by Access Japan
販売ドメイン 3747(2019/12/05追加)

10本入荷しました

21本入荷しました

10本入荷しました

  • ブロンズ…2667
  • シルバー…976
  • ゴールド…64
  • プラチナ…40
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインの基本的な301リダイレクト手法

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

中古ドメインの基本的な301リダイレクト手法

トニー
この記事は、2019年9月30日に更新をしました。

中古ドメインを購入したら、そのまま気にしないで利用する方もいますが301リダイレクトの設定をすることをおすすめします。

アクセス中古ドメインを運営する弊社でも数千に及ぶ中古ドメイン利用の経験からも301リダイレクトによりSEO効果を高めることが出来ました。

中古ドメインを買ったら301リダイレクトの設定だけ行って、そのまま使う方法でもSEO的には大きな問題は無く、実際多くの方はそのようにしています。

ですが、ここでは王道ともいえる基本に忠実な301リダイレクト手法をご紹介します。

301リダイレクトの基本的なやり方

301リダイレクトの例

基本的な中古ドメインの301リダイレクト方法についてご紹介します。

過去に運用されていたサイトのページから、これから検索順位で上げたいページに対して、301リダイレクト(引越し)をする方法です。

上記の方法は、1ページごと細かく301リダイレクトの設定を行います。

記事をアップして、過去のページ(URL)をもとにディレクトリを復元する方法です。

301は引越しのようなことなので、なるべく似たようなディレクトリ構造をリダイレクトするのが良いとされています。

ディレクトリ構造が似ていないよりも、似たようなディレクトリ構造にした方が再現性があります。

ただし、1ページごと細かく301リダイレクトの設定を行う方法は、ペナルティのリスクが多少高まったり、中古ドメインの性質によっては適さないこともあります。

記事をアップしていくたび、301リダイレクトの設定を行うよりも、検索順位で上げたいページをある程度絞って、301リダイレクトの設定をした方がペナルティのリスクを少しでも軽減させることができるでしょう。

中古ドメインを選ぶ際にも、ディレクトリ構造を意識する

中古ドメインを選ぶ際にも、作ろうとしているサイトに似た構造の中古ドメインがあれば、より効果的でペナルティのリスクも減ると考えられます。

日本語で運用されていた中古ドメインじゃなきゃダメ?

結論から言いますと、301リダイレクトする場合でも言語の違いによるデメリットはそれほどないように思います。
ただ、あなたがもしこれから日本向けのサイトを作ろうとしているなら、やはり日本語だった中古ドメインを使うほうが僅かでも有利になる場合もあるでしょう。

言語を気にするより、ドメインが持つパワーのほうを重点的に査定することが重要です。

301リダイレクトの設定方法

今回は1ページずつ、301リダイレクトの設定を行う方法について説明をしていきます。

まずは、Windowsのメモ帳などを開いてください(Macの場合はテキストエディット)。
メモ帳やテキストエディットに下記のように入力します。

Redirect permanent /before/ https://communityserver.org/after/

※「communityserver.org/before/」→「communityserver.org/after」に301リダイレクトの設定を行う例

「/before/」の部分が転送元のURLです(相対パスでURLを入力)。
「https://communityserver.org/after/」の部分が転送先のURLです(絶対パスでURLを入力)。

301リダイレクトを設定するページが複数ある場合、同じ形式でどんどん追記していきます。

上記テキストファイルを「.htaccess」に変更します。
その後、FTPソフトを使って.htaccessファイルをルートディレクトリにアップロードします。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

301リダイレクトの別のやり方

これまで一般的に有名な301リダイレクト手法を紹介しましたが、これから紹介するような手法をとっている方もいます。

  1. 中古ドメインを購入
  2. 1ページ程度のシンプルなサイトを構築する
  3. サイトがGoogleにインデックスされるまで待つ(数日~2週間)
  4. 新規ドメインを取得
  5. 新規ドメインでサイトを構築する
  6. 中古ドメインサイトから新規ドメインサイトに301リダイレクトをする

上記の手法は、購入した中古ドメインをそのまま使用するのではなく、新規ドメインでサイト運用をしていく方法です。

サテライトサイトなど多くのサイトを運営している方には手間がかかり現実的ではないかもしれません。

新規ドメインを取得するときの注意点

新規ドメインを取得するときに注意すべき点があります。

その注意点とは、新規ドメインと思って取得してみたら過去にサイト運用されていたドメインで、さらに取得したドメインがペナルティを受けているケースです。

新規ドメインを取得するときには、希望とする文字列に空きがないか確認をして文字列に空きがあればドメインを取得することができます。

希望とする文字列が空いているということは、運用履歴が一切ないドメインを必ず取得することができるのではなく長期間、更新されなかったドメインや期限切れで再取得が可能なドメインも含まれています。

長期間、更新されなかったドメインや期限切れで再取得が可能なドメインの中には、ペナルティを受けたドメインがあります。

ペナルティを受けたドメインを再取得すると、ペナルティの解除が必要になります(ペナルティを受けていると、検索順位の上位化は難しいです)。

ペナルティを受けたドメインの取得を回避するには、運用履歴を確認しましょう。

ツールの「Wayback Machine」を利用すれば、過去にどういったサイト運用されていたのか確認することができます。

2ドメイン分の更新料が発生する

中古ドメインと新規ドメインを用意して301リダイレクトを行う方法は、2ドメインを保有することになるので更新料も2ドメイン分、発生します。

先ほどご紹介した301リダイレクトの基本的なやり方では、購入した中古ドメインをそのまま使用するので、1ドメイン分の更新料で済みます。

なので、301リダイレクトの基本的なやり方よりも中古ドメインと新規ドメインを用意して301リダイレクトを行う方が、コストがかかります。

301リダイレクトに関して

かつて、301リダイレクトはGoogleページランクを引き継ぎための手法でした。

ですが、現在でも検索順位やバックリンク等、様々な中古ドメインの特性を引き継ぐ施策として有効です。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインの301リダイレクト手法

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説