販売ドメイン 77(2016/12/16追加)

中古ドメイン販売速報

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

Googleペナルティ(ぐーぐるぺなるてぃ)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

Googleペナルティとは特定のブログやサイトがGoogle側から課せられる懲罰を指す言葉です。
サイト上に問題があるとGoogleに判断された場合、運営者への警告や順位の降下、サイト自体を閲覧できなくするなどの措置としてペナルティが課せられる場合があります。

ペナルティを課せられるとユーザーから見つかりにくくなり、場合によってはインデックスから削除される場合もありサイトの運営者からすればかなりの痛手になります。

自動ペナルティと手動ペナルティ

自動ペナルティと手動ペナルティというものがGoogleにはあります。
ですが、Googleペナルティについて語られる場合の多くは手動ペナルティについて言及されています。

手動ペナルティとはどういうものなのでしょうか。
その名前の通り、Googleのチームが手動で見てペナルティの判断を下していると言っています。

いずれはアルゴリズムに組み込んで自動化しても判断できるようにするつもりでしょうが、人の目から見て良くないものであるという認識を持っておきましょう。

手動ペナルティは確認できる

手動ペナルティを受けてしまった場合、ペナルティを受けた原因や理由を確認することが可能です。

サーチコンソール(Search Console)の検索トラフィックの中の手動による対策で確認することができます。

ステータスによってどのようなことが原因でペナルティを受けているかGoogle側から示唆してくれます。

ペナルティの種類と原因

ペナルティを課せられる原因の最大の理由は、Googleが発表しているウェブ管理者向けのガイドラインに違反していると判断されたことです。

Googleにはいくつかのガイドラインがあります。
自分ではガイドラインに違反しているつもりがない場合でも、ペナルティを受ける場合もあります。

例えば、自動生成されるコンテンツの禁止、あまりにも意味のない情報の羅列の禁止などの項目です。

これらのガイドラインが懸念しているのはダミーサイトや不適切なコンテンツの蔓延です。
そのため、ガイドラインに違反しているサイトが見つかると検索順位を下げたりインテックスから削除したりしてユーザーの目につかないように処理されるのです。

Googleからユーザーのためにならないと判断されたことがペナルティを受ける原因ともいえます。

手動対策によるステータス

手動対策によるGoogleペナルティの場合、ステータスがいくつかあります。
またそれらが、サイト全体に適用されているか、部分的に適用されているかの違いもあります。

以下の項目をGoogleは公表しています。
これ以外にもステータスやペナルティになる原因は考えられます。

  • ハッキングされたサイト
  • ユーザー生成スパム
  • スパム行為のある無料ホスト
  • スパム行為のある構造化マークアップ
  • サイトへの不自然なリンク
  • 価値のない質の低いコンテンツ
  • クローキング、不正なリダイレクト
  • クローキング: First Click Free の違反
  • サイトからの不自然なリンク
  • 悪質なスパム
  • クローキングされた画像
  • 隠しテキスト、キーワードの乱用

ペナルティを解除するには

ペナルティを解除するにはGoogleに再審査リクエストを送る必要があります。

しかし、不正部分が修正されていないのに再審査リクエストを送ってもペナルティが解除される確率は低いです。

また、放置していると自然にペナルティが解除されている場合もありますが、根本的な解決とは言えません。

まずはペナルティの原因を追究することが肝心

原因がない場合は別ですが、しっかりと修正を施し健全なサイト運用に努めることで再審査リクエストは受け付けられます。

Googleペナルティを課せられた場合、これまでのサイト運営を見直しこれからの姿勢も問われることになります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+