by Access Japan
販売ドメイン 8530(2020/07/09追加)

3本入荷しました

1本入荷しました

24本入荷しました

  • ブロンズ…4496
  • シルバー…2777
  • ゴールド…591
  • プラチナ…666
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

Googleアナリティクスのトラッキングコードを確認・設置する設定方法

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

Googleアナリティクスのトラッキングコードを確認・設置する設定方法

サイト運用で欠かせないアクセス解析のツールといえば、Googleがサービスを提供している「Googleアナリティクス」。

Googleアナリティクスを利用することで、サイト内にアクセスしてきたユーザー属性やユーザーがどこからやってきたのか、どのページで成果がでているのか、など様々なことが分かります。

Googleアナリティクスは高機能でありながら、無料で利用することができるので、WEBサイトの集客には必要不可欠といっていいほどのツールです。

Googleアナリティクスでデータを計測するには「トラッキングコード」と呼ばれるものをサイト内のページに設置する必要があります。

今回のコラム記事では、Googleアナリティクスのトラッキングコードの説明やトラッキングコードを取得・確認する方法、トラッキングコードを設置する方法などを解説しています。

※ WordPressでサイト運用しているのを想定しています

トラッキングコードはサイト改善・アクセス解析をするのに必要

トラッキングコードは、Googleアナリティクス専用の計測コードのことで、JavaScriptのプログラムとして作られています。

ページが読み込まれると同時にトラッキングコードが実行され、ユーザーの流入元や検索キーワード、ページ移動履歴、滞在時間などを計測することができます。

トラッキングコードでユーザーの性質や行動履歴が分かるので、サイト改善やアクセス解析をするのに便利です。

トラッキングコードの種類

Googleアナリティクスのトラッキングコードには五つの種類がありますが、現在サポート対応しているのは第4世代と第5世代のみです。

タグ サポート開始年・終了年
第5世代
gtag.js(グローバルサイトタグ)
2017年サポート開始
第4世代
analytics.js(ユニバーサルアナリティクス)
2014年サポート開始
第3世代
ga.js(dc.js)
2009年サポート開始
2016年サポート終了
第2世代
ga.js
2007年サポート開始
2016年サポート終了
第1世代
urchin.js
2005年サポート開始
2016年サポート終了

今回は、現在サポート対応している第4世代と第5世代のタグについて、解説をします。

analytics.js(ユニバーサルアナリティクス)

第4世代のanalytics.js(ユニバーサルアナリティクス)は「クロスドメイントラッキング」という複数のドメインをまたいだページ移動を1つのプロパティ内で計測することができます。

具体例を挙げます(ECサイトで商品を購入する場合)。

  1. 商品ページ:https://aaa.com/
  2. ショッピングカートページ:https://bbb.com/
  3. 購入完了ページ:https://aaa.com/

上記のように複数のドメインをまたいでページ移動するような状況の場合、セッション情報が正しく計測することができなくなります。

Googleアナリティクスで計測されたデータ情報は、ドメイン別に保存されるためドメインが変わると正しい情報が引き継がれません(上記の例であれば商品ページから離脱されたと記録される)。

複数のドメインをまたいでページ移動するような状況でも、クロスドメイントラッキングを設定することでデータ情報を正しく計測することができます。

Googleがサービスを提供する「Googleタグマネージャー」では、ユニバーサルアナリティクスのタグが発行されます。

これからGoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスのタグ管理をするさいには、ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコードで計測することになります。

gtag.js(グローバルサイトタグ)

第5世代のgtag.js(グローバルサイトタグ)は、GoogleアナリティクスだけでなくGoogle広告のタグも使用できるタグの最新版です。

これからGoogleアナリティクスを始めるさいには、グローバルサイトタグのトラッキングコードで計測することになります。

オールドマスク
ユニバーサルアナリティクスとグローバルサイトタグの2つのトラッキングコードをサイト内に設置すると、2重計測が起こるので、どちらかを利用しましょう。

トラッキングコード(gta.js)を取得・確認する方法

それでは、Googleアナリティクスのトラッキングコードを取得・確認する方法を紹介していきます。

今回は、gtag.js(グローバルサイトタグ)を用います。

まず、Googleアナリティクスのサイトに移動します。

Googleアナリティクスから管理設定を選択しているところ

Googleアナリティクスのサイトに移動したら、画面左下にある歯車のアイコン(管理)を選択します。

トラッキング情報からトラッキングコードを選択するところ

管理設定から「プログラム」の「トラッキング情報」をクリックすると展開されるので「トラッキングコード」を選択します。

グローバルサイトタグのトラッキングコードが表示しているところ

タグで構成されている部分がトラッキングコードになります。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-00000000-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-00000000-1');
</script>

Googleアナリティクスの画面でgtag.js(グローバルサイトタグ)のトラッキングコードの上にある「UA-00000000-1」という文字列は「トラッキングID」といいます。

Googleアナリティクスでサイト登録をしたり、新たにプロパティを追加すると、固有のトラッキングIDが発行されるのですが、このトラッキングIDが正しいことで、正確なアクセス解析のデータを取得することができます。

WordPressからトラッキングコードを直接設置する方法

ここからは、トラッキングコードをサイト内の全ページに設置するための作業を行っていきます。

今回は、利用者が多い「WordPress」を使ってサイトのHTMLソースにトラッキングコードを直接設置する方法を紹介します。

トラッキングコードをコピーしているところ

まず、トラッキングコードの部分をクリックすると全選択になるので、コピーしましょう。

WordPressのログイン入力画面

次にWordPressにログインをして管理画面(ダッシュボード)に移動します。

WordPressの管理画面から「テーマエディター」を選択するところ

WordPressの管理画面に移動したら、左のメニューにある「外観」の「テーマエディター」を選択します。

テーマヘッダー(header.php)を選択しているところ

画面右側にある「テーマファイル」の「テーマヘッダー(header.php)」を探して選択します。

トラッキングコードを貼り付けているところ

テーマヘッダーのファイルを開いたら、タグを見つけてください(ページ内検索をすれば早く見つけられます)。

<head>タグを見つけたら、<head>タグの直後の位置に先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けてください。

その後、画面左下にある青いボタンの「ファイルを更新」を選択すれば、トラッキングコードの設置は完了となります。

オールドマスク
その他、WordPressからトラッキングコードを設置する方法はあります。
トラッキングコードをJavascriptファイルに設置して読み込ませる方法や、WordPressのテーマ側で用意されている設定画面からトラッキングコードを設置する方法(一部のテーマに限る)などもあるので、お好きな方法をご利用になってください。

動作確認をする

サイト内にトラッキングコードを設置したら、Googleアナリティクスで計測されているか動作確認をするといいでしょう。

動作確認は、いくつか方法がありますが、手軽なのが「リアルタイム」メニュー機能を利用する方法です。

まず、ブラウザでトラッキングコードを設置したサイトにアクセスしときましょう。

「リアルタイム」メニューのサマリー画面でデータが計測できているところ

次に、Googleアナリティクスの画面左にある「リアルタイム」の「概要」を選択すると「サマリー」画面に移動するので、データが動作しているか確認ができたら、トラッキングコードが正しく設置されたことになります。

オールドマスク
ご自身のアクセスを除外する設定(IPアドレスの除外など)をしているとデータが計測されないので、別のIPアドレスを利用するかIPアドレスの除外設定を一時的に解除すると、データが計測されるはずです。

Googleアナリティクスでサイト分析をしよう

Googleアナリティクスのトラッキングコードについて解説をしました。

Googleアナリティクスから取得したデータは、アクセス解析やサイト改善に役立ちます。

今回ご紹介したトラッキングコードの設置場所が異なると、正しく計測することができない可能性があるので、トラッキングコード(gta.js)の設置は、タグの直後にしましょう。

Googleアナリティクスの利用は無料なので、サイト運用をするかたはGoogleアナリティクスの導入をするといいでしょう。

オールドマスク
Googleアナリティクスのアカウント登録の流れや、基本的な使い方(画面の見方)につていは、以下の関連記事に解説しています。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

Googleアナリティクスのトラッキングコードを確認・設置する設定方法

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン
Loading...