中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1406(2017/10/20追加)

21本入荷しました

33本入荷しました

11本入荷しました

  • ブロンズ…918
  • シルバー…377
  • ゴールド…91
  • プラチナ…20
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

日本語ドメインとは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

日本語ドメインとは

日本語ドメインとは、その名の通り日本語で表記されているドメインのことになります。
国際化ドメイン名の中で、日本語の文字である平仮名、片仮名、日本語漢字で構成されているドメインになります。

日本語で表示されてはいますが、内部的にはアルファベットで構成されています。
Punycodeという表記に変換されているからです。

日本語ドメインが使われる理由

日本語ドメインを選が使用され選ばれているのには理由があります。
ドメインでサイトの内容やジャンルを提示できるというメリットがあります。
また、企業名や商品名、キャンペーン名を冠にした言葉をドメインとして使用すれば、宣伝効果も高まります。

検索エンジンに入力する際も、ドメイン名で検索結果に表示される確率も高くなり直接的なアクセスも期待できます。

覚えやすさとわかりやすさ

Punycodeに変換の問題もありますが、何と言っても日本語ドメインは覚えやすいのが大きいメリットでしょう。
企業名や商品名を覚えるのは、難しいことではありませんが、ドメインやURLを全部覚えている方は多くはないでしょう。

しっかりと企業や商品、サイトタイトルや内容に紐づいている日本語ドメインであれば、覚えやすくまたわかりやすいため、 アクセス効果や視認性の高さなど様々なメリットを得ることができるでしょう。

考えられるSEO効果とは

日本語ドメインはSEO対策において上位表示の即効性があると言われています。
ドメイン名と検索キーワードが一致している場合は特に効果があるかもしれません。

日本語ドメインの効果だけで、上位表示に導くことは厳しいですが、日本語ドメインを活かすようなサイトを製作し 流入が考えられるキーワードとの一致率を高めていけば効果はあるでしょう。

サイトに日本語ドメインが適しているか

日本語ドメインを使用して、SEO効果を高めたいならばしっかりとしたプランニングが必要でしょう。
ただ闇雲に流入キーワードに即した日本語をドメインにすればいいというものではないからです。

キーワードの選定をしっかりと行い、適切なコンテンツを用意した上で、はじめて日本語ドメインの使用を考えるぐらい 慎重に行った方がいいと思います。

ジャンルが一致していて質の高い中古ドメインを選ぶ方が効果が高い場合もありますし、ドメインの力だけで左右されるようなことは あまりないからです。

ドメインパワーの質も異なる

日本語ドメインが持つドメインパワーバックリンク資産やドメインエイジ(日本語ドメインの中古ドメインの場合はあるものもありますが)などではなく キーワード一致やドメインそのものが持つ文字列に大きな力があると言えます。

中古ドメインはドメインパワーを活かすことでSEO効果は期待できますが、日本語ドメインを選ぶ場合も日本語であるという点と、 日本語ドメインだからこそ持ち得るドメインパワーを最大限に生かすように工夫することが重要です。

まだまだ空きがある状態

日本語はローマ字表記より、平仮名、片仮名、漢字が使用できるため、選べる文字列の選択肢は多いです。

既に使用されているかもしれない言葉でも、少し変化させたり工夫するだけでいい文字列の日本語ドメインが空いているかもしれません。

また、トップレベルドメインでの違いでも空きがあるかもしれません。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

日本語ドメインとは

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+