中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1775(2018/12/06追加)

60本入荷しました

31本入荷しました

31本入荷しました

  • ブロンズ…182
  • シルバー…571
  • ゴールド…678
  • プラチナ…344
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインを購入する前に考えておきたいこと6選!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインを購入する前に考えておきたいこと6選!

中古ドメインを買うことを検討しているという方は、中古ドメインを利用して何らかのメリットを得たいと考えている方が多いでしょう。

メリットや効果を得るためには、中古ドメインをただ使うだけでは意味がありませんし、利用することが適しているかどうかも考えなければなりません。

中古ドメインを購入する前に、考えておくべき6つのことを紹介します。

1.中古ドメインがなぜ必要かを明確にする

中古ドメインに効果があると聞いたから、何も考えずに導入をするというのはよくありません。

しっかりと中古ドメインについて認識を深めておく必要があります。

また、サイトの制作や運用、目指している目的を達成するために、中古ドメインがなぜ必要なのか、本当に必要があるのか、を冷静に考えてください。

  • ただ使えばいい
  • 効果があると思うから
  • 高い中古ドメインが欲しいから

などの、目的に対して明確に利用したい説明ができていないような考えでは、利用をすることの必要性を判断できているとは言い難いでしょう。

オールドマスク
安易な考えで利用すると、使ったのにダメだったなど、中古ドメインだけが原因の様に考える方がいます。

2.中古ドメインの正しい使い方を理解しておく

中古ドメインを利用する場合でも、新規ドメインと変わらずにサイトの質を高め、ガイドラインを遵守し、価値のあるサイトを作ることが求められます。

むしろ、価値が高いサイトを中古ドメインを利用して構築、運用していくことが一番効果的な使い方であると言えます。

品質が悪いサイトや価値のないサイト、リンク目的だけのサテライトなどへの利用は、中古ドメインの価値を損なわせるだけになります。

中古ドメインを利用する場合、手法や施策に走りがちですが、小手先の利用法にこだわるよりは、サイトの価値の向上を意識し、その上で中古ドメインを使うという発想を持っておいたほうがいいでしょう。

オールドマスク
中古ドメインを使っているから、サイトの質に関して手を抜いても良いということはありません。

3.予算や選定の目安となる基準を設けておく

どの中古ドメインを購入するか、を考える際に目安となる基準を持っておいたほうがいいでしょう。

基準は人それぞれでしょうが、中ドメインの場合は基準を満たすものが見つからないことも考えられます。

ですが、多くの中から選ぶことになる場合がほとんどですから、ある程度は絞り込めるようにしておいたほうがいいでしょう。

ドメインエイジバックリンク、ジャンル、文字列などを基準として設定する場合も、ある程度は妥協できるように緩めに設定しておくといいでしょう。

予算の上限も決めておくと、選択できる範囲が決まるのであらかじめ予算も決めておくとより効率的に探すことが出来るでしょう。

オールドマスク
部分だけ見て選ぶことはあまりオススメできませんが、決め手や基準としての要素を持っておくことは重要です。

4.サイト設計や競合調査をしておく

転売などではなく、サイトに利用しようとして中古ドメインを購入するのであれば、どのようなサイトを作るつもりであるのかを考えておくといいでしょう。

選定と参考にも使えますし、中古ドメインの必要性があるかどうかの参考にもできます。

理想としては、サイト設計や競合調査などが購入前に完了していれば、準備としては十分であると言えます。

競合サイトやサイト内容によって選ぶべき中古ドメインにも違いが出てきますし、利用の是非も判断できますので、サイト内容と競合調査はしておいたほうがいいでしょう。

オールドマスク
利用する目的と同様に、どのようなサイトやサイトを取り巻く環境などの競合調査をしておくことでより明確な指標や判断材料になります。

5.管理するレジストラを決めておく

中古ドメインは購入する方法や販売店によって納品されるレジストラが異なります。

アクセス中古ドメインの場合は「PureDomain」に納品される仕組みになっており、納品先を選ぶことはできません。

その他のレジストラや販売店でも予め指定されたレジストラに納品されます。

ですから、納品された後に別のレジストラで管理する場合は、移管料が別途必要になりますし、移管作業も発生します。

ドメインをどのように管理していくかが決まっているならば、移管させるなどレジストラの変更が必要になることを覚えておきましょう。

オールドマスク
納品先のレジストラでも管理できますが、レジストラを統一している方は覚えておく必要があります。

6.中古ドメインのリスクも理解しておく

中古ドメインを使うことには、リスクがあることも事実です。

中古ドメイン自体にリスクがあることもありますし、使い方やサイトの質で中古ドメインの価値が損なわれて、リスクが生まれることもあります。

中古ドメイン自体のリスクとしては、手動ペナルティなどを持ったドメインが潜んでいることがあるということです。

どのような購入、取得の方法であれ利用前に確認することをオススメします。

また、問題がなくても運用を通して価値を損なうことは中古ドメインも多く見られます。

リンク目的の価値が低いサテライトやあらゆる面で質の悪いサイト、不適切な行為をしているサイトは、中古ドメインであってもなくてもリスクしか生みません。

オールドマスク
中古ドメイン自体でなくサイトの問題であっても、中古ドメインのリスクのせいだと考えてしまうと同じ過ちを繰り返すだけになるでしょう。

中古ドメインは利用する前の準備も大切!

中古ドメインは利用する後のことばかりフォーカスされますが、利用する前の準備も重要です。

利用する前に、利用後のことまで見通した事前準備やサイト運用の戦略を持たなければ、中古ドメインを利用していない場合も同様に成功は難しいでしょう。

サイト運用に関して、考えれば中古ドメインを利用するかしないかという要素はごく僅かな要素ということができます。

ペナルティドメインでない場合を除き、中古ドメインを利用しただけで成功することや失敗することの大きな要因にはならないということを認識しておきましょう。

中古ドメインを購入することは簡単です。

ただ、中古ドメインを購入してサイトに価値を持たせたり成功するためには、その他の要因も大きく絡むことを考えておくべきです。

成功するためにどうすべきかをしっかりと中古ドメインを購入する前に準備しておく、考えておくことが中古ドメインを活用するためにも求められるからです!

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインを購入する前に考えておきたいこと6選!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+