中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1352(2018/08/16追加)

20本入荷しました

11本入荷しました

10本入荷しました

  • ブロンズ…382
  • シルバー…383
  • ゴールド…394
  • プラチナ…193
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ドロップキャッチ(Drop Catch)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

ドロップキャッチ(Drop Catch)とは、ドメインの取得方法のひとつです。
長期間、更新されることがなかったドメインや期限切れドメインを再取得が可能になってから取得する方法です。

中古ドメインの購入方法や取得方法としてドロップキャッチは広く知られ、利用されています。

早い者勝ちとも言える

ドメインが取得可能になった瞬間に買い付け、自分のものにしてしまうことができるので取得に関しては、早い者勝ちと言えます。

もちろん、早い者勝ちですので以前のドメイン取得者よりも早く入手することも可能です。

すでに登録されていたドメインなので中古ドメインである可能性が高く、SEO対策や効果が目的のドメインパワー狙い、転売目的、などといった利益を得るために業者や個人が日々しのぎを削っています。

ドロップキャッチの激化が予想される

第三者によるドロップキャッチ狙いは激しさを増しており、高速回線を用意したり、自動による登録を試みたりと手法が高度化しています。

実際に再登録が可能になった瞬間に取得されたりすることも起こっており、このような行為はレジストリやレジストラシステムに大きな負担をかけるため、問題になっています。

ドロップキャッチのメリット

ドロップキャッチのメリットは、以前の取得者がサイト運営していたことによるドメインパワーや、競争率の高いドメイン名といったSEO的に有利な中古ドメインを入手できることです。

以前の所有者がGoogleなどの検索エンジンから高い評価を受けていれば、その中古ドメインは最初からとても高いSEO対策が施されていることになるからです。

逆に、どのようなデメリットがあるのか

デメリットとしましては、ドロップキャッチでの取得競争が激化しているということでしょう。
また、SEO効果が高い優良ドメインは専門業者がこぞって狙いに来るので、取得は難しいです。

ドロップキャッチされてしまう可能性も

所有しているドメインの更新を忘れたりしてしまい、期限切れになってしまったらドロップキャッチで誰かに取得されてしまう可能性は否定できません。

もし、手放す気がないドメインを更新し忘れていて、ドロップキャッチで取得されてしまったら最大のデメリットと言えるでしょう。

どのように取得するのか

ドロップキャッチできるドメインを探し出すサービスやツールもあります。
また、レジストラで検索して見つけることも可能です。

ドロップキャッチと似ていますが、期限切れ前に取得の予約をしておく、バックオーダーという購入方法もあります。
早い者勝ちで激化しているドロップキャッチですがレジストラ自体がドロップキャッチのサービスを行っているところもあります。

確実に高品質な中古ドメインが欲しいなら

ドロップキャッチで手にれられるならそれはそれでいいと思いますが、確実に手に入れたいならば安心できる販売店から購入したほうが効率的でしょう。

当店は、品質を重視し中古ドメインを選定しています。
事前にペナルティチェックもしていますので、安心して利用できます。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+