SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1110(2017/08/17追加)

22本入荷しました

17本入荷しました

37本入荷しました

  • ブロンズ…655
  • シルバー…305
  • ゴールド…139
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【被リンク対策】リンク先の規則性からペナルティのリスク!?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【被リンク対策】リンク先の規則性からペナルティのリスク!?

サテライトサイトを作成し、ひとつのサテライトサイトから保持している複数サイトに被リンクを送る場合は、注意が必要です。

被リンク対策の代表格といえるサテライトサイトからのリンクについて考察していきましょう。

ひとつのサテライトサイトから複数の被リンク

サテライトサイトを作成した場合、ひとつのサテライトサイトからひとつの被リンクで終わらずに、ひとつのサテライトサイトから複数の被リンクを送る可能性があります。

特に上位表示させたいサイトを複数持っている場合は、このようなことは起こりやすいと考えられます。

サテライトサイトから複数の被リンクを送ることは違反というわけではないですが、リスクも生じるので注意が必要です。

リンク先のサイトに規則性が生まれる

サテライトサイトからのリンク先に規則性が生まれてしまうことを念頭に入れておかなければなりません。

サテライトサイトを複数作成し、それぞれのサテライトサイトの質に気を遣って作成していたとしても上位表示させたいサイトへのリンクの貼り方を意識しなければ規則性は生まれてしまいます。

リンク先の規則性とは

サテライトサイトを複数保持している場合は特に注意が必要です。

複数サテライトを構築しそれぞれ質を保持していたとしてもリンク先のサイトを目的のサイト以外のサイトにしてしまうと意味がなくなってしまうからです。
被リンク対策のために作成したサテライトサイトからの被リンクを目的以外のサイトに送ろうとするウェブマスターは稀でしょう。

ですが、リンク先を同一のものばかりにしているとサテライトサイトからのリンク先に規則性が生まれてしまいリスクが高まります。

リンク先の規則性のリスク

サテライトサイトはサイトとしての価値がなければ、被リンクの効果が生まれにくくなってきており、価値を高めるためにサテライトサイトも質を高める努力や工夫が求められています。

また、自作自演行為はやはり見破られてしまうことで生じるリスクは常につきまといます。

複数のサテライトサイトから、複数の同一サイトへのリンクが規則的に貼られてしまっていることは不自然であり、Googleはリンク先の規則性まで監視しているといわれています。

サテライトサイトやリンク先サイトの質に関係なく

サテライトサイトからのリンク先に規則性が生まれてしまい不自然だと判断された場合、サテライトサイトやリンク先のサイト自体の質が良くても不自然な被リンクとみなされてしまう可能性があります。

サテライトサイトの質を考慮し多様性を持たしていたとしても、リンク先の規則性により似たようなサテライトサイトだと判断されてしまう危険性があります。

サテライトサイトの数が多いほど不自然

サテライトサイトが少なければ、そこまでリンクの規則性に違和感は生じませんがサテライトサイトを多く持ち利用していてサテライトサイトからの被リンクに規則性があるのならば、不自然極まりなく異様です。

サテライトサイトを複数作成しそれらすべてのサテライトサイトが、同じサイトにリンクしているというのはやはり不自然だと思われてしまう可能性は高いでしょう。

サテライトサイトの数に注意

効果を高めたいからといってサテライトサイトを安易に増やすことで被リンクを集めて効果をあげようとするのは危険です。

また、リンク先の規則性から生じるリスクを高めることになります。

数を増やすよりは質を高めることを意識したり、中古ドメインを利用して付加価値をつけるなどの工夫が必要です。

サテライトサイトの質がしっかりしているのに思ったような効果がないという場合は、被リンク対策以外の面での対応が必要なのかもしれません。

しっかりと状況やサイトの状態を把握し適切な対応をしましょう。

リンク先の規則性を回避するには

リンク先の規則性を回避するには、規則性を崩す工夫が必要です。

また、サテライトサイトが極端に増え過ぎないように効果的なサテライトサイトを作成し運用することも重要です。

リンク先の規則性を回避するために考えられることは、

  • 目的サイト以外のリンクを貼る
  • リンク先のページを変える
  • サテライトサイトからのリンク数を変える

などが、考えられます。

目的サイト以外へのリンク

わざわざ作成したサテライトサイトから他サイトへリンクを送るのは少々気が引けるでしょうが、規則性を崩すには効果的です。

また、サテライトサイトが扱う内容と関連している他サイトであれば不自然ではありませんし、SEO効果も少なからず生じます。

リンク先のページ・URLを変える

リンクを集めたいサイトへリンクのURLやページを変えることも規則性を崩すことに効果があるでしょう。

対策ページ以外に被リンクを集めることもサイト全体が被リンクを受けているという状態になり自然です。

サイト内でリンクが集中しやすいページがあるのも事実ですが、バランスを見て対策ページ以外にもリンクを送ることは効果的です。

サテライトサイトからの被リンク数

例えば、対策したいサイトを3つ持っていたら、ひとつのサテライトサイトから3つリンクを貼ってしまいがちです。

複数サテライトサイトがあるならば、サテライトサイトごとの被リンク数を変えていくことで規則性を崩すことができます。

サテライトサイトも数から質

リンク先の規則性も被リンク効果もサテライトサイトの質を高め少数精鋭にしていくことで問題は片付きます。

サテライトサイトの質を高めるには、

  • 中古ドメインの利用
  • しっかりとしたコンテンツ・記事
  • ユーザビリティを意識したデザイン
  • 継続的な更新・運用

などがあげられます。

手間がかかる項目もありますが、無数にサテライトサイトを増やし続けるよりは建設的です。

質もそうですが、サテライトサイトの数をしっかりと計画して被リンク対策は行うべきです。
複数持つことは一般的ですし良いと思いますが、効果が出ないからと増やし続けるのはリスクを高めたり、コストを無駄にしているとしか思えません。

中古ドメイン×サテライトサイト

中古ドメインとサテライトサイトは相性が良いです。

サテライトサイトにはそこまで時間をかけられない場合が多いので中古ドメインを利用して価値を高めると同時に時間短縮の効果を得て効率的な運用を目指しましょう。

是非、当店の中古ドメインをサテライトサイトにお役立てください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

リンク先の規則性からペナルティのリスク!?

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+