中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1854(2018/12/13追加)

30本入荷しました

60本入荷しました

31本入荷しました

  • ブロンズ…183
  • シルバー…592
  • ゴールド…715
  • プラチナ…364
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

SXO(検索体験最適化)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

SEOという考え方から、よりユーザーに意識を向けたSXO(検索体験最適化)という考え方が生まれました。
SXOは「Search Experience Optimization」といい「検索体験最適化」という意味になります。

SEO対策との大きな違いは何か

SEOとSXOの大きな違いは、おおまかに言ってしまうと相手どる対象が異なるということです。
SEOは検索エンジン最適化とも言われるように、検索エンジンに向けての施策や対策が主になっています。

SXOはユーザーに向けて行う対策の考え方になります。

SEO対策もユーザーを意識することは重要

SEO対策は検索エンジンに向けてといいましたが、SEO対策の施策を行う際にもユーザーを意識することは必要です。

ユーザーを無視したようなSEO対策では、効果を生むことが難しくなっています。
検索エンジンもユーザーに向けて適切な検索結果を提供したいと考えているということを意識しておいてください。

ユーザーに向けたSEO対策を行っていたのか

サイトを上位表示させることは、成果や流入の獲得の可能性を高めるために必要なことではあります。
ですが、行っているSEO対策がユーザーのためになっている対策であったのかを考え直してみましょう。

ユーザーのためにならないSEO対策やサイト運用の仕方では、上位表示を実現したとしても成果に繋がりにくく、一過性の結果しかもたらさないからです。

SXOはよりユーザーを意識したSEO対策

検索キーワードを意識することはSEO対策を行う上で基本的かつ重要なことです。

キーワードをどのように記事やコンテンツに対して含めるかを考えることはSEO対策と言えるでしょう。
ですが、キーワードを含めることだけで上位表示するのは厳しくなっています。
ワードサラダやスパム手法が横行しキーワードを含んだだけの内容の質が低いコンテンツGoogleペナルティやアルゴリズムアップデートにより排除されています。

SXOは、ユーザーが読んだ時どういうリアクションをするかということを考えて記事やコンテンツ、サイトの制作や運用をすることになります。

SXOはユーザーが求めるものを意識する

SXOでは検索意図を読み取ることがとても重要です。

何をユーザーが求めているのか、サイトに訪れたユーザーが満足しまた利用したいと思えるコンテンツを用意できているのかを考える必要があります。

求めている情報を考える

同じキーワードでも人により求めている情報は異なります。

キーワードから考えられる情報をしっかりと網羅したコンテンツがあるサイトは多くのユーザーの検索体験を最適化できる可能性が高いでしょう。

SXOにはコンテンツSEOが鍵

SXOを進めるためには、被リンク対策よりはコンテンツSEOが重要になってくるでしょう。

サイトの中身や内容をGoogleが重要視し始め評価法を変更してきたことによります。
これまでもGoogleはユーザーのためになる、ユーザーの役に立つ検索結果を提供するために改善を続けてきていました。

ようやく、リンクが多いだけのサイトや内容がないSEO手法だけのサイトを駆逐する技術を完成させさらに高めている段階に入っています。

良いコンテンツの定義は難しい

何がどうすれば良いコンテンツであるのか、良いコンテンツとはこのようなものだと言い切ることは大変難しいでしょう。
ですが、Googleが求めているコンテンツはわかります。

ユーザーのためになる役に立つサイトやコンテンツの提供です。

文章量やキーワードを考える前に、内容は適切であるのかユーザー目線で考え作成していくことが求められます。

コンテンツ作りはサイト作りに直結

コンテンツに手をかけないでいい加減なものを作成するのは、サイト作成をおざなりにしていることと同じです。

コンテンツはサイトの一部であり、コンテンツの集まりがサイトそのものであるということを忘れてはいけません。

SXOにはデザインやユーザビリティも関係している

サイトやコンテンツ内容と同様に、デザインやユーザビリティもキチンと考慮しましょう。
検索体験最適化は、検索結果だけでなくサイトを利用しているときも含まれます。

見やすい使いやすいデザイン、ストレスを与えない利便性、また利用したくなるユーザービリティを意識しサイト制作や運用を心掛けましょう。

SXOを難しく考える必要はない

SXOを行うというよりは、良いものを作るという考え方でいいでしょう。
まずは、自分が良いと思えるものを製作しユーザーの反応を伺い、継続的な改善をすることにより良い結果が得られることでしょう。

また、SNSでユーザーの反応を見たり要望を聞くことでよりユーザーが求めているものを理解できヒントになります。

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+