by Access Japan
販売ドメイン 1394(2024/02/27追加)

5本入荷しました

1本入荷しました

2本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

SEO対策に文字数は考慮すべき?ディスクリプションやタイトルについても解説

投稿日:2023/05/16 (更新日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

SEO対策に文字数は考慮すべき?ディスクリプションやタイトルについても解説

SEOで検索順位を上げたい場合、文字数が関係するか気になる方もいるのではないでしょうか?

コンテンツによって文字数が異なるものの、上位表示しているコンテンツは比較的文字数が多い傾向にあります。

そのため、とにかく文字数を増やせばSEO対策になると考える方もいるかもしれませんが、文字数とSEOには直接的な関係がありません。

ただし、検索順位を上げるコンテンツを作成するには、自ずと文字数が増える理由があるのです。

この記事では、SEO対策として文字数を考慮すべきか、本文だけでなくディスクリプションやタイトルについても解説します。

Googleから評価を得やすいコンテンツを作成したい方は、ぜひ最後までお読みください。

SEO対策にコンテンツの文字数は関係する?

SEO対策にコンテンツの文字数は関係する?

結論を言うと、SEO対策にコンテンツの文字数は関係しません。

ここでは、文字数とSEOの関係や、コンテンツによって文字数が変動する理由を解説します。

文字数による直接的なSEOへの影響はない

SEO記事で上位を取る対策はさまざまありますが、文字数が直接影響を与えるわけではありません。

Googleのウェブマスタートレンドのアナリストであり、SEOに関する発信をおこなっているジョン・ミュラー氏は下記のように発言しています。

we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500.
we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you.
私たちはあなたのページを数えて「100語以下であれば悪い、100〜500語または500語以上であれば大丈夫」のようなアルゴリズムを持ってはいません。
私たちは、ページ全体を見て評価しています。本当にユーザーにとって魅力的で関連性の高い検索結果(ページ)であれば、文字数が長いか短いか、またはたくさんの画像があるかは全く関係ありません。
引用:https://www.youtube.com/watch?v=MYkPRo8T44M

つまり、検索順位の変動に文字数は関与せず、Googleのアルゴリズムでは、コンテンツの内容がユーザーに有益であることや、対策キーワードと関連していることが大切です。

対策キーワードによって必要な文字数は変動する

SEO対策として直接的な影響はない文字数ですが、間接的には大きく影響を与えています。

対策キーワードによって検索ニーズが異なり、ユーザーが欲しい情報量が異なります。

したがって、検索ニーズを満たすコンテンツを作成すると文字数も変動するのです。

専門性が高い記事やアフィリエイト記事の場合は、8,000~10,000字以上と文字数が多いコンテンツになりがちですが、単語集などは比較的少ない文字数でも上位表示されます。

上位表示のコンテンツは文字数が多い理由

上位表示のコンテンツは文字数が多い理由

直接的なSEOへの影響がない文字数ですが、検索順位で上位表示されているコンテンツは文字数が多い傾向にあります。

それでは、上位表示のコンテンツは文字数が多い理由を解説します。

ユーザーの検索ニーズを満たすには文字数が増える傾向にある

Googleは、ユーザーの検索ニーズを満たし、問題や課題、悩みを解決できるコンテンツを評価します。

つまり、SEO対策としては、網羅性が高く1つのコンテンツでユーザーが抱える問題や課題、悩みを解決できる工夫が必要です。

ユーザーが欲しい商品やサービスを自覚している状態(顕在ニーズ)と、何が欲しいのか意識できていない状態(潜在ニーズ)を読み取ったコンテンツ作成が大切です。

顕在ニーズと潜在ニーズを満たせる網羅性の高いコンテンツを作成するには、対策キーワードだけでなく関連するキーワードについても記載しなくてはなりません。

したがって、網羅性の高さをGoogleから高く評価され、検索順位で上位表示されているコンテンツは必然的に文字数が多くなっているのです。

ユニーク単語数の増加はSEO対策として効果的

ユニーク単語数の増加は、SEO対策に効果的とされています。

ユニーク単語とは、コンテンツ内の単語数を表す言葉で、重複した単語を1つと数えます。

たとえば、「SEO」は単なる文字数だと3文字ですがユニーク文字数では1単語として数えるのです。

コンテンツの文字数が増えれば、ユニーク単語も増えます。

ユーザーが持つ顕在ニーズと潜在ニーズを満たせるコンテンツを作成するよう意識すると、自然にユニーク単語も増えるはずです。

ユニーク単語が増えれば網羅性の高いコンテンツとなり、Googleから評価を得やすいためSEOの効果が期待できます。

コンテンツの目安となる文字数の算出方法

コンテンツの目安となる文字数の算出方法

SEO対策に有効なコンテンツの文字数に決まりはありませんが、目安となる文字数の算出方法はいくつか存在します。

たとえば、対策キーワードの上位表示されている競合サイトを簡単に確認できる無料ツールのラッコツールズを活用する方法があります。

ラッコツールズの「見出し抽出」という機能では、競合サイトの平均文字数がわかるため、コンテンツの目安となる文字数を決める判断材料に役立ちます。

ただし、文字数はあくまで目安程度に考え、ユーザーの検索ニーズを満たせる良質なコンテンツ作成をすることが重要です。

SEO対策としてディスクリプションやタイトルの文字数は考慮すべき?

SEO対策 リプションやタイトルの文字数

コンテンツの本文に関しては、特にSEO対策として効果的な文字数は決まっていませんが、ディスクリプションやタイトルはどうなるか気になる方もいるでしょう。

ここでは、ディスクリプションやタイトルにおけるSEO対策に有効な文字数を解説します。

ディスクリプションの目安となる文字数

ディスクリプションとは、コンテンツの概要を検索結果の画面でユーザーに伝える短い紹介文です。

ディスクリプションの設定は、Googleのスターターガイドでも推奨されており、コンテンツのクリック率を高める効果があります。

ディスクリプションで設定すべき文字数としてはさまざまな見解がありますが、60〜80字程度が目安となる文字数です。

短すぎるとコンテンツの内容をうまく伝えきれませんし、長すぎると検索結果の画面上で表示されないため、適度な文字数で作成する必要があります。

なお、ディスクリプションを作成しない場合、Googleが自動でコンテンツの内容を表示します。

タイトルの目安となる文字数

タイトルの文字数は目安として、28〜32字程度が良いとこれまでは認識されていました。

しかし、この数字はパソコンで表示される際には良いですが、現在ではスマートフォンで検索するユーザーが大半ですので、36〜40字程度でも良いと言われています。

タイトルは最初にユーザーの目に入る情報ですので、なるべく端的にコンテンツの内容をうまく伝え、興味を引く必要があります。

SEOに効果的なタイトルを作成するには、対策キーワードをなるべく左詰めで記載したり、数字や「!」「?」などの記号を記入したりする工夫が大切です。

ロングテールキーワードはSEO対策に有効

SEO対策に有効なタイトルを作成する方法のひとつに、ロングテールキーワードを含める方法があります。

ロングテールキーワードとは、対策キーワードを3単語以上使用し、月の検索ボリュームが1,000回未満となるキーワードです。

似た言葉にビッグキーワードがありますが、ロングテールキーワードは競合サイトが少なくなるため、検索順位が上がりやすい傾向にあります。

検索ボリュームが少ないため、商品やサービスへの流入数はビッグキーワードに劣るものの、SEO対策としては選択肢のひとつです。

ロングテールキーワードを活用したタイトルを作成すると、文字数が増えがちですので、読みやすくなるような工夫が必要となります。

SEO対策として文字数以外に意識すべきコンテンツの作成方法

SEO対策 文字数以外に意識すべきコンテンツの作成方法

SEO対策として文字数以外に意識すべきコンテンツの作成方法としては、下記の5つがあります。

  • ペルソナを決める
  • 上位表示しているコンテンツを分析する
  • 検索意図を読む
  • E-E-A-Tを強化する
  • 網羅性を高める

それでは、ひとつずつ解説します。

ペルソナを決める

ペルソナとは、最終的に商品やサービスを購入してもらいたいユーザー像を指します。

ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツを作成するうえで、ペルソナ設定は欠かせません。

曖昧なペルソナ設定だとコンテンツの内容が薄くなり、ユーザーの離脱率を高め、Googleから得る評価を下げる恐れがあります。

ペルソナを細かく設定し、ユーザーに刺さるコンテンツを作成することでCVR率を高めることが可能です。

上位表示しているコンテンツを分析する

検索結果で上位表示しているコンテンツを分析し、どのようなコンテンツがユーザーの検索ニーズを満たせるかを調査します。

リスティング広告を除いた上位表示の競合サイトをもとに、共通する内容を洗い出します。

単に共通する内容だけをコンテンツ内で記載しても意味がありませんので、よりユーザーが抱える悩みや不満などを解決できるオリジナルの見出しを加えましょう。

検索意図を読む

検索意図をうまく読み取り、どのような情報をユーザーが欲しているかを分析することは大切です。

検索意図を読まず、独りよがりの内容でコンテンツを作成すると、欲しい情報がないとユーザーは判断し、早い段階で離脱するでしょう。

ユーザーが何を求めているか、質問や疑問に対して明確な回答を用意しておくことはSEOで検索順位を上げるうえで欠かせません。

検索意図とコンテンツの内容が一致している場合、SEOで高い効果を得られるでしょう。

E-E-A-Tを強化する

E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略語です。

Googleの検索アルゴリズムは時代とともにアップデートされていますが、現代のSEOではE-E-A-Tが重要視されています。

E-E-A-Tが欠如していると、ユーザーの利便性や信頼性を下げてしまうため、Googleの評価も下げてしまいます。

SEOで効果を得るには、E-E-A-Tの強化も大切です。

網羅性を高める

網羅性の高いコンテンツは、Googleから評価を得やすくなります。

1度の検索ですべての検索ニーズを満たせれば、ユーザーの利便性が上がり、満足度も高まるはずです。

顕在ニーズだけでなく、隠れている潜在ニーズを満たすコンテンツを作成すれば、読了率や滞在時間を伸ばすことが可能です。

読了率の高さや滞在時間の長さは、Googleがコンテンツを評価する基準となっているため、意識すべきといえます。

網羅性を意識すると、コンテンツ内の文字数が増えがちですが、検索ニーズを満たすうえで大切なポイントのひとつです。

SEO対策で網羅性があるコンテンツを作成するコツ

SEO対策で網羅性があるコンテンツを作成するコツ

網羅性の高いコンテンツを作成する際には、検索ニーズを満たしつつ、次に検索されると考えられるキーワードをコンテンツ内に含めることが大切です。

ユーザーの視点からコンテンツを作成する必要がある一方で、Googleの視点から網羅性を考える必要もあります。

ユーザーの視点とGoogleの視点を考慮したうえでSEO対策できる網羅性の高いコンテンツを作成するコツは下記の2つです。

  • サジェストキーワード、関連キーワードを含める
  • 共起語を含める

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

サジェストキーワード、関連キーワードを含める

サジェストキーワードとは、ユーザーが検索窓に特定のキーワードを入れた際に自動的に表示される検索候補を指します。

関連キーワードとは、検索したキーワードと関わりがあるキーワードで、検索結果の一番下に複数表示される仕組みです。

サジェストキーワードや関連キーワードを調査すれば、ユーザーがどのような情報を欲しがっているか、次にどのようなキーワードで検索されているかを把握できます。

ただし、サジェストキーワードや関連キーワードをむやみにコンテンツへ含めれば良いわけではありません。

あまり情報を記載しすぎるとコンテンツの文字数が無駄に多くなってしまいます。

対策キーワードの情報を深堀し、ユーザーの検索ニーズを満たしつつ、文字数が適度になるよう調整しましょう。

以下でサジェストキーワードや関連キーワードを調べられるツールをご紹介します。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、誰でも使用できますが、1日5回までの使用制限があります。しかし、無料会員登録をすると、1日50回まで使用が可能です。
関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードのなどの調査が可能で、幅広い機能が充実しています。

ラッコキーワード

グーグルサジェストキーワード一括DLツール

グーグルサジェストキーワード一括DLツール

グーグルサジェストキーワード一括DLツールは、無料でキーワードを検索窓に入力するだけで利用できるツールです。
また、検索したデータをCSVとして一括でダウンロードできます。

グーグルサジェストキーワード一括DLツール

Keyword Tool

Keyword Tool

Keyword Toolは、Google、YouTube、Bing、App Storeなどのサジェストキーワードを無料で検索できるツールです。
こちらも、検索窓に入力するだけで利用できるため、初心者でも手軽に使用することができます。

Keyword Tool

共起語を含める

共起語とは、対策キーワードと一緒に使用されるキーワードを指します。

「SEO 文字数」なら、「重要」「キーワード」「判断」「ユーザー」などが共起語です。

共起語を使用すれば、ユーザーに対してどのような内容のコンテンツなのか、どのような話題を解説するのかをイメージさせやすくできるため、読了率や滞在時間を高められます。

ユーザーの満足度を上げられるだけでなく、検索エンジンに対して良質なコンテンツであることをアピールできます。

したがって、共起語を意識するのはSEO対策に効果的と言われているのです。

サジェストキーワードや関連キーワードは、Googleの検索窓で確認できますが、共起語の分析はツールの活用がおすすめです。

共起語を分析できる無料ツールを以下でご紹介します。

共起語検索ツール

共起語検索ツール

シンプルな共起語の検索ツールです。無制限で使用が可能です。

共起語検索ツール

サクラサクラボ 共起語調査ツール

サクラサクラボ 共起語調査ツール

サクラサクラボは、高性能な無料の共起語調査ツールです。
会員登録が必要ですが、GoogleやYahoo!の検索エンジンから共起語を抽出して提供してくれます。
また、調査結果はCSV形式でダウンロードも可能です。

サクラサクラボ 共起語調査ツール

SEO対策として避けるべきコンテンツの特徴

SEO対策として避けるべきコンテンツの特徴

SEO対策として避けるべきコンテンツの特徴としては、下記の5つがあります。

  • コピペしている
  • 検索意図に合っていない
  • 文字数にこだわり必要ない情報を多く記載している
  • 内容が薄い
  • 同じテーマのコンテンツをサイト内で量産している

上記に当てはまる場合、Googleから悪印象を抱かれてしまい、コンテンツが上位表示されなくなる恐れがあります。

それでは、SEO対策をおこなううえで避けるべき5つのコンテンツを紹介します。

コピペしている

競合サイトを参考にする分には問題ありませんが、そのままコピペしたコンテンツはGoogleのクローラーが流用サイトとして検知します。

文章をコピペしたコンテンツはGoogleからペナルティの対象になるだけでなく、真似した相手から著作権侵害の訴訟を受ける場合もありますので注意してください。

コピペをチェックする方法として、無料ツールの活用がおすすめです。

CopyContentDetectorを活用すれば、対象となるコンテンツがほかサイトの内容とどれくらい似ているかを簡単に確認できます。

類似度や一致度が要注意と判断された場合、コンテンツの内容を見直すべきです。

連続文字数一覧を確認すれば、どこの部分がほかサイトと同じ文言になっているかを確認でき、その部分を修正すれば一致度は大幅に下がります。

類似度に関しては、同じような見出しが同じ順番で記載してあると数値が高まるため、見出しの順番を変えたり、独自性のある見出しを追加したりすると良いでしょう。

検索意図に合っていない

検索意図に合っていないコンテンツは、Googleから評価を得られないため、検索順位が上がりません。

たとえば、対策キーワードが「クレジットカード 作り方」のコンテンツを作成する場合、ユーザーはクレジットカードをどのように作るのか知りたいはずです。

しかし、コンテンツの内容がクレジットカードの暗証番号に関することや決済エラーに関することだと検索意図に合っていないといえます。

仮に検索順位で上位を取れたとしても、検索ニーズを満たせる情報がないため、早期離脱につながるでしょう。

検索意図をくみ取り、ユーザーが欲しい情報を正確に伝えるコンテンツを作成するのが、SEOの面だけでなくCVR率を高めるためにも大切です。

文字数にこだわり必要ない情報を多く記載している

前述したとおり、上位表示しているコンテンツは網羅性の高い内容となっているため、文字数が多い傾向にあります。

競合サイトを参考にする際、平均文字数に捉われてしまい、必要のない情報を多く記載して文字稼ぎするとSEO的に悪影響を及ぼします。

記載する内容が思い浮かばない場合は、対策キーワードの深堀ができていないケースが大半ですので、サジェストキーワードや関連キーワードを洗い出してみましょう。

ただし、サジェストキーワードや関連キーワードをすべて加えれば良いわけではありません。

あくまで、対策キーワードを検索するユーザーが求めると考えられる情報を自然にコンテンツへ加えます。

ひとつのコンテンツに複数のキーワードを入れるのではなく、ほかの自社コンテンツへ流す内部リンクをうまく活用しましょう。

内部リンクとは、自社サイト内にあるコンテンツをリンクでつなげるSEO対策を指します。

内部リンクを活用すれば、Googleのクローラーの巡回をサポートする効果があり、サイト構造を正しく評価してもらえます。

ユーザーの離脱率も下がるため、SEOに効果的と言われているのです。

内容が薄い

文字数が直接SEOに関係ないとは言え、あまりにも内容が薄いとGoogleから評価を得られず、検索順位も上がりません。

たとえば、「クレジットカード」というキーワードの場合、クレジットカードの意味だけを解説したコンテンツだとクレジットカードの作り方やおすすめのカードを知りたいユーザーは満足しません。

大まかなキーワードである「クレジットカード」をもとに、ユーザーがどのような意図で検索したのかを仮定して検索ニーズを満たすコンテンツを作成することが大切です。

ただし、キーワードによっては、単なる用語の説明だけで上位表示されている場合もあります。

ユーザーが用語の意味だけを知りたい場合、翻訳や辞典などのサイトが評価されるため、検索意図を読み取り、ニーズに合ったコンテンツ作成を心がけましょう。

同じテーマのコンテンツをサイト内で量産している

同じテーマのコンテンツがサイト内に複数あると、Googleから得る評価が低くなり、検索順位が下がりやすくなります。

SEO対策のひとつにリライトがあり、既存のコンテンツを書き直したり、書き加えたりする方法はありますが、単に類似したコンテンツを量産しても意味がありません。

書きたいテーマが広くなりそうなら、別コンテンツを用意するなどし、基本的には1記事1テーマを心がけましょう。

SEO記事を作成するうえで文字数はあくまで目安

SEO 文字数 まとめ

この記事では、SEO対策として文字数を考慮すべきか、本文に加えてディスクリプションやタイトルについても解説しました。

SEOにおいて、検索順位と文字数に直接的な関係はありません。

ただし、網羅性を意識し、検索ニーズを満たすコンテンツを作ると文字数が増える傾向にあります。

対策キーワードやサイトの形式によって作成すべきコンテンツのボリュームは大きく異なります。

文字数はあくまで目安程度に設定し、サジェストキーワードや関連キーワードを調査したり、共起語を意図的にコンテンツへ含めたりした工夫が大切です。

本記事で紹介した無料ツールをうまく活用すれば、ユーザーの検索意図を読み取り、ニーズを満たせるコンテンツを作成できるでしょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...