中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1854(2018/12/13追加)

30本入荷しました

60本入荷しました

31本入荷しました

  • ブロンズ…183
  • シルバー…592
  • ゴールド…715
  • プラチナ…364
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ブラックハットSEO(ブラックハット)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

Googleが定めている、品質に関するガイドラインを遵守してるかしていないかで大きく、ブラックハットとホワイトハットに分類することができます。
また、検索エンジンに対するアプローチの姿勢や、SEO対策、施策の内容により分けて考えることもあります。

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOは、不適切な手段を用いてWEBサイトを検索エンジンの上位に表示させようとするSEOのことです。
Googleがウェブマスター向けに公開している品質に関するガイドラインの中には、使用すべきでないWEBページの構築方法などが記されています。

ガイドラインに記載されている方法を用いている場合は、不正なSEOを行っていると見なされます。
また、記載していない方法でもGoogleの判断で対策をされてしまう場合もあります。

品質に関するガイドラインに載っているブラックハットSEOの手法はやる必要もやる意味もないでしょう。

あからさまなブラックハットSEOをやる必要はない

引用元:サイトの制作や集客を外注しているサイトオーナーのみなさまへ

ウェブマスターや SEO 業者の中には、自身のサイトの掲載順位を上げるためにユーザー向けに内容を改善するのではなく、実際よりも良いサイトであると検索エンジンに対して偽装をしたりなどして、検索エンジンを騙すことでランキング操作をしようとする人達がいます。
これらの手法は“ブラックハットSEO” や “ウェブスパム” と呼ばれています。
このようなサイトを放置しておくと、ユーザーにとってほとんど価値のないページや本来上位に表示されるべきでないページを検索結果として表示することになり、検索エンジンの品質が低下してしまいます。
そこで Google はユーザーの利便性を守るため、ウェブマスター向けガイドラインの品質に関するガイドラインでこのような検索エンジンを欺く不正行為を示し、このガイドラインに違反した場合は検索結果においてユーザーの目に触れにくくなるようアルゴリズムまたは手動によるスパム対策を実施させて頂く場合があることをあらかじめ公開し、それを遵守するようお願いしています。

※ブラックハットSEO と呼ばれる手法には様々な種類があり、例えば機械的に作成され、日本語として意味を成さないテキストで構成されたサイト や、アフィリエイトリンクだけで構成された、ほとんど 何のオリジナルな情報もないサイト、そして 誘導ページ や 有料リンク などがあります。

実際にGoogleにバレずに騙し続けられる確信がある方がいるならばブラックハットSEOを行うことを止めませんが、恐らくいないでしょう。
また、今は騙せていたとしてもいずれバレてしまうと考えておいて間違いはないからです。

リスクのあるSEO対策を用いるのは、オススメできません。
検索エンジンに良いサイトであると偽装できたとしても、ユーザーの眼を騙すことは容易ではありません。
しっかりとしたサイトを作成し運用していくことの手間を惜しんでまで行う意味はないと考えられます。

検索エンジンを欺く手法の総称

ブラックハットSEOというのは検索エンジンのアルゴリズムやプログラムの抜け道を利用して、コンテンツの内容を高めることなくWEBサイトに価値があるように見せかけることです。

適正な手段を用いているホワイトハットSEOとは違って、ブラックハットSEOを使用しているWEBページは、Googleペナルティの対象となることがあります。
また、無自覚でブラックハットSEOとされる手法を行っている場合もありますので注意が必要です。

リスクは避けて通れない

順位の上昇などの効果とGoogleペナルティなどでのサイトへの損失とを天秤にかける必要があります。
なぜ、天秤にかける必要があるかと言いますと上手くやれば効果や価値があるブラックハットの手法もあるからです。

サテライトを作成し被リンクを貼る手法も自作自演ですが、ほとんどのサイトで行われており以前ほどではありませんが効果はあります。
ですが、自作自演のリンクもGoogleペナルティの対象になるということを覚えておきましょう。

対策は強化されている

Googleはアルゴリズムの改善やアップデートを繰り返し行い、不適切なサイトや被リンクに対して対策を強めています。
また、ブラックハットの手法の多くは一過性の効果しか生み出しません。

いずれ時がたてば淘汰されてしまう可能性が非常に高いでしょう。

過去に効果があった手法もブラックハットになる

被リンクの量を多く獲得することで検索上位になっていた頃に用いられた手法は、今ではブラックハットSEOやペナルティ対象の手法が多く見られます。

粗末なサテライトサイトを大量に作成し意図的な被リンクを集めることは良くありませんし、サイトのコンテンツもワードサラダや質の低い内容の記事ばかりでスパムサイトにしか見えないサイトも多くあったからです。

被リンクの効果は健在ですが、過去に効果があったからと言って同じようなサテライト作りを行っているならばブラックハットSEOと言われても仕方ないでしょう。

基本的にはやらないほうがいい

上手くやることで効果は得られるでしょうが、基本的にはブラックハットの手法には手を出すべきではありません。
まずは、ユーザーのことを考えたサイト作成や運用をしていくほうに力を注ぐべきでしょう。

やるなら文句を言われないクオリティを

やるとしても、適当に手を抜いてやるのではなくしっかりと行うべきです。
行う行為や手法によりますが、自作自演リンクなどの場合はしっかりとしたサテライトを運用しているのであればやるべきでしょう。
しっかりしたサイトからのリンクは評価されるからです。

ブラックだからという前に、単純にやり方が悪いことでマイナスの影響をもたらすということも多々あるからです。

無意識にやってしまわないように

  • ウェブマスター向けガイドラインの品質に関するガイドライン に目を通しておく
  • SEO業者は慎重に選ぶ
  • ウェブマスターツールを常にチェックする

Googleガイドラインをよく読んでおき、知らなかったことでリスクを背負い込まないように気をつけましょう。
また、SEO業者は結果を焦るあまりに不適切な手段を用いる業者もありますしSEOに正解はないからなどの言い訳をしてくる可能性もあり依頼するにしても最低限の知識や不適切な行為を行わないなどの取り決めを明確にしておく必要があるでしょう。

サーチコンソール(ウェブマスターツール)をこまめに確認しておくことでサイトの状態や異変を知ることができます。
サイトに問題が発生した場合はサーチコンソールを見ることでわかることもあります。

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+