中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 3293(2019/11/18追加)

15本入荷しました

15本入荷しました

15本入荷しました

  • ブロンズ…2167
  • シルバー…846
  • ゴールド…202
  • プラチナ…78
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

リスクの方が高い!?やらないほうがいいSEO対策

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

リスクの方が高い!?やらないほうがいいSEO対策

手間と時間をかけて一生懸命にSEOを施したのに、順位が上がるどころかGoogleからペナルティの宣告が。
実際に、このようなことが起こってしまい悩んでいる方や、ペナルティのリスクを感じている方も少なくないと思います。

多くのSEOの手法が紹介されていますが、中にはGoogleペナルティを受ける可能性が高く避けたほうがいいものもあります。

SEOにおける迷惑行為、SEOスパムとは

SEOにもスパムと呼ばれる手法や行為があります。
それらを総称でSEOスパムと呼び、検索エンジンで上位表示させるために検索エンジンをだます行為などが該当します。

ブラックハットSEOに分類される手法も多く含まれており、無意識の内に行うわないように注意する必要があります。

過剰なSEO対策も危険

SEOスパムを行っている意図がなくても知識不足などで不自然なSEO対策やサイトに対して過剰なSEO対策を行うことで、スパムと認定されてしまうこともあります。
スパム認定されてしまうと検索結果に表示されなくなったり(インデックスから削除される場合もある)、検索順位が大きく下がったりしてしまうこともあります。

知らず知らずのうちにSEOスパムを行ってしまわないように、どのような行為がSEOスパムとなるのかを事前に把握しておきましょう。

大きく2種類に分類できる

SEOスパムとされる手法は数多くあります。
ですが、ここでは大きく「リンク」によるものと「キーワード」によるものの、ふたつに分けて解説していきたいと思います。

リンクによるスパムの例

リンクによる例としましては、大量のサイトから不自然な被リンク(バックリンク)を貼る行為が挙げられます。
サイトに対して不釣り合いかつ過剰な被リンク対策を行うとスパム扱いされてしまう可能性があります。

下手なやり方は危険

自作自演リンクや有料リンクの場合も、不自然で作為的なバックリンクと判断されてしまう可能性が高まります。
Googleは、このような作為的なリンクを認めていません。
むしろ、ペンギンアップデートなどのアルゴリズムの改変により対策を強めています。

ペナルティのリスクは高い

バックリンクの数が多ければ信頼性の高いサイトとして検索エンジンから評価されますが、質の低いサイトや同じIPアドレスからのバックリンクでは、SEO効果は期待できません。
それどころか、SEOスパムと判断されてペナルティを受ける可能性もありますので注意が必要です。

キーワードによるスパムの例

キーワードよる例としましては、キーワードをページの中に大量に詰め込むという手法が挙げられます。
キーワードが多いということは、そのキーワードに関連したサイトとして以前は検索エンジンから評価される傾向にあったため行われていました。

意味不明な文章は危険

無理にキーワードを詰め込んだり、キーワードを羅列した不自然な文章などはスパムと言ってしまっていいでしょう。
ユーザーが求めているのはキーワードではなく、キーワードに関連した、より深い内容です。

内容を意識したほうがいい

パンダアップデートにより、低品質なコンテンツやキーワードを含めただけでは上位表示されなくなってきています。
また、キーワードを詰め込んだだけページや意味のない検索エンジンに向けただけのページは、ペナルティの対象になっています

ブラックハットSEOと呼ばれるSEO対策

SEOには「ホワイトハットSEO」と「ブラックハットSEO」と呼ばれるものがあります。

ホワイトハットSEOとは、Googleの検索エンジンのガイドラインに沿って行っている正攻法のSEOを行うことです。

ブラックハットSEOは検索エンジンの裏をかき、だますような手法を用いて検索順位を上げようという行為のことを指します。

このようなことを行うとブラックハットSEOになる!?

ブラックハットSEOの手法とされる表的なものを、一部ですがご紹介します。

行うことで、必ずしもマイナス効果やペナルティに直結するとは言い切れませんが、推奨できない手法や施策になります。

自動バックリンクツール

ツールを使って自動的にバックリンクを増やす行為です。
短期間に大量のバックリンクが増えるために、不自然と判断されてしまう可能性が高いといえます。

手間がかからず便利な反面、ツールによる規則性などで生身の人間の行為ではないとGoogleに判断されてしまいペナルティを受けやすい手法です。

クローキング

ユーザーがアクセスした場合と検索エンジンがアクセスした場合とでは、異なるWEBページを表示させる行為です。

アクセスしたユーザーの予想に反するページに飛ばしているとGoogleが判断した場合、ペナルティの対象になります。

リンクファーム

大量のサイトが各サイト間で相互リンクする手法で、不自然で作為的なバックリンクと判断されてしまう可能性があります。

検索結果の操作目的とみなされた被リンクは、リンクプログラムの一部とGoogleにみなされペナルティの対象になります。

隠しテキスト、隠しリンク

ユーザーが、WEBページを見た場合には見えないようにし検索エンジンのクローラーからは見えるように、テキストやリンクを埋め込む方法です。

こちらも検索順位の操作や検索エンジンに向けてのものになりますので、Googleのペナルティの対象になります。

ワードサラダ

ツールを使って自動的に作成された文章のことで、キーワード等は含まれているが、日本語として成立しない、意味不明の文章などが該当します。

キーワードを多く含ませることで検索エンジンに評価される目的やサイトのボリュームアップに用いられていましたが、現在はあまり効果はないでしょう。
むしろ、質の低いコンテンツという扱いをされ手動ペナルティを受けてしまう可能性は高いと思います。

質の低いサテライトサイト

Googlのガイドラインに沿ったものであればSEO効果が期待できます。
ですが、サーバーの分散やIP分散ドメイン分散がされていない場合やミラーサイトになってしまっている場合には、スパムと判断される可能性もあります。

また、大量にサテライトを作成している場合、ワードサラダでコンテンツを作成したり、コピーコンテンツばかりである場合、マイナス効果しかないでしょう。

このような質の悪いサテライトからの被リンクも、サイトにマイナスの効果をもたらします。

内容が薄いサイトに過剰なSEO対策

コンテンツ内容が薄いのに過剰なSEO対策をしているサイトも、不自然なサイトと判断される危険性があります。

単純に内容が薄い、コンテンツが少ないサイトに多くの被リンクが張られることは不自然です。
自作自演とみなされ、ペナルティの対象になります。

コメントスパム

他の人が運営するブログのコメント欄などに、関係のない広告文やコメントを書き込む手法です。
やられた側もいい気分ではないですし、放置しておくとGoogleからペナルティを受ける場合もあります。

フッターリンクの大量設置

フッターに相互リンクを目的にした関連性のないリンクが大量にあると、不自然なリンクと判断される可能性があります。

また、あからさまなSEO目的でのリンクの場合も注意が必要です。

ネガティブSEO

逆SEOともいわれ、ライバルサイトの検索順位を下げるために、SEOスパムと判断されるライバルサイトへの不自然なバックリンクを大量に増やすような行為です。

倫理的、モラル的にも行わない方が良い行為であり法に触れる場合もあります。
また、低品質なサイトで自作自演を行っている場合も結果として自分でネガティブSEOをしてしまっている可能性もあります。

考えられるリスクとは何か

SEOスパムと判断されそうなSEO、ブラックハット的なSEOを行うことには、リスクが伴います。

一時的な効果は得られるかもしれませんが、所詮は小手先のSEO対策であるため、リスクの方が高いと思っておいた方がよいでしょう。

Googleペナルティのダメージは大きい

Googleペナルティを受けると検索順位が下がるどころか、検索結果に表示されなくなることもあります。
最悪の場合、Googleからインデックス削除されてしまいますが、こうなるとサイトが存在していないのと同じといっても過言ではありません。

解除するのも手間

Googleペナルティを解除して回復させるまでには大変な労力と時間がかかってしまいます。
また、確実な解除方法というものも定まっていません。

そのため、ネット上で効果があるといわれているからと安易にブラックハットSEOを行うと致命的なダメージを受けることになるのです。

SEO業者にも注意が必要

ブラックハット的なSEOを行っているSEO業者も存在します。
不自然な大量のバックリンク、隠しリンクや隠しテキストの手法でSEOを行うのです。

価格だけで判断したり、効果がありそうだからと、根拠もなしに申し込むことはおすすめできません。
後で取り返しのつかないことにならないためにも、具体的にどのような手法でSEOを行うのか、ペナルティを受けるリスクはないのかをしっかりと確認しましょう。

地道なSEO対策こそ一番の近道

検索順位を上げるためにはコンテンツ内容を充実させてサイトの価値を高め、ホワイトハットSEOを行うのが最も効果的です。

Googleのガイドラインに沿ったSEOで、上位表示を目指しましょう。

検索エンジンも日々進化

検索エンジンのアルゴリズムもアップデートされ続けその内実を把握するのは不可能でしょう。

サイトやページの価値を決める、利用するのはユーザーです。
ユーザーのためになるサイト運用やコンテンツ、情報の提供やSEO対策を行い、はじめて本当の意味での成果や効果がもたらされるのです。

中古ドメインはどうなのか

中古ドメインであるというだけでペナルティになることはありません。
ただ、過去の運用の影響で手動ペナルティを持っている中古ドメインもあります。

アクセス中古ドメインでは、事前に商品のペナルティチェックを行っており安心してご利用いただけます。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

リスクが高く避けるべきSEO対策

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説