by Access Japan
販売ドメイン 7738(2020/06/05追加)

43本入荷しました

1本入荷しました

1本入荷しました

  • ブロンズ…4451
  • シルバー…2375
  • ゴールド…448
  • プラチナ…464
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

wpX Speedのサーバープラン料金と申し込み方法を画像付きで解説

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

wpX Speedのサーバープラン料金と申し込み方法を画像付きで解説

WordPress専用に最適化した超高速クラウド型レンタルサーバーの「wpX Speed」。

wpX Speedはエックスサーバーと同じ会社の「エックスサーバー株式会社」がサービスを提供しているレンタルサーバーです。

wpX Speedは「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」の2つのサービスが1つになってリニューアルしたもので、2019年9月24日にwpX Speedのサービスがスタートしました。

今回のコラム記事では、WordPressの表示速度が国内でNo.1であるwpX Speedのサーバープラン料金や申し込みの手順について、解説をしていきます。

wpX Speedには7つのサーバープランがあって料金やスペックが異なる

wpX Speedには、サイトの規模やアクセス状況に合わせて、7つのプランがあります。

プラン 初期費用 利用料金(1時間)※1 利用料金(1か月の上限)※2 ディスクスペース(SSD) メモリ
W1 無料 2円 1,200円(税抜き) 200GB 2GB
W2 無料 4円 2,400円(税抜き) 300GB 4GB
W3 無料 8円 4,800円(税抜き) 400GB 8GB
W4 無料 16円 10,000円(税抜き) 500GB 12GB
W5 無料 42円 30,000円(税抜き) 700GB 24GB
W6 無料 70円 50,000円(税抜き) 1TB 38GB
W7 無料 112円 80,000円(税抜き) 1TB 56GB

※:執筆時点(2020年2月10日)の情報
※1:1時間にかかる利用料金
※2:各プランごとに設定している利用料金以上をwpX Speed側から請求されることはありません

サイト初心者の人はW1プランで十分

サイト初心者の人は最初にW1プランを利用するので十分でしょう。

サーバープランを選ぶ時に大事になってくるポイントの一つが「転送量」です。

サーバーの転送量とは、ユーザーがサイトにアクセスした時にサーバーからユーザーのデバイス(スマホ・タブレット・パソコン)に送られるコンテンツ(テキスト・画像・動画など)のデーター合計量のことです。

wpX Speedの各プランの転送量目安は以下の通りです。

プラン 転送量目安(1か月)
W1 2.5TB
W2 3TB
W3 3.5TB
W4 4TB
W5 4.5TB
W6 5TB
W7 5.5TB

ここで、どれくらいのアクセス(PV)数で転送量の目安が超えるのか、例を出したいと思います。

サーバーのプランがW1プランで、転送量が1MBの場合、転送量の目安を超えるアクセス(PV)数は以下になります。

【1か月】
2,500,000MB(転送量の目安)÷1MB(サーバー合計量) = 2,500,000(アクセス数)

1日に平均すると、

【1日平均】
2,500,000(アクセス数)÷30(日) =83,333(アクセス数)
※小数点以下切り捨て

となります。

サイト公開してから短期間で1日8万アクセスを集めることは容易でないでしょう。

サイト初心者の人はW1プランから始めるといいでしょう。

また、サイト内のアクセスが増えてきても、wpX Speedではプランのアップグレードが可能です。

プラン変更の手順については、wpX Speedの公式サイト(下記URL)をご覧ください。

https://www.wpx.ne.jp/support/manual/man_order_change_plan.php

wpX Speedのサーバー申し込み手順

wpX Speedで利用したいプランを決めたらサーバーの申し込み作業を行います。

まず、wpX Speedの公式サイトへ移動します。

wpX Speedのトップページからお申込みのボタンを選択するところ

画面右上にある「お申し込み」ボタンを選択します。

wpX Speedから新規お申込みのボタンを選択することろ

画面左側にあるオレンジのボタン「新規お申込み」を選択します。

次に契約内容や会員情報、お申込み方法などの情報を入力します。

契約内容にある各項目を入力するところ

「契約内容」では、サーバーIDとプランを選択します。

サーバーID(初期ドメイン)は好きな文字列を半角英数小文字3~12文字で入力しましょう(先に誰かがサーバーIDをとっている場合があります)。

W4以上のプランを利用したい場合には「さらに高機能なプランを表示する」のプラスマークを選択すると、W4以上のプランが出現します。

会員情報にある各項目を入力するところ

「会員情報」では、メールアドレスやパスワード、氏名、住所、電話番号、会社名(法人のみ)など必須項目を入力します。

パスワードはサーバーの各種設定や料金の支払いをする時に必要になるので、忘れないためにもパスワードを別に控えておきましょう。

お支払い方法を選択するところ

「お支払い方法」では、クレジットカードかチャージ支払いのどちらかを選択します。

お支払い方法で「クレジットカード」を選んだ場合には、クレジットカード情報を入力します。

お支払い方法で「チャージ支払い」を選んだ場合には、チャージ金額を入力してクレジットカード・銀行振込・コンビニ決済のどれかを選びます。

クレジットカード決済で対応している国際ブランドは以下になります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

コンビニ決済では以下のコンビニで支払いが可能です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

利用規約と個人情報に関する公表事項の項目でチェックをするところ

「利用規約と個人情報に関する公表事項」では、利用規約と個人情報に関する公表事項を確認して、同意ができればチェックを入れてオレンジのボタン「お申込み内容の確認へ進む」を選択します。

お申込み内容の確認画面からSMS・電話認証へと進むところ

確認画面で内容に問題がなければオレンジのボタン「SMS・電話承認へ進む」を選択します。

SMS・電話認証画面から認証コードを取得するところ

SMS・電話認証を行います。

認証可能な電話番号を入力して、SMSか自動音声通話のどちらかをチェックし、オレンジのボタン「認証コードを取得する」を選択します。

電話電話宛に届いた認証コードを入力して申し込みを完了するところ

電話番号宛に承認コードの情報が送られてくるのでコードを入力して、オレンジのボタン「認証して申し込みを完了する」を選択します。

wpX Speedのお申込み完了画面

申し込み完了画面が表示されれば、wpX Speedの申し込み作業は以上となります。

新規サーバー契約なら無料期間のキャンペーン対象に

wpX Speedでは全てのプランを対象に無料期間(15日間)のキャンペーンを2020年4月30日18時まで行っています。

新規お申し込みでサーバーご利用料金が15日間0円!
※本キャンペーンは「サーバーアカウントの設定完了日時」を起点として日数をカウントします。
例)無料期間について
12月2日 午前12時30分にサーバーアカウントの設定が完了した場合:12月17日 午前12時59分まで

引用元:https://www.wpx.ne.jp/campaign/campaign_191202.php

キャンペーン対象者はサーバーの新規申し込みをしたサーバーアカウントです。

無料期間キャンペーンの内容が記述されているメール画面

サーバーの申し込みをした時、登録したメールアドレス宛に「【wpX】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ(サーバーID)」などの件名でメールが届くはずです(申し込みをしてから最大24時間以内に届く)。

メール内には無料期間キャンペーンが対象かどうか記述がされています。

無料期間中にwpX Speedを利用してみて、使い勝手が良いのか確認をするといいでしょう。

仮にwpX Speedを使いづらく感じても、無料期間中にサーバーアカウントを解約をすれば料金は発生しません。

無料期間が終了すると自動的にサーバーの利用が開始されます(料金の支払いが始まる)。

もしも、クレジットカードの有効期限切れ、チャージ残高の不足などが起こると自動的にサービスが停止されるので、wpX Speedを利用したい人は注意しましょう。

オールドマスク
wpX Speedのサーバー解約については、公式サイト(下記リンク)をご覧ください。

https://www.wpx.ne.jp/support/manual/man_order_quit.php

サーバーの支払い手順(銀行振込)

ここからは、サーバー料金の支払い手順(銀行振込によるチャージ払い)をご紹介します。

wpX Speedのサーバー料金の銀行振込情報が記述されているメール画面

先ほどサーバーの申し込みをした時に登録したメールアドレス宛に「【wpX】■重要■ サーバーアカウントのご利用料金お支払いに関するお知らせ(サーバーID)」という件名のメールが届きます。

メール内には、銀行の振込先情報が記述されているので、指定された口座に入金をしましょう。

wpX Speedからサーバー料金の確認がとれたメール内容の画面

wpX Speed側で支払いの確認がとれると「【wpX】ご利用料金お支払い確認のお知らせ」という件名のメールが届きます。

サーバー料金の振り込み作業は以上となります。

申し込み・支払いを終えたら独自ドメインの設定をする

wpX Speedのサーバープラン料金と申し込みの手順について、解説をしてきました。

wpX Speedの申し込みをしてサーバー料金の支払いを終えたら、サイト公開に向けて独自ドメインの設定を行います。

wpX Speedでは、独自ドメインの新規取得ができます(詳しい取得方法は下記リンクを参照してください)。

https://www.wpx.ne.jp/support/manual/man_order_domain.php

また、wpX Speedを運営しているエックスサーバー株式会社では「エックスドメイン」というドメインの登録・取得ができるサービスを提供しています。

独自ドメインの取得はwpX Speedやエックスドメイン、その他のドメイン登録・取得ができるサービスを利用しましょう。

国内のドメイン登録・取得サービスについては、下記関連記事をご覧ください。

オールドマスク
wpX Speedで行う独自ドメインの追加方法については、下記関連記事をご覧ください。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

wpX Speedのサーバープラン料金と申し込み方法を画像付きで解説

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン