by Access Japan
販売ドメイン 5820(2020/02/26追加)

1本入荷しました

12本入荷しました

1本入荷しました

  • ブロンズ…3926
  • シルバー…1522
  • ゴールド…238
  • プラチナ…134
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

エックスサーバーのプランと登録・申し込み~本契約の手順を画像付きで解説

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

エックスサーバーのプランと登録・申し込み~本契約の手順を画像付きで解説

レンタルサーバーの国内シェア、トップ3に入る人気の「エックスサーバー」。

エックスサーバーは、サーバーの回線速度が速くて安定性がある高機能なレンタルサーバーです。

このコラム記事では、サイト初心者の人やエックスサーバーの利用が初めてという人に向けて、エックスサーバーのサーバープランやサーバーの登録・申し込み手順、お試し期間から本契約の移行手順について、解説をしていきます。

エックスサーバーのプランは3種類

エックスサーバーには、3種類のサーバープランがあります。

  • X10プラン
  • X20プラン
  • X30プラン

3種類のサーバープランの違いとしては料金、転送量、ディスク容量、設定代行サービスの無料対応回数、などです。

プラン X10プラン X20プラン X30プラン
利用料金(12カ月契約の場合) 16,500円(税込) 29,700円(税込) 56,100円(税込)
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
転送量(目安) 70GB/日 90GB/日 100GB/日
ディスク容量 200GB 300GB 400GB

※執筆(2020年2月4日)時点の情報

契約期間は3カ月、6カ月、12カ月、24カ月、36カ月から選択が可能です。

大規模なサイトでない限りX10プランで十分

サーバーを申し込む時に、どのプランを選べばいいのか悩む人もいるでしょう。

サイト初心者の人や個人でサイトを運用する人は、大規模なサイトでない限りX10プランで十分でしょう。

サーバープランを選ぶ時にチェックしておきたいのが、「転送量」です。

サーバーの転送量とは、ページにアクセスするとサーバーからユーザーのデバイス(パソコン・スマホ・タブレット)に送られるテキストや画像、動画などテーター合計量のことです。

転送量の目安となる数値が上回ったり、短時間の間に転送量が大きく増加するとページを正常に閲覧できなくなる可能性があります。

ここで、転送量がどれぐらいのアクセス(PV)数で耐えることができるのか、例を挙げたいと思います。

サーバーのプランがX10プランでページのデーター合計量が1MBの場合、転送量の目安を超えるアクセス(PV)数は以下になります。

70,000MB(転送量の目安)÷1MB(データー合計量) = 70,000(アクセス数)

サイト初心者の人が、最初から1日に7万アクセスを集めるサイトに育てるには時間がかかりますし、簡単ではないでしょう。

以上のことから、最初はX10プランからスタートしてもいいでしょう。

契約期間中のプラン変更は可能

エックスサーバーでは、契約期間中にプランの変更が可能です。

上位プランや下位プランへの変更が可能です。

※サーバー試用期間中のプラン変更ご希望の場合は、試用期間内にサポートまでご連絡ください。

引用元:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_order_change_plan.php

上位プランというのは、

  • 「X10プラン」→「X20プラン」or「X30プラン」
  • 「X20プラン」→「X30プラン」

に変更するということです。

下位プランというのは、

  • 「X30プラン」→「X20プラン」or「X10プラン」
  • 「X20プラン」→「X10プラン」

に変更するということです。

プラン変更ができるタイミングは決まっています。

上位プランへの変更にはプラン変更希望月の前月1日~20日までに、下位プランへの変更には利用期限月の1日~20日までに、申請を行いましょう。

オールドマスク
プラン変更の手順については、エックスサーバーの公式サイト(下記リンク)をご覧ください。

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_order_change_plan.php

エックスサーバーの登録・申し込みをする手順

エックスサーバーで利用したいプランを決めたら、申し込み作業を行います。

まずは、エックスサーバーの公式サイトへ移動します。

エックスサーバーのトップページ

画面上のメニュー「お申込み」から「サーバーお申込みフォーム」を選択します。

エックスサーバーのお申込みフォームの画面

エックスサーバーの利用が初めての人は、画面左にあるオレンジのボタンを選択し、エックスサーバーのアカウントを持っている人は、画面右にある項目を入力してログインをします。

契約内容の入力項目

契約内容や会員情報の入力を行います。

「契約内容」では、サーバーIDの入力と利用するプランの選択をします。

サーバーID(初期ドメイン)は、好きな文字列を半角英数小文字3~12文字で入力しましょう(先に誰かがサーバーIDをとっている場合があります)。

会員情報の入力項目

「会員情報」では、メールアドレスや名前、住所、電話番号などを入力します。

メールアドレスは、更新期限を含む大事なメールが届くことがあるので、受信可能なメールアドレスを入力しましょう。

利用規約と個人情報に関する公表事項

「利用規約と個人情報に関する公表事項」では、利用規約と個人情報に関する公表事項を確認して、同意ができればチェックを入れて「お申込み内容の確認へ進む」を選択します。

確認画面で内容に問題がなければ、「お申込みをする」を選択します。

以上で、エックスサーバーの登録・申し込みの作業は完了となります。

登録・申し込みが完了してから10日間は無料お試し期間の状態に

エックスサーバーの登録・申し込み完了した日から10日間は、「無料お試し期間」の状態に入ります。

無料お試し期間中にサーバー料金の支払いをすることで、無料お試し期間から本契約に移行することができます。

無料お試し期間中は、サーバー機能の一部が利用できません。

お試し期間中には、以下の機能は利用できません。

  • メールアカウントの作成
  • その他プログラムを用いたメール送信全般
  • サブFTPアカウントの追加

※サーバー設定完了時に発行された「初期FTPアカウント」のご利用は可能です。
FTP接続は「初期FTPアカウント」で行ってください。

引用元:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_order_free_trial.php

上記、一部のサーバー機能以外は、本契約と同等の機能を利用することができるので、10日間でエックスサーバーが使いやすいのか体験をするといいでしょう。

無料お試し期間中に、エックスサーバーを利用したいと思った人は、本契約の作業を行いましょう。

無料お試し期間から本契約に移行する手順

エックスサーバーのサーバー料金を支払うには、Xserverアカウント(旧インフォパネル)から行います。

Xserverアカウントのログイン画面

Xserverアカウントのログイン画面に移動したら、XserverアカウントID(会員ID)またはメールアドレス、パスワードの情報を入力してログインをします。

エックスサーバーから届いたサーバー申し込み完了のメール画面

オールドマスク
Xserverアカウントのログイン情報は、エックスサーバーの申し込みをしたときに送信されるメールに、Xserverアカウントのログイン情報が記述されています。

メールの件名は、【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間](00000.xsrv.jp)などで届きます。

Xserverアカウントの管理画面

Xserverアカウントにログインできたら、画面左の項目「決済関連」内の「料金のお支払い/請求書発行」を選択します。

サーバーの更新期間を選択することろ

「サーバー」からチェックを入れ、更新期間を選び、「お支払方法を選択する」を選択します。

支払方法の画面

希望の支払い方法を選択して、決済をします。

支払い方法には、銀行振込、クレジットカード、コンビニエンスストア、ペイジーなどがあります。

今回は、コンビニエンスストアで支払う手順をご紹介していきます。

支払いの手順(コンビニエンスストアの場合)

支払方法のコンビニエンスストアを選ぶところ

「コンビニ決済画面へ進む」を選択します。

支払先の店舗や氏名、電話番号、メールアドレスなどを入力することろ

支払先の店舗や氏名、電話番号、メールアドレスなどを入力します。

メールアドレスには、支払い情報が含まれているメールが届くので、受信可能なメールアドレスを入力しましょう。

各項目を入力したら、「コンビニ支払い情報の発行(確認)」を選択します。

コンビニ支払いの確認画面

内容に問題がなければ、「コンビニ支払い情報の発行(確定)」を選択します。

エックスサーバーから届いた、コンビニ払いの情報が含まれたメール画面

入力したメールアドレス宛に、支払い情報が含まれているメールが届くはずです。

メールの件名は、【Xserver】コンビニでのお支払い受付のお知らせなどで届きます。

メールを確認して、サーバー料金の振込をしましょう。

エックスサーバーから支払いの確認ができたと記述されたメール画面

サーバー料金の振込が完了すると、メールアドレス宛に、支払いの確認ができたメールが届きます。

無料お試し期間から本契約に移行する手順は以上になります。

本契約が完了したら独自ドメインの設定をしよう

エックスサーバーのサーバープランや登録・申し込みの手順、お試し期間から本契約の移行手順について解説しました。

エックスサーバーで本契約を行ったら、サイト公開に向けて独自ドメインの設定をエックスサーバー側で行います。

エックスサーバーを運営しているエックスサーバー株式会社では、「エックスドメイン」というドメインの登録・取得ができるサービスを提供しています。

独自ドメインの取得はエックスドメインや、その他のドメインが登録・取得できるサービスを利用しましょう。

オールドマスク
国内のドメイン登録サービスについては、下記関連記事をご覧ください。

オールドマスク
当サイトの「アクセス中古ドメイン」で中古ドメインを購入して頂いた方は、関連記事にエックスサーバー側で行う独自ドメイン(中古ドメイン)の設定方法を解説しています。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説