中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1406(2017/10/20追加)

21本入荷しました

33本入荷しました

11本入荷しました

  • ブロンズ…918
  • シルバー…377
  • ゴールド…91
  • プラチナ…20
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

時間短縮に記事制作代行サービスの利用

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

時間短縮に記事制作代行サービスの利用

中古ドメインを取得しサイトを製作したら、コンテンツが必要になります。

記事やコラムを執筆する作業は簡単ではありません。
自分でいろいろな工夫をして記事を書いていくことが一番だと思います。
ですが、物理的に不可能な場合や時間的コストを考えた場合、記事制作代行サービスを利用するのも、ひとつの手になります。

そもそも記事制作代行サービスとは

記事制作代行サービスとは、文字通り記事の制作を代行しくれるサービスになります。
サービス提供元により違いはありますが、1文字当たりの単価での契約が多くを占めています。

必要な文字数や執筆して欲しいトピックやキーワードを指定して依頼することになります。

利用するメリットとは

記事制作代行を利用することの最大のメリットは、何といっても時間の節約でしょう。
サイトを更新し続けることは重要ですが、毎日のようにコンテンツを制作していくのは大変です。
別件の作業があったり忙しい場合は、製作すること自体が困難な時もあるでしょう。

記事制作代行サービスに依頼しておくことで、その間の時間も浮きます。
また、記事をストックしておくことも可能になります。

手が回らないサイトに利用

中古ドメインでサテライトサイトを複数作成した場合、ひとつひとつ丁寧に記事やコンテンツに力を入れて行くのが理想ではありますが、サテライトの数によっては不可能に近いでしょう。

メインサイトはしっかり自分で執筆を行い、サテライトサイトは記事制作代行サービスを利用することで、メインサイトへ割ける時間も増え、サテライトサイト自体の充実が図れます。

どのようなデメリットがあるのか

依頼する時に多くのサービスでは、文字数、テーマ、内容、キーワード、文体、などを指定できます。
しかし、オーダーすることでどのような記事が出来上がるかは納品されるまでわからないという点があります。

また、書いている人に専門的な知識があるかもどうかわかりません。
ですから、オーダーの仕方によっては意図と全く違う内容の記事が届いてしまう場合もあります。

料金の問題

1文字、1円の場合でも、5,000文字を10記事頼むだけで50,000円かかります。
それが複数のサイトの分をオーダーするとなると記事代だけで相当な金額になってしまいます。

魅力的な記事とは言えない

記事制作代行サービスは便利ですが、魅力的な記事と言うことはできません。
なぜなら、指定したキーワードや関連ワードを含んでいる最低限の記事でしかないからです。

やはり独自の内容や一歩踏み込んだ内容などの記事を製作するには、自分で執筆したほうが良いでしょう。

記事代行の有名どころ

記事制作代行サービスで有名な3社を紹介します。

Lancers/ランサーズ

ランサーズ

http://www.lancers.jp/

ランサーズはライティング以外にも多様な仕事の依頼ができるクラウドソーシングサイトです。

Shinobi/シノビ

シノビライティング

https://crowd.biz-samurai.com/

Shinobiライティングは、1文字1円で依頼できるライティングに特化したサービスです。

sagooo/サグーワークス

サグーワークス

https://works.sagooo.com/

サグーワークスはレギュラーライターやプラチナライターを選ぶことができ、案件や内容に応じて製作できます。

サービス利用のバランスが重要

記事制作代行サービスを利用して、サイトにボリュームを持たしSEO効果を狙うのもいいでしょう。

しかし、サービスに頼りすぎてもいけません。
中には優れた記事が納品される場合もありますが、誰にでも書ける記事と思っておいた方が無難です。

本当に提供したい情報や、自分でしか書くことができない情報があるならば、やはり自分で書くことをオススメします。

理想と現実を考える

中途半端な記事を量産するよりは、個人的にはしっかりとした記事をひとつ書くことが重要だと思います。
また、SEOを考える上でもそのほうが良いでしょう。

しっかりした記事を自分で製作し続けることは理想ですが、いろいろな制約やコストの面でも難しいものです。
記事代行サービスを上手に使うことで、自分で書いた記事と両方のプラス効果を得ることができます。

双方の利点を考え、上手に併用していくことができれば効率的かつ効果的でしょう。

オーダーに時間をかけない工夫をする

オーダーはしっかりと行う必要がありますが、時間がかかり過ぎたら本末転倒です。
大量に発注する場合でも同様です。

オーダーにあまりにも時間がかかるようならば、オーダー方法を見直したり担当者の能力を疑うべきでしょう。
オーダーに多くの時間を割く余裕があるのならば、自分たちで記事を作成できない理屈は通らなくなります。

リライトや校正は必要

オーダーした記事のクオリティが高い場合でも、自分の眼で見直す必要はあります。
また、内容が求めているものであるのか不要なものや足りない部分がないかの確認は必須です。

オーダーした記事を手直しするのは無駄なように思うかもしれませんが、ゼロから書き出すよりは楽な作業です。
あくまで、良いものを作成しユーザーに提供したいと考えているなら必要な作業になるでしょう。

中古ドメインでサテライトを作るなら

当店では、サテライトサイトに適した中古ドメインを多く取り扱っています。
サテライトサイト用の中古ドメインを手に入れて、そのサイトの記事はオーダーするなど目的に応じて利用してみるのもいいでしょう。

是非、中古ドメインをお求めの際はご利用願います。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

記事制作代行サービスの活用法とは

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+