SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 447(2017/05/26追加)

25本入荷しました

50本入荷しました

40本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

SEO対策を意識したサイト内の文字数やキーワードの使い方

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

SEO対策を意識したサイト内の文字数やキーワードの使い方

中古ドメインや新規ドメインを取得しサイトを作成、運用していく上で、SEO対策をしているキーワードをどのように含めていくかを考えていると思います。
また、文字数も同様でどれぐらいの文章量のコンテンツにしようか、キーワードや関連ワードをどのように含めていくかと頭を悩ませることもあるでしょう。

SEOを意識した、キーワードの使い方や文章量について考察していきたいと思います。

ページ内の理想的な文字数はあるのか

文字数に理想はあるのか

1ページに何文字までが理想的なのかは議論はありますが、一般的には800~2500字程度と言われています。

数字に開きがありますが、伝えたい内容や情報量で文章量が変わるのは当然でしょう。
また、端的に説明できる内容であれば短くなるのも必然ですし、多くの説明が必要な内容ならば、文字数が多くなるのも仕方ありません。

文字数に関しては、必要がある内容に必要な文章量で作成するという認識でいいでしょう。
内容とは別に文字数に縛られてしまうのは良くありません。

コンテンツSEOは小手先では出来ない

サイトの記事やコンテンツを作成する場合、SEO効果を考える前にしっかりとした質の高いものを用意できるかということから考えましょう。

質の高いものが作成できない、用意できないならSEO以前の問題です。
ユーザーに対して良いものを提供する気持ちを忘れてはいけません。

文字数以外の配慮も重要

例えば、文章が少なくてもページがスカスカに見えてしまったり、文章が多くても文字ばかりで読みづらいページになっていないかなども考慮する必要があるでしょう。

また、内容が薄くて文章量が少なければ価値のない質の低いコンテンツと思われてしまったり、文章が多すぎても構成を考え直し別のページと分割してユーザビリティの改善ができるかもしれません。

文字数だけを考えてページを作ることはオススメしませんが、要は伝えるべきことをわかりやすくユーザーに伝える、情報を届ける工夫が必要です。

キーワードの含め方

キーワードをサイト内や文章の中に含めることはSEO対策のひとつとして重要視されています。
どれぐらい含めればいいかは内容によりますが、キーワードが入り過ぎている、キーワードが全然ない、ということさえなければ問題ないでしょう。

検索で狙っているワードになりますから含めないよりは含めたほうが良いですが、キーワードを含めたことで不自然な文章になっていないか、しっかり意味がある文章になっているかという点を考えましょう。

ただ単にキーワードを入れるのはでなく、必要に応じて入れていくほうが自然だからです。

忘れられがちな名詞の重要性

文字数やキーワードに関することはSEOでも語られていることが多いですが、名詞について考えてみます。
ここでいう名詞とは、その言葉自体で意味を成す用語とお考え下さい。

名詞を含む文章を作成することで、多様な情報が含まれていると判断される可能性が高まります。
つまり、意味のある用語を使用することでサイトにどのような情報が書かれているのかをGoogleやクローラーに伝わりやすくなるからです。

文章の良し悪しとは何か

良い文章と悪い文章とは

文章の良し悪しを語るのは難しいですが、SEO対策やユーザビリティにポイントを当てて文章について考えてみたいと思います。

  • 狙っているキーワードで検索され表示される
  • 検索してきたユーザーが求める結果を提示している

まず、これらが最低限のポイントになるでしょう。
狙っているキーワードで検索結果に表示されていなければ、文章の良し悪し以前の問題です。

ユーザーが求めている結果を提示できているか、キーワードが含まれているだけでなくしっかりとキーワードを使用して有用な情報を提供できているかが大事になります。

キーワードを意識し過ぎない

キーワードを意識して使用するのは重要ですが、意識し過ぎてしつこくならないようにしましょう。
例えば、中古ドメインをキーワードにし説明しますが、

中古ドメインはSEO対策に効果があります、中古ドメインを使用してSEO対策を行いましょう、中古ドメインをお求めならアクセス中古ドメインをご利用ください、質の高い中古ドメインを豊富に揃えております。

上記の文章だと、中古ドメインをしつこく繰り返してしまっています。
個人的な感覚になる面もありますが、必要以上に使用している感は否めません。

また、中古ドメインの箇所を違うワードに置き換えても使えてしまうような文章は良くありません。

キーワードを置き換えても意味の通じる文章に注意

キーワードが中古ドメインだとわかりづらいので、別のキーワードで説明します。

カレーは食べ物で、ニンジンとジャガイモ、タマネギなどが入っています。

カレーの説明をしている文章ですが、カレーの箇所をシチューでも肉じゃがに変えても意味が通ってしまいます。
文章として不自然ではないですが、キーワードに対して専門性や関連性を持たす文章を考えて作成したほうが良いでしょう。

キーワードの使用回数や量だけに意識を置きすぎないように気をつけましょう。

関連キーワードを活用しよう

対策するキーワード、メインキーワードに関連するワードを使用することでGoogleからの評価は高まります。

関連キーワードは文字通り、関連する言葉です。
関連する言葉をしっかりと把握し使用していけば、関連キーワードからの流入も期待できます。
また、サイトの内容の充実に繋がりますし、サイトがどのようなトピックを扱っているサイトなのかと言うことも伝わりやすくなります。

トピックの幅も広がる

関連キーワードを多く拾うことで、コンテンツのトピックの幅も広がり内容の充実に繋がります。
また、サイト内での滞在時間や回遊率も高まるかもしれません。

サイトに訪れた人が知りたい関連情報を提供することでユーザーにも価値があるサイトと認識してもらえるでしょう。

サイト全体のバランスを考える

サイト全体でも考える

サイト全体にキーワードが散りばめられているかを考えるようにしましょう。
しかし、ここでも同様にやり過ぎは禁物です。

キーワードの基本的な配置は以下になります。

  • ヘッダー
  • サイドバー
  • ボディ
  • フッター

上記箇所にうまくキーワードや関連ワードを配置していけば、Googleにサイトの趣旨を伝えることができるでしょう。

キーワードの羅列を避けるべき

キーワードを含ませる時に、ただ単に羅列しているサイトが見受けられます。
羅列や箇条書きでもキーワードが含まれていることには変わりありませんが、必要な箇所にしっかり配置してあることが前提です。
また、SEO業者や担当者でもキーワードの羅列がキーワードを含ませることだと思ってる節もあります。

キーワードが中古ドメインだとして、メニュー画面での項目をイメージして頂き、説明したいと思います。

悪い例

良い例

  • 中古ドメイン
  • 購入はコチラ
  • ドメインエイジについて
  • ドメインパワーを調べる

悪い例と良い例を大まかに作成してみましたが、悪い例は少し、しつこい感じがしますよね。
わかりやすさのためにというよりは、箇条書きになってしまって見た目的にも、うるさい感じがします。

必要な場合は、箇条書きや羅列しても問題ないと思いますが、キーワードの配置のバランスに注意してみましょう。

必要があるかないか、ユーザーに意味があるかどうか

キーワードや文章の量にスポットを当てて今回は話をしてきましたが、大事なのはサイトやユーザーに必要や意味があるのかということです。
コンテンツSEOを行うのは根気がいる作業になり、結果がすぐ返ってくるものでもありません。

文字数やキーワードのバランスも重要ですが、全てが杓子定規に当てはまるわけではないからです。
SEO対策のセオリーや決まりごとを把握するのは大事ですが、意識し過ぎないでユーザーに良いと思って貰えるサイトを作成しましょう。

正しく中古ドメインを活かすためにも

中古ドメインのSEO効果に期待して、その他の部分を疎かにしてしまうと効果が相殺されるどころかマイナスになるかもしれません。
正しく、またより効果てきに中古ドメインの力を引き出したいのならしっかりとしたサイトやコンテンツを作成する必要があるのです。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

キーワードや文章量からSEOを考える

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+