最大90%OFFタイムセール

中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1175(2018/05/17追加)

12本入荷しました

11本入荷しました

8本入荷しました

  • ブロンズ…822
  • シルバー…293
  • ゴールド…28
  • プラチナ…32
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【MOZ】Link ExplorerにOpen Site Explorerは移行される!?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【MOZ】Link ExplorerにOpen Site Explorerは移行される!?

被リンク調査ツールとして知られる「Moz」では「Open Site Explorer」がよく知られている機能ですが、なくなってしまうようです。

新しく「Link Explorer」という機能が追加されており、役割を担うようです。

どのような機能になり、Open Site Explorerがどうなるのかを調べていきます。

Open Site Explorerはどうなっている?

MOZのメニュー

MozProのメニュー内に以前はあったOpen Site Explorerですが、メニューからなくなっています。

その代わりなのかはわかりませんが、「Link Explorer」にNEWの印がついて追加されています。

オールドマスク
Open Site Explorerはメニューからは削除されています。

Open Site Explorerの場所

Open Site Explorerに対するメッセージ

Link Explorerを開くと上記画像のメッセージが表示されます。

内容は、「Open Site Explorerは当面利用できますが、インデックスの更新はされません

という内容になっており、Open Site Explorerへのリンクが記載されていますので、こちらからページに飛ぶことは可能です。

Open Site Explorerはまだ使える

Open Site Explorerの画面

Open Site Explorerは、リンクから飛んでURLやドメインを入力すれば一応使うことはできます。

ですが、インデックスの更新がされないということはデータの反映や鮮度がいつのものかわからないので信憑性が低くなります。

おそらくLink Explorerが完全に運用される用になれば、メニューからも既にOpen Site Explorerが削除されていることからも機能停止することが予想されます。

オールドマスク
当分の間は有効にしておくという趣旨のメッセージのため機能停止する可能性が高いでしょう。

Link Explorerが新しい被リンク調査機能になる

Link Explorerの画面

Link Explorerは現状ではBETA版であり、全容が明らかになっていませんがOpen Site Explorerの後継機能やバージョンアップと考えられます。

概要としては、リンク調査を短時間で行うためのデータを入手するための機能であるという説明があります。

Link Explorerの機能として、

  • Overview:概要
  • Inbound Links:被リンク
  • Linking Domains:リンク元ドメイン
  • Anchor Text:アンカーテキスト
  • Top Pages:主要ページ
  • Discovered & Lost:発見されたリンクと失われたリンク
  • Spam Score:スパムスコア
  • Compare Link Profiles:リンクデータの比較
  • Link Tracking Lists:リンク追跡機能

があります。

オールドマスク
機能や項目からもわかるように、これまでのOpen Site Explorerの機能と類似しています。

Open Site Explorerとは異なる

Link ExplorerはOpen Site Explorerと似ていますが、異なる機能になります。

異なる点として上げられている例は、

  • インデックスの方法
  • 更新頻度
  • DA・PAの測定方法
  • スパムスコアの算出方法・表示方法

が大きく異なります。

また、Open Site Explorerより正確であると発言しており、Link Explorerの使用をMOZ側も推奨しています。

Open Site Explorerと比べて、

  • リンクデータが20倍以上取得できるようになっていること
  • アルゴリズムが精密になったこと
  • データの更新が毎日行われるようになったこと

を大きなポイントとしてあげています。

スパムスコアは大きく変わっている

DA・PAはOpen Site Explorerと同様にスコアとして確認できますが、スパムスコアの表示方法は大きく異なっています。

Open Site Explorerでは、0~17のスコアで表されていましたが、Link Explorerではパーセンテージで表されるようになっています。

このパーセンテージは、入力したURLやドメインの類似サイトに対してGoogleが罰したり禁止しているサイトの割合になると説明されています。

Link Explorerはまだ未完成

Link Explorerの項目

まだ情報も少なく、Open Site Explorerも使える状態ですので、Link Explorerの機能や項目についての詳しい解説は別の機会に行います。

なぜなら、「Link Intersect」の項目はまだ「Coming Soon」となっておりLink Explorerが完全ではないからです。

ですが、Open Site ExplorerからLink Explorerに機能が移り変わることは説明からも窺い知れますので、Open Site Explorerを今までお使いの方はLink Explorerの機能や項目を確認しておいたほうがいいでしょう。

サイトやドメイン、バックリンクの調査にツールの機能が変更されることにより、影響することが考えられます。

また、Link Explorerは機能面がアップしているということなのでより深い分析ができるかもしれません。

MOZのLink Explorerを早目に確認しておきましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

【MOZ】Link ExplorerにOpen Site Explorerは移行される!?

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン