SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 447(2017/05/26追加)

25本入荷しました

50本入荷しました

40本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【被リンク対策】サテライトサイトで成果を出すための基礎知識

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【被リンク対策】サテライトサイトで成果を出すための基礎知識

多くシェア(被リンク)されているサイトは良いサイトであるという考えのもと、被リンクの多いサイトはGoogle検索エンジンから高い評価を得ることが出来ました。
しかし、このことが原因で低品質なサテライトサイト無料ブログが乱立しGoogleがこれらを嫌っていることは明白ですし、ペンギンアップデートなどでの対応を強めています。

意図的に検索順位を上げようとする行為はGoogleは認めていない反面、上位表示されているサイトの多くは被リンクSEO対策を活用していることも事実です。

被リンク対策は危険なのか?

多くのコンサルタントが、「被リンクは悪だ」、「やめたほうがいい」、などと批判することもしばしば見かけます。
ですが、実際に成果を上げてきた事例から、被リンクによる対策は現在も有効で、正しく行えば長期的に上位表示することは可能です。

安直な考えは危険

サテライトサイト」だから、内容の無いサイトでいい、リンクを買えば済むなどとの安直な考えだと成果どころか足を引っ張る羽目になります。

重要なのは、いかに自然なリンクに見せるかが大事です。
また、サテライトサイトの質を上げていかに少ないリンク数で効果を発揮するかということも考える必要があります。

全てのサイトで被リンク対策をすればよいわけではない

被リンク対策をしないSEO対策は数年後、上位表示で安定することが多いのに対して、被リンクの対策は逆に、数年後は全く上位に表示できないなどの危険性があることは確かです。

サイトの趣旨やビジネスモデルを考えたうえで被リンクの施策を検討するべきです。

サテライトサイトの種類を持つ

被リンクの上限

サテライトサイトの種類は豊富にするべきです。
これは、様々な種類のサイトからリンクされているほうが自然だからです。

様々な種類のサイトの代表例

  • 無料ブログ
  • HTMLサイト
  • SNS
  • ECサイト
  • まとめ系サイト

様々なサイトからリンクを獲得したほうが自然なのは理解していても、多くのアフィリエイターやSEO事業者はWordpressサイトだけ、無料ブログだけなどの被リンク対策用サテライトサイトの構築が目立ちます。

被リンクの上限を考える

Googleはサイトの種類ごとに、リンク本数の上限を決めていると考えた上で対策することが無難です。

Googleは被リンクの対策を嫌っているのにもかかわらず、大手企業や有名サイトでも被リンクの手法を使わないと上位表示できないというジレンマがあります。

気をつけておきたいこと

  • 被リンクを自然に見せることが大事
  • 無駄にリンクするのではなく最小限の本数で成果を出すこと
  • 様々な種類のサイトからリンクをすること

このようなことから被リンクを専門業者に依頼することや、被リンクを買うといった行為は自分でコントロールしにくい分、リスキーと言えます。

そのため、中古ドメインオールドドメイン)を購入してサテライトサイトを構築・運用していくSEO事業者やアフィリエイターの方が増えています。

無料ブログを被リンク対策用サテライトサイトとして育てる

無料ブログを育てる

被リンク用サテライトサイトとしての無料ブログはGoogleアップデートのたびに効果が薄くなっている気がしますが、今でも無料で出来る対策としては有用です。
例えば、スキマ時間に1日、1ブログだけも開設してコツコツ育てていけば、サテライトサイトとして大きな資産になるでしょう。

放置しない

基本的な育て方は通常のサテライトサイトと基本は同じなのですが、少なくとも2週間に1回は開設したサテライトサイトの各ブログを更新するようにしましょう。
また、関連するジャンルの別ブログからリンクを受けるなどゆっくりでも成長させていきましょう。

やるならしっかりと

ユーザーにメインサイトを紹介しへリンクを貼るという行為は道徳的にも許される行為とされています。
被リンクだけを目的としたようなリンクは道徳的にも、無料ブログのポリシー的にもするべき行為ではありません。

被リンクを貼るだけで終わらないように気をつけましょう

ソーシャルメディアからのリンクの価値は?

ソーシャルメディア

ソーシャルネットワーキングやソーシャルブックマークからの被リンクは基本的にはNoFollowであるためSEO的な価値は全く無いと言われてきました。

しかしながら、Googleのマット・カッツがツイッターなどからのリンク価値を認めると発言して以来、SNSを活用したSEO対策は注目されるようになりました。

SEOの効果は抜きにしても「集客」という観点でも重要なツールです。
また、ユーザーとの直接的なやり取りやコミュニティの出来る場としても広く活用されるようになりました。

被リンクに関するまとめ

F

これらの被リンクによる対策は今でも決して軽視できるものではありません。
しかし、テクニックだけにとらわれずに「良いサイトはシェアされる」という原則を忘れてはいけません。

価値のないサテライトサイトを量産するといった行為はしないようにしましょう。

被リンク対策のやり方が重要

「被リンクによる対策はダメだ」「コンテンツ作りに時間をかけなさい」などと言った批判は全く正しいと思いますが、検索上位を熾烈に争っているいるようなジャンルだと被リンク対策で明暗が分かれているのもまた事実です。

効果の底上げに中古ドメイン

サテライトサイトの被リンク効果を最大化するためにも、ぜひ弊社の中古ドメインを使ってみてください。
ライバルに差をつけるドメインを買うなら「アクセス中古ドメイン」をご利用ください。

高品質でSEO効果を生み出す中古ドメインを取り揃えています。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

被リンク対策について

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+