SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 208(2017/04/20追加)

25ドメイン入荷しました

13ドメイン入荷しました

46ドメイン入荷しました!

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

被リンクSEO(被リンク対策)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

被リンクSEO(被リンク対策)とは

被リンクSEOは外部対策代表的な施策のひとつです。
サイトに被リンク(バックリンク)を集めることを目的として行われ、バックリンク対策とも言われる場合もあります。

被リンクが多いサイトは、検索エンジンから評価をされると言われており被リンクSEOは重要です。

被リンクの重要性とは

被リンクは検索順位の結果に重要な役割を担ってます。
ですが、ただ被リンク数を増やすだけでは上位表示されるということは難しくなっています。

サテライトサイトを複数作成しそこからリンクを集める手法も効果はあるでしょうが、それ以外にも目を向けましょう。

被リンクはひとつひとつ特徴が異なる

どのようなサイトからのリンクなのかどのようなドメインからのリンクなのかを把握することが必要です。
自然に質の高いリンクを獲得できていけるようなサイトの運営がとても重要です。

外部のサイトから参照されるような質の高いサイトを作成し、被リンクを増やしていくことができれば申し分ありません。

上位表示を目指すなら

上位表示を目指す上で、コンテンツ内容の充実に目を向ける必要性もあります。
コンテンツが優れていなければ質の高い被リンクが増えるはずがありません。
また、コンテンツが充実していれば自然と被リンクは集まるものだからです。

コンテンツと被リンクの質の両方がとても重要になってきています。

被リンクの質を見よう

被リンク対策を行った場合、多様なドメインから被リンクを得られているか、アンカーテキスト(リンクテキスト)がどのようなものかを考えたり、関連するサイトからのリンクかどうかを調べたりなど様々なことを分析する必要があります。
質の低いリンクや不自然なリンクはマイナスにつながる恐れもありますので注意が必要です。

サテライトサイトを作成して行う、被リンクSEOの場合も同様なことに留意する必要があるでしょう。

被リンクは数ある評価指標のひとつ

どのような被リンクがSEOに効果があるのかと考えることは無駄ではありませんし、被リンクが少ないことで上位表示されていないということも勿論あります。
ですが、被リンクを集めることはSEO対策を行う上でのひとつの手段に過ぎず、それだけで集客や検索順位の上位表示が実現できることはほとんどないからです。

被リンクを集める前に

サイト自体がユーザーにとって有用であるか、ユーザーが求めているコンテンツが用意されているか、アクションが起こしやすいか、検索エンジンに伝わりやすくサイトを作成しているかなどが前提です。
それらを適切に行った上で、しっかりとした被リンクSEOを行えばより高い効果は期待できるでしょう。

サイトという器に被リンクという水を注ぐ

サイトという器の大きさをしっかり把握しておきましょう。
器の大きさにそぐわない量の被リンクを注ぎこんでしまうとマイナスの影響が起きやすくなります。
なぜ、良いサイトには被リンクが集まり増えていくのか、ということを冷静に考えてみましょう。

被リンクは中古ドメインとの関りも深い

中古ドメインの選定の際に重要になるポイントは、被リンクです。
過去の運用で手に入れた被リンクのパワーを活かすことが中古ドメインを利用する目的のひとつです。

中古ドメインを適切に利用することができれば、労せず被リンクSEOを行っていることにもなります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

被リンクSEO用語解説

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+