中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1338(2019/04/17追加)

70本入荷しました

30本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…55
  • シルバー…398
  • ゴールド…332
  • プラチナ…553
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ペンギンアップデート( Google Penguin Update)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

Googleは、ユーザーが最新かつ有益な情報を取得できるように常に検索アルゴリズムの改善に取り組んでいます。
ペンギンアップデートとは、Googleが実施しているアルゴリズムのアップデートのひとつです。

アルゴリズムを改善していく目的は、ユーザーが求めていないユーザーのためにならないなどの不必要なサイトやページが上位表示されないようにするためです。

どのようなアップデートなのか

コンテンツに重点を置いたアップデートパンダアップデートというものがあります。
それに対し、ペンギンアップデートはGoogleの品質に関するガイドラインに違反するようなSEO対策を行っているサイトに重点を置いているといえます。

過度なSEO対策、または以前は効果が高かったSEO対策を行っているサイトが影響を受けているでしょう。

該当するガイドライン違反の例

例としましては、

  • 不自然なリンク
  • 自動生成されたコンテンツ
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 関連性のないキーワードの詰め込み

などになります。
これらを行っていた、または行っていると判断されてしまうと検索順位の大幅な下降やGoogleペナルティを受けてしまうかもしれません。

ペンギンアップデートの影響とは

2012年4月24日にペンギンアップデートを実施してから、2012年5月26日、2012年10月5日、2013年5月22日、2013年10月4日、2013年12月11日に更新されアナウンスがなされてきました。
しかし、それ以降のアップデートは、オートマティックな方法に移行されアップデートのタイミングや内容を確認することは困難になりました。

2016年9月23日のペンギンアップデート4.0でGoogleから公式でアナウンスされる更新は最後となり、日々アナウンス無しでペンギンアップデートは行われています。

リアルタイムでの更新になっている

ペンギンアップデートは定期的な更新からリアルタイム処理に変わっています。
これを受けてサイト運営者には普段から意識を持ってサイト運営にあたるべきでしょう。

引用元:Penguin が Google のコア アルゴリズムの一部になりました

Penguin のアップデートがリアルタイムになりました。
これまでは、Penguin の影響を受けるサイトのリストは、定期的に同じタイミングで更新されていました。
ウェブマスターがサイトを大幅に改善し、インターネット上でのプレゼンスを強化すると、Google の多くのアルゴリズムではすぐに考慮されますが、Penguin など他のシグナルでは更新作業が必要でした。
今回の変更により、Penguin のデータはリアルタイムで更新されるようになります。
そのため、変更内容が従来と比べてはるかに早く(通常、Google が再クロールしてページをインデックスに再登録するとすぐに)反映されます。
また、Google が今後の更新についてコメントすることもなくなります。
Penguin でさらにきめ細かい対応が可能になりました。
新しい Penguin では、スパムに対して、サイト全体に影響を与えるのではなく、スパムのシグナルに基づいてランキングを調整するようになりました。

ペンギンアップデートはGoogleの多くあるランキング決定に使用している要素の一部でしかありません。
あまりにも影響がペンギンアップデートであると考えているのならば、サイトの大幅な見直しを考えるべきでしょう。

サイトの制作や運営に求められること

ペンギンアップデートによりサイトの製作者や運営者は、ユーザーにとって有用で適切な質の高いサイトを作成することが求められます。

ウェブマスターに向けたガイドラインに沿った高品質なサイトや正攻法のSEO対策を行う必要があるでしょう。

影響があったなら見直しが必要

無意味にリンクを並べただけのリンク集や、他のサイトのコンテンツのコピーや雑に加工しただけの低品質なサイトはGoogleペナルティの対象です。
ペンギンアップデートで低品質と判断されないために、まずサイト内の大量相互リンクや隠しリンクなどを削除することが大切です。

しかし、ペンギンアップデートによる順位の低下を恐れるあまり有益なリンクまで削除しないように注意が必要です。

ペンギンアップデートだけが原因とは限らない

Googleにはペンギンアップデート以外にもさまざまなアルゴリズムが用意されており、何が原因で検索順位が下がったのか厳密に特定することは不可能です。

そのため、ペンギンアップデートに合わせてSEO対策するのではなく、ユーザーのためになるサイトの作成や運営、正攻法のSEO対策を継続して行うことが重要になります。

後ろめたい行為はしない

これをやればSEO効果がある、なんて言葉に踊らされないで適切な運用を心掛けましょう。
ユーザーのためにしっかりとしたサイトやコンテンツを制作していれば、アップデートの影響に左右されずに済むでしょう。
ユーザーの支持を得るために行うことが真の意味で価値があるSEOといえるからです。

Googleの目的

Googleの目的は良質なサイトを適切に評価するためです。
余計なことをしなくても良質なサイトやユーザーに魅力的なサイトを手間を惜しまず作成していけば評価します、ということです。

引用元:良質なサイトをより高く評価するために

Google は、ウェブスパムをターゲットにした重要な変更を検索アルゴリズムに施しました。
これまでも良質なサイトを適切に評価するために様々なアルゴリズムの変更を実施してきましたが、今回の変更では、Google の 品質に関するガイドライン に違反しているサイトについて、その掲載順位を下げるような対策を実施します。
このアルゴリズムの変更は、ウェブスパムを削減し、良質なコンテンツを促進するための私たちの新たな試みです。
変更の詳細を明かすことは、抜け道をくぐり抜けたサイトが検索結果にあふれ検索ユーザーの利便性を損なう可能性があるためできませんが、ウェブマスターのみなさんにお伝えしたいことは、ユーザーにとって利便性の高い 良質なサイトを作ること(英語)に専念し、ウェブスパムを駆使することなく “ホワイトハット” SEO を心がけてください、ということです。
この変更によって影響を受けるサイトは、あからさまなスパムばかりではありませんが、共通して言えるのは、検索結果の掲載順位を人為的に操作するためにホワイトハット SEO を逸脱した SEO を行っているということです。

コンテンツに力をいれるなど、ユーザーを惹きつける、満足させられるサイトになるべく改善や工夫を続けましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説 アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン