中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1613(2017/11/21追加)

20本入荷しました

78本入荷しました

22本入荷しました

  • ブロンズ…1041
  • シルバー…450
  • ゴールド…91
  • プラチナ…31
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

コンテンツSEOに失敗する原因とは?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

コンテンツSEOに失敗する原因とは?

コンテンツSEOコンテンツマーケティングが主流になってきており質の高い記事やコンテンツを作成することの重要性は増してきています。

コンテンツSEOは行為としては、真っ当に行えば検索エンジンからのペナルティなどのリスクは少ないですが思うように上位表示や集客できない場合もあります。

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングが失敗してしまう原因を考えてみましょう。

コンテンツSEOが失敗する原因とは

記事やコンテンツに力を入れていくと考えていても、質の高い記事やコンテンツが意識を変えたところで作成できるとは限りません。

コンテンツSEOが失敗する原因として考えられるものは、

  • 商品やサービスの宣伝しかしていない
  • ユーザーの要求を満たしていない
  • コンテンツに対して明確なゴール設定がない
  • 質より量になってしまっている
  • ユーザーよりGoogleに意識が行っている
  • 話題になることだけを意識している

などが、コンテンツSEO、コンテンツマーケティングの失敗する原因として考えられます。

トニー
コンテンツや記事もただ作ればいいという考えは危険です!

宣伝ばかりしてしまっている

宣伝することは必要な要素ですが、宣伝に終始してしまうコンテンツや記事になってしまうとよくありません。

コンテンツ=広告ではなく、コンテンツはユーザーが求める情報を用意しておく必要があるからです。

確かにコンテンツや記事でユーザーのアクセスを集める、サイトの知名度などを高めるという要素がコンテンツにはあり一部広告のような機能を果たしますが、広告そのものとした利用の仕方は控えましょう。

コンテンツの役割としても宣伝し過ぎることは相応しくないですし、あまり宣伝ばかりしてアピールばかりしていても嫌悪感を抱かれてしまいます。

コンテンツがユーザーの要求を満たせていない

そもそもサイトに用意したコンテンツがユーザーの要求やニーズを満たせていなければコンテンツSEOにもコンテンツマーケティングにもなりえません。

ただ何となくコンテンツや記事を作成しているだけでは、意味がありません。
文字数やらキーワードやらだけ意識して作成すればいいというわけではないからです。

ゴール設定が出来ていない

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングはユーザーとの信頼関係を構築し中期、長期的な戦略になります。

広告や宣伝の項か現象やコスト削減の観点からも注目されているコンテンツマーケティングですが、費用対効果を予測しにくい面があります。

はじめは小さな目標やゴールを設定目指すべき目的やゴールを明確にしておく必要があります。

コンテンツ毎に個別にゴールを設定しておくこともいいでしょう。

コンテンツを何のための、どのような役割を持った上で運用しているのかを考えて製作することが重要になります。

コンテンツが質より量になっている

コンテンツの質を確保することは難しいですが、質の低いものを量産してしまうことは最も避けるべきことです。

コンテンツや記事を公開することや量を蓄積することだけに意識を置いてしまうと、、同じような内容のものや内容が薄いものばかりになってしまう可能性があります。

例えば同じ予算内でも、質の低い記事を100本用意するのか、質の高い記事を10本用意するのかということを考えなければなりません。

記事の数が多ければサイトに厚みは出るでしょうが、ユーザーのためになるものはどちらであるかを考え直してみる必要があります。

Googleを意識し過ぎたコンテンツ

ユーザーへ価値がある情報を与えることよりも、検索エンジンで上位表示されることが目的になってしまってはいけません。

もちろん、検索エンジンの上位に表示されることは集客の面では重要ではありますので全く意識しないというわけにはいかないでしょう。

上位に表示されているかつ内容や質も伴っているものであれば問題ありませんが、Googleのアルゴリズムだけ意識していたり、スパム行為に該当するようなことを行わないようにしましょう。

話題性を意識し過ぎている

コンテンツマーケティングは長期的な計画であり、瞬間的な話題性ばかりを求めているとうまくいかないことがあります。

「バズる」という言葉や「バズ・マーケティング」という手法もありますが、コンテンツマーケティングを行う上であまり話題性ばかり意識しないほうがいいでしょう。

バズることの多くは、マイナスな要因の場合が多いことも考えなければなりませんし、瞬間的なものであって一過性であるということも考えなければなりません。

また、炎上や風評被害になる場合もあるので注意しましょう。

コンテンツファーム化を防ぐ

コンテンツファームは内容が浅い、質や完成度が低いコンテンツのことを指します。

内容の浅さや質の低さは、いわゆるスパム行為などとは違い明確に定義することは難しくなっていますが、コンテンツファームに対してもGoogleは対策を強化しています。

コンテンツファームに該当する可能性があるコンテンツは、

  • 他サイトやページからのコピーコンテンツ
  • 自動生成されたコンテンツ
  • 情報やサイト自体に信憑性や信頼感がないコンテンツ
  • コピーコンテンツを一部書き換えたようなコンテンツ
  • 露骨な宣伝しかないコンテンツ

などが、コンテンツファームとされる可能性があります。

特に自分で作成していないコンテンツや記事を利用する際に注意が必要です。

トニー
コンテンツが重要視されてきたと同時に、質の低い記事も溢れてきています!

外注記事などは注意が必要

記事を外注する際は、自分で書くより注意が必要です。

自分で考えている内容のものではない、内容が浅い、など質が低いものが納品される場合があるからです。

このようなことになる原因は、

  • サービス自体の質が悪い
  • 発注の仕方が悪い

という点が考えられます。

サービス自体の質は、自分で見極めるしかありませんが発注の仕方は気をつけることができます。

記事の発注の仕方が原因と考えられる

費用を安く抑えた発注で多くの記事を頼むことは、基本的には避けたほうがいいでしょう。

例えば、1000文字程度の記事をキーワードや一部タイトルだけを指定しただけで多く発注したところで質の高い記事は手に入らないと考えていいでしょう。

納品された記事に自身で手を加えたり、修正して2000~3000文字の記事に仕上げていくというならまだいいですが、このような発注方法で納品されたままの記事はほぼ無意味といえます。

冷静に考えてみれば、キーワードをいくつか与えられたり、一部タイトルを指定されただけで深い内容や質の高い記事が作成できると考えて発注している方がおかしいでしょう。

発注時に適切な情報を提示・伝える

自分が欲しい内容の記事をしっかりと発注先に指示をし、記事の概要なり流れや着地点を伝える必要があります。

このように細かく指定したとしても伝聞になりますので、自分の考えているものと異なるものが来る可能性も否定できません。

キーワ―ドの指定やタイトルの指定だけでは、内容まで考えが及んでいないために質が低い記事を大量に抱える羽目になります。

発注量が多くて細かい指定ができないという状況も考え物です。
大雑把な発注で、質が悪い記事を得ることにメリットなどないからです。

もっと言ってしまえば、費用と時間の無駄と言えるでしょう。

発注時にしっかりと伝えなければどのような内容のものが来たとしても仕方ないということもできます。

欲しい内容や必要な内容を把握する

サイトに対して、自分で書く場合も発注する場合も欲しい内容や必要な内容をしっかりと把握しておかなければなりません。

必要な内容を理解していないで記事を製作することや発注することは、無意味な行為と言えます。

必要な内容を理解していなければ、記事の良し悪しを判断することはできませんし、作成も発注も基本的には行えないはずです。

バイラルコンテンツのリスクも考える

バイラルコンテンツとは、簡単に言うと話題性を生み出すコンテンツのことです。

SNSなどで急激に話題になったり、拡散されたりするようなコンテンツのことをバイラルコンテンツと言います。

コンテンツが一瞬のうちに拡散され話題を生むことがあり、アクセスの獲得や認知度の向上などメリットはありますが、話題の質やリスク管理をしっかりしておかなければマイナスになってしまう場合もあります。

トニー
話題を生み出すにはショッキングなタイトルや内容を使うことでも引き起こせますが、起きた話題がプラスになる場合だけではありません!

瞬間的な話題ばかりを求めない

コンテンツSEO、コンテンツマーケティングは基本的には長期的な計画で行う施策です。

それに対してバイラルコンテンツは瞬間的な効果を生み出す特徴が強いので、コンテンツSEOの軸としてはあまり考えないほうがいいでしょう。

ユーザーが本当に求めていることを追わずに、目先だけの話題性や反応ばかりを追い求めることはコンテンツSEOの本来の役割ではありません。

話題を生み出すことも重要ですが、話題を生み続けることは難しいですし、不特定多数の方が話題にした内容が本来のユーザーにとって有意義なことだとは限りません。

ネガティブなバズ、「炎上」の方が生まれやすい

バズと炎上は異なりますが、現象としては近いものがあります。

バズは簡単に言えば、好意的な意見の方が多い状態を指し、炎上は批判や怒りなどのネガティブな意見の方が多い状態を指します。

バズと炎上は紙一重ということもできまずが、バズを誘発するより炎上を起こすことの方が容易です。

炎上商法などという言葉もありますが、炎上することにより既存のユーザーも離れてしまったり極端なイメージがついてしまうこともありますので気をつけたほうがいいでしょう。

コンテンツSEOは焦らずじっくりと行う

コンテンツSEOは時間がかかることも多く長期的な視点で考えていかなければなりません。

例えば、じっくりしっかりと作成した記事であっても公開してすぐに高い順位が獲得できるとは限らないからです。

ある程度の質があるコンテンツが蓄積されるまで待たなければなりませんし、ユーザーの反応を見て改善し続けていくことも求められます。

ですが、これらのことはサイト作成・運用をしていく上で当たり前かつ必要な行為になりますので日々、コンテンツをしっかり作成していくというだけで特別コンテンツSEOの為に何かやっているという意識を持たなくてもいいかもしれません。

継続していくことで、公開した記事もすぐに高い評価を受けていくなどの相乗効果もありますし、ファンが出来て自然と被リンクやSNSシェアをしてくれるかもしれません。

コンテンツSEOを失敗しないように参考にして行ってください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

コンテンツSEOに失敗する原因とは?

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

メールアドレスだけで30秒簡単!

新規登録をして
中古ドメインを購入する
無料登録
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す