SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1110(2017/08/17追加)

22本入荷しました

17本入荷しました

37本入荷しました

  • ブロンズ…655
  • シルバー…305
  • ゴールド…139
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

日本語ドメインの中古ドメインってどうなのか!?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

日本語ドメインの中古ドメインってどうなのか!?

日本語ドメインが取得しやすい状況になり、様々な日本語ドメインが多く誕生している状況です。
ですから、中古ドメインとしての日本語ドメインも多く生まれています。

日本語ドメインの中古ドメインのSEO効果はどのようなものであるか考えていきます。

目的に即した日本語ドメインなら効果的

日本語ドメインの特徴として新規・中古に関わらず目的やサイト内容とマッチした文字列や意味を持つ日本語ドメインであれば効果的に利用できるでしょう。

作成しようとしているサイトタイトルの日本語ドメインを取得するのも良いかもしれません。

使用が限定されるので選択肢は狭い

従来の英文字などの中古ドメインと異なり、日本語ドメインは使用が限定されるので日本語ドメインの中古ドメインは思うように見つからないかもしれません。

スコアやドメインエイジなどが良いドメインであっても全く無関係な文字列であると日本語ドメインでは使用すると違和感が生じてしまうからです。

ユーザーがドメインをそこまで見るか?という声もあるでしょうが英文字に比べて日本語の文字列は目に入ってきやすい傾向がありますし、実際にそう感じます。

視認性の高さは日本語ドメインのメリットとして良く語られますが、反対にサイト内容と大きなズレがある場合はデメリットになってしまいます。

日本語ドメインの中古ドメインの特徴とは

文字列が日本語である日本語ドメインの中古ドメインは、ほぼ日本語のサイトで運用されていたという実績があるでしょう。

その点は、日本語でサイトを運用していこうと考えていて内容も近しいサイトに使用と考えているならば有効に利用できるかもしれません。

日本のサイトからの被リンクを持っている可能性

日本語ドメインの中古ドメインであれば、日本のサイトからの被リンクを持っている可能性は高いでしょう。

日本語ドメインは高い確率で日本語でサイトが運用されていたと考えられますので、日本のサイトから被リンクが集まるのが自然だと考えられるからです。

キーワードに即したアンカーテキスト

日本語ドメインが持つ文字列のキーワードをSEO対策していこうと考えている場合、ターゲットとしているキーワードの被リンクを持っているかもしれません。

これから運用するサイトが狙うキーワードも共通している被リンクを保持しているならSEO効果はより高まると考えられます。

日本語ドメインは調査しやすい面もある

中古ドメインの場合、英語・日本語問わず、調査をしなければなりません。

最低限、リスクの高低や手動ペナルティの有無の判断できるぐらいは分析できる能力やデータが必要です。

能力は多くの経験を積まなければ得ることは難しいですが、データに関して言えばツールなどを使いある程度は確認できます。

スコアやデータには表れないリスクも中古ドメインの場合ありますので注意は必要です。

被リンク元サイトが日本のサイトであるか

日本語ドメインの場合、被リンク元のサイトやアンカーテキストが日本語でなければ不自然です。

日本語ドメインの文字列に適しているアンカーテキストであるかは英文字に比べ確認しやすいでしょう。
また、海外サイトや無関係な英文字や他言語からの被リンクばかり保持している場合、日本語ドメインとしては不自然であると考えられます。

過去の運用サイトの内容が把握しやすい

日本語ドメインは日本語でサイト運用されていた可能性が高いので、どのようなサイトであったのかを確認することは難しくないでしょう。

しっかりと過去のサイト内容を読み取ることで不自然な点がないかを確認します。
日本語ドメインであるのに英語や他言語で運用されていた場合は、注意したほうがいいでしょう。

また、従来の中古ドメインと同様に過去のサイト内容が取得できない期間が長かったり、パーキング期間が長いものは注意しましょう。

日本語中古ドメインのリスク・デメリット

調査しやすいという面もあるといいましたが、日本語ドメインの中古ドメインの調査をして問題がないと考えた場合、手放した理由がよくわからないという点はあります。

日本語ドメインの場合に限らず、手放した理由は憶測するしかありませんが日本語ドメインの場合はより疑いの目を強く持ったほうがいいかもしれません。

英文字の中古ドメインの効果がある事実

日本語ドメインの中古ドメインも効果があるのは疑いませんが、英文字の中古ドメインを利用して日本語のサイトを運用したとしてもSEO効果や中古ドメインのメリットを実感できているのも事実です。

運よく理想的な日本語の中古ドメインに出会ったのなら、取得し利用するのはいいと思いますが、英文字の中古ドメインでも効果があることは覚えておいてください。

サイト内容の変更が効かない

使用が限定される点と共通して、サイト内容の変更が日本語ドメインの場合しにくいですし、サイトで扱うトピックを増やす場合も対応しにくいでしょう。

日本語ドメインの場合は、やはり新規・中古を問わずしっかりとした目的意識がないと手を出すべきではないでしょう。

日本語ドメイン以外でも過去に日本語で運用のドメイン

日本語ドメインに限定しなくても、過去に日本語で運用されていた英文字の中古ドメインは存在します。

すべての期間が日本語で運用されていたわけではないものもありますが、運用履歴の中で日本語サイトの履歴を持つ中古ドメインは存在します。

英文字で日本語サイトの運用履歴があるドメインであれば、日本語ドメインで懸念しなければならない項目を意識しないで済みます。

また、英文字の中古ドメインであり日本語での運用履歴を持ったSEO効果を持ち質が担保されている中古ドメインを自力で見つけ出すのは容易ではありません。

アクセス中古ドメインで取り扱っています!

ドメイン属性が日本語サイト

アクセス中古ドメインの商品詳細検索のドメイン属性の項目に「日本語サイト」が追加されました。

「日本語サイト」の属性を持つ中古ドメインは、過去の運用履歴に日本語が含まれているドメインになります。

ドメイン属性が日本語サイトの取り扱い

過去に日本語の運用履歴を持つ中古ドメインを各ランクごとに豊富に取り扱っていく予定です。

是非、アクセス中古ドメインの中古ドメインを手に入れてください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

日本語ドメインの中古ドメインってどうなのか!?

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+