SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1110(2017/08/17追加)

22本入荷しました

17本入荷しました

37本入荷しました

  • ブロンズ…655
  • シルバー…305
  • ゴールド…139
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

アフィリエイターに中古ドメインをオススメする理由

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

アフィリエイターに中古ドメインをオススメする理由

中古ドメインを利用することでドメインが持っていた資産を引き継ぐことができ、新しく作成したサイトでもスタート時から期待が持てることは今までも紹介してきました。

今回はアフィリエイター中古ドメインをオススメする理由について紹介します。
これからアフィリエイトをしていきたい方や複数サイトを運営して早い成果を目指したいと思っている方は是非参考にしてみてください。

手間を減らし効率的に進めたいなら

減らすことができる手間はなるべく減らす、またはなくすことができれば効率は上がり他に必要なことに費やす時間の確保にも繋がります。

アフィリエイターの目的は成果を上げることです。
そして成果をなるべく早く出し、拡大していくことが目的です。
中古ドメインを利用することで成果に導くための過程の手間の軽減が期待できます。

中古ドメインの資産活用で時間短縮

新たにドメインを取得してバックリンクをひとつずつ獲得し増やす作業や、サイトのオーソリティを高めていくことは手間と時間をかけなければいけません。
中古ドメインの場合は既にバックリンクもオーソリティも有しており、それらを引き継いだ上で新たにサイトを構築し運営していくことで時間短縮ができ効率的です。

新規サイトを制作し、インターネット上に公開してから検索順位が上位に表示されるようになるまではある程度の時間やSEO対策をしなければなりません。
新規ドメインに比べ、検索順位の上位表示に対するSEOの時間と経費の削減に中古ドメインは期待できます。

しっかりしたサイトだとしても

製作したサイトが素晴らしい内容やデザインだったとして適切なSEO対策を行っても時間はかかります。
時間がかかるということは同時にコストもかかっているということです。

同じクオリティのサイトを作成し運営していくなら、バックリンクやオーソリティという資産を持っている中古ドメインの方が何も持っていない新規ドメインよりいいでしょう。
勿論、新規ドメインを取得しそれを育てて運営していくのも悪くはありませんが、より早い成果を求めているならば中古ドメインの方が適していると言えます。

アフィリエイト用のサテライトにも最適

メインサイトの検索順位の上位表示を狙うために、サテライトサイトを作成すると思います。
その際にも中古ドメインは効率的かつ効果的です。
質の良いバックリンクのある中古ドメインをアフィリエイターが作成するサテライトサイトに使用すれば、強いリンクジュースを流し込むことが期待できます。

サテライトサイトも作ってリンクを貼ったら終わりという形ではなく、しっかり運営していくことも必要です。
サテライトサイト自体にも価値がなければ意味があまりないからです。

目的に適した中古ドメインを選ぶ

中古ドメインを利用することで、価値を高めてくれる役割のひとつを担ってくれるかもしれません。
中古ドメインを選ぶ際にはバックリンクの数だけでなく、バックリンクの質を見極めることも重要です。
質の良いリンクを持つ中古ドメインであればSEO対策の時間とコストの削減につながり、コンテンツの充実やサイトデザインの改善など他の部分に力を注ぎやすくなります。

価値や信頼があるサテライトからのリンクを受けることができればより高い効果が期待でき中古ドメインでサテライトを製作し運営していくことでより早い成果を得られる可能性が一段と高まります。

アフィリエイトは成果を早めることがポイント

サイトの運営を始めてから、どれだけの期間で成果を出すことができるかがアフィリエイターにとって重要になります。
運用履歴が長い中古ドメインを利用して製作したサイトであれば、最初から運用期間が長いサイトと肩を並べてスタートすることができます。

運用期間が長いと信頼度が高まると考えられていて、サイトの信頼度検索エンジンの上位表示される条件のひとつとも言われています。
早く成果を出すにはまず、早く人の目に触れる必要性があるということです。

ドメインエイジや過去を活かそう

運用履歴に関連した用語にドメインエイジというものがあります。
ドメインエイジも同じく、長ければ長いほど検索エンジンは信頼できるものとして評価する傾向があります。
これは新たに取得したドメインでは持ちえない部分になります。

ドメインエイジを手に入れる

ドメインエイジの長い中古ドメインを利用すれば、新しいサイトであっても高い評価をされる可能性が高くなります。
中古ドメインが持つドメインエイジはそのまま引き継がれますので、新たなドメインを取得して育てるよりも大きく手間を減らすことが可能になるのです。

新たに取得したドメインを育てていく手も可能ですが、時間がかかるのは目に見えています。
中古ドメインは何年もの時間をかけなければ得ることのできないドメインエイジを一瞬にして手に入れることができます。

それを活かし継続した運用をしていけばさらにドメインの力は育ち、より大きな効果を期待できます。

運用履歴とのマッチング

中古ドメインの上位表示効果を最大限に発揮するためには、自分が運営しようとしているサイトとマッチしているか適切なドメインであるかを判断することが重要です。
運営するサイトと同じジャンルで運用されてきたドメインであれば、上位表示される可能性も高くなります。

同じ業種やジャンルであれば、バックリンクのアンカーテキストやキーワードの関連性が近いワードである可能性が高いので即効性も期待できるからです。

成果を出すには様々な工夫がいる

中古ドメインを利用することで、本来ならばもっと時間をかけたりしなければいけない部分を短縮することが可能になることはご理解いただけたと思います。
ですが、それだけで十分とは言えません。
一般的に成果がでるまでの期間は3ヶ月から半年ほどと言われています。

成果を出すためには、継続したサイトの運用をしていかなければならないからです。

継続することが成功へのカギ

成果が早く出ることに越したことはないですが、それから継続して長く成果を出し続けられるかというとまた別の話になってきます。
成果を早く出すことと同じぐらいアフィリエイトでは作業を継続することが重要です。
作業にどれぐらいの時間を費やせるか、どのような作業をしていくかは人やサイトにより異なると思います。
ですが、どのような形であれ作業の継続は必須になります。

中古ドメインを利用することでの利点は作業時間の確保がしやすくなるという点もあるのです。

中古ドメイン以外の対策も重要

SEO対策に対しても中古ドメインを利用しているだけで終わってしまっては良くありませんが、スタート時においての手間やコストの削減には非常に効果的です。
その手間を省いて浮いた期間の間にどれだけ作業を行えるかにより、成果に大きな影響を与えていくことになると思います。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

アフィリエイターには中古ドメインがオススメ

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+