by Access Japan
販売ドメイン 1584(2024/05/01追加)

1本入荷しました

3本入荷しました

7本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

アフィリエイトにおけるSEO対策とは?ポイントや結果が出ない原因を解説

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

アフィリエイトにおけるSEO対策とは?ポイントや結果が出ない原因を解説

ネットビジネスとして始めやすいアフィリエイトですが、近年では稼ぎにくいと言われています。

アフィリエイトをおこなう方法はさまざまあり、なかでもSEOの活用は昔から使われているオーソドックスなやり方です。

とはいえ、SEOとアフィリエイトの関係性がいまいち分からない方も少なくないでしょう。

この記事では、SEOとアフィリエイトの関係性やポイント、結果が出ない原因と対策を解説します。

アフィリエイトを始めようか迷っている方は、ぜひ最後までお読みください。

SEOとアフィリエイトの基礎知識

SEOとアフィリエイトの基礎知識

アフィリエイトをおこなううえで欠かせないのがSEOの基礎知識です。

ここでは、SEOとアフィリエイトがどういったものなのか、関係性とともに解説します。

SEOとは?

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化を意味する言葉で、Googleやヤフーなどの検索結果で優先的に表示されるようにする対策です。

ネット社会である現在、多くの消費者はWeb上で気になることや欲しいものを調べますが、SEO対策によって、自社サイトや自社商品を多くのユーザーにアプローチできます。

つまり、Webから自社商品やサービスへ流動するにはSEO対策が非常に重要と言えます。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは成果報酬型の広告で、コンテンツ内に張り付けた広告をクリックされ、対象となる商品やサービスが購入されると掲載者に報酬が支払われる仕組みです。

広告主は商品やサービスが購入されたら報酬を支払うため、余計な費用をかけずに広告を出せます。

サイト運営者は、商品やサービスが購入されるために広告主から報酬を受け取れるため、お互いにメリットのある仕組みと言えます。

アフィリエイトサイトでは、ASPアフィリエイト・サービス・プロバイダに登録し、広告を掲載するのが一般的です。

ASPの登録や広告の掲載は基本的に無料のため、サイト運営者がリスクがない状態でアフィリエイトを始められます。

SEOとアフィリエイトの関係性

SEOとアフィリエイトの関係性は非常に深いと言えます。

アフィリエイトを成功させるには、より多くのユーザーにサイトへ訪れてもらう必要があります。

たとえば、月に100人サイトに訪問するサイトと月に1000人サイトに訪問するサイトでは、明らかに後者の方が広告をクリックしてもらえる確率が高まるでしょう。

そこで、SEO対策によって検索結果で上位表示を取る必要があるのです。

多くのユーザーは、検索結果の1ページしか見ません。

検索結果でリスティング広告が多くあるキーワードの場合だと、2ページ目を見るユーザーもいるでしょうが、基本的には上位1〜10位のサイトが見られます。

SEO対策でアフィリエイトサイトを上位表示させることで、訪問数とクリック率を上げることが可能です。

SEOによるアフィリエイトは稼げない?

SEOによるアフィリエイトは稼げない?

アフィリエイトはSEOを使用せずとも運用できるのも事実です。

InstagramやTwitter、YouTube、TikTokといったSNSを活用したアフィリエイトも可能です。

SNS時代とも言われる現在では、SEOよりSNSを活用した方がアフィリエイトで稼げると言われる場合もあります。

ここでは、アフィリエイトの現状を踏まえたうえで、時代に合ったSEO対策をすべき理由を解説します。

アフィリエイトの現状

アフィリエイトはひと昔前からある手法ですが、市場規模は年々拡大しています。

したがって、うまくアフィリエイトサイトを運営できればまだまだ稼げる領域と言えるでしょう。

ただし、SEOによるアフィリエイトは稼ぎにくい傾向にあります。

Googleのアルゴリズムは日々アップロードを繰り返しており、2017年あった健康アップロードによって、YMYL分野のサイト運営が厳しくなったためです。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、医療や健康、お金など生活に関するジャンルを指します。

YMYL分野のサイトは専門家が作成した方が上位表示されやすい傾向にあり、素人が作成したアフィリエイトサイトの検索順位が大幅に下がりました。

その結果、収益がなくなったアフィリエイターが続出し、アフィリエイトでは稼げなくなったと言われるようになったのです。

時代に合わせたSEO対策が必要

前述したとおり、Googleのアルゴリズムは常にアップロードされているため、時代に合わせたSEO対策が必要です。

SEOをうまく活用すれば、多くのユーザーをアフィリエイトサイトに流入できる点が大きな利点です。

SEOによってサイトを上位表示できればリスティング広告を使わずにユーザーの流入を促せるため、コスト削減も期待できます。

Web上からモノを購入するユーザーが多く存在するため、SEOによってサイトを認知させられれば、購入されるだけでなく、リピートにもつながります。

SEO対策は、アフィリエイトサイトだけでなく、企業のライディングページなどにも活用される手法です。

資金力がなく、広告を大量に出せない企業や個人がアフィリエイトで成功するためにも、SEO対策で効率よく多くのユーザーにアプローチする必要があります。

アフィリエイトサイトにおけるSEO対策のポイント

アフィリエイトサイトにおけるSEO対策のポイント

アフィリエイトサイトにおけるSEO対策のポイントとしては、下記の5つです。

  • ユーザーの検索ニーズを満たす
  • オリジナルコンテンツを作成する
  • 内部リンクを設置する
  • E-E-A-Tを強化する
  • 重複したコンテンツを作らない

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

ユーザーの検索ニーズを満たす

ユーザーの検索ニーズを満たせるコンテンツは、Googleから高く評価される傾向にあるため、上位表示しやすくなります。

ユーザーは何かしらの疑問や不満を持ち、キーワードで検索します。

その検索ニーズを満たせるコンテンツなら、最後まで読んでもらいやすいですし、うまく訴求できればクリック率を高めることも可能です。

検索ニーズは、対策キーワードの検索結果で上位表示されている競合サイトを確認すれば分析できます。

タイトルや見出しで共通する部分がある場合、ユーザーはその情報を欲していると読み取ることが可能です。

したがって、競合サイトに共通している検索ニーズを満たしたコンテンツ作成がSEOにおいては重要なポイントのひとつと言えます。

オリジナルコンテンツを作成する

競合サイトを参考にするのは良いですが、単に真似るのでなく差別化できるオリジナルコンテンツを作成することが大切です。

いくら競合サイトをうまく分析しても、単なる真似だと上位表示できません。

ユーザーが持つ検索ニーズを競合サイトから大まかに読み取り、競合サイトにないユーザーの疑問や不満を解消できる見出しを加えたコンテンツがGoogleには評価されます。

検索窓に表示されるサジェストキーワードや検索結果の一番下に表示される関連キーワードは、読み手が欲しい情報となります。

対策キーワードと関連性があり、競合にはない網羅性の高いコンテンツを作成すれば、ユーザーは1つの記事ですべてのニーズを満たせるため満足度が高まるでしょう。

ユーザーの満足度が高く、利便性の高いコンテンツはGoogleから評価されやすいため、アフィリエイトで成果を得やすくなります。

内部リンクを設置する

内部リンクをうまく設置すれば、ユーザーがサイト内を長時間滞在しますし、検索エンジンのクローラーも巡回しやすくなります。

内部リンクは関連性が高いコンテンツをつなげることが大切です。

たとえば、SEOに関するコンテンツ内でビジネスマナーに関するコンテンツの内部リンクを貼ってもユーザーはクリックしませんし、評価も下がってしまう可能性があります。

Googleはコンテンツの本文に設置してある内部リンクを重要視するため、文章の一部をリンク化させる方法が効果的です。

「関連記事」や「合わせてみたい記事」などボタンを設置する方法もあり、内部リングの前後に記載するテキストは、リンク先のコンテンツと関連性が高い内容にしましょう。

E-E-A-Tを強化する

検索エンジンは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を重要視しています。

それぞれの頭文字からE-E-A-Tと呼ばれており、どれも重要な要素です。

経験や専門性、権威性、信頼性はプロフィールページやコンテンツの冒頭でアピールできます。

テーマに関連する経験や資格、知見を持っているとコンテンツ内に記載してある情報の説得力や信ぴょう性が高まります。

特にアフィリエイトサイトでは、体験談を記載した個人サイトが上位に表示される場合も多く、実体験ベースで商品やサービスを購入するユーザーが多い傾向にあるのです。

ECサイトでレビューをもとに購入するか判断するように、アフィリエイトサイトでも実体験ベースで商品やサービスを紹介するとユーザーは安心感を持てます。

重複したコンテンツを作らない

同じ内容のコンテンツをいくつも作成するとGoogleから得る評価が下がってしまいます。

重複したコンテンツがサイト内にあると、ユーザーから「また同じような記事だ」と思われてしまい、離脱率が上がってしまう恐れがあります。

網羅性の高さは重要ですが、ほかに記載したい内容が多くある場合には別途でコンテンツを用意しましょう。

内部リンクをうまく組み合わせれば、ユーザーが知りたい内容を自社サイトのみで解決できるため満足度が高まります。

その結果、Googleの評価が上がるだけでなく、ユーザーから指示されやすくなり、アフィリエイトの広告をクリックされやすくなります。

SEO対策と合わせて考えるべきアフィリエイトサイトの作り方

SEO対策と合わせて考えるべきアフィリエイトサイトの作り方

アフィリエイトサイトを作成するうえで、SEO対策と合わせて考えるべきポイントがいくつかあります。

  • 競合の少ないジャンルを選ぶ
  • 話題性のある内容を取り入れる
  • 興味を惹くタイトルを作成する
  • ページ読み込み時間を短縮する

それでは、ひとつずつ紹介します。

競合の少ないジャンルを選ぶ

アフィリエイトを始めるうえで、どのジャンルにするかを決める必要があります。

ひとつのジャンルに特化したサイトでも良いですし、複数のジャンルでアフィリエイトをおこなっても良いですが、競争率をしっかりと把握しておくことが大切です。

たとえば、クレジットカードやウォーターサーバー、通信回線などはアフィリエイトの商材として人気があり、競争率が高くなります。

競争率が高いジャンルだと、大手企業が運営しているサイトが競合になりやすく、資金力で負けてしまう可能性が高まります。

したがって、競合の少ないニッチなジャンルを選ぶことがSEOのアフィリエイトで成功するポイントのひとつです。

もし、競合が多いジャンルでアフィリエイトがしたいなら、ビッグキーワードは避け、ロングテールキーワードでコンテンツを作成すれば激しい競争を回避できます。

話題性のある内容を取り入れる

話題性のある内容をコンテンツに入れると、そのキーワードで検索したユーザーに対して早くサイトを認知してもらえる可能性があります。

トレンドな内容を競合より早く取り上げれば、検索エンジンから評価されますし、差別化も図れます。

コンテンツのネタで競合と競うなら、話題性の移り変わりが早いジャンル(映画やマンガなど)を選んだアフィリエイトサイトを構築するのも選択肢のひとつです。

興味を惹くタイトルを作成する

ユーザーが最初に見るのがタイトルです。

興味を惹くようなタイトルを作成すれば、クリック率が高まり、コンテンツへ多くのユーザーを流入できます。

SEOの観点でいうと、タイトルの前半部分に対策キーワードを入れましょう。

タイトルの文字数に関しては、30字前後が良いと言われています。

パソコンとスマートフォンでは表示されるタイトルの文字数が異なり、長くても36〜40字程度に抑えましょう。

あまり長すぎると後半部分が「...」と表示され、どんなコンテンツなのかユーザーに対して正確に伝えられません。

クリック率を高まるには、適度な文字数で対策キーワードを含めつつ、「!」や「?」といった記号や数字を加えて興味を惹くようなタイトルを作成しましょう。

ページ読み込み時間を短縮する

ページ読み込み時間が長いとユーザーはストレスを感じてしまい、早期離脱につながります。

サイトの表示までに3秒以上かかると50%以上のユーザーが離脱すると言われており、ページ読み込み時間の短縮は無視できない対策ポイントです。

ユーザーの利便性を高めることはSEO対策になるため、できるだけスムーズにページを読み込める工夫が大切です。

サイト内に添付している画像を圧縮するのは比較的取り入れやすい対策方法といえます。

アフィリエイトサイトにSEO対策は意味ないと言われる原因

アフィリエイトサイトにSEO対策は意味ないと言われる原因

ひと昔前から活用されているSEOによるアフィリエイトサイト運営ですが、近年では意味がないと言われる場合もあります。

その原因としては、主に下記の4つがあります。

  • コンテンツの質が低い
  • 文字数を意識しすぎてしまい無駄な情報が多い
  • 自作自演の被リンクを増やしている
  • サイトの立ち上げから時間が経っていない

必ずしも成果が得られるとは限らないアフィリエイトですが、上記に当てはまる場合にはコンテンツの見直しが必要です。

それでは、順に解説します。

コンテンツの質が低い

単純にコンテンツの質が低い場合、検索順位は上がりませんし、広告もクリックされません。

ユーザーの知りたい情報を網羅的に記載してあるコンテンツは検索エンジンに高く評価される一方で、内容が薄いと評価が下がってしまいます。

検索ニーズに合っていない内容を記載している場合にもコンテンツの質が低いと言えます。

サジェストキーワードや関連キーワードを分析し、競合サイトと差別化した質の高いコンテンツ作成がアフィリエイト成功には必要です。

文字数を意識しすぎてしまい無駄な情報が多い

文字数稼ぎで無駄な情報が多いコンテンツは避けるべきです。

上位表示しているコンテンツは比較的文字数が多い傾向にあります。

特にアフィリエイトサイトの場合、文字数が少なすぎると訴求が弱くなるためクリックにつながりにくく、仮に上位表示できても成果が得られにくい可能性があります。

そのため、単に文字数を増やせば検索結果で上位を取れると勘違いしている人も少なくありません。

SEOの観点で言うと、コンテンツの文字数と検索順位は直接的な関係はありません。

つまり、文字数が少ない場合でも、ユーザーの悩みや課題を解決できるコンテンツなら検索順位で上位は十分に取れるのです。

ただし、網羅的にコンテンツを作成すると文字数がどうしても多くなりやすいため、上位サイトは平均文字数が多い傾向にあります。

自作自演の被リンクを増やしている

被リンクを増やす方法もSEO対策のひとつです。

被リンクとは、他社サイト内に自社サイトのリンクを掲載する方法で、検索順位を上げる対策となります。

質の高いコンテンツから被リンクを受けている場合はSEOの効果が高まりますが、自作自洗の被リンクを増やすと逆にGoogleから得る評価が下がってしまいます。

関連性のないサイトや同じサイトから被リンクを大量に受けている場合、自作自演と検索エンジンが認識し、検索順位が下がってしまう恐れがあるでしょう。

一方で、ユーザーにとって価値があるコンテンツから被リンクを受けている場合、自社で貼ったものだとしても正しい評価を得られる可能性があります。

サイトの立ち上げから時間が経っていない

SEOで効果を得られるには、一般的に約半年ほどはかかると言われています。

もちろん、コンテンツによっては数週間で検索順位で上位を取れる場合もありますが、検索エンジンが適正な評価をするには時間がかかるのです。

SEOは中長期的な取り組みが重要ですので、短期的な成果は期待し過ぎないようにしましょう。

どうしても検索順位が上がらない場合の対処法

どうしても検索順位が上がらない場合の対処法

どうしても検索順位が上がらない場合、下記の対処法を実施してみてください。

  • コンテンツをリライトする
  • 方向性を変える
  • SNSを活用する

それでは、ひとつずつ紹介します。

コンテンツをリライトする

コンテンツの内容をリライトする方法は、検索順位を上げる対策として効果的です。

検索エンジンは、コンテンツに情報が加わると修正した状態を読み取り再度評価します。

タイトルの文言を変えたり、新たな見出しを設置したりと、競合サイトを参考にしたうえでより優れたコンテンツを作成しましょう。

リライトによって検索順位の圏外から一気に上位表示される場合もあります。

アフィリエイトサイトの場合だと、リライトで訴求をより強めると広告のクリック率が高まる場合もあります。

方向性を変える

リライトをしても上位表示ができない場合には、コンテンツの方向性を変えるのも方法のひとつです。

いくら工夫をしても競合サイトが強いと思うような結果が出ない可能性も低くありません。

大手サイトが上位を独占している場合や、専門家が作成しないと上位表示できない場合だとSEO対策で時間を消費するより思い切って方向性を変えたほうが賢明です。

コンテンツを公開するまでは分からない部分ではありますが、検索エンジンの結果をもとに修正や方向性を変える取り組みを検討しましょう。

SNSを活用する

SEOでアフィリエイトがうまくいかない場合はInstagramやTwitter、YouTube、TikTokといったSNSを活用するのもひとつの方法です。

SNS内にアフィリエイトサイトのURLを貼ることで、Web検索以外の窓口からユーザーの流入を促せます。

SNSを活用する場合は、アフィリエイトサイトのジャンルと同じような投稿をするのがポイントです。

SNS運用に時間がかけられる場合には、Webとは別にフォロワー集めに注力するのもアフィリエイトで結果を得るのに効果的です。

SEO対策でアフィリエイトをおこなう際の注意点

SEO対策でアフィリエイトをおこなう際の注意点

SEO対策でアフィリエイトをおこなう際の注意点としては、下記の2つがあります。

  • コピペしない
  • アフィリエイトの広告を設置しすぎない

競合サイトを分析し、参考にするのは問題ありませんが、コピペは絶対に避けるべきです。

オリジナリティのないコンテンツはGoogleから得る評価が下がるだけでなく、真似した相手から著作権侵害で訴えられるリスクがあります。

また、コンテンツ内にアフィリエイトの広告を設置しすぎるのも良くありません。

広告が多すぎるとユーザーはコンテンツの内容を読みにくいですし、悪印象を抱かせてしまいます。

少しでもクリック率を上げるために、広告を多く貼りがちですが押し売り感が強まりますし、ペナルティを受けてサイト運用が不利になる可能性がありますので十分に注意してください。

正しいSEO対策でアフィリエイトサイトを構築しよう

SEO アフィリエイト まとめ

この記事では、SEOとアフィリエイトの関係性やポイント、結果が出ない原因と対策を解説しました。

Googleのアルゴリズムは時代とともに変化しており、ひと昔前よりアフィリエイトが難しくなっているのが現状です。

ただし、アフィリエイトの市場規模は年々拡大しており、うまくSEO対策をすればまだまだ稼げるとも言えます。

正しいSEO対策をおこなえば、多くのユーザーが訪れるアフィリエイトサイトを構築できます。

本記事で解説したポイントや結果が出ない場合の原因と対策を参考に、成果がでるアフィリエイトサイトを構築しましょう。

成果がすぐに出るとは限りませんので、中長期的に取り組むことが大切です。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...