SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1110(2017/08/17追加)

22本入荷しました

17本入荷しました

37本入荷しました

  • ブロンズ…655
  • シルバー…305
  • ゴールド…139
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

コンテンツSEOとは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

コンテンツSEOは主に検索エンジンやソーシャルメディアからの集客に焦点をあてて行われています。
被リンクを集めるだけではなくサイトやブログなどのコンテンツを充実化させ、検索エンジンからの集客を増やす施策です。

主にテキストをメインにしたページを作成し、情報量を増やしていく手法になります。
アクセスやPV数の増加、検索エンジンでの上位表示を目標にサイトやブログを整えていくSEO対策のひとつということができます。

なぜ、コンテンツが重要視されるようになったのか

Googleのアルゴリズムの変更、パンダアップデートによりコンテンツを重視する声が高まりました。
パンダアップデートが実施される前は「被リンクを増やすこと」を重点に置いたSEO対策が行われていました。

コンテンツ内容が充実していなくても、被リンクを獲得していれば検索エンジンに上位に表示される傾向が強かったからです。

被リンクの効果がないわけではないが…

被リンクの効果が完全になくなったワケではありません。
しかし、被リンクだけが多く、コンテンツの内容が薄いサイトやブログの上位表示は厳しいでしょう。

パンダアップデート後は「質の良いコンテンツ」が重要視されるようになりました。

どちらを重視するかは考え方により変わりますが、コンテンツの質を高めていくことは長期的に見ても必要で有用な方法でしょう。
なぜなら、コンテンツが良ければ被リンクも自然と集まる可能性も高いですし、ペナルティを受けるリスクも少ないからです。

質の良いコンテンツが必要な理由

ユーザーや訪問者が知りたいこと、悩みや疑問に対しての解決方法や情報を提供する。
ユーザーは検索結果や訪れたサイトに対して何らかの答えや欲求を満たしてほしいと思っています。
コンテンツの充実とは、ユーザーのニーズや意図に的確に答え、満足させるコンテンツを用意し続けることです。

共通して言えることはユーザーにとって有益な情報を提供できているかということです。

質の良いコンテンツとは何なのか

質の良いコンテンツを定義することは大変難しいでしょう。

それぞれのユーザーの反応や価値観が異なるので、完璧なコンテンツというものを作り出すことは不可能かもしれません。
ですが、サイトや訪れるユーザーに対して適切なコンテンツを用意し反応を見て改善を続けることで質の良いコンテンツに近づいて行くでしょう。

ユーザーの反応を考える

コンテンツSEOの話になると、キーワードの量が、文章量が、などとユーザーに関係のない範囲での考えで語りがちです。
ユーザーにとって良いこと、ユーザーが喜ぶことを一番念頭に入れておかなければなりません。
キーワードの量や文章量を見て、良いか悪いかを判断するユーザーはいないからです。

あくまで内容の勝負であると考えましょう。

情報の広がりも期待できる

良質なコンテンツは閲覧者にメリットを与えるだけではなく、ソーシャルネットワークなどにより情報の共有や拡散の期待も持てます。
閲覧者にとって有益な情報だと判断された場合、SNSやブログでページやブログが拡散され、その情報を見た他の人がまた情報を共有するといった現象が起きます。

良質なコンテンツの更新を続けていると定期的に訪問者が来るようになるので、アクセス数が安定するメリットもあります。

中古ドメイン利用後もコンテンツは重要

中古ドメインを利用した場合も、コンテンツはしっかりと作り込む必要があります。
サイト自体の質を高めることは、どれかだけを行っていればいいというわけではないからです。

中古ドメインの効果をより高めるために、コンテンツについても見直してみましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+