販売ドメイン 77(2016/12/16追加)

中古ドメイン販売速報

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【基本中の基本!】アンカーテキストを意識した被リンクSEO

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【基本中の基本!】アンカーテキストを意識した被リンクSEO

サテライトサイトを構築し目的のサイトに被リンクを貼るときに設定する文章をアンカーテキストと言います。
中古ドメインを取得しサテライトを作成してもアンカーテキストが不適切な設置の仕方だと、被リンクの効果を活かせていない場合があります。

アンカーテキストで被リンク対策の効果が左右されますので、今回は基本中の基本とも言えるアンカーテキストについて解説していきます。

アンカーテキストと対策キーワード

アンカーテキストを作成する場合、対策キーワードを含むように作成する場合が多いと思いますが、対策キーワードばかりのアンカーテキストにならないように気をつけましょう。

確かに、キーワードを含むことで効果が得られることもありますが、対策キーワードばかりからの被リンクが多いと不自然になります。

サイトタイトルの重要性

サイトタイトルは重要

サイトタイトルには、対策キーワードを確実に含んで作成すると思います。
一般的なユーザーのサイトやブログから、リンクを貼られる時の多くはサイトタイトルがアンカーテキストになる傾向があります。

サイトタイトルに対策ワードを入れることもSEO対策の基本になりますが、被リンクを貼られる時のことも考えてキーワードを含ませておくといいでしょう。
自然と対策ワードもアンカーテキストに含まれるからです。

魅力的なサイトタイトルを心掛ける

アンカーテキストのみならず、根本的に魅力的なサイトタイトルでなければユーザーにサイトを閲覧してもらえないからです。

検索結果やブックマークサービスに表示される時も魅力的なサイトタイトルの方がユーザーの目を惹きつけますし、アンカーテキストがサイトタイトルになる場合が多いですから魅力的なサイトタイトルの方がクリック率が上がるでしょう。

一般的なアンカーテキストの例

対策ワードばかりのアンカーテキストだと不自然だと言いましたが、本来は様々なユーザーから被リンクを受けると考えた場合、アンカーテキストは多種多様になるはずです。

一般的に多く用いられているアンカーテキストは以下になります。

  • サイトタイトル
  • サイトURL
  • 詳しくはコチラ、などの紹介文

ユーザーがリンクを貼る場合、リンクを貼るサイトのSEO対策のことを考えてリンクしてくれることなんてないです。
サイトタイトルやURLがアンカーテキストに多くなるのは、いちいちユーザーはアンカーテキストを考えたりしないからです。

アンカーテキストを分散させる

偏りに注意する

SEO対策しているキーワードをアンカーテキストに含まる場合は、アンカーテキストがなるべく同じ文章にならないように気をつけましょう。

意図的な被リンクと判断されてしまうとGoogleペナルティを受けてしまいます。
サテライトサイトだとバレ、不自然なリンクと思われないようにサテライトサイトを利用した被リンク対策は行わなければなりません。

対策ワードを含んだ多種多様なアンカーテキストで被リンクを構築することで手動ペナルティを受けるリスクの軽減になります。

要は、多くのユーザーが使用しないようなアンカーテキストはSEO対策ワードだとしても乱用しない方が無難だということです。

リスクを減らし効果を出すなら

サテライトサイトからの被リンクを送る際のアンカーテキストのポイントは、SEO対策ワードを含んでいる場合は分散させること、もうひとつはやはり一般ユーザーに多く見られるアンカーテキストを利用することでしょう。

サイトタイトルからのリンク

サイトタイトルがアンカーテキストの場合は多いですが、サイトタイトルの場合は分散していなくてもほぼ、ペナルティを受けるリスクがありません。
なぜなら、サイトタイトルのリンクはユーザーに貼られやすく自然ですし、尚且つサイトタイトルに対策ワードを入れておけばSEO効果も期待できます。

サイトURLからのリンク

URLのみのアンカーテキストもユーザーから被リンクが張られる場合、非常に多い傾向にあります。
手抜きのように思うかもしれませんが、アンカーテキストを作成せずにURLをそのまま貼り付けてサイトに移動させることは不自然ではありません。

URLからのリンクの場合、対策ワードの順位上昇は期待できませんが、サイト自体の価値が上がります。

中古ドメインを選ぶ際に見るべき点

自分がこれから狙っているキーワードのリンクや関連ワードでのアンカーテキストから被リンクを受けている中古ドメインの場合、SEO効果は期待できます。

ですが、アンカーテキストに偏りがないかを見る必要があります。

言語もチェック

テキストの内容を確認するのも重要ですが、言語にも注目したほうがいいでしょう。 過去の運営サイトに関りがなく意味がよくわからない文章や中国語、アラビア語、ロシア語、 のテキストの場合は注意しましょう。

リンク元ドメインの数を見る

アンカーテキストが目的のものと一致していても同じリンク元から大量に貼られていた場合、アンカーテキスト分散の観点でも良くありませんし、自作自演、スパムであった可能性が高いと考えられます。

すべて繋がっている

中古ドメインを選ぶ際は、被リンクをチェックすることは重要です。
アンカーテキストを確認することも被リンクチェックの要素のひとつになります。

効果的な被リンクSEOを行うためにも、適切な中古ドメインを選ぶ際にもアンカーテキストを意識してみましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

アンカーテキストを意識した被リンク対策

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+