中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 3293(2019/11/18追加)

15本入荷しました

15本入荷しました

15本入荷しました

  • ブロンズ…2167
  • シルバー…846
  • ゴールド…202
  • プラチナ…78
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ドメイナー必見!中古ドメイン選定に役立つ無料ツール4選

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

ドメイナー必見!中古ドメイン選定に役立つ無料ツール4選

SEO対策に有効な中古ドメインオールドドメインを査定や選定する際に、使用するツールは数多くあります。
今回は基本的に無料で使えるツールを4つご紹介します。
2017年1月時点の情報となっており、一部有料機能も含まれる場合もございます。

ドメイナーなら外せない「Internet Archive」

ウェイバックマシンの画面

https://archive.org/

ウェイバックマシンインターネットアーカイブが保存するウェブアーカイブを閲覧することの出来る無料サービスです。
ウェブアーカイブを閲覧できるサービスの中で最もよく知られています。

中古ドメイン選定の際、過去にどのように運用されていたドメインだったのかを知ることはとても重要です。
中古ドメインをお探しの方は、【中古ドメイン選び方・使い方】の記事一覧もご覧ください。

トニー
中古ドメインの過去の運用を見ることは必須と言えます

Wayback Machine(ウェイバックマシン)の見方

アーカイヴカレンダー

カレンダーのようになっているところの青く丸い印がアーカイブさせるためにクロールしたことを表します。
その日付を選択することで、どのようなサイトであったかを確認することが可能です。
どのような周期でクロールしているかはわかりかねますが、普通のウェブサイトなら十分に判断できる量のアーカイヴが閲覧できます。

アーカイブで見るべきポイント

サイトの過去を見る上で意識しておいたほうが良い点を説明します。

  • どのようなサイトだったのか
  • あからさまなスパムサイトではないか
  • 獲得した被リンクとサイトの内容に整合性はあるか
  • 価値の低いサテライトサイト等で使いまわされていないか

簡単に言うならば、人間の目で見ても客観的に内容が分からないようなサイトだった場合、SEO目的の中古ドメインとしては購入するべきではないでしょう。
また、インターネットアーカイブ(ウェイバックマシーン)だけで中古ドメインを選ぶのことも注意が必要です。

Majestic SEOなどの被リンクを調査ツールと組み合わせることで、より間違いのない査定が可能になります。

トニー
海外サイトでも問題ないですが、内容が推測できないものは避けたほうが無難です

基本のGoogleサーチエンジン

Googleの検索窓

えっ検索エンジンが調査ツール?と拍子抜けした方もいるかもしれませんが、立派な調査ツールです。

どのようにツールとして扱うかというと、中古ドメインがサーチエンジンにインデックスされているのかをリアルタイムでチェックします。
Site:コマンド等で過去に運用されていたサイトのインデックス状況がわかるだけでなく、さらに何かしらの警告ドメインかどうかもチェックできる場合があります。

ドメインを入力した時の検索結果に注目

 

このような、警告が表示されているドメインは避けるべきでしょう。
ただし、すべての手動ペナルティが表示されるわけではないようです。
あくまで判断材料のひとつとして活用してください。

トニー
このような表示が出たものは避けましょう

調べ方

調査対象のドメインをGoogleの検索エンジンにSite:で入力し、

  • インデックスされていない場合は、インデックされていない原因の理由を考えるべき
  • ドメイン名で検索しても別のドメイン名が上位に表示されている場合は、ペナルティを疑うべき

などの検索結果の場合は何かしらのマイナス評価を受けている可能性が高いドメインだと判断することもできます。

日本向けのWebサイト調査ツール「aguse.jp」

aguse.jpの入力フォーム

https://www.aguse.jp/

こちらのツールはご存知の方も多いと思います。
入力したドメイン名がマルウェアに感染していないか、民間のブラックリストに登録されていないか、などを調べることが可能です。
ただし、100%結果を信用してしまうのではなく判断材料のひとつとして活用することが望ましいです。

無料だと利用制限があるが外せない「Majestic(Site Explorer)」

 

サイトエクスプローラー

https://majestic.com/

中古ドメインの調査や選定では、被リンク(バックリンク)の調査には時間を割くべきです。
ドメインの持つパワー(ドメインパワー)にお金を投資するのですから、これは避けては通れません。

被リンクを調査する際、無料アカウントでは制限がありますが非常に使いやすいツールです。
日本語対応もしており、ドメイナーなら利用して損はないと思います。
目利きの上手さや経験にもよりますが、Internet ArchiveとMajestic SEOを中心に中古ドメイン査定を組み立てていけば、大ハズレを回避できる可能性はアップすることでしょう。

トニー
自分自身で選ぶ際は経験やツールを駆使して基準値を持つ必要があります

安心できる中古ドメインと購入先を探しましょう

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

中古ドメインを購入する場所は海外オークションやエスクロー経由などいくつかあります。
中にはSEOに価値のある中古ドメインに見せかけて販売するような悪質な業者もいます。
買ってみたら手動ペナルティつきドメインだった、なんてことはよく耳にします。

当店では手動ペナルティの有無を事前にひとつひとつのドメインを人間の目でチェックしてから商品ドメインとして販売しております。
海外取引に自信が無い方やペナルティドメインをつかみたくない方は当店、アクセス中古ドメインで是非お買い求めください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインの調査に使えるツール4選

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説