中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1684(2017/12/14追加)

42本値下しました

19本入荷しました

9本入荷しました

  • ブロンズ…1056
  • シルバー…542
  • ゴールド…83
  • プラチナ…3
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

運用履歴(ドメイン運用履歴)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

ドメインや中古ドメインに対しての運用履歴とは、ドメインが過去どのように使用されてきたかということです。

特に中古ドメインは一度使用されているドメインですので、運用履歴があるものが大半です。
また、運用履歴に注目することは中古ドメインを選定するにあたりとても重要です。

なぜ、運用履歴は重要なのか

中古ドメインの運用履歴を確認することで、様々なことが確認できます。
なぜ、重要なのかは中古ドメインを選ぶ際にはそのドメインについて深く知る必要があるからです。

過去の運用からサイトの質を読み解く

ドメインエイジの期間やどのようなサイトやページだったのか、また持ち主やサイト自体が頻繁に変更されてるような様子はないかなどを確認しておくといいでしょう。
過去の運用履歴を見ることでスパムの危険性Googleペナルティの可能性はないかなどの判断材料になることがあります。

ドメインの運用履歴を調べるには

Internet Archive(インターネットアーカイブ)のWayBack Machine(ウェイバックマシン)を使用すれば確認できます。
ドメインやURLを入力するとカレンダーが表示され、印がある日付を選択することでその当時のサイトやページの状態を閲覧することができます。

また、過去にスパムなどを行いブラックリストに載っていないかを「aguse.jp」などで調べることも運用履歴の調査と言えるでしょう。

運用履歴を知ることはドメインを知ること

これまで述べてきたように運用履歴を知ることは中古ドメインを選ぶ際には外せない要素のひとつです。

運用履歴を調べていく上で、これから使用する目的に合ったドメインであれば効果や購入への後押しも期待できます。
また、ペナルティの危険性を感じ取れれば回避できる可能性もあるからです。
これらを踏まえてドメインの運用履歴に注目して選定や購入をしてみてください。

注意が必要な運用履歴

運用履歴を見ていく上で、注意したいドメインやサイト運用を行っている例をあげます。

  • ECサイトだったドメイン
  • パーキングが長いドメイン
  • 放置されているドメイン
  • 何のサイトか不明なドメイン
  • ウェイバックマシンでスナップショットが閲覧できないドメイン
  • あからさまにサテライトサイトであるドメイン
  • 頻繁にサイト内容や持ち主が変わっているドメイン

すべてが良くないわけではありませんが、注意したほうがいいでしょう。

ペナルティドメインを事前にチェック

運用履歴を調べるだけでは完全に、ペナルティドメインであるかそうでないのかを判断することは難しいです。
はっきり言ってしまえば、運用履歴だけを見ただけではペナルティドメインであるかはわからないでしょう。

アクセス中古ドメインでは、商品をラインナップする前に手動ペナルティの有無を確認しペナルティがない中古ドメインだけを販売しています。
是非、ご利用ください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+