SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1177(2017/09/20追加)

11本入荷しました

10本入荷しました

25本入荷しました

  • ブロンズ…736
  • シルバー…344
  • ゴールド…96
  • プラチナ…1
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

Ahrefs Rank Tracker(ランクトラッカー)を使ってみよう!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

Ahrefs Rank Tracker(ランクトラッカー)を使ってみよう!

Ahrefsは、2017年8月下旬に新規アップデートを施した、Rank Tracker(ランクトラッカー)という機能をリリースしました。

ランクトラッカー(ランキング計測)を利用すれば、登録したキーワードの順位を監視することができます。

AhrefsのRank Trackerの機能と使い方を見ていきましょう。

【Ahrefs】Rank Trackerの使い方

ランクトラッカー

Ahrefsの機能の中にあるRank Trackerを選択します。

ランクトラッカーキーワード登録

サイトを選択し、キーワードを登録します。
キーワードは、4,000キーワードまで登録できます。

キーワード入力

キーワードを入力し、「Add to list」をクリックします。

ロケーションの設定

キーワードの順位を取得するロケーションを設定します。

画像では日本に設定していますが、日本でも 東京、大阪、北海道など細かく地域まで設定することも可能です。

また、ロケーションは複数設定することが可能ですので、調べたい国や地域を設定することができます。

ロケーションを設定が終われば、ランクトラッカーの設定は以上になります。

【Ahrefs】Rank Trackerの機能と項目

ランクトラッカーのTOP画面

キーワードを登録しロケーション設定が終わると、ランクトラッカーのTOP画面に遷移します。

TOP画面では、

  • Visibility
  • Average position
  • Traffic
  • Positions
  • SERP features

の項目が表示されています。
各項目が、何を表しているのか見ていきましょう。

Visibility(可視性)

可視性

キーワードに対し、Google検索上位10位以内にいる場合の視認率を表しています。

例えば、10位以内のすべてのページが自身のサイトであれば、視認率は100%になります。

また、1位にサイトはランクインしている場合は、キーワードのクリック率などに応じて約30%の視認性が得られることを表しています。

Average position(平均ポジション)・Traffic(トラフィック)

平均ポジションとトラフィック

平均ポジションとは、選択した期間内の最新の日付の登録したすべてのキーワードの平均掲載順位になります。

トラフィックは、Googleでのキーワードに対する月刊検索ボリューム数とキーワードにおけるサイトの検索ポジションに基づいて見積もられた数値になります。

Positions distribution(ポジション分布)

ポジション分布

登録したキーワードの順位がどのポジションにいるのかの分布を把握できます。

キーワードの数でも割合がわかりますし、グラフで視覚的に確認することが可能です。

グループは4つに分けられており、進捗状況をAhrefsは以下のように定義しています。

#1-3
目標を達成できている
#4-10
もう少し作業が必要です
#11-50
有望そうです
#51-100
少なくともGoogleにページの存在は認識されている

サイト全体の順位傾向を把握できます。

SERP Features

SERP

SERPとは、オーガニック検索結果ではないGoogle検索エンジンの結果です。

  • リッチスニペット
  • 有料のキーワード
  • ユニバーサル検索結果
  • ナレッジグラフデータ

などがSERPとして扱われています。

Rank Trackerでキーワードの情報を確認

トラッキングされたキーワード

Ahrefsのキーワード分析機能と同様の情報をランクトラッカーでも確認することができます。

  • 検索ボリューム
  • トラフィック
  • キーワード難易度
  • SERPの機能

上記の情報を確認できます。

METRICS

また、METRICSをクリックするとより詳細な情報を閲覧できます。

Rank Trackerのフィルター機能

ランクトラッカーのフィルタ機能

4,000キーワードも登録できるため、データの絞り込みとしてフィルター機能がランクトラッカーには備わっています。

フィルタリングすることでグラフやデータが変化します。

  • タグ
  • ロケーション
  • ポジション
  • 検索ボリューム
  • キーワード難易度

などで絞り込みが可能です。

Rank trackerのPAGES

PAGES

PAGESでは登録したキーワードがどのページにランディングしたか、いわゆるランディングページを調べることができます。

この項目に対して、Ahrefsは機能を改善する可能性が高いと発言していますので、今後どのような機能が追加されるようになるか注目です。

COMPETITORS・競合他社を追跡できる

COMPETITORS

登録したサイトと競合するサイトの動向を分析し把握や比較を行えます。

  • 可視性
  • 平均ポジション
  • ポジション分布
  • 検索トラフィック
  • SERPの機能

上記項目から競合他社と比較できます。

GROSSING・経過レポート

GROSSING

7日間ごと、30日間ごと、90日間ごと、の範囲でキーワードがどのように推移していったかを確認できます。

分析してなんらかの対策を講じた場合、効果測定や経過観察に利用できるでしょう。

Rank TrackerをSEOやサイト運用に活かそう

順位チェックツールとしての機能以外にAhrefsが持つキーワード分析や競合調査の機能まで備わっているランクトラッカーはSEOやサイト運用に有効に活用できるツールです。

また自身のサイトではないURLを登録し競合しているキーワードを登録することで競合サイトの分析や調査、動向を知ることができサイト運用前後を問わず有効に利用ができるでしょう。

被リンク分析ツールとしてのイメージが強いAhrefsですが、キーワードやコンテンツ、競合調査、また新たな機能であるランクトラッカーなどの機能追加が多くあります。

今後もAhrefsがどのような機能やサービスを追加し改善していくか楽しみです。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

Ahrefs Rank Trackerを使ってみよう!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+