中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 2643(2019/10/14追加)

5本入荷しました

5本入荷しました

5本入荷しました

  • ブロンズ…1624
  • シルバー…737
  • ゴールド…201
  • プラチナ…81
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

ドメインエイジ(中古ドメインの年齢)はどれほど重要なのか?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

ドメインエイジ(中古ドメインの年齢)はどれほど重要なのか?

ドメインエイジドメインが登録されてから経過した期間のことを指します。
ドメインエイジはドメイン情報 (Whois)で調べることが可能です。
検索エンジンには、どちらかと言えばドメインエイジが長いサイトを高く評価する傾向があります。

中古ドメインを取得する際に重要なドメインエイジについてまとめてみました。

ドメインエイジとはドメインの年齢のこと

ドメインを取得してから半年や1年という短期間ではドメインエイジの評価はあまり差がありません。
長く運営されてきたサイトのドメインであれば、信頼できると評価されドメインエイジがSEOに効果を発揮する可能性が高まります。

ドメインエイジが長いサイトは長期間運営されてきたサイトですから、一般的に被リンクも多い傾向にあります。

トニー
ドメインエイジがあることは、中古ドメインの特徴のひとつです

運用履歴が長いと信頼度が高い

ドメインエイジが長いほどSEOに有利になります。
ドメインエイジを長くするためには本当にその期間を運用していく必要があります。

新規ドメインを取得して運用するのも悪くはないですが、ドメインエイジの効果を得るには長い時間を要します。
そこで、ドメインエイジの長い中古ドメインを取得する方法が注目を集めているのです。

中古ドメインでドメインエイジを手に入れる

何年もの長い期間に渡りしっかりと運用され、検索エンジンからの信頼も高い中古ドメインを取得することは、検索エンジンで上位表示させるためにとても有効な方法となります。

このようなドメインを見つけ出すことができれば、時間をかけなければ手に入れることができないドメインエイジを手に入れ活用することができます。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

ドメインエイジの長さだけでは決まらない

検索エンジンで上位表示させる、SEO効果を期待してドメインエイジの長いドメインを取得するのは効果的な方法です。
しかし、ドメインエイジは検索エンジンがサイトを評価する項目の中のたったひとつの項目でしかありません。

ドメインエイジが長くてもその他の要素でネガティブな評価があれば、マイナスの影響をもたらします。
ですからドメインエイジの長さだけで中古ドメインを選ぶのは少々考えものです。

トニー
ドメインエイジは重要だけど長い=良い、というわけではないから注意!

どのように運用されてきたドメインかの確認

一概には言えませんが、アダルトサイトなどあまり好ましくないサイトで使われていたドメインであれば、イメージ的にもマイナスになってしまいかねません。

あまりにも目的のジャンルと違っている場合や異なる言語で運用されてきたドメインですと、SEO的に不利になることもあり避けたほうが無難です。

これから運用していくサイトと内容が似たサイトで利用されていたドメインであれば効果の期待は高まります。

ドメインエイジが長いサイトがすべて良いとは限らない

当たり前の話ですが、ドメインエイジが長くてペナルティもないドメインは沢山あります。
ドメインエイジが長くてペナルティがないドメインであれば良いというわけではありません。

ドメインエイジ以外にドメインパワーを構成する要素を色々と分析していく必要があります。

重要になるのが被リンクの数と質

被リンクの数が多くても、同じドメインやIPアドレスからのものばかりであれば、質の低い被リンクとみなされてしまいます。
そのため、どのようなサイトからリンクが貼られているかを確認することが大切です。

被リンクがいくら多くても、サイトとまったく関係のない内容のアンカーテキストからのリンクであれば、スパムと認識される可能性もあります。
有効期限が切れてから時間が経過しているドメインについては、Googleでの評価がリセットされている場合もありますので注意が必要です。

サテライトサイトなどで使いまわしのドメインは要注意

中古ドメインを取得にあたり最も避けるべきなのは、サテライトサイトで使いまわされてきたようなドメインです。

SEO業者やアフィリエイターが行うSEO対策として、数多くのサテライトサイトを作りそこからメインサイトへリンクを貼る手法が取られてきました。

このようなサテライトサイトは大量生産されていたり、記事の質も粗悪なものが多くリスクもそうですが、ドメインの価値が低いと考えることもできます。

トニー
未だに、質の低いサテライトサイトを作成して使い捨てしているSEO業者は存在していてドメインが汚染されています

なぜ避けるべきなのか

被リンク対策用に作成されたサイトは、コンテンツの内容が乏しく、不自然なバックリンクも多く、場合によってはGoogleからペナルティを受けているドメインであることも考えられます。
要は単純に質の悪いサイトであるということです。

また、ペナルティを受けたままの状態のドメインはブラックリストに載っている可能性も考えられますので、ブラックリストのチェックもしておきましょう。

ドメインの運用履歴を事前に調べる

ドメインの運用履歴は、Wayback Machineで調べることができます。
Wayback Machineに調査するドメインを入力すると、黒い棒グラフでいつから運営されているサイトであるかを調べることが可能です。

カレンダーに表示された青丸をクリックすると、保存されたデータを見ることができますので、どんな内容のサイトであったのかを把握することもできます。

中古ドメインの特徴を理解しよう

中古ドメインを取得すると、ドメインエイジが引き継がれるだけでなく、カテゴリ登録や良質なバックリンクなどプラスの価値が引き継がれるという大きなメリットがあります。

しかし、同時にそのドメインのマイナスの価値も引き継いでしまうというデメリットもあるのです。

中古ドメインを取得する際には、ドメインエイジの長さだけで判断せずに信頼に値するドメインかどうかをしっかりと調べてから取得することが重要になってきます。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン中古ドメインを使ったSEO対策成功の秘訣をマンガで徹底解説