SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 799(2017/06/23追加)

20本入荷しました

21本入荷しました

21本入荷しました

  • ブロンズ…541
  • シルバー…220
  • ゴールド…36
  • プラチナ…2
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

被リンク(バックリンク)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

被リンク(バックリンク)とは

被リンク(バックリンク)とは、サイトに対して他のサイトやページからリンクされたリンクのことを指します。
いわゆる他のサイトなどから、リンクを受ける、リンクを貼られるといったことも同意義になります。

簡単に言えば、自分のサイトに他サイトから貼られたリンクが被リンクということです。

被リンクとSEOの関係

被リンクはSEO対策においても、検索エンジンによる検索順位の決定においても重要視されています。
しかし、ペンギンアップデートなどのアルゴリズムの修正により以前ほど被リンクの量だけで順位決定されてはいません。
ですが、被リンクの効果が完全に失われたわけではありません。

Googleはアルゴリズムのアップデートにより、被リンクの質を重視しているということです。

リンクの質とは

被リンクの質を重視するようにGoogleはなりました。
量がたくさんあっても、質が伴っていなければ効果は望めません。

良い被リンクの例

良い被リンクとは、やはり自然リンク、ナチュラルリンクと言われるものが該当します。
サイトやコンテンツを見たユーザーが良いと思って自発的にリンクを貼ってくれたものなどです。

悪い被リンクの例

Googleの品質に関するガイドラインを準拠してないSEOの手法(ブラックハットSEO)などを用いた被リンクや購入したリンクなどです。
また、サイトに対して関連性がないなどの被リンクを貼られる必然性がないものも含まれます。

このような被リンクを送ってくるサイトはスパムの可能性もありますし、Googleペナルティのリスクも高めます。

特殊な例

いわゆる被リンクSEOなどの外部対策を行うことによる意図的なリンクです。
効果は期待できますが、リスクも少なからずありコストもかかります。

以前は大量のサテライトを構築し、そこから被リンクを集めることで上位表示が可能な状況にありましたが、効果は以前ほどはないでしょう。
しっかりとしたサイトを構築し、価値のあるサイトにしないと価値のある質の高い被リンクにはならないからです。

様々な場合やサイトの状況などにもよるので一概には言えませんが、大きくまとめると上記のようになります。

重要なのはリンクの必然性

被リンクを集めるために、サイトを運用していくのではなくユーザーのためになるサイト運営が大事になります。
何故なら、ユーザーに良いと思ってもらえれば自然とリンクが集まる可能性は増すからです。
焦らずに、しっかりとしたSEO対策を行うのが得策です。

自作自演と思われないほどのクオリティを

自作自演を行うにしても慎重に進めましょう。
サテライト自体の質もそうですが、サテライト自体に自然リンクが貼られるぐらいに育てていった方がいいでしょう。

良いサイトからの被リンクに効果があるからです。

中古ドメインの被リンク

中古ドメインの場合は、少し異なる要素があります。
被リンクの質を見極めるのは変わらず重要です。

中古ドメインにはバックリンク資産やドメインパワーがあり、これらを活用していくことでSEO効果が期待できます。
また、質が重要だと言いましたが購入や用途を決めるときにドメインにどのような被リンクがあるかを調べることが重要です。

被リンクの質も用途により、良し悪しが変わる場合もあり得るからです。
目的に合った被リンクを持っているドメインであれば効果はさらに期待できます。

中古ドメインの被リンク調査は大変

被リンクを細かく分析することで、中古ドメインの価値が見えてきますが、多くの被リンクをひとつずる精査していくのは大変手間がかかる作業です。
また、精査した上でもペナルティドメインであったなどのリスクもあります。

このような手間やリスクを省略したい方は、当店をご利用ください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

被リンクとは

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+