by Access Japan
販売ドメイン 1758(2024/04/08追加)

313本入荷しました

1本入荷しました

1本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

SEOへ活かすペルソナ設計!作成方法や重要性について解説

投稿日:2023/03/07 (更新日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

SEOへ活かすペルソナ設計!作成方法や重要性について解説

従来に比べて、現代ではスマホなどを使ってインターネットを利用する機会が当たり前になっています。Webサイトでの集客を増やすにはSEOがとても重要です。
SEO対策に具体性をもたせるためにも初めに『ペルソナ』の設定をする必要があります。

今回はSEOにおいてペルソナの重要性や設定方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ペルソナとは何か?

ペルソナとは何か?

ペルソナとは、ラテン語のpersonaという単語が語源となっており、日本語の意味だと『仮面』『人格』などの意味があります。Webでの集客としてのペルソナというと、商品やサービスを提供する際のユーザー像を指したりもしています。

記事やサイトを構成する際に、ユーザーの人格や生活スタイルなど設定して、客観的に見たときに『この人にとって最適なコンテンツは何か?』を考えてペルソナを作成します。
こうすることで、ユーザーに寄り添った商品やサービスを提供することができるようになります。いわばマーケティングにおけるペルソナとは、商品やサービスのターゲットとなる顧客像を具体化したものです。

SEOとペルソナの関係性

SEO対策では、ユーザーニーズを満たすコンテンツ作成が求められます。ユーザーのニーズをコンテンツに落とし込むには、ペルソナの設計が重要な役割を果たします。

また、ペルソナ設計に加え、検索する際のニーズをかけ合わせたものを想定して記事やホームページを作成することが大事です。ペルソナが興味を持つコンテンツを作成するためには、名前や年齢、職業や年収だけではなく、ライフスタイルや趣味までを詳細に設定することがポイントです。

例えば「都内在住の25歳」「会社員」「運動好き」というペルソナを設定したら、そこから導かれる想定として『ジムの情報に興味がある』と仮定しコンテンツを作っていきます。

ペルソナとターゲットの違い

マーケティングをするうえでよく耳にする言葉として『ターゲット』というのがあります。『20代の若い男性をターゲットにしたお店です』というような文章などもよく見かけますが、このターゲットとペルソナは何が違うのでしょうか。

この2つの大きな違いは具体性です。ターゲットは『20代男性』『若者』のような粒度があるのに比べて、ペルソナは『氏名』『年齢』『家族構成』『職業』『収入』などと具体的な項目まで決めています。

ペルソナは闇雲に具体的であればいいのではなく『事実に基づいて実在しそうな人物』『自身のビジネスと関係のある情報で意思決定などに活かせる』これらを重視する必要があります。

ペルソナの具体例

ペルソナの具体例を紹介します。

氏名 山田太郎
性別 男性
年齢 23歳
職業 小売業
家族構成 父、母、妹
収入 300万円
趣味 読書、ランニング、ゲーム
彼女 あり
交通手段
今の悩み

・学生から社会人になって、運動習慣がなくなってしまった。健康面も考えてジムに通うか考えている。

・お金はあまりかけたくないので、リーズナブルなジムで効率よく運動したい。

ペルソナの効果

ペルソナの効果

ペルソナを設定することで自社のサービスを利用する顧客像を事前に予想することができます。また、以下のように、他にも得られる効果が2つあります。

  1. 顧客に寄り添ったサービス・商品の提供ができる
  2. 顧客像を組織内で共有することができる

それぞれ解説します。

1.顧客に寄り添ったサービス・商品の提供ができる

ペルソナを設定により、ユーザーにとっても最適なものが提供できるようになります。
ユーザーが日頃抱えている課題や悩みをペルソナの時点で具体的に想定します。このことが、多くの顧客の満足を向上させることになり、結果として購買につながります。

また、広告のプロモーションの際も『どのような見せ方ならユーザーの心に響くのか』のように、ぺルソナに基づいた戦略を考えることができるようになります。

2.顧客像を組織内で共有することができる

組織内で顧客像の認識に差異があると、意見がまとまらない場合や無駄な作業が発生し、スケジュールが遅れるなどのトラブルが生じやすくなります。/p>

しかし、ペルソナを設定することで、顧客像に対して共通の認識をもてるようになり、この問題を回避することができます。

例えば、『20代』『旅行好き』よりも、『20代男性』『国内旅行好き』とターゲットを狭く絞るで、より具体性がある顧客像になり、マーケティングの方針や戦略に対する意見がまとまりやすくなります。/p>

SEOにおけるペルソナの重要性

SEOにおけるペルソナの重要性

Googleの企業理念にもあるように、SEOで上位表示されるには、ユーザーファーストなコンテンツ作成が欠かせません。そのためには、ペルソナの設計が非常に重要です。
主な理由は以下の2つになります。

  1. ユーザーニーズを把握することができる
  2. ユーザーファーストのコンテンツ作成でGoogleに高く評価される

これらを以降で解説します。

1.ユーザーニーズを把握することができる

SEO対策では、記事に情報を網羅すればいいわけではなく、ユーザーの満足度の高いコンテンツを作成できるかがポイントになります。そのためには、ユーザーニーズを把握する必要があり、その手助けとなるのがペルソナになってきます。

例えば、旅行好きな人をターゲットに絞ったとして『国内』『海外』で作成するコンテンツが変わってきます。
ペルソナは、コンテンツの精度を上げるための基準の一つとなります。あらかじめ細部まで設定ができていれば、よりユーザーニーズを深く把握することができ、ユーザーに寄り添ったコンテンツの提供ができます。

2.ユーザーファーストのコンテンツ作成でGoogleに高く評価される

ペルソナを設計すると、ユーザーの具体的な検索意図を探ることができます。

検索意図とは、検索キーワードに含まれたユーザーの気持ちや意思のことを指します。
ペルソナを設計する際に、検索意図も一緒に想定することで、さらにユーザーニーズに寄り添った良質なコンテンツ作成につながります。

ペルソナ設計のポイント

ペルソナ設計のポイント

ペルソナを設計する際にはポイントを押さえて、設定する必要があります。

  1. 主観や思い込みを入れない
  2. 実在しそうな1人の人物を作る

この2つの視点を持ちながら記事やサイト構築をしていくことで、本来のペルソナ設定の効果を発揮することができます。次の項目で解説していきます。

1.主観や思い込みを入れない

ペルソナを設定するときに、自身の主観や思い込みをできるだけ捨てる必要があります。どうしても『こうであったらいいな』『こういう人はこの商品を欲しがるだろう』という主観的な考えを入れないようにしましょう。
非現実的な理想像になるのではなく、現実のユーザーを考えることを意識するようにしてください。

しかし、リアルの人物像を作るためにはどうすればいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。そんなときは、SNSなどを活用してアンケートを取ってみてください。

現在、困っていることなどリアルの声を聞き出すことができるので、その集計したデータを見直し、取捨選択して、ユーザーの求めているものを提供することが、信頼につながるはずです。このようにアンケートを取ることで、主観のみでペルソナを設計すること防ぐことができます。

2.実在しそうな1人の人物を作る

繰り返しになりますが、ペルソナを設定するときに、非現実的な人物像を作ってしまっては意味がありません。
大勢の消費者から1人の人物像を作るので、設定をする際に詳細になりすぎる傾向があります。あまりにも複雑すぎる人物像だとマーケティングの方向性を誤ることになりかねません。必要でない要素はできるだけ削り、わかりやすい人物像にする必要があります。

しかし、ペルソナを一個人に設定してしまうことは、偏りすぎてしまうように感じるかもしれません。
しかし、その偏りが必要としているユーザーに刺さり、結果多くのユーザーを集めることができるようになります。そのためには、思い浮かぶ人物像の特徴を紙などに書き出して、その人物をペルソナの代表にしてみるのが、ポイントです。

ペルソナの設計方法

ペルソナの設計方法

ペルソナの設計方法は以下になります。

  1. 自社分析をする
  2. ターゲット層の情報収集
  3. ペルソナの設定項目を決める
  4. ペルソナ像を具体化する
  5. 設計したペルソナを確認し、ブラッシュアップする

これらの手順でペルソナを作りあげた後も、設定したペルソナが実際のユーザー像と異なっていることがあるので、その際には随時見直しが必要になってきます。
ペルソナが間違ったまま進めてしまうと、マーケティングが上手くできず、SEO対策が不十分になってしまいます。ペルソナを設定した後も、ユーザーの分析やアンケートなどは継続しましょう。

1.自社分析をする

ペルソナ設計方法において、自社の商品やサービスをあらかじめ分析することはとても大事です。賞品やサービスの強みや弱みなどを可視化して明確にすることによって、ターゲットユーザーの悩みや課題において、自社が良質のコンテンツを提供できているかを分析することから始めましょう。

情報を分析する際に、おすすめなのが3Cというフレームワークです。
Customer(顧客、市場)Competitor(競合)Company(自社)の3つを上手く分析して活用することで、どんなニーズにアプローチすることができるかが明確になります。
その結果、リピーターを増やすことにつながります。

2.ターゲット層の情報収集

ターゲットとなるユーザーの情報収集は必要不可欠です。初めに、おおまかなターゲット層を決めたら、顧客データを収集するようにしましょう。
年齢、性別、職業、趣味、家族構成、価値観などの情報や毎月の商品の購買頻度などを決めておきます。

SNSのアンケート機能や街灯インタビュー、webアンケートなどを活用して、ターゲットユーザーの分析をします。このように、情報収集するとより正確な数字が可視化できるはずです。

すでに訴求用のwebページが公開されている場合は、Googleアナリティクスを使って、そのwebページを訪れている人の解析などもできます。

3.ペルソナの設定項目を決める

ターゲットの情報を収集したら、そのデータを照らし合わせながらペルソナに落とし込んでいきます。この際は、ペルソナを詳細に設定するので、社内で行っている場合であれば、メンバーと話し合いや議論をして決めていきましょう。今後のコンテンツ作成の方向性を共有することができます。

また、情報収集したデータをペルソナに落とし込む際は、以下の情報を詳細に設定することが大事になってきます。

  • 年齢・性別、住んでいる地域、家族構成
  • 勤務先の業界・業種、役職
  • 休日の1日の流れ・過ごし方などのライフスタイル
  • 日常でよく使うSNS

このように、細部に至るまで設定することが、ユーザーニーズを把握することにつながります。
結果として、マーケティングの質が向上します。
最近では、ペルソナの設定項目を考えてから情報を集めるというケースもあります。

4.ペルソナ像を具体化する

ペルソナの設定項目が決まったら、項目を埋めていく作業に入ります。
ここでは、思い込みや先入観で項目を埋めないことが重要になってきます。ペルソナはあくまで架空人物ですが、マーケティングに活かすためのユーザーを具体化したものなので『こういう人だろう』と主観で決めてしまうのは避けましょう。

裏付けとなる情報を持って項目を埋めていくようにしてください。
ペルソナは、テキストだけでも作れますが、イメージが浮かびやすいように写真や、イラスト、動画などを作ることもコツの一つです。誰がみても共通のイメージが持てるような工夫をすることもおすすめです。

5.設計したペルソナを確認し、ブラシュアップする

作成したペルソナは、ブラシュアップしましょう。

一度ペルソナを設定し、それに沿った企画を進めても、企画とユーザーが求めているものが乖離していることがあります。

流行は移り変わりが早いため、1年前までは当たり前だったことが、1年後には古いという認識になっていることが多いです。
外部環境が変化することで、ユーザーの求めているものやニーズが変化します。その都度、ペルソナを見直してブラシュアップすることは大切です。

常にSNSなどを活用して最新のトレンドや動向をチェックしながらアップデートしていきましょう。

ペルソナをSEOへ活かす方法

"

ペルソナが完成したら、SEOへ活かしていきます。完成したペルソナをイメージしながら良質なコンテンツを作成していくのですが、以下の2つを意識すると、SEOに効果的なコンテンツを作る手助けになります。

  • ユーザーのニーズ・悩みからキーワードを考える
  • 抽出したキーワードから良質なコンテンツを作成する

それぞれ解説していきます。

ユーザーのニーズ・悩みからキーワードを考える

SNSやアンケート調査でペルソナを作成したら、ユーザーのライフスタイルや消費行動から悩みやニーズが可視化されていきます。
ここから、ユーザーが検索窓に、どのようなキーワードを入力して検索しているのかを考えていきます。

例えば、ダイエットを考えている人をイメージし、想定される具体的な検索キーワード書き出します。

  • 長く続けられるジム ランキング
  • ダイエット 人気 ジム
  • おすすめ ダイエット 方法
  • 体重 痩せる 方法

上記のキーワードはあくまで一例ですが、ユーザーの性格によって検索キーワードは変わってきます。
ペルソナをイメージして『この人ならこういう検索をしそう』『この人はこのキーワードで調べそう』と検討しながら、考えていきます。

細かいキーワードは、不特定多数を対象にしたキーワードツールなどでは上手く拾えないものが多いです。このことが、SEOにおいてペルソナを作成する最大のメリットでもあるので、キーワードを抽出しましょう。

抽出したキーワードから良質なコンテンツを作成する

悩みやニーズのあるキーワードを抽出したらコンテンツに反映していきます。
抽出したキーワードの検索ボリューム数を確認しましょう。ツールは「キーワードプランナー」がおすすめです。

確認した検索ボリュームを参考にして、優先順位を考えて順位が高いほうからコンテンツ作成をしていきます。

また、コンテンツの内容で悩むときもあると思いますが、そんな時はペルソナをしっかりとイメージして答えを導くようにしてください。

繰り返しになりますが、主観に偏ったコンテンツの作成は、コンバージョンに結びつく可能性が低くなりかねません。
ユーザーファーストを常に意識してコンテンツ作成に励みましょう。

まとめ

まとめ

今回はSEO対策におけるペルソナの重要性や設計方法について解説させていただきました。どのような商品・サービスが購入につながるかは、ユーザーによって様々です。

しかし、ペルソナを設定し、ユーザーニーズを把握することで、『売れるコンテンツ』として認知されるようになる可能性が高いです。ペルソナを介してユーザーニーズをより細かく分析して、検索行動を理解することで、ユーザーに対して、商品やサービスをピンポイントに訴求できるようになります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...