by Access Japan
販売ドメイン 1584(2024/05/01追加)

1本入荷しました

3本入荷しました

7本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

重複コンテンツとは?SEOへの影響とペナルティ対象のチェック方法や対策を解説!

投稿日:2023/02/07 (更新日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

重複コンテンツとは?SEOへの影響とペナルティ対象のチェック方法や対策を解説!

重複コンテンツとは、タイトルや文章が他のコンテンツと重複している状態のことを言います。この『重複コンテンツ』はGoogleペナルティを受ける場合があります。

SEOへの悪影響が懸念されるため、定期的な確認と対策が必要です。

Googleアルゴリズムは「オリジナルコンテンツ」を高く評価しており、他のページをコピーしただけのコンテンツがサイト内に存在している場合は、サイトのSEO評価を下げる原因となりかねません。

逆に、重複コンテンツの対策を講じれば、コピーコンテンツへのペナルティを受けることなく、オリジナリティーの高いコンテンツが増え、ユーザー満足度も向上します。

しかし、SEO初心者では、「どうようなコンテンツが重複コンテンツにあたるのか?」「重複コンテンツの調べ方や対策法がわからない」こんな悩みがあるのではないでしょうか?

本記事では、SEO初心者向けに重複コンテンツの調べ方や対策、Googleからのペナルティを受けた時の対処法などをわかりやすく解説します。

重複コンテンツとは?内部と外部で起こりえる

重複コンテンツ

「そもそも重複コンテンツとは?」という人も少なくないはず。はじめに、重複コンテンツが何を指しているのかを解説します。

「重複コンテンツ」とは、タイトルや文章が他のコンテンツと完全に同じ、もしくは非常に類似していることを指しています。Google検索セントラルでもこのように重複コンテンツを紹介しています。

一般に、重複するコンテンツとは、ドメイン内または複数ドメインにまたがって存在する、同じ言語の他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツのブロックを指します。

引用元:Google検索セントラル

重複コンテンツは、大きく分けて2つの種類があります。

  1. サイト内部の重複
  2. サイト外部(他サイト)からのコピーコンテンツ

それぞれ詳しく解説します。

1.サイト内で同じような内容のコンテンツが2つ以上ある

自身が運営するサイト内に全く同じ、もしくは類似したコンテンツが存在している場合は「重複コンテンツ」として扱われます。

意図せずに重複している場合があるため、定期的なチェックが必要です。

例えば、「自動生成ページ」や「wwwの有無」などが挙げられます。

この場合は最適化で対応すれば大きなペナルティを受けることはありません。

また、コンテンツの量が増えることにより、似た内容のページができ、重複コンテンツと評価される場合もあります。

2.他のサイトで似たコンテンツがすでに掲載されている

他のサイトのコンテンツと類似してしまう場合も「重複コンテンツ」とみなされます。

すでに掲載されている内容を他サイトからコピーし、自分のサイトで公開することは重複コンテンツに該当します。

1人の運営者であれば気を付ければすみますが、記事を外注している場合は、確認を怠ると重複コンテンツになっているケースもあります。

サイト運営者は、以降で紹介するチェックツールなどを使い、他のコンテンツと重複していないか確認するようにしましょう。

重複コンテンツによるSEO対策への影響は?

SEO 重複コンテンツ

重複コンテンツは、SEO評価に影響を与える場合があります。

重複コンテンツがSEO対策に与える影響を大きく3つに分けて解説します。

  1. Googleからのペナルティ対象となる可能性がある
  2. クロールやインデックスに影響が出る
  3. 被リンク評価が分散される

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Googleからのペナルティ対象となる可能性がある

重複コンテンツによる1番のSEOへの悪影響は、Googleペナルティ対象になる可能性があることです。

近年のGoogleアルゴリズムの進化により、Googleは「コンテンツの質」を重視し、「ユーザビリティ」の高いサイトを評価するようになりました。

これにより、「無断で複製しただけのコンテンツ」は重複コンテンツとして扱われ、SEOに影響をあたえコンテンツの検索順位を大きく下げる可能性があります。

「無断複製されたコンテンツ」に該当するケースは下記の4つです。

  1. 他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
  2. 他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
  3. なんらかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
  4. ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

引用元:Google検索セントラル(無断複製コンテンツやスクレイピング)

この4つのどれか1つでも該当する場合は対策が必要です。

クロールやインデックスに影響が出る

基本的には、重複コンテンツとGoogleから判断された場合は、インデックスされることはありません。

Googleは多様化したユーザーニーズに対応し、ユーザーの満足度を向上させたいと考えています。
このため、Googleアルゴリズムによって、様々な情報をバランスよく検索結果に反映します。

類似したページは、クロールやインデックスされる可能性が減り、検索結果に表示されなくなってしまいます。

また、重複コンテンツへのクロールが多いと、良質なページがクロールされず、インデックスが行われないという危険もあります。

その結果、webサイトの評価を低下させ検索順位を落としてしまうという事態も考えられるので、注意が必要です。

被リンク評価が分散される

最後に紹介する、重複コンテンツがSEO対策に与える影響は「被リンク評価が分散される」です。

本来ページが重複していない場合、10個の被リンクを受けられたとしましょう。
重複コンテンツがあることにより、本来1ページに集約されるはずだった10個の被リンクが重複コンテンツに分散される可能性があります。

仮に5個の被リンクと分散され少なくなった場合、コンテンツの評価が下がる要因となりかねません。

被リンクは、webサイトの権威性を上げるうえで重要な指標の1つとされています。

このことから、重複コンテンツの評価を受けているページがある場合は、SEOにも影響を及ぼす可能性があるため、対策が必要です。

重複コンテンツを調査できる3つの方法

重複コンテンツにより、SEOへの悪影響を理解できたとしても、自身のWebサイトに重複コンテンツが存在しているのか調べた方がわからない方もいらっしゃると思います。

重複コンテンツを調べる方法を3つご紹介します。

  1. サーチコンソールでペナルティの確認
  2. Googleで検索する
  3. チェックツールを使用

運営するうえで重要な対策となるため、定期的な確認をしましょう。

1.サーチコンソールでペナルティの確認

重複コンテンツは、Google Search Console(サーチコンソール)で確認できます。

Google Search Console(サーチコンソール)を開き、左のメニューの欄にある「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」を選択します。

重複コンテンツサチコ

「問題は検出されませんでした」と表示されていれば重複コンテンツでのペナルティは無いことがわかります。

2.Googleで検索する

Googleの検索窓で実際に検索する作業がもっとも手軽な確認方法ではありますが、コンテンツが多くなると全てをチェックすることはできません。
この方法を使う場合は、重複コンテンツの対象ページに見当がついている場合に有効です。

Googleの検索窓にただ打ち込むだけでなく、特殊検索を2つ紹介します。

1つ目はURLの末尾に「&filter=0」を加えて検索する方法です。

例:https://example.com&filter=0

filter 重複コンテンツ

「&filter=0」は、類似したページや重複したページを除外するフィルターを解除できる特殊コマンドの1つです。

2つ目は、重複コンテンツだと思われる文章の一部をコピーしGoogleの検索窓にそのワードをダブルクォーテーション「“”」で囲み検索します。

このダブルクォーテーションを付けた検索は完全一致のコンテンツを表示してくれます。

コンテンツの説明内容が似ることはありますが、文章のフレーズが完全一致している場合は重複コンテンツと扱われる可能性が高いのでリライトなどの対策を試みましょう。

3.コピーコンテンツチェックツールを使用

ツールを使い効率よく重複コンテンツを確認できる方法があります。

今回は無料で使用できるツールを2つ紹介します。

 sujiko.jpで類似ページを判定

どの程度の重複があるのか判断する際に、おすすめのツールは「sujiko.jp」です。

比較対象がはっきりしている場合は、「sujiko.jp」で類似度を確認できます。
判定結果は「激似」「高」「中」「低」の4段階で表示され、「高」もしくは「激似」と判定された場合はすぐに対策しましょう。

sujiko 重複コンテンツ

sujiko.jpの使い方は、重複コンテンツの可能性のあるページと、比較したいサイトのURLを入力するだけです。

タイトル類似度、本文類似度、HTML類似度と一致率を表示してくれるので一目で対策場所が理解できます。

無料の範囲では1日5回の回数制限があるものの、無料の範囲で十分な性能が備わっているのでうまく活用しましょう。

CopyContentDetectorでコピー率の確認

sujiko.jpはURLのページ単位での一致を確認できるツールでしたが、「CopyContentDetector」は文章単位でコピー率をチェックできるツールです。

CCD 重複コンテンツ

このツールでは文章の類似度、一致率、テキスト類似度を判定します。どれか1つでも50%以上である場合は重複コンテンツとなる可能性があるため、対策が必要です。

記事を外注した際は、他のサイトの記事を転記する「コピーコンテンツ」がある可能性もあります。

公開前にCopyContentDetectorを使用し、チェックを完了させることにより、重複コンテンツを未然に防ぐことができます。

その他にも、文章の簡易校正機能も備わっているので、記事の質や制度を高めるために使用しましょう。

重複コンテンツにおける対策を5つの原因ごとに徹底解説!

重複コンテンツ 対策

重複コンテンツになる原因は1つではありません。

重複コンテンツになりえるパターンを5つに分け、その対策を詳しく解説します。

1.URLが正規化していない時

同じページに複数のURLが存在する場合があります。

例を挙げると、httpとhttpsが統一されていない、wwwの有無、「index.html」「index.php」の混在などです。

このような場合は、「UR正規化」を行いましょう。
UR正規化とは、URLを1つに統合し、検索エンジンに正しいURLを示す作業のことです。

具体的な施策を詳しく説明します。

①301リダイレクトの使用

301リダイレクトは検索エンジンやブラウザに対して、URLを転送されたことを指します。

例えば、以下のように2つのURLが存在するとします。

  • www.example.com
  • example.com

「example.com」が正規のURLだとした場合、「www.example.com」に301リダイレクトの処理をかけると、「www.example.com」にURLを統一することができます。

このような重複コンテンツ対策や旧URLから新URLに転送するときに301リダイレクトを使用すれば、SEOの評価をそのまま引き継ぐことができます。

②canonicalタグの設置

canonicalタグは、「正規のURL」を検索エンジンに認識させるためのタグです。

例えば、webサイト内で以下のように、3つのURLのコンテンツが類似していたとします。

  • example.com/a
  • example.com/b
  • example.com/c

検索エンジンに「example.com/a」を1番に評価してほしい場合は、「example.com/b」と「example.com/c」のhtmlの<head>内に以下のように記載します。

<link rel=”canonical” href=”1番に評価を集中させたいURLを記述”>

また、canonicalタグと301リダイレクトの違いは、ページの強制遷移を行うかどうかです。

canonicalタグは、検索エンジンに正規ページを「推奨」するものであることを理解しましょう。

301リダイレクトのように、指定ページに強制的に移動させるものではないため、検索エンジンがcanonicalタグを認識しない場合もあります。

レンタルサーバーの設定などの環境要因で、301リダイレクトができない場合以外は、301リダイレクトを推奨します。

③アノテーションを設定する

PCページ、スマホページにそれぞれ別のURLが存在する場合、GoogleにURLは違うがデバイスごとに最適化された複数のURLだと認識させる必要があります。
この作業のことを「アノテーション」と呼びます。

以下のように、HTMLの<head>内にlink rel=“alternate”の設定を行います。

<link rel=“alternate” media=“only screen and (max-width: 640px)” href=“SPサイトのURL" />

しかし、Googleは同じサイトで別々のURLを使用することを推奨していないため、レスポンシブデザインを作成し、URLの統一を検討しましょう。

 2.他のサイトにコンテンツの提供をした時

他のサイトにコンテンツの提供(シンジケーション)した時も重複コンテンツの対策が必要です。

シンジケーションとは第三者からWebサイトに記事を公開することです。

例えば、ニュースサイトに掲載された記事が、別のニュースサイトで転載される場合がわかりやすいと思います。

この場合の対策として、オリジナルコンテンツが自身のサイトであるということを示し、重複先サイトに評価をさせない対策を講じる必要があります。

オリジナルコンテンツを示す方法として有効なのが、コンテンツの提供先に「canonicalタグの設置」を依頼することです。しかし、依頼しても外部サイトから協力を得られない場合もあります。

このことから、最低限の対策として、提供先のページにオリジナルコンテンツを示す被リンクを設置してもらうことが重要です。

ページ内に「提供元:○○」と設置することにより、Googleにオリジナルコンテンツだと認識してもらえます。

3.定型文が繰り返し使用されている時

コンテンツの量が多くなると同じ内容の説明や定型文をコピーし使いまわしたりする場合があります。

この場合も重複コンテンツとみなされる可能性があります。

何度も使用しなければならない内容の場合は、加筆するなどの対策をとり、類似度をできる限り少なくしましょう。

4.コピー(盗作)された時

自身のコンテンツを他サイトにコピーされてしまった場合、まれに盗作されたコンテンツがオリジナルと評価されることがあります。

その場合の対策としては、コピーコンテンツの削除の申し立てを行いましょう。

盗作されたサイト運営者に連絡をとり、削除の申し立てを依頼しましょう。しかし、応じてもらえない可能性もあります。

この場合はGoogleサーチコンソールの「著作権侵害による削除」から削除の申し立てを行いましょう。

5.他のサイトをコピーして使っている時

最後に紹介するのは、自身が他のサイトから転載する場合です。

文章校正、デザインなどコンテンツのほとんどをコピーし自分の記事の様に公開することは「Googleペナルティ」の代表例です。

オリジナルコンテンツの作成に努めることが、対策となります。
しかし、どうしても一部載せたい場合は、引用元の表示と引用タグ<blockquote>を使用し、重複コンテンツと判断されないようにしましょう。

重複コンテンツに関する疑問

重複コンテンツのチェックはいつ行うか

重複コンテンツはGoogleペナルティの対象となり、該当ページだけでなくサイト全体の評価を下げる原因となりかねません。

未然に防ぐためには、重複コンテンツの定期的な確認が重要です。

確認するタイミングは、公開前がおすすめです。チェックツールなどを使用し、類似率の確認をしましょう。

また、意図せず重複コンテンツとみなされる場合もあるため、コンテンツの数が増えてきた時も確認が必要です。

動画や画像も重複コンテンツのペナルティの対象になるのか

他人の動画や画像には著作権があります。無断で複製や転載をした場合重複コンテンツ以前に著作権侵害に当たります。

重複コンテンツの例を、Googleの公式ヘルプページで確認すると、「ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト」が挙げられています。

他のサイトから許可された動画や画像を掲載する場合は、引用元を掲載するようにしましょう。
また、著作権フリーの動画や画像を使用することで、重複コンテンツのリスクを避けることができます。

重複コンテンツを避けGoogleからのペナルティを受けない対策がSEO対策で必要!

重複コンテンツ 避ける

重複コンテンツはペナルティの対象となった場合、SEOに悪影響を与えてしまう恐れがあります。

Googleペナルティを受ける前に、重複コンテンツの対策を講じることが重要です。

本記事をまとめると下記のとおりです。

  1. サイト内に重複コンテンツの有無を確認する方法は、Googleサーチコンソールや外部ツールを利用する。
  2. 重複コンテンツにならない対策として、301リダイレクトやcanonicalタグの設置。
  3. 他サイトをコピーして作らないようにオリジナルコンテンツを心掛ける。

重複コンテンツを作成しないことはもちろんのこと、意図せず重複コンテンツが生成されることもあるため、定期的な対策を実施しましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...