや利用規約ページ、ECサイトならキャンセル・返金ポリシーページを作成することによりサイトの安全性を高め、信頼性向上へと繋がります。

3.Googleプロフィールの運用

Googleプロフィールとは自社の店舗情報を無料で登録でき、Google検索やGoogleマップでその情報を表示させるGoogleが提供している無料ツールです。

このサービスは実店舗を持っていない「非店舗型サービス」でも登録可能です。
架空の会社ではなく、しっかりと存在することをGoogleに示すことによりサイトの信頼性を高めます。

4.専門性の高いサイトから情報を引用する

数値的根拠など、その情報に信頼性を持たせるためには「専門性の高いサイトからの情報引用」が重要となります。

例えば金融ジャンルの記事があれば「金融庁」、医療系であれば「厚生労働省」など信頼性の高いサイトの情報から引用することにより、記載している情報が正確であることを示せます。

しかし、この引用が全く認知されていないようなサイトで合った場合はサイトの評価を落とすことに繋がるので注意が必要です。

5.サイトの常時SSL化

Webサイト全体にSSLを導入することを「常時SSL化」と呼んでいます。一部のみのSSL化では常時SSL化には該当しないので注意してください。

非SSL対応のWebサイトのURLは「http://」で始まります。逆にSSL対応のURLは「https://」から始まります。

常時SSL化をしているつもりでもサイトの設定によっては「http://」でも開ける設定になっている場合があります。
自信のサイトが「http://」でつなげた場合でも「https://」と表示されるかは確認しておきましょう。

E-E-A-T(旧E-A-T)が重要視されるようになったのはなぜ?

E-E-A-T(旧E-A-T)が重要視されるようになったのはなぜ?

E-E-A-Tが重要視されるようになったのはなぜでしょうか。
E-E-A-TをGoogleが追加した背景を把握することにより、SEOへの理解も深まります。

低品質なコンテンツの量産を避ける

誰でもデジタルコンテンツを作成できるようになった時代、低品質なコンテンツを検索の上位に上げることは絶対に避けなければならない課題です。

Googleの主な収入源は広告収入です。検索ユーザーに間違いのない情報を提供し、たくさん利用してもらうことがGoogleの目的です。

Googleのユーザー分析の精度が増した

GoogleのAIは年々進化をしていきます。

過去にはブラックハットSEOで低品質なサイトでもSEO対策を行い、上位を獲得させる手法がありました。

  • 意味のない被リンクの大量設置
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誰かを真似ただけのコピーコンテンツ
  • キーワードを詰め込んだ読みにくい文章

ブラックハットSEOが許されていた時代は、このようなSEO対策でも上位を獲得できたため、質の低いサイトでも簡単にSEOの上位を獲得出来ました。
このようなサイトは現在、Googleコアアップデートにより順位を下げる結果となっています。

Googleの理念はユーザーファースト

Googleは、1998年に会社を設立し、数年後に「Googleが掲げる10の事実」とういうものを作りました。
Googleの経営理念に通じるものであり、SEO対策の本質と言えるでしょう。

この中の、一番目に「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」と記載があります。
一番目に挙げられていることから、Googleが「ユーザーファースト」を最も大切にしていると考えられます。
このことから、SEOで上位に表示させるには、ユーザーを第一に考え、価値を提供できる良質なコンテンツを作る必要があります。

Googleがコンテンツを評価する指標の1つである「E-E-A-T」を理解したSEO対策は重要です。

まとめ:SEO対策でE-E-A-T(旧E-A-T)は今後も無視できない!

SEO対策で重要なE-E-A-Tについて詳しく解説しました。

  • Experience(経験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

経験、専門性、権威性、信頼性のそれぞれの頭文字をとり、E-E-A-T(ダブルイーエーティー)と呼びます。
2022年12月15日に新たに「経験」が加わった事により、より他と差別化できるオリジナリティの多いサイトは高く評価される傾向になりました。

Googleは検索ユーザーにベストな情報を提供する検索エンジンをつねに、追及しています。
Google検索品質評価ガイドラインはこれからも細かな変更はあるとは思いますが、今後もE-E-A-Tを意識したコンテンツ作成を意識しましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...