SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 208(2017/04/20追加)

25ドメイン入荷しました

13ドメイン入荷しました

46ドメイン入荷しました!

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

コンテンツSEOの実践的な考え方と取り組み

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

コンテンツSEOの実践的な考え方と取り組み

記事コンテンツはサイトの価値を高めるためにも手を抜かずに、しっかりと作成したいものです。
コンテンツSEOの重要性やSXOの考え方が高まっている中で記事の制作を疎かにするのは流れに逆行する行為です。
これまで通用していたような、キーワードを入れただけの質の低い記事や文章では効果がなくマイナスです。

ユーザーが読むということを意識してしっかりとした記事制作に取り掛かりましょう。

コンテンツSEOは記事コンテンツが重要

コンテンツもサイトの形態や種類により様々ありますが、記事コンテンツが一般的にコンテンツSEOでは語られます。

記事作成はこれまでのSEO対策の中では、おざなりにされていた部分であったと言えるでしょう。
被リンクの獲得が重要視されていた頃は、ワードサラダのような記事でも通用していたからです。

アルゴリズムのアップデートや検索エンジンの進化により記事の質やサイトの内容の質が低いサイトは通用しません。
キーワードや文字数だけを見たSEO的に要件を満たしている記事などの妄信は捨て、人が読んで面白いと思われる記事を作成しましょう。

記事テーマをしっかり決める

まずは、執筆していくためには核となるテーマを設定する必要性があります。
大きなテーマを設定し、細かいテーマを考え全体の内容を定めてから執筆したほうがいいでしょう。

テーマを決めずに書き出してしまうと、伝えたい内容や着地点が定まらず読んでいるユーザーに訴求することができないでしょう。

テーマを考えるには

テーマを考える上で重要なポイントを紹介します。

独自性
独自性は特にインターネットの場合、どこにでもありふれている情報だけを提供したとしてもユーザーの関心も検索エンジンからの評価も得難くなっています。
同じテーマのものがあっても他にはない情報や視点からのアプローチを考え独自性を出すことが求められます。
具体性
具体性は、まず現実的に執筆が可能であるかという点から考慮が必要です。
予算や時間などのコスト面でもそうですし、内容についても考えなければいけません。
自分に知識がない分野や自分の能力では書けない内容である場合は、別の方法を探して執筆するかテーマを再考する必要があります。
話題性
扱う内容により、話題性の質は異なりますが話題性はないよりはあったほうがいいでしょう。
また、話題になりそうなものを先に見つけておくことも効果的です。
ユーザーの気を惹く話題やインパクトを意識しましょう。

目次を作成する

テーマが定まったら目次を作成しましょう。
目次を作成することにより、全体の構成も定まってきます。

目次が決まれば、必要な内容も自ずと見えてきます。

ターゲットを明確にする

どのような層や人物が求めていると考えられるのか、またはどのような層や人物に訴求していきたいのかと具体的なターゲットをイメージしましょう。

ターゲットを意識して作成することで、文体や表現方法も変わります。

5W1Hを意識する

全てのテーマや内容に当てはまるわけではないが、基本的には5W1Hを意識して文章を作成します。

  • When(いつ)
  • Who(誰が)
  • Where(どこで)
  • What(なにを)
  • Why(なぜ)
  • How(どうしたのか)

順序に決まりは特にありませんが、文章を書く上で意識しておきたいポイントです。

読み手に正確な情報を伝えるためには、5W1Hを念頭に置いて文章を書きましょう。
なぜなら、自分が知っている情報がユーザーや読み手も知っているとは限りませんし、丁寧に順序立てた説明の方が理解しやすいからです。

内容をしっかり詰めよう

記事やコンテンツは内容がすべてと言ってもいいでしょう。

コンテンツの力でユーザーを集客したり好意的な反応を得て成果に繋げることがコンテンツSEOの役割です。
コンテンツの内容次第で成功の可能性は大きく変わるでしょう。

文章構成

目次で全体の構成を決めましたが、項目ごとにも文章の構成を細かく考えましょう。
起承転結という流れが絶対ではありませんが、文章の流れを考え次に読み進みやすくすることも重要です。

質の高い内容や情報

記事内容の質を高める努力を怠るわけにはいけません。

限られた予算や時間で作成する中でも、良質な記事を生み出すことを意識しましょう。
発信したい情報やユーザーに訴求したい内容をよく考え他にはない独自の情報をわかりやすく提供することが求められます。

見直しは必要

文章や内容が独りよがりになっていないか、わかりにくい表現や誤解を与える内容になっていないかを自分で見直すのは勿論、可能であれば第三者にチェックしてもらいましょう。

自分では気がつかない点や足したほうがいい情報などのアドバイスがもらえる可能性があり記事の質の向上に繋がります。

文章について

文章についてはメディア媒体やターゲット層によって変更する必要があります。
また、扱う内容や発信したい情報によっても対応することが求められるでしょう。

掲載するメディア媒体や読者層やニーズにより適切な表現を心掛けましょう。

短く、簡潔に

文章は簡潔に短くまとめることが良いでしょう。
基本的に、ひとつひとつのセンテンスは短い方が読みやすいからです。

インターネットのサイトであれば簡潔な文はより求められるでしょう。
文字数が多くても見た目や構造として文章が読みやすければ、読んでもらえる可能性が高まるからです。
また、文章が長いと言いたいことの内容が捉えにくくなる傾向もあるからです。

わかりやすい表現を使う

一般的に知られていない言葉や難しい表現や漢字を使用する時は注意が必要です。
書き手が理解しているから読み手も理解できるとは限らないからです。

専門用語や難しい言葉はわかりやすい言葉に置き換えたり、説明するなど読み手に親切な文章を心掛けましょう。

文章を整理しよう

文章を書き終えて内容をチェックした後は、細かい表現や誤字脱字を確認しましょう。
サイトの記事コンテンツも校正は最低限行うべきです。

誤字脱字
人が書き、人がチェックするうえで避けられないミスですが誤字脱字は可能な限り修正したほうがいいでしょう。
誤字ばかりだと信頼感を得られませんし内容も伝わりにくいからです。
不要な接続詞の削除
「そして」や「だから」などは文を次の文と繋ぐ際に用いられますが、なくても意味が通じる場合も多いので不要な箇所や読んでみて余計だと思われる箇所は削除しましょう。
体言止めのバランス確認
体言止めは効果的に使えば、文章にリズムを生み出し印象を残す効果がありますが、乱発してしまうと箇条書きのようになってしまうのでバランスを見ましょう。
「~の」が連続使用されていないかの確認
「~の~の~の」と「の」が2回以上続くようであれば文章を考え直したほうがいいでしょう。
「の」が多く続くと間延びした文になり意味も分かりづらくなるからです。
同じフレーズの連続使用
同じフレーズを多用すると、単純にしつこい印象を与えます。
伝えたいことに対して重要なフレーズやキーワードなのかもしれませんが、必要以上に使用することは避けたほうがいいでしょう。
また、SEO対策で狙っているキーワードだからといって多く使用するのもリスクがあります。
二重表現や矛盾の注意
二重表現とは同じ意味を持つ言葉を使用して表現することです。
例えば、「腹痛が痛い」や「右に右折」などです。
また、矛盾については全体の文章内容でも生じてしまわないかや表現として矛盾していないかを確認するようにしましょう。
語尾が単調になっていないか
文章が「~でしょう。~でしょう。」と同じ語尾ばかりになっていないか気をつけてください。
同じ語尾ばかりだと文章も単調になりますし読んでいて違和感が生じるからです。

SEO対策として意識すべき記事コンテンツ

コンテンツSEOが重要になったからコンテンツに力を入れるのではなくコンテンツの作成がサイト作成になっているという意識が必要です。

ランクインさせたいページにだけ力をいれればいいというものではなく、サイト全体のコンテンツが合わさってサイトの価値になります。
サイトの記事やコンテンツに力を入れていないのであれば、サイト作り自体の手を抜いていることと同じだからです。

なぜ、コンテンツSEOや記事に力を入れるべきなのか

サイトの記事やコンテンツに力を入れないでSEO効果を生み出そうとしているのは間違いでしょう。
コンテンツは何も記事コンテンツばかりではないですが、コンテンツSEOを考えるうえで記事に力を入れないのは理解できません。
コンテンツの集まりがサイトになり、どのコンテンツからユーザーが流入したとしても成果に繋がるようにコンテンツの質を高める必要があります。

コンテンツの質が高まることでサイトの価値も向上します。
また、外部からの被リンクやSNSでの反応や拡散も期待できるかもしれません。
SEO効果を求めるならコンテンツに力を入れなければいけません。

オーダーに頼るよりは書くべき

書く時間がないからは言い訳です。
記事制作がサイトに必要であれば行うべきだからです。
また、ダラダラと記事を外注する際のオーダーに時間をかける暇があるのならば1記事でもしっかりとした記事を製作したほうがいいでしょう。

記事をオーダーしただけでコンテンツSEOを行っていると勘違いしてはいけません。
記事の外注も適切に行えば、時間短縮になり有用ですがオーダーに時間がかかるようならば本末転倒ですし、リライトや校正は必要です。
実際、どのような方が書いているかわからない文章を自分のサイトにそのままアップすることはオススメできません。
自分で書くことでユーザーの反応や成果を直接感じることができますし、書き続けることで文章スキルは確実に向上します。

ユーザーが読むことを前提に製作する

記事を作成する際は、ユーザーが読むものであるということを前提に作成すべきです。

記事ができる前サイト自体の順位が低い場合は、ユーザーが読むことを意識することは難しいかもしれませんが見られてないからといい加減なものを作成してはいけません。
ユーザーを意識した記事を製作していくことで、順位向上も望めるからです。

サイトにボリュームを持たせたい、対策キーワードを含めた記事を入れたい、どちらも大切なことですが、キーワードだけを含ませた質の低い記事をアップすることは避けたほうがいいでしょう。
実際に、記事を読んだユーザーがどう思うのか、成果に繋がるアクションを起こしてくれるのか、また来訪しようと思ってくれるのか、ということを意識して製作しましょう。

文字数よりは内容

SEO的にTOPは何文字以上、末端記事は何文字以上という言葉を耳にすることがありますが、文字数を意識するよりは内容を深く考えるべきです。

文字数は必要な内容を書き出した後の結果であって、何文字以上にするために記事を書くという認識はあまり必要ないでしょう。
伝えたい内容や扱う内容により文字数にもバラつきが生まれるのは当たり前のことではないでしょうか。

記事の更新や定期的な見直し

完璧な記事など書くことは不可能ですし、順位の推移やユーザーの反応を見て定期的な見直しは必要です。
また扱っている情報に関して新しい情報や追加すべき内容が発生した場合は、記事の内容を更新する必要があるでしょう。

記事やコンテンツは完成することはないと考え、常にユーザーのために改善する必要があるからです。

コンテンツSEOの注意点

コンテンツSEOを行う際に注意したいことは焦らないことでしょう。
いくら丁寧に作成して良い記事を書いたつもりでも公開した記事がすぐに上位に来るとは限りません。
検索エンジンからの評価ユーザーからの反応もどうのようになるかを確実に予想することは不可能です。

質の低いコンテンツを生み出さない

サイトにボリュームが必要である、ロングテールでニッチワードを狙う、考えはわかりますがだからといって焦ってコンテンツを量産することはオススメできません。

コンテンツSEOが重要視されコンテンツに力を入れる方向にシフトしていても質の悪いコンテンツを作成するだけならばなんの意味もないからです。
サイトに必要なコンテンツをしっかりとした基準を設けて作成していくことが求められています。

コンテンツSEOを行うなら

コンテンツSEOを行うなら、手を抜かないことです。
コンテンツの価値=サイトの価値」と考え改善し続けなければいけません。

記事制作も同様に、キーワードを入れただけの記事やありふれた情報しかない記事をユーザーは求めていないということです。
キーワードに対して適切で質の高い情報を持った記事をユーザーは求めています。

ユーザーの検索意図を読み、満足してもらえる質の高い記事やコンテンツを用意しサイトの価値を高める努力を継続しましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

コンテンツSEOの実践的な考え方と取り組み

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+