by Access Japan
販売ドメイン 2239(2021/10/12追加)

18本入荷しました

8本入荷しました

3本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

商品購入でポイント3%還元 | 10本まとめ買いで10%OFF

HTML・CSS・JavaScriptの圧縮ファイルを元に戻すツールを解説【最新版】

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク line

HTML・CSS・JavaScriptの圧縮ファイルを元に戻すツールを解説【最新版】

自身のサイトのHTMLやCSS、JavaScriptなどのファイルを圧縮したものの、圧縮前の状態に戻したいと思うことはあるはずです。

また、他社サイトの分析のために圧縮されたHTMLやCSS、JavaScriptを戻したい場合もあるはずです。

今回のコラム記事では、HTML・CSS・JavaScriptファイルの圧縮を戻すツール5選、ツールを使って実際に圧縮されたHTML・CSS・JavaScriptファイルを戻す方法を解説しています。

本コラム記事では、画像を使用してツールの紹介・使い方をくわしく解説していますので、HTML・CSS・JavaScriptファイルの圧縮を戻す方法を知らない方も安心してご覧ください。

HTML・CSS・JavaScriptの圧縮を戻すツール

HTML・CSS・JavaScriptなど圧縮されたコードを戻して読みやすく整形してくれるツールをまとめておきました。

ツール名 説明
HTMLのコード整形ツー ブログサイト「Syncer」が提供するオンラインツール
CSSのコード整形ツール
JavaScriptのコード整形ツール
DirtyMarkup HTML・CSS・JavaScriptのコードを整形してくれるオンラインツール

HTMLのコード整形ツール

HTMLの圧縮コードを元に戻すことができるツールは「あらゆ」さんが運営するブログサイトのSyncer(シンカー)で提供されている「HTMLのコード整形ツール」です。

「HTMLのコード整形ツール」は、圧縮されたHTMLファイルにインデントや改行などを付け加えてくれます。

ツールの使い方は、圧縮したHTMLファイルを変換前のコードに貼り付けるだけです。

CSSのコード整形ツール

CSSの圧縮コードを元に戻すことができるツールは、ブログサイトのSyncerで提供されている「CSSのコード整形ツール」です。

分析したいサイトのCSSが圧縮されている場合には「CSSのコード整形ツール」を利用するのがおすすめです。

ツールの使い方は、変換前のコードに貼り付けるだけです。

簡単な手順で、改行やインデントなどを追加してくれます。

JavaScriptのコード整形ツール

JavaScriptの圧縮コードを元に戻すことができるツールは、ブログサイトのSyncerで提供されている「JavaScriptのコード整形ツール」です。

ここまで紹介した「HTMLのコード整形ツール」「CSSのコード整形ツール」と使い方は同じで、圧縮されたJavaScriptのコードを変換前のコード部分に貼り付けるだけです。

DirtyMarkup

Dirty Markup(ダーティー・マークアップ)は、アメリカ・カルフォルニア州を拠点にしている10 Best Designが提供するツールです。

Dirty Markupは、圧縮されたHTML・CSS・JavaScriptなどのコードを読みやすく整形してくれ、文法のエラーチェックもできます。

ツールの使い方については後述しますが、だれでも簡単に圧縮ファイルを元に戻すことができます。

DirtyMarkupを使ってHTML・CSS・JavaScriptの圧縮を戻す方法

本コラム記事では、DirtyMarkupを活用してHTML・CSS・JavaScriptの圧縮を戻す方法を解説していきます。

基本的に使い方は一緒なのですが、今回は、それぞれの使い方を紹介していきます。

HTML圧縮ファイルを元に戻す方法

まずは、元に戻したいHTMLのソースコードを準備してください。

準備ができた方は、DirtyMarkupの「HTML」ボタンを選択し、下記の画面のように圧縮コードを貼り付けてください。

貼り付けたあとに画面左にある「Clean」ボタンをクリックすると、数秒で圧縮されたHTMLのコードを元に戻すことができます。

最後に右クリックをして、コードをコピーしましょう。

たったこれだけで圧縮したソースコードを元に戻すことができます。

CSS圧縮ファイルを元に戻す方法

まずは、元に戻したいCSSのソースコードを準備してください。

準備ができた方は、DirtyMarkupの画面左にある「CSS」ボタンを選択し、ソースコードを貼り付けましょう。

その後「Clean」ボタンをクリックし、圧縮を元に戻したCSSのソースコードをコピーしましょう。

JavaScript圧縮ファイルを元に戻す方法

まずは、元に戻したいJavaScriptのソースコードを準備してください。

準備ができた方は、DirtyMarkupから「JS」ボタンを選択して、ソースコードを貼り付けます。

最後に「Clean」ボタンをクリックしましょう。

たったこれだけで、複雑なJavaScriptコードも元に戻すことができます。

まとめ:圧縮されたHTML/CSS/JavaScriptを元に戻そう

HTML・CSS・JavaScriptの圧縮ファイルを戻すためのツール・使い方について、くわしく解説してきました。

圧縮ファイルを元に戻すときには、本コラム記事で紹介しているツールを参考にしてみてください。

また、圧縮ファイルを元に戻す前には、圧縮されたコードのバックアップをしておきましょう(どのタイミングで圧縮ファイルが必要になるか分からないので)。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

HTML・CSS・JavaScriptの圧縮ファイルを元に戻すツールを解説【最新版】

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...