中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1406(2017/10/20追加)

21本入荷しました

33本入荷しました

11本入荷しました

  • ブロンズ…918
  • シルバー…377
  • ゴールド…91
  • プラチナ…20
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ドメインエイジ(Domain Age)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

ドメインエイジ(Domain Age)とは

ドメインエイジとは、ドメインを取得し検索エンジンインデックスされてから経過した年月のことを指して使われています。

一般的にドメインエイジが長ければ長いほど、検索エンジンからの評価が高くなる傾向があります。
中古ドメインを購入する際のポイントのひとつとしても扱われ、ドメインエイジが長いものは高値で取引される場合もあります。

ドメインエイジの効果とは

ドメインエイジの長さは、ドメインの良し悪しを見極める上での指標になります。

しっかり長い期間、運用されていたサイトのドメインであれば検索エンジンからの評価やSEO効果が期待できるからです。

ドメインエイジの長さだけで評価は決まらない

注意したいのはドメインエイジの長さだけで評価されるわけではないということです。
あくまでこれまでのドメインの実績が評価されているのです。

ただ、ドメインエイジが長いだけでサイト内容や頻繁に変わったりサイト自体はあまり更新されてなかった場合でもドメインを更新していれば期間は長くなるからです。
ドメインエイジの長さも大事ですが、どのような運用履歴を辿って来たのかということも重要です。

ドメインエイジはいつから始まる?

ドメインエイジを計算する上で、注意しなければならない点がいくつかあります。
そのひとつとして、ドメインエイジの計算はドメインの取得時から始まるものではない、という点があげられます。

ドメインの年齢とも言われることもあるので、ドメインが新しく誕生したその時から計算が始まるように思えますがこれは間違いになります。

検索エンジンにインデックスされてから

実際はドメインがWebサイトに使用され、検索エンジンにインデックスされた時からドメインエイジの計算が始まります。
ですから、ドメインエイジをただ長くしようとしてドメインを取得しても、取得しただけではドメインエイジの計算はいつまでも始まりません。

中古ドメインを購入する際に、ドメインエイジを考慮したい場合はそのドメインがしっかりと使用されていたかの確認が必要です。

Googleのドメインエイジの調べ方

動画内でGoogleのマット・カッツ氏が、whoisのデータはレジストラでも完全に入手できるわけではなくTLD(トップレベルドメイン)の種類によっても異なるため、Googleのクローラーがサイトを発見した時からカウントするという趣旨の発言をしています。

Wayback Machineを利用する

ウェイバックマシンは過去の運用履歴を確認するのに非常に便利なツールです。
中古ドメインの場合は特に、過去の運用履歴を確認することをオススメします。
どのような形態のサイトで、どのような言語で、どれくらいの期間、などいろいろなことを意識して確認して行きましょう。

アクセス中古ドメインなら選定が簡略

様々な角度やドメインエイジを含む、たくさんの要素の分析を行う必要がある中古ドメインの選定の手間をなくし、良質な中古ドメインを提供していきたいと考えています。

是非、当店をご利用ください。
簡単検索など、気軽にドメインを探すことができます。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

ドメインエイジ用語解説

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+