中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1187(2018/04/25追加)

20本入荷しました

30本入荷しました

22本入荷しました

  • ブロンズ…851
  • シルバー…305
  • ゴールド…18
  • プラチナ…13
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

取得した中古ドメインを「エックスサーバー」で設定・運用する手順

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

取得した中古ドメインを「エックスサーバー」で設定・運用する手順

アクセス中古ドメインで購入して頂いたドメインは、「PureDomain」に納品されます。

PureDomainから移管して管理することも可能ですが、基本的にはPureDomainで設定や管理をまずはしなければなりません。

当店で購入したドメインをエックスサーバーに設定する手順を紹介します。

中古ドメインが「PureDomain」に納品されたら

保有ドメイン一覧

当店でお買い物をして頂いたら、PureDomainに納品されます。

納品後は、ステータスが有効になればご利用か可能です。

ですが、納品後には「whois情報の登録者情報の変更」をして頂かなければいけません。

ご利用する前には登録者情報の変更をしてからになりますのでご注意ください。

また、PureDomainでは「whois公開代行設定」も無料でご利用できます。

オールドマスク
PureDomainに関するお問い合わせはコチラから!

「PureDomain」でネームサーバーを設定する

ドメイン一覧画面

ステータスが有効になったことが確認できたら、設定からネームサーバーの設定を行いましょう。

こちらから、ネームサーバーをエックスサーバーで指定されているものに設定をします。

ドメイン設定画面

ドメインの設定画面に現状のネームサーバーが表示されています。

この部分をエックスサーバーのネームサーバーに書き換えます。

ネームサーバーの変更は「ネームサーバ設定」から行います。

ネームサーバ設定

ネームサーバー設定

入力欄に指定されたネームサーバーを入力します。

ネームサーバーを追加」のボタンを押すと入力項目を増やすことができます。

エックスサーバーのデフォルトネームサーバーは、

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

になっていますので、上記を入力してください。

オールドマスク
ドメインをエックスサーバーで使う際の疑問点は、エックスサーバー側に問い合わせをすることをお勧め致します。

エックスサーバーにドメインを追加する

エックスサーバー

ネームサーバーをPureDomainで設定できましたら、取得したドメインをエックスサーバーに追加しましょう。

エックスサーバーにドメインを追加するのは、中古ドメインでも新規ドメインでも違いはありません。

エックスサーバー、エックスドメインで取得したドメインでなければ、追加方法に特に違いはないということです。

当たり前の話ですが、エックスサーバーにドメインを追加して利用するにはエックスサーバーに申し込みをしておく必要があります。

オールドマスク
エックスサーバーの申し込みはコチラから!

ドメインを追加する手順

サーバーパネル

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルメニュー

サーバーパネルのドメイン設定を選択します。

ドメイン設定

ドメイン設定でドメイン設定の追加を選び、ドメイン名の入力欄に取得したドメインや利用したいドメインを入力して「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンを押します。

これでエックスサーバーにドメインが設定されましたので、利用可能な状態になります。

エックスサーバーでドメイン取得

エックスサーバーでドメイン取得

エックスサーバーからでも、 ドメインの新規取得や移管が行えます。

移管は例えば、PureDomainで管理しているドメインをエックスサーバーで管理するために移動することです。

新規取得は、欲しいドメイン名を検索して取得可能であれば、取得できる機能です。

この際に取得したものが、中古ドメインである可能性もあります。

これらのことから考えても、中古ドメインだからといってエックスサーバーなどが利用できないわけがないことが理解できるでしょう。

オールドマスク
中古ドメインと新規ドメインは設定などの利用するだけの面で考えれば大きな違いはありません。

中古ドメインでも問題なく利用できます

特に新規ドメインであろうと中古ドメインであろうとエックスサーバーでの設定に違いはありません。

他のレンタルサーバーも同様です。

中古ドメインの利用が不可のレンタルサーバー会社があるとは聞いたことがありませんし、存在しないでしょう。

中古ドメインだから使えないなどということはないので、しっかりと設定を行えば問題なく利用できます。

利用できない場合は、おそらく設定ミスや反映待ちなどの状態だと考えられますので、まずはサーバー会社や管理しているレジストラに問い合わせてみましょう。

中古ドメインであっても新規ドメインであってもドメインの設定に関しては変わりがないということを覚えておいてください。

もちろん、当店の質が高い中古ドメインをエックスサーバーで利用することは可能になりますので、是非ご利用ください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

取得した中古ドメインを「エックスサーバー」で設定・運用する手順

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン