中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1680(2018/11/16追加)

31本入荷しました

31本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…205
  • シルバー…595
  • ゴールド…584
  • プラチナ…296
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインのURL構造で発生する「404エラー」の対処法!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインのURL構造で発生する「404エラー」の対処法!

中古ドメインを利用していると、サーチコンソールで「404エラー」が表示されます。

これは、過去にインデックスされていたURLがなくなったことが原因ですが、対処できます。

中古ドメインの404エラーの対処法について紹介します。

中古ドメインで404エラーが検出される原因とは

サーチコンソールで404を確認

中古ドメインのサイトのURL構造が現状のサイトとは異なることも、規模が違ってくることも当然です。

実際、運用を開始してサイトマップを送信していれば特に大きな問題はありませんが、404エラーが出ていることが気になる方もいるでしょう。

404エラーが発生する原因は、以前のURL構造やインデックスされていたURLが現状なくなってしまって為に発生します。

中古ドメインを利用して発生する404エラーの対処法を考えていきましょう。

404ページをリダイレクト設定する

404ページは、リダイレクト設定を行うことでなくすことができます。

404になっているURLを現状のサイトのURLにリダイレクトすることで、ドメインパワーを無駄にしないで済むという面があります。

ですが、絶対にしたほうがいいとも言い切れません。

リダイレクトが不自然であれば、スパム行為になり手動ペナルティの判定を受ける場合があるからです。

404ページのリダイレクトの注意点を見ていきましょう。

オールドマスク
何も考えずに404ページをリダイレクトしたり、特定のページに集中させるようにしないようにしましょう。

リダイレクトの注意点

リダイレクト設定を行う前に、リスクがあることを意識して注意点を理解しておきましょう。

リダイレクト設定を行うことで必ずしも効果が生まれるわけではないことも覚えておくことが必要です。

オールドマスク
やらなくてもマイナスになるわけではないので、やる際は注意して行いましょう。

1ページにつき1ページのリダイレクト先を設定する

404エラーとなっているページを新しいサイトや現状のサイトのトップページなどひとつのページに対してすべての404ページを301リダイレクトするの止めておきましょう。

不正なリダイレクトとして、スパム行為に該当する可能性が高くなるからです。

404エラーとなっている1ページにつき、リダイレクト先も1ページとして、301リダイレクトすることが無難になります。

301リダイレクトはURLの恒久的な変更という意味を持ちます。

1ページ毎に301リダイレクトを設定するほうが不自然な形になりにくいので、意識しておいたほうがいいでしょう。

似たURL構造同士を選んで行う

301リダイレクトする際は、旧サイトと似ているページ構造のURL同士を対象として設定するといいでしょう。

例えば、階層が同じであったり、ディレクトリ構造が近しいもの同士をペアにして考えていきます。

カテゴリページなのか末端ページなのかを構造を見て適したページ同士で対応させると自然になります。

対応しないものも多くあるでしょうが、対応しているものだけを探して設定するなどの対応にしておくのもいいでしょう。

元々のURLを調査する

リダイレクトしようとしているURLに不適切な被リンクがないかどうかなどをチェックしておきましょう。

効果を期待してリダイレクトを行うのであれば、不適切なリンクを持つページのドメインパワーを転送するのは本意ではないはずです。

不適切なものがあるのにリダイレクトしてしまうとリスクが高まることになりますし、評価を落とす原因にもなるかもしれません。

特に404ページは何もしないでも問題はない

リダイレクトはドメインパワーを活用する手法ではありますが、すべてのページをリダイレクトするのは不自然ですし不適切です。

また、リダイレクト設定をしたからといって効果が必ずしも高まるとも限りません。

どんな中古ドメインであっても現状のサイトの質が一番重要であるということは忘れてはいけません。

サーチコンソールで検出される404ページはリダイレクト設定をしないでも対処は可能です。

サーチコンソールで対処済みにする

サーチコンソールで404の対処

見覚えのないURLばかりが404エラーで検出されているのであれば、中古ドメインの過去の運用から検出されたデータです。

この場合は特に気にしないで、チェックを入れて「修正済みとする」を押してしまっても問題ありません。

また、検出されるでしょうが現状のサイト自体のサイトマップがしっかりと認識され問題が出ていない状態であれば心配することもないでしょう。

無理してリダイレクト設定をすることでリスクも生じる可能性も考えられるので、このように対処することも考えておきましょう。

オールドマスク
放置しておいても、不具合を感じたことも特にはありません。

中古ドメインの404ページのリダイレクトは慎重に!

リダイレクトは中古ドメインを活用するひとつの方法であり、絶対的なものではありません。

基本は、やはり手法にとらわれずに、中古ドメインの場合もサイトの価値を高めることでドメインパワーを高めて効果を得ることが重要です。

404ページをリダイレクトで対処する場合はリスクもあることをしっかりと意識して慎重に行いましょう。

劇的な効果があるものでもありませんが、適切な対処をすれば効果はあります。

ですが、サイトの価値を高めることを怠っていないことが何をやるにしても効果を得るためには必要になります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインのURL構造で発生する「404エラー」の対処法!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン