中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1680(2018/11/16追加)

31本入荷しました

31本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…205
  • シルバー…595
  • ゴールド…584
  • プラチナ…296
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインのアタリ・ハズレを判断する基準を考えてみよう!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインのアタリ・ハズレを判断する基準を考えてみよう!

中古ドメインにはアタリ・ハズレがあるとよく言われます。

ですが、何を基準に判断しているのでしょうか。

必ずしもドメインだけが要因で決まる部分だけではありません。

中古ドメインのアタリ・ハズレの判断基準を考えていきましょう。

スパムやペナルティドメインはハズレで間違いなし

中古ドメインの場合は取得した段階でハズレと断定してしまえる場合があります。

それは、スパムドメインや手動ペナルティを持っているドメインです。

セキュリティソフトで警告が出るドメインもありますが、解除申請をすることで利用は可能です。

ですが、スパムドメインとして登録されていたり、手動ペナルティを持っているドメインは解除してまで使うというのは大変です。

また、解除される保証もありません。

ですので、利用前にセキュリティに引っかかったり、スパムやペナルティを持っているドメインはハズレと考えていいでしょう。

ハズレ以前に使用することも控えましょう。

オールドマスク
利用前にペナルティの有無を確認するのは基本ですのでしておきましょう。

自力取得の場合は基本的にあきらめるしかない

自力で購入した中古ドメインが、スパムやペナルティドメインであれば、あきらめて別のものを探す方が効率的です。

知らずに使ってしまっている場合もあり、時間を無駄にしてしまうこともあるので利用前に確認は必須です。

また、自力で探して購入する場合は、複数購入するなどのリスク回避をしておいたほうが無難です。

販売店を利用の場合は、規約や期限にもよりますが返品や交換などの対応をしてくれることもあるので、自力購入よりリスクは低くなります。

オールドマスク
アクセス中古ドメインは、納品から5日以内に手動ペナルティである場合は対応しております。

普通に使える中古ドメインであればアタリ

中古ドメインのアタリ・ハズレということを考えれば、利用に問題がない中古ドメインであればハズレではなくアタリであったと考えていいでしょう。

利用できる状態であれば、ほとんどの場合ドメインに問題はありません。

ですが、中古ドメインの場合は被リンクに不適切なものや低品質なものなどリスクがある被リンクを持っている可能性があります。

ですから、運用開始前に被リンクを精査しておくことは必要です。

サーチコンソールで確認は必須

被リンクの精査もそうですが、手動ペナルティをサーチコンソールで確認しておきましょう。

運用前に手動ペナルティを持つ中古ドメインは、想像以上に多くあります。

利用前に手動ペナルティでないことをしっかりと確認できていれば、無駄な時間を過ごさずに済みますし、ハズレではないと言えます。

オールドマスク
何度も言いますが、中古ドメインの場合は利用前に確認しておくことが必須作業です。

運用開始してインデックスがされるようならば問題ない

サイト運用を開始しサイトマップ送信などをして、サーチコンソールでインデックス状況等を確認するでしょうが、インデックスがされていっている状態であれば問題はないでしょう。

この段階で、利用できる中古ドメインであるということは言えますし、ハズレであるということはできないでしょう。

サイト自体がガイドライン違反をしていないなど、最低限の質やクローラーが巡回できる状態であることは必要にはなります。

もちろん、インデックス以外にもサーチコンソールでエラーなど様々な確認をする必要がありますが、インデックスされて運用が普通に行える中古ドメインであれば問題ないということができます。

オールドマスク
新規サイトや記事を公開して、短時間でインデックスされるような中古ドメインは利用する分にはアタリと言えるでしょう。

サイトの順位や成果ではアタリ・ハズレは決められない

中古ドメインを買って、普通にインデックスがされ問題なく運用が行えていても必ずしも、サイトが成功するとは限りません。

ですから、サイトを運用してからの順位や成果だけを見て、中古ドメインがハズレであると言うことは安易な発想であると考えられます。

逆にサイトが成功した場合も同様です。

成功した場合は、中古ドメインがハズレであるとは言えないでしょうが、中古ドメインだけの力で成功したわけではないでしょう。

また、成功もどの段階でのことでいうのかは各々異なるでしょうから、やはりサイトの順位や成果からだけでは、アタリ・ハズレを考えるのは適切ではないでしょう。

オールドマスク
順位や成果を決める要素はドメインだけではないことは明白ですが、中古ドメインの場合はドメインだけの影響のせいと考えてしまいがちになるので注意が必要です。

ドメインだけの要素で順位や成果は決まらない

インデックスもされて、ペナルティもない中古ドメインであれば、問題がない状態ですので、サイトの評価はドメイン以外の部分に影響されている可能性が高くなります。

コンテンツの質がユーザーにも検索エンジンにも大きく影響するようになっており、サイト全体の質を考えなければ、成果は得られません。

  • 中古ドメインを使っているのに
  • 高い中古ドメインなのに

という部分だけしか見ていないと、中古ドメインのせいにしてしまいがちになりますが、本質を考えてサイト全体を総合的に見てみる必要があります。

中古ドメインの価値を下げているサイトかもしれない

いくら良い中古ドメイでも、価値がないサイトや不適切なサイトで使用していれば、効果も出なければ価値も失います。

質の高い中古ドメインだから大丈夫と考えるのではなく、中古ドメインの質を高めることが出来ているサイトになっているかを考えて利用、運用していく必要があります。

新規ドメインがサイトの価値や質が悪ければ、価値もつかずに評価を落とし場合によってはペナルティを受けるのと同様に、中古ドメインの場合もサイトの価値と質が悪ければドメインの価値や効力は失われ、ペナルティを受けることもあるからです。

オールドマスク
中古ドメインの場合はより、サイトの価値と質を考えてサイトを作成、運用していくことが求められます。

利用可能な中古ドメインはアタリにする努力が必要!

利用に問題がない中古ドメインであれば、アタリ・ハズレを考えるよりはサイトの質を高めて成果を早める、高める努力を継続していくことが必要です。

成果が生み出せる可能性のある、価値があるサイトを作成、運用することが出来なければ中古ドメインであっても成功することは難しいからです。

利用に問題がない中古ドメインの場合は、新規ドメインと同様にサイトの成果に対して影響は少なく、ドメインのせいにすることはできないでしょう。

アタリ・ハズレを考えるのではなく、あくまでサイトの価値で考えた方がいいでしょう。

もちろん、利用に問題がない中古ドメインを手に入れるために当店を利用したり、しっかりと中古ドメインを精査することが大前提になります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインのアタリ・ハズレを判断する基準を考えてみよう!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン