by Access Japan
販売ドメイン 8381(2020/07/04追加)

25本入荷しました

1本入荷しました

1本入荷しました

  • ブロンズ…4432
  • シルバー…2742
  • ゴールド…570
  • プラチナ…637
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

どれくらいの価格の中古ドメインを買えば良い?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

どれくらいの価格の中古ドメインを買えば良い?

トニー
この記事は、2019年8月27日に更新をしました。

中古ドメインには、なぜ価格の幅があるのでしょうか。
高い中古ドメインを買えば安心なのでしょうか。

中古ドメインの価格についてまとめてみました。

中古ドメインは価格で選ばず「目的」で選ぶ

中古ドメインの価格は、被リンクの量や質が良いものほど高額になっています。
だからといって、高額なものを選べばすぐにそれに見合った効果があるというものでもありません。

価格よりもその中古ドメインをどんなサイトで使用するかが重要になってきます。

そのため、まずどんなサイトで使用するドメインなのか、価格よりも使用目的を重視して選ぶようにしましょう。

アクセス中古ドメインのパワーランク

ランク 目的 品質
プラチナ ・メインサイト
サテライトサイト(ハイクラスな)
最高
ゴールド ・メインサイト
・サテライトサイト(ハイクラスな)
シルバー ・メインサイト
・サテライトサイト
ブロンズ ・メインサイト
・サテライトサイト
ジャンク

アクセス中古ドメインパワーランク下はジャンクから、上はプラチナまでと、ランク別に分けられていて、購入する際の目安にしていただければと思います(ジャンク商品につきましては、お取り扱いしていない場合もあります)。

基本的にどのランクの中古ドメインもメインサイトやサテライトサイトで、利用することができます。

ゴールドやプラチナの”サテライトサイト(ハイクラスな)”というのは、競合性が高い検索キーワードで被リンク対策を行う場合、ゴールドやプラチナランクの中古ドメインを利用して、サテライトサイトを構築するといった方法があります。

また、シルバーやブロンズランクは競合がそれほど強くなければメインサイト、または、サテライトサイトで利用することができます。

シルバーは価格と品質のバランスが良く扱いやすい中古ドメインで、ブロンズは安価な価格ながら、当店の厳しい査定を通過した中古ドメインとなっております。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

これからの目的に適したドメインを選ぼう

メインサイトで使用するドメインなのか、それともメインサイトにリンクを貼るためのサテライトサイトで使うドメインなのかによっても、選ぶべき中古ドメインは変わってきます。

また、これから長い時間をかけて育てていくサイトなのか、それとも短期で終了してしまうサイトなのかによっても費用対効果の面から選択の基準は変わってくるでしょう。

運用履歴を確認しよう

さらにどのような内容で使用されていた中古ドメインなのかも重要です。

同じようなジャンルのサイトで使用されていた中古ドメインであれば、被リンクのアンカーテキストも同じような内容であることが多いので、即効性が期待できることになります。

サテライトサイト向けだと約3,000~25,000円ほど

メインサイトにリンクを貼るためのサテライトサイトに中古ドメインを使用するのは、SEO的にもおすすめの方法です。
ある程度被リンク数のある中古ドメイン(サテライトサイト)であれば、メインサイトに強いリンクジュースを流し込むことができます。

それほど時間や手間をかけなくても、短期間でメインサイトの検索順位を上げる効果が期待できるのです。

メインサイトで狙う検索キーワードの難易度が高い(検索ボリュームがある)場合、被リンクの量や質が良い数万円ほどの中古ドメインをサテライトサイトで利用して、被リンク対策をすることがあります。

トニー
中古ドメインはサテライトサイトの価値の底上げに効果があります!

サテライトサイト用の中古ドメインを選ぶポイント

  • 価格だけで中古ドメインを選ばない
  • サテライトの目的に応じ価格重視か品質重視かで考える
  • Googleから警告を受けていないドメインか
  • あからさまに人工的な被リンクばかり受けているドメインではないか
  • 「ブロンズ」または「シルバー」のパワーランクを保有しているドメインであるか

多少時間はかかる

いくら高額な中古ドメインであっても、効果が出るまでに時間のかかることもあるのです。
サテライトサイトに使用する中古ドメインの価格の相場としては、3,000~25,000円のものがおすすめです。

中古ドメインを活かせるサイト作りを

サテライトに適した中古ドメインを手に入れたら、中古ドメインのドメインパワーを活かせるような価値があるサイトを製作・運用しましょう。

中古ドメインにいくら価値があったとしてもサイト自体が粗悪なものの場合、ドメインの価値は下がり効果は得られません。

トニー
サイト自体がダメだとドメインの価値はどんどん下がります

メインサイトならば約10,000~80,000円

メインサイトに使用するドメインはある程度、値段が高いものをオススメします。
値段の高さと品質が比例するとは限りませんが、ケチらないほうがいいことも事実です。

ドメインが持つ力や質を見抜く力とそれを活かす力の両方が求められます。

トニー
中古ドメインの本質を見抜くのは難しい

中古ドメインで大事なのは使用をやめた理由

信頼できる会社が商品の販売終了やキャンペーン終了に伴って使用をやめたドメインかもしれませんし、アフィリエイターがペナルティを受けたために使用をやめたドメインかもしれません。

ある程度の価格の中古ドメインであれば、ネガティブな理由で使用をやめたドメインというケースはあまりありません。

ある程度高額な中古ドメインの主な特徴

  • 過去の運用サイトが安定的に長い期間に渡って運用されている
  • 自然についた被リンクで大部分が構成されている
  •  ドメインエイジが比較的長い
  • ソーシャルシェアがついている場合もありうる
  • インデックス済みであるページが比較的多い
  • アンカーテキストが適切に分散されている
  • 「ゴールド」または「プラチナ」のパワーランクを保有しているドメイン

価格は品質の目安になる

中古ドメインをメインサイトに使うのであれば、10,000~80,000円ほどの中古ドメインがおすすめです。
信頼できるドメインなら安心して使用することができ、短期間での効果も期待できます。

初心者は10,000円前後くらいが狙い目

中古ドメインは以前使われていたサイトとの相性もありますので、実際に使ってみないとその効果を実感しにくいということがあります。

高額な中古ドメインであっても選び方を間違ってしまったら、せっかくかけた費用もムダになってしまうのです。

初めて中古ドメインを購入するのであれば、相場としては10,000円前後くらいが狙い目となります。
価格が10,000円前後くらいのものであれば、被リンクの質もある程度期待が持てるのでハズレに当たることも少ないでしょう。

初心者が中古ドメインを選ぶ際のポイント

  • 同じジャンルのサイトで使われていた中古ドメインを探す
  • ペナルティ歴のあるような中古ドメインに注意する
  • インデックス済みのドメインであること
  • アダルト等、好ましくない業種のドメインは避ける
  • 被リンクの質に注目する(自然についた被リンクかどうか)
  • Majesticトラストフローサイテーションフローがバランスが良く高い数値のもの

同じジャンルであれば中古ドメインの被リンクも効果を発揮しやすく、即効性も期待できます。

異なるジャンルや狙っているキーワードと離れたサイトで使用されていた場合は、同じジャンルの中古ドメインに比べると効果が落ちる可能性も否定できません。

価格だけに左右されずにドメインの運営歴なども調べて、効果の期待できそうな中古ドメインを選ぶようにしましょう。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン
Loading...